1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 彼氏の既読スルーが増えた。LINEに見る男性の本音とは

彼氏の既読スルーが増えた。LINEに見る男性の本音とは

Share

彼氏に既読スルーされる――それって恋愛におけるLINEのやりとりで、ブロックの次にされたくないことかもしれません。既読にならない状態よりも、既読になっているにもかかわらずノーレスの既読スルーは、ネガティブな想像をしてしまいますよね。今回は、既読スルーに隠されている彼の本音について考えてみましょう。

彼氏の既読スルーが増えた。LINEに見る男性の本音とは

■彼氏の既読スルー、本音は4つ

彼氏から既読スルーされたからといって、すぐに“冷めてしまったのかな?”と焦る必要はありません。

恋愛初期は、朝のおはようLINEから夜のお休みLINEまで、一日に何度もやりとりをしていたものの、恋愛が進むにつれて頻度が減っていくのはむしろ普通のこと。もともと男性は女性に比べて、メールやLINEなどオンラインでの恋愛コミュニケーションを、本音としては好きではない人が多いのです。

けれど、女性にとって恋愛におけるLINEのやりとりは、ひと昔前のラブレターやラブコールと同じですよね。

そんな大切な恋愛コミュニケーションであるLINEで起こる既読スルー。女性なら、誰もが落ち込む彼の行動に隠れる本音は大きく4つあります。

彼氏の既読スルー 本音1:恋愛モードのトーンダウン

あなたに対する恋愛感情の低下ではなく、彼自身の恋愛に対するモードがトーンダウンするとLINEの既読スルーが起こりやすくなります。

私はこの恋愛モードのトーンダウンを“恋の踊り場”と呼んでいます。

恋愛はスタートから一気に互いの感情が高まっていき、なんといってもこの高まっているときが一番楽しい時期。寝ても冷めても彼のことばかり考え、頻繁に甘いLINEのやりとり。まさに恋愛の絶頂期です。

その期間を経た後に必ずやってくるのが、階段の踊り場のように、ちょっと一休みするタイミングの”恋の踊り場“。好きだけれど、熱く燃え上がるような感情が落ち着き、穏やかな安心感になる時期のことです。

この”恋の踊り場“の時期は、恋愛モードがトーンダウンします。

このタイミングで新しい仕事を任される、家族友人の問題が発生するなど、恋愛以外で対応しなくてはならないことが起こると、恋愛への集中力が低下して既読スルーというアクションにつながることも。

けれど、あなたへの感情が冷めたわけではなく、ついうっかりということが多いので、この場合はしばらく静観してみましょう。

彼氏の既読スルー 本音2:安心感からの甘え

恋愛関係も一定期間継続してくると、お互いに安心感を覚えて、信頼できるパートナー関係に変化していきます。

まさに阿吽の呼吸のように、お互いのいいところも悪いところも知り尽くしてるからこそ、かけがえのないパートナーといえるのですが、安心感が甘えを生むのも事実。

「きちんと返信したいと思うので、LINEを既読してすぐレスしないことが多かったんです。それでも最初は時間をおいて、返信内容を考えて、ちゃんと返信していました。付き合いが深まるにつれて、安心感からうっかりLINEを既読したまま忘れてしまうことが増え、彼女から既読スルーは悲しいと言われて反省しました。今は返信できないときにはスタンプだけは送って、既読スルーをしないように心がけています」(45歳 男性)

特にオンラインコミュニケーション世代ではない、40代後半の大人男性のなかには、ここ最近LINEを始めたなんて人もいる世代。LINEは既読後に即レスするコミュニケーションツールだと知らない場合があります。

既読スルーが気になるようであれば、彼にそのことを伝えてみましょう。

その場合、追及するのではなく、前述の彼女のように“寂しい””悲しい“など既読スルーされたときの心情を伝えると、彼の感情的なスイッチを入れることなく反省を促せます。

恋愛を長続きさせるコツは、安心と緊張をほどよく散りばめていくことです。

彼氏の既読スルー 本音3:恋愛感情の低下

ここからは少し深刻な理由です。

彼のあなた自身への恋愛感情が低下していることによるLINEの既読スルー。

悲しいことですが、恋愛は始まりがあれば終わりもある関係。恋愛終末期に彼からLINEの既読スルーをされるようであれば、その行動に含まれたメッセージを読み取る必要があるかもしれません。

「彼女とは3年付き合いました。付き合いの最後の方は小さなことでケンカになり、会っても気持ちが盛り上がることが減っていました。でも、別れたいと積極的に思うほどではなかったので、ずるずると付き合っていました。その頃から彼女のLINEへの返信が面倒だなと感じて既読スルーが増えていきました。その彼女とは結局別れることになりました」(38歳 男性)

もし、あなたも彼に対する恋愛感情が低下しているのなら、既読スルーをひとつのサインとして別れの準備に入るタイミングとしてもいいかもしれません。

でも、あなたが彼と別れたくないのなら既読スルーをされたら、1〜2回 “どうしたの?”、“何かあった?返信ないから心配してる” といったメッセージを送り、それでも既読スルーされる場合は、こちらからLINEを送るのを止めて一旦冷却期間を置いてみましょう。

2〜3回送られてきたメッセージに対して既読スルーをするというリアクションは、そこに明らかな“返信できない”または“返信したくない”という意思があります。

彼が返信できない状況にいる、もしくは彼を怒らせるようなことをあなたがしたのなら、既読スルーの理由は明確ですよね。けれど、返信できる状況にいるし、ケンカもしていない、そして怒らせる理由に思い当たる節がない場合は、彼自身のあなたに対する恋愛感情が低下している可能性があります。

相手の恋愛感情が低下しているときに、一番やってはいけないことは"追うこと"です。

このタイミングで追いかけたり、追及したりすると、恋愛感情を急激に冷めさせてしまうことにつながります。

追うのではなく、逆に一旦立ち止まり、彼にあなたという恋人の存在を考える時間を与えてみましょう。

彼氏のLINE既読スルー 本音4:恋愛の終わり

本当に残念ですが、3回以上連続して送ったメッセージに対して既読スルーされる場合は、明確な”返信したくない“という行動の現れであり、恋愛を終わらせたいという意思を婉曲に告げている可能性が高いと言えます。

大人の恋愛においては、恋愛の終わりは何となく自然消滅が好ましいと思っている人が少なくありません。なぜならば、“恋愛の終わり”は”嫌いになった”からではないことが多いから。

極力もめごとを避けたい大人同士の恋愛において、言葉ではなく行動で示される恋愛の終わりのサインのひとつが既読スルーです。

「ずるいかもしれませんが、揉めて別れるのが嫌なので、既読スルーを何回か繰り返して、自然消滅させることが少なくありません。既読スルーを繰り返すと相手からも連絡がこなくなりますが、半年位経ってから“久しぶり。元気?”とLINEを送ると、別れ話をしていないので、友達以上恋人未満のいい関係になれるんです」(40歳 男性)

こんな本音を語る男性も少なくありません。

既読スルーを恋愛の終わりのメッセージにされた人にとっては心が傷つきますが、はじめに言った通り恋愛には始まりがあれば終わりもあります。残念ながら人の心の移り変わりを変えることはできません。

恋愛の終わりを受け入れ、きれいに終わらせたら、大人としてひとつ階段を上ったと自分を褒めてあげましょう。

彼氏の既読スルー、どう対応するかはあなた次第

彼氏の本音とあなたの気持ちを照らし合わせて、既読スルーにどう対応するかはあなた次第。

彼の心が離れていない場合も、既読スルーはハプニング的に起こる可能性があります。

けれど、連続して3回以上の既読スルーは、その恋愛の終わりを告げているかもしれないという現実から目を背けずに向き合い、どう対応するかを考える必要があります。

ただ、LINEは恋愛の大切なコミュニケーションツールであったとしても、恋愛そのものではありません。恋愛関係は直接会って、顔を見て、話をして、温もりを感じ合うコミュニケーション。

LINEの既読スルーで恋愛を終わらせるような相手とは所詮、それだけの縁だったときっぱり縁を切り、自分から相手をブロックして関係を断ち、新しい恋愛へとスタートを切った方がいいのかもしれません。 

「TIME IS MONEY , LIFE IS SHORT」ですから。

2017年8月24日公開
2019年4月18日更新

Share

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article