1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「恋も仕事も真摯にストレートなら、結婚に“適齢期”はないはず」久保河内さなえ さん(38) アパレル系商社勤務

「恋も仕事も真摯にストレートなら、結婚に“適齢期”はないはず」久保河内さなえ さん(38) アパレル系商社勤務

Share

恋がひとつ、終わったばかりなんです。お互い、もう無理かなって距離を置くことにしました。日々の付き合いの中で簡単なメールとか、ちょっとした一言をかけてもらうのが必要だったのかな。それがいつも「忙しいからできなかった」と言われても、納得できなくて。

「恋も仕事も真摯にストレートなら、結婚に“適齢期”はないはず」久保河内さなえ さん(38) アパレル系商社勤務

もう無理かなって、距離を置くことにしました。

恋がひとつ、終わったばかりなんです。お互い、もう無理かなって距離を置くことにしました。

日々の付き合いの中で簡単なメールとか、ちょっとした一言をかけてもらうのが必要だったのかな。それがいつも「忙しいからできなかった」と言われても、納得できなくて。

理解し合いたい、わかり合いたいという気持ちが、私にとっては必須だった。だからパートナーときちんとコミュニケーションが取れないという関係は、ダメだったんです。でもサバサバした性格なので、今はさっぱりとした状態ですよ。

ただ、そんな私の男前(?)な性格が、男性から求められる理想の女性像と違ったのか、うまくいかなかったことも何度かありましたね。過去には「僕は絶対に大丈夫」「全部、受け止められる!」と言ってくれる人もいましたが、結局は大丈夫じゃなかったり、受け止めてもらえなかったり(笑)。

本当に分かり合える相手を見つけること。

結婚観ですか? 結婚を考えて恋愛を始めたことはありません。直感で好きと思った人が好き。でも曲がったことは嫌い。直感勝負な日々です。

恋愛は、お互いを知り合って、理解していく過程が楽しくもあります。相手のいろんな一面が見えるのも嬉しい。付き合っているうちに「こんな人だった」という発見を積み重ねて、それをお互いがどこまで受け止めて共有できるのか……。そんな恋愛のゴールが、結婚だと考えてはいないんです。


心の底から理解し合えるパートナーがほしいとは思っています。たとえば私が世界中からバッシングされても、生涯、絶対に味方になってくれるような存在でしょうか。

それが、結婚というカタチになることは、もちろんあると思います。でも私にとって恋をする目的は、本当にわかり合える相手を見つけること。結婚するためではありません。でも独身なので、やっぱり結構な頻度で聞かれます。
「どうして結婚しないの?」と。

はぐらかして、「今は仕事が……」なんて言っていたら、いつしか「生涯独身でキャリア一筋らしい」なんて、周囲に言われていたこともありました。仕事のない人生は考えられませんが、そんな非・結婚主義といったポリシーもありませんから(笑)。

好きなものに対してまっすぐ向き合っていく生き方

独身と既婚、結婚と仕事、そしてバリバリのキャリアとほどほどのキャリア……。女性にとって今の世の中は、制約も多いけれど、選択の幅も広い。それは、女性が好きなものを選択したら、まっすぐに生きていきやすい世の中でもあるんじゃないでしょうか。そして38歳の私は今、シングルで一生懸命に恋も仕事も、突き進む道を選んでいる。

そう考えていくと、結婚適齢期って不思議な言葉だと思いませんか? 私は年齢なんて関係なく、自分が結婚したいと思ったときが、最良のタイミングだって言いたい。私が一般的な結婚適齢期と言われる頃を振り返ると、余裕がなくて、恋でも仕事でもマイナスな状況に陥ってしまったときの対処法が、幼かったですね。謙虚にどんな事態も受け止める強さが持てるようになったのは、今の年齢になってから。相手の立場に立って、柔軟に考え直したりもできるようになった。

この先、パートナーと自分、お互い同士が責任を持って相手を受け入れ、幸せにしたいという想いが通じ合えば、いい恋愛、そしていつか結婚に繋がるのかもしれませんね。仕事だって同じです。昔よりとても充実していて、それでいてもっともっと頑張りたい。ただ真剣勝負で働いていると、どうしても男性的になってしまう。口調が強くなったり、顔つきがきつくなったりするんです。

だから仕事をしているときは常に、女であることを意識して、忘れないようにしています。たとえば自炊や掃除、そして小さな所作までも雑にはしない。ちゃんとしていたら、小さな自信が、外見や雰囲気に出てきますよね。魅力的な女性であるためのベースにあるのは、手抜きをしないで、粗野にならないよう暮らすことだと思います。

なんて言っていますが、他人から見た私はかなり天然な部分もあるらしく……。出張の待ち合わせ場所に着いたときに手ぶらだったり、自宅を間違えて他人の家にあがりこんでしまったり。これは直さなければ!(笑)。

ただこれからも好きなものに対して、まっすぐに向き合っていく生き方はずっと同じだと思います。この性格だけは、昔から変えられないんです。
 

[終]

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article