世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、三つの村へ〜ミラノ通信#14

https://p-dress.jp/articles/4581

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録されており、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は前編をお送りします。

前編はこちら

■チンクエ・テッレの旅。次の村へはハイキングで

チンクエ・テッレ3つ目の村、コルニーリアから次のヴェルナッツァまでは、1時間半のハイキングコースを歩くことに。

5つの村を結ぶハイキングコースの中でも、この区間は海岸線を見渡す絶景ポイントが多いコースと聞いているので、足取りも軽く炎天下の道を歩き出しました。

入り口で1日パスを提示し、山道に入ると、心地よい緑の香りに満たされて森林浴気分に。土の上に石が敷かれている上を歩いていきます。

最初は上りの階段だらけ、中には急な勾配の階段もあるのですが、子供でさえしっかり歩いている山道、大人が音を上げるわけにはいきません。

結構、急な階段も。ここにも余計な看板や柵などは一切ありません

山あいをぐるりと回って越えていくコースは、平坦な道あり、緩やかな坂道あり、急な階段あり、とバラエティーに富んでいていい運動になります。

歩いているときは夢中でしたが、翌日に体中、特に脚が筋肉痛になっていました。

出発してほどなく、後ろにコルニーリアの村を望む

こんな感じのハイキングコース、楽勝かと思いきや、なかなかいい運動に

■訪れるハイカーが立ち止まる絶景スポット

海を見下ろす絶景ポイントは、息を呑む美しさ、ハイカーたちみんな立ち止まって、思い思いに海を眺め、記念撮影をしています。

だいたい同じペースで歩くので、記念撮影スポットごとに顔を合わせ自然におしゃべり。どこから来たのか、どのくらいの期間バカンスなのか、など話しながら、お互いに写真を撮り合うのも楽しい思い出です。

それにしてもやはり外国人のバカンス感覚は羨ましい限りです。ヨーロピアン、そしてカナダから来ているという彼らは、およそ3週間から1カ月の旅程でした。

海を見下ろす絶景ポイント、何度遭遇しても感動的です

■海を見渡せるバールでひとやすみ

慣れない山道、だんだんくたびれてペースが落ちてきた頃に、夢のようなオアシスを発見。なんの表示もなく、いきなり現れたバールが素晴らしかったです。

入り口もいたってそっけない雰囲気だけれど、入江を見渡すテラスにポツポツと椅子が並んでいて、パノラマを堪能できます。波の音を聞きながら、冷えたレモネードでしばし休憩です。

山道に突如現れた、絶景テラスのバール

まだかなぁ、そろそろ次の村が見えないかなぁ、などと言いつつハイキング再開。

自然の中でのいろいろな匂い、緑、木々、土などなど、普段ほとんど経験することのない匂いを感じながら、体中の細胞がリフレッシュするような感覚に包まれて歩き続けます。

道中のパノラマ

道中のパノラマ2

■目的地に到着。岸壁にそびえるレストラン

目的地ヴェルナッツァがようやくその姿を現してくれたのは、出発してから2時間ちょっと経った頃。海に突き出た小さな半島形の村の建物に夕日がさしている様は、感動的でした。そこに絶景レストランを発見したときは、嬉しさのあまり小躍りせんばかりに。

ようやく姿を現したヴェルナッツァの村

崖沿いに立つ絶景レストラン

この時点で既に18時、ミラノに向かう列車は20時過ぎにラ・スペツィア発なので19時半にはチンクエ・テッレの村を出るローカル線に乗らねばなりません。

5つの村を制覇しよう、と言っていたわりには、時間配分などまったく考えていなかったので、(往復の列車は予約していましたが)最後の村、モンテローザに行くのは諦め、ここでゆっくりすることにしました。

席からヴェルナッツァの村を望む

ハイキングの後のアペリティーボ

サマータイムの間は日が長いので、夏の日没は21時過ぎ。海に落ちる夕日を眺めるにはまだ早く、燦々と照りつける太陽の光を浴びながらアペリティーボ。
アッチューゲ(小イワシ)のマリネのヴィネガーが、疲れた体を元気にします。

早めの夕食をとる人も

■ゆったりとした時間が流れる港の夕暮れ

そこから駅まで10分と聞いたので、ギリギリまでテラス席でゆっくりして駅に向かいます。余裕を持って1本早いローカル線に乗ろうと思っていたら、20分遅延の表示が。

ならば村のメイン通りを覗こう、ということになり、短いメイン通りをあっという間に抜けて港まで到着。カラフルな建物に囲まれた港は、波打ち際で遊ぶ子供や、泳いている人もちらほら。

夕暮れ時、思い思いに過ごす人々を見ていると、ゆったりした時間の流れを感じます。

今度は駆け足ではなく、ゆっくり、のんびり来たいな、と思いながら……そうするとずっとビーチにいそうなので、こんなに充実した1日は過ごせなかっただろうから、これもまた良しだと思うのでした。

ヴェルナッツァの港

泳ぐ人々、波打ち際で遊ぶ親子、バールでアペリティーボする人々、など思い思いにゆったりした時間を楽しむ

■5つ目の村、モンテロッソはまた改めて

今回、たどり着けなかった5つ目の村、モンテロッソはチンクエ・テッレの中で唯一ビーチがあり、最も開けた村だったのです。

ここに行っていたら、数日滞在したくなってしまうこと必至。また改めて、ゆっくり訪れようと思います。

モンテロッソのビーチ

帰りは、パルマ経由でミラノに。パルマでは乗り継ぎに50分あったので、ダッシュで駅から一番近いリストランテに走り、クイックディナーを楽しんだ私たち。

最初から、カメリエレ(ウエイター)に50分しかないことを告げ、パルマの生ハム、そしてラグー(ミートソース)のパスタをオーダー。エミリア・ロマーニャ州の名物を堪能して、残ったワインはボトルをテイクアウト。インターシティで続きを飲みながら、最後の最後まで楽しく盛りだくさんな1日となりました。

アクセス

「ラ・スペツィア(La Spezia)」から、5つの村を通るローカル鉄道が出ています。ミラノからラ・スペツィアまでは、列車インターシティで3時間(38ユーロ)。

チンクエ・テッレカード(8.5ユーロ)を購入すれば、村をつなぐローカル線とミニバスに1日自由に乗り放題、ウォーキングコースも何度でも歩くことができます。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連するキーワード


海外旅行 イタリア

関連する投稿


夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

日焼けが大好きなイタリア人は、夏はビーチへバカンスに出かけます。パラソルと透き通った海、新鮮な魚介類など、のんびり日焼けしながら過ごすバカンスは優雅ながらとても人間らしい時間ではないでしょうか。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

国内外問わず、旅をすることが大好きです。中でもひとり旅は、人生における挑戦にとても似ていて、ひとり旅をすることが人生で起こる出来事のトレーニングになると感じています。今回はひとり旅を自己成長につなげる方法をご紹介します。


絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

カニ好き&スパイシーな料理好きな方にとって、チリクラブはたまらないお料理ではないでしょうか。私も大ファンのひとり。カニが名産で、チリやペッパーなどのスパイスを使ったお料理が名物のスリランカ。今回は首都コロンボにあるチリクラブの名店を訪ねました。


ターキッシュ エアラインズ、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃航空券を発売

ターキッシュ エアラインズ、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃航空券を発売

日本線就航28周年記念キャンペーン実施決定。ターキッシュ エアラインズが、日本線就航28周年を記念し、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃を発表。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録されており、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は前編をお送りします。


最新の投稿


映画『民生ボーイと狂わせガール』劇中登場のランジェリーがラヴィジュールより販売に

映画『民生ボーイと狂わせガール』劇中登場のランジェリーがラヴィジュールより販売に

ランジェリーブランド「Ravijour(ラヴィジュール)」は9月21日より、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』劇中で登場するランジェリーVol.2を全国直営店やオフィシャルWebストアにて販売開始。


復縁が失敗するのは「元を取りたい」気持ちがあるとき

復縁が失敗するのは「元を取りたい」気持ちがあるとき

別れた元カレと復縁を願うとき、無意識に「元を取りたい」と思っている女性は意外と多いものです。ですが、傷ついた分を相手に償ってもらうのが目的の復縁は、失敗に終わる可能性が高くなります。過去の痛みは忘れて、新しい絆をふたりで築きたい心を持つこと。これが、復縁で失敗しないポイントです。


旬の栗! 剥くのが面倒なズボラさん必見の「剥き甘栗」を使った絶品レシピ3選

旬の栗! 剥くのが面倒なズボラさん必見の「剥き甘栗」を使った絶品レシピ3選

旬の「栗」。「剥くのは少し面倒だな」という方におすすめしたい、剥き甘栗を使ったレシピを3つご紹介します。


おやつの新たなトレンド、ギルトフリーとは?

おやつの新たなトレンド、ギルトフリーとは?

ギルトフリーとは、直訳すると「罪悪感なしのおやつ」のこと。でも、いったいどういうこと? お菓子メーカーに勤める筆者の全10回連載の3回目は、おやつ・スイーツ・お菓子の最新トレンドであるギルトフリーについて、詳しくお伝えします。


「中医学」を取り入れる暮らしで美しく健康に

「中医学」を取り入れる暮らしで美しく健康に

「中医学」という言葉は聞き慣れないかもしれません。東洋医学とはよく聞くけれど……。中医学とは中国の伝統医学で、実は私たちの生活でもとても実践しやすいセルフケアのひとつ。今回は国際中医師の千葉敬子さんに、中医学から学べる女性の健康の知恵を教えていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活