誰も守ってくれない時代、お金について自分の頭で考えよう

誰も守ってくれない時代、お金について自分の頭で考えよう

経済的な自立ができれば、私たちの人生の選択肢は増え、自分が幸せだと感じる方法を選ぶことができます。医療の発達などで、平均寿命がさらに伸びていくなかで、長期で見た資金計画を個人でも考えていくことが必須の時代。全10回のお金に関する連載、第2回目は、お金のことを考える必要性についてお届けします。


前回の記事では「お金とは何か」をテーマに書きました。

お金と上手く付き合える人は、お金の本質を理解している

https://p-dress.jp/articles/4590

「お金との付き合い方」が難しい、と感じる方は少なくないのでは。難しいもの、怖いもの――そんなイメージをお持ちの方も、ちょっとしたコツを知るだけで、お金と仲良くなれます。そのためには、そもそもお金とは何なのか? を知る必要があるでしょう。全10回のお金に関する連載、第1回目では、お金とは何かを考えるコラムをお届けします。

今回は、なぜお金のことを考える必要があるのかにフォーカスしていきます。

お金は、それ自体に価値があるわけではなく、自分が得たい“モノ・サービス・経験”といった価値と交換するための手段のひとつで、目的はお金より先にある「幸せな感情を得る」ということ。

不安を回避することで、人は安らぎや幸せを感じます。

■自立が人生の選択肢を増やす

これは個人的な想いですが、女性には特に「自立」して人生を楽しんでほしいと思います。

精神的にも、経済的にも、キャリアでも、自立することができれば、たくさんの選択肢の中から自分が「本当に選びたいもの」を選び、幸福感が強くなるのではないかと思うのです。

今回の記事ではお金をメインに、つまり経済的な自立にフォーカスしていきます。

では、自立した状態とは、どういった状態を指すのか。これは一人ひとり違います。

学生であれば、親元から離れて一人暮らしをすることかもしれませんし、既婚者であれば、パートナーの助けを借りずにやりたいことをやることかもしれません。

ひとつお伝えしておくと、助けを借りることが悪いわけではありません。大切なのは、自分の価値観をしっかりと確認して、自分が幸せだと思うことを選択できることです。

今の自分はどんな状況で、理想の自分はどんな生活をしているのか。どこからいくらの収入があって、それを何に使い、どんな感情を得ているのか。それが10年後の〇歳の自分だったらどうか、では20年後はどうかなど、いろいろ想像してみてください。

そして今度は、自分の現在地に戻ります。理想と現在地のギャップがある方は、これを埋めていく行動をとる必要があります。もちろん私にも壮大なギャップがあります(笑)。

具体的に、紙に書いてみるとよいかもしれません。前回もお伝えした通り、お金は稼ぐだけでなく、貯める・使う・増やす・守るというサイクルがあります。

収入が足りなければ、稼ぐ方法を考える。貯金がなかなかできないなら、お金が貯まる仕組みを考える。使うときは浪費をせずに、できる限り投資にまわして増やす努力をする。そして最後が「守り」です。

■超高齢社会の日本で生活し続けるということ

前提として、このコラムを読んでいる大半の方は、現在日本で生活をしていて、これから先も日本で暮らしていくと思います。

日本はこれから、経済的に強くなるでしょうか、それとも弱くなると思いますか?

結論から言うと、国力は弱くなっていきます。理由は、人口の減少と高齢者の人口割合の増加です。

日本は、2025年には人口の30%超が65歳以上、5人に1人が75歳以上という時代に突入します(内閣府「平成27年版高齢社会白書」より)。

2016年時点の高齢者の比率は26.86%でしたが、たとえば途上国のペルーでは、人口に対する高齢者の割合はわずか6.98%です(2016年世界銀行調べ)。

単純に比較することはできませんが、バリバリ働いて稼ぎ、消費をする人口が多い国と、年金生活者が多い国では、経済成長に大きな差が出るのではないでしょうか。

これからの日本で、私たちは国に手厚く守ってもらうことは期待できません。経済的に自立して自分の身は自分で守る、という考え方が必要な大きな理由はここです。

次回のコラムでは、「気になるけどよくわからない」「不安に感じている」という方も少なくない、日本の社会保障について書きたいと思います。

この記事のライター

クラウドクレジット株式会社/広報 「女性のためのマネーセミナー講師」としてこれまで全国で6000人以上の方に講演。むずかしく思われがちなお金の情報を、楽しくわかりやすく伝えることがモットー。各メディアでのマネーコラム執...

関連するキーワード


マネー

関連する投稿


知らないと損するかも。押さえておきたい社会保障制度

知らないと損するかも。押さえておきたい社会保障制度

将来に向けてマネープランを考える前に、「土台」として押さえておきたいのが、社会保障制度。民間の保険に加入したり、投資を始めたりする前に、理解しておいて、必要なときは活用したいもの。全10回のお金に関する連載、第3回目は、押さえておきたい社会保障制度についてお届けします。


貯金できない人へ。“攻めの開運術”「氣学」を参考にしてお金を貯める方法

貯金できない人へ。“攻めの開運術”「氣学」を参考にしてお金を貯める方法

開運実践氣学アドバイザーとして大人気の、勝沼慧衣さんによる開運術第2弾! “氣学”とは、「占い」とは違って、自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく「攻めの開運術」。話題の書『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、今回は“お金が貯まる”開運術を教えてもらいました。


世界で一番貧しい大統領の言葉が、私たちに教えてくれること

世界で一番貧しい大統領の言葉が、私たちに教えてくれること

世界で一番貧しい大統領、ホセ・ムヒカ氏をご存知でしょうか? 2012年にブラジルで開かれた国際会議でムヒカ氏が発した言葉は、先進国で生きる私たちに「本当の豊かさ」を教えてくれます。お金と豊かさについて考えてみましょう。


“すぐできるテク”で、今日から賢いネットショッピングを

“すぐできるテク”で、今日から賢いネットショッピングを

ネットショッピング、ついつい「ポチっ」と購入ボタンを押してしまう……という人も多いのでは? ネットショッピングで後悔しない方法をお伝えします。


顧問税理士に迷惑がかからない「相続税還付」

顧問税理士に迷惑がかからない「相続税還付」

前回は「相続税還付の大事なポイント。あなたの相続税は取り戻せる」で、相続税還付の大切なポイントについて説明しました。今回は、相続税還付の際に依頼者の多くの方が気にする、顧問税理士との今後の関係性についてご説明します。


最新の投稿


ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ ジャパンは、ほうじ茶の香り高い味わいを楽しめるハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」を期間限定で、10月31日より全国で発売します。


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


おっぱい

DRESS部活