女子心をくすぐる台湾の買い物スポット! 魅力あふれるアイテムをゲットしよう

女子心をくすぐる台湾の買い物スポット! 魅力あふれるアイテムをゲットしよう

今回ピックアップしたのは、台湾のおすすめ買い物情報。旅先でのお買い物は、普段よりテンションが上がってしまいますよね。台湾には、女子旅にふさわしいお買い物スポットが大充実! ファッション、雑貨、フードなどなど……旅の思い出を持ち帰られるおすすめショップをご紹介します。


旅のお楽しみに、お買い物は欠かせません。その土地でしか手に入らないお菓子、色合いが鮮やかな雑貨……。旅先で目にするアイテムは、どれもこれも魅力的。自然とテンションが上がってしまいます。

台湾は近代的でハイセンスなショッピングビルが充実している一方で、古い建物をリノベーションした風情のあるショップも増えていて、おしゃれびとの間で話題のショッピングタウンとなっているのをご存知でしょうか。

また、街のあちこちで見られる市場では、現地の人と交渉しながらのディープなお買い物体験も楽しめます。

今回は、そんな台湾ならではのお買い物が楽しめる、おすすめショップをピックアップしてご紹介します。

■問屋街で買う台湾の伝統おみやげ

道幅は狭く、バイクや車が通りを行き交う賑やかな街。急な飛び出しには注意!

台湾のスイーツ紹介記事でも登場した迪化街(ディーホアジエ)は、台北で最も古い問屋街。

中国茶、漢方薬、ドライフルーツなどの乾物を扱うお店が軒を連ねています。まずご紹介するのは、この問屋街に位置するおすすめショッピングスポットです。

本場の漢方薬! 自分の体に合ったものを手に入れて

私は、女性ホルモンのバランスを整える「四物丸」と、肝臓によい「養肝散」を購入。健康と美容は、体の内側からのケアも大切ですよね。効果は……ある気がします(あくまでも個人の感想です)。

旅に行く前からリサーチしていた漢方薬局の老舗「生元薬行」(ション ユエン ヤオ ハン)。

体質や体調の悩みを専属の漢方医に相談すると、おすすめの漢方薬を処方してもらえます。日本語も通じるので安心!

ただ、診察をしてもらえるのは平日のみ。その場合も、親切な店員さんに相談すればおすすめの漢方薬を教えてもらえますよ。

ジャケ買いしたいほどかわいい! 台湾定番土産のパイナップルケーキ

パッケージはシックな印象。イラストやロゴは大人かわいいデザインに。目上の人へのお土産としても良いですね!

台湾といえばコレ! ともいえるくらい定番のお土産、パイナップルケーキ。
いろいろなお店で購入できるものだからこそ、美味しくて、かわいいものを選びたい。

ベーカリーを併設している「JIIA」は、ショッパーも含め、かわいらしいデザインが人気です。しっとり風味で口当たりはマイルドで食べやすいのが特徴。個包装タイプなので、お土産にもおすすめです!

■ハイセンスな「誠品書店」で雑貨を買う!

書籍コーナーには、猫特集が……。言葉がわからなくても買いたくなってしまいます。

「誠品書店」(せいひんしょてん)は、その名の通り、台湾で多くの店舗を構える本屋のチェーンです。

近年では書籍だけにとどまらず、ハイセンスなショッピングビルとして展開を拡大。台湾のカルチャー発信源として、注目を集めています。店内にはとにかくキュートでセンスのよいものが溢れています。

カラフルなデザインの傘とノートを購入。傘は日本円で約3000円、ノートは約700円でした。

他にも、現地のデザイナーの洋服やアクセサリー、バッグを扱うショップも充実し、ショッピングを満喫したい人にとっては夢の国のような空間!

おしゃれにパッケージされたお菓子や中国茶も手に入るので、お土産探しにもってこいです。

「誠品書店」は、現在台北市内に3店舗あります。お店によってアイテムの品揃えや店内の雰囲気も違うので、時間に余裕がある方は、それぞれの特徴を楽しんでみてください!

■夜市で見つけるプチプラアイテム

せっかくお買い物を楽しむなら、掘り出し物を見つけたい……。そう考える人もなかにはいるかと思います。

年中無休開催の「士林夜市」は、プチプラアイテムの宝庫! 夜市ならではの活気と熱気が手伝って、お買い物モードにも火がついていくよう。

食器売場で”買い物欲”がヒートアップ!

プリント禿げや手書きの線がズレていたりするのも、プチプラならではのご愛嬌。

今回私が一番ワクワクしたのは、期間限定で出ていた食器のお店。

アウトレットのお店なのか、どれもひとつ50〜200円ほど。カラフルなデザインが目を引きます!

ここで1時間近く吟味して、お土産も含めお皿をまとめ買い! 割れないように、ガッチリ梱包してもらえたので、無事日本まで持ち帰ることができました。

お揃いアイテムも手に入れたい

色違いで購入! 旅のウキウキ気分がさらに高まります。

アジアでは今、バーバパパが流行っているのでしょうか? 韓国でもよく見かけたバーバパパ。友人とお揃いでかわいいデザインのパジャマを購入。まとめ買いでおまけしてもらえました。

■買い物の強い味方。移動に便利なMTRを使おう

今回ご紹介した3つのお買い物エリアは、どれも台湾の地下鉄「MTR」で回れます! 1日あれば、すべて巡ることができますよ。

日本での「Suica」のようなプリペイドカード、「悠遊(ゆうゆう)カード」を購入してチャージしておけば、利便性はさらにアップします。

お買い物も思う存分に楽しめる台湾。便利な交通サービスも利用して、効率よく旅を楽しんでくださいね!

この記事のライター

食欲とおしゃれ欲旺盛なOL。
最近のマイブームはクラフトビール。
アンテナは広げれるところまで広げる、がモットーです。

関連するキーワード


海外旅行 台湾

関連する投稿


幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

年末にフロリダ旅行をしてきました。訪れたキーウェストには、アメリカの文豪、アーネスト・ヘミングウェイの家があります。ここには50匹以上もの猫が暮らし、その半数以上が「6本指」を持っているのだとか。今回は、「幸運を呼ぶ」と言われるこの猫たちについてご紹介します。


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリアでは新年6日までクリスマスモード。街中がイルミネーションで華やぎ、屋台は観光客で賑わいます。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


チェコで迎える新年

チェコで迎える新年

いよいよ今年も残りわずか。チェコでは、こんな年越しをしています。


悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

チェコでは、12月最初の日曜日に、町のクリスマスツリーの点灯式がありました。クリスマスマーケットが始まり、チェコはもうクリスマスの雰囲気に包まれています。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい