誰も守ってくれない時代、お金について自分の頭で考えよう

誰も守ってくれない時代、お金について自分の頭で考えよう

経済的な自立ができれば、私たちの人生の選択肢は増え、自分が幸せだと感じる方法を選ぶことができます。医療の発達などで、平均寿命がさらに伸びていくなかで、長期で見た資金計画を個人でも考えていくことが必須の時代。全10回のお金に関する連載、第2回目は、お金のことを考える必要性についてお届けします。


前回の記事では「お金とは何か」をテーマに書きました。

お金と上手く付き合える人は、お金の本質を理解している

https://p-dress.jp/articles/4590

「お金との付き合い方」が難しい、と感じる方は少なくないのでは。難しいもの、怖いもの――そんなイメージをお持ちの方も、ちょっとしたコツを知るだけで、お金と仲良くなれます。そのためには、そもそもお金とは何なのか? を知る必要があるでしょう。全10回のお金に関する連載、第1回目では、お金とは何かを考えるコラムをお届けします。

今回は、なぜお金のことを考える必要があるのかにフォーカスしていきます。

お金は、それ自体に価値があるわけではなく、自分が得たい“モノ・サービス・経験”といった価値と交換するための手段のひとつで、目的はお金より先にある「幸せな感情を得る」ということ。

不安を回避することで、人は安らぎや幸せを感じます。

■自立が人生の選択肢を増やす

これは個人的な想いですが、女性には特に「自立」して人生を楽しんでほしいと思います。

精神的にも、経済的にも、キャリアでも、自立することができれば、たくさんの選択肢の中から自分が「本当に選びたいもの」を選び、幸福感が強くなるのではないかと思うのです。

今回の記事ではお金をメインに、つまり経済的な自立にフォーカスしていきます。

では、自立した状態とは、どういった状態を指すのか。これは一人ひとり違います。

学生であれば、親元から離れて一人暮らしをすることかもしれませんし、既婚者であれば、パートナーの助けを借りずにやりたいことをやることかもしれません。

ひとつお伝えしておくと、助けを借りることが悪いわけではありません。大切なのは、自分の価値観をしっかりと確認して、自分が幸せだと思うことを選択できることです。

今の自分はどんな状況で、理想の自分はどんな生活をしているのか。どこからいくらの収入があって、それを何に使い、どんな感情を得ているのか。それが10年後の〇歳の自分だったらどうか、では20年後はどうかなど、いろいろ想像してみてください。

そして今度は、自分の現在地に戻ります。理想と現在地のギャップがある方は、これを埋めていく行動をとる必要があります。もちろん私にも壮大なギャップがあります(笑)。

具体的に、紙に書いてみるとよいかもしれません。前回もお伝えした通り、お金は稼ぐだけでなく、貯める・使う・増やす・守るというサイクルがあります。

収入が足りなければ、稼ぐ方法を考える。貯金がなかなかできないなら、お金が貯まる仕組みを考える。使うときは浪費をせずに、できる限り投資にまわして増やす努力をする。そして最後が「守り」です。

■超高齢社会の日本で生活し続けるということ

前提として、このコラムを読んでいる大半の方は、現在日本で生活をしていて、これから先も日本で暮らしていくと思います。

日本はこれから、経済的に強くなるでしょうか、それとも弱くなると思いますか?

結論から言うと、国力は弱くなっていきます。理由は、人口の減少と高齢者の人口割合の増加です。

日本は、2025年には人口の30%超が65歳以上、5人に1人が75歳以上という時代に突入します(内閣府「平成27年版高齢社会白書」より)。

2016年時点の高齢者の比率は26.86%でしたが、たとえば途上国のペルーでは、人口に対する高齢者の割合はわずか6.98%です(2016年世界銀行調べ)。

単純に比較することはできませんが、バリバリ働いて稼ぎ、消費をする人口が多い国と、年金生活者が多い国では、経済成長に大きな差が出るのではないでしょうか。

これからの日本で、私たちは国に手厚く守ってもらうことは期待できません。経済的に自立して自分の身は自分で守る、という考え方が必要な大きな理由はここです。

次回のコラムでは、「気になるけどよくわからない」「不安に感じている」という方も少なくない、日本の社会保障について書きたいと思います。

この記事のライター

クラウドクレジット株式会社/広報 「女性のためのマネーセミナー講師」としてこれまで全国で6000人以上の方に講演。むずかしく思われがちなお金の情報を、楽しくわかりやすく伝えることがモットー。各メディアでのマネーコラム執...

関連するキーワード


マネー

関連する投稿


結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚の現実的な問題として貯金、つまり「お金」があります。結婚式の資金やこれから生活していく上でのお金、新婚旅行。さまざまなところで費用がかかります。では、結婚前の資金としてどのくらい貯めておけばよいのでしょうか? 男女別に分けて詳しくご紹介していきます。


ネット系証券会社での口座開設、迷いがちなポイントを解説します!

ネット系証券会社での口座開設、迷いがちなポイントを解説します!

ネット系の証券会社で口座開設をするとき、ネットでできるのか、店頭に行く必要があるのか、必要な書類は、口座は「特定口座」か「普通口座」どちらを選ぶといいのか、など、投資初心者の方には迷ってしまうポイントがいくつかありますよね。今回はよく寄せられる疑問を丁寧に解説します。


「お金の知識は必要なの?」の質問を考えてみました

「お金の知識は必要なの?」の質問を考えてみました

雑誌やネットで目にする“節約・投資・貯金”の文字。私たちにとって、必要な知識だとわかっているけれど、そこまで頑張らないといけないの? と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。「お金の知識は必要なの?」という疑問を考えてみました。


「投資」に少しでも興味のある人へ! 初心者の不安を解消します

「投資」に少しでも興味のある人へ! 初心者の不安を解消します

「投資に興味あるんですが、何から始めればいいかがわからなくて……」マネーセミナーをしていると、投資に興味がある人が増えてきたと実感しています。ただ、みなさんこのような疑問を持っています。投資の第一歩、それは「ムズカシイの思い込み」を捨てることからです。


税務調査が終わった方こそ、相続税還付の大チャンス!

税務調査が終わった方こそ、相続税還付の大チャンス!

しばしば話題になる相続税対策。中でもあまり知られていないのが、払い過ぎた相続税が戻ってくるというお話。今回は、税務調査が終わったタイミングで、相続税還付の成功率が上がることについてご説明します。


最新の投稿


ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア

ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア

わずか37年の生涯に2000点以上もの作品を残した画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。天才とも狂気の人とも言われるその生涯は、多くの謎や伝説に彩られています。鮮やかな色彩に潜む思いとは? 「耳切り事件」の真相は? 本当に自殺だったのか? 秋から冬は、ゴッホの謎に新たな光を当てる映画・ノンフィクション・美術展に注目です。


7歳の天才少女・メアリーの演技に泣く! 心温まる感動作『gifted/ギフテッド』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#29

7歳の天才少女・メアリーの演技に泣く! 心温まる感動作『gifted/ギフテッド』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#29

全米で5週連続トップ10入りのヒットを記録した映画『gifted/ギフテッド』がついに公開されます。生まれて間もなく母を亡くし、叔父のフランクに育てられた7歳のメアリー。彼女には突出した才能があって……。『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督による最新作は、家族の素晴らしさを描いたハートフルな感動作です。


家事テクを知ってもっと楽しく効率良く! エアコンをキレイに保つ掃除の方法

家事テクを知ってもっと楽しく効率良く! エアコンをキレイに保つ掃除の方法

吐く息が白い季節になりました。エアコンを冷房から暖房に切り替えて使い始めた方も多いと思います。久しぶりにエアコンのスイッチを「ピ」と押したとき、少し気になるのが、エアコンから出る空気がキレイかどうかということ。ホコリっぽいとか、カビくさいにおいを感じたら、エアコン内部が汚れている可能性大……。


書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、漢字「一文字」を書いていただき、『DRESS』読者にその漢字の意味やメッセージをいただくコーナー。第三弾の漢字は「天」。


手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

リンクス オブ ロンドンから、ブランドのアイコン商品「スウィーティー」ブレスレットに、お好きなアルファベットチャームとスタイリッシュなミニブレスレットをセレクトしてパーソナライズする、スターターセットが限定発売に。


おっぱい