「セントレジス・シンガポール」でラグジュアリーステイ。バトラーサービスも体験

「セントレジス・シンガポール」でラグジュアリーステイ。バトラーサービスも体験

シンガポールのホテルの選択肢は豊富。名だたる高級ホテルチェーンなど多種多彩。そして日本に比べれば、宿泊費もリーズナブル! 今度はどこに泊まろうかと悩むのも旅の醍醐味です。久しぶりのシンガポール旅、せっかくならラグジュアリーにステイしたい! 「セントレジス・シンガポール」にステイした筆者が同ホテルの魅力をご紹介します。


LCCの台頭もあり、このところアジアへの旅がますます身近になった感があります。欧米と比較するとホテル代もリーズナブルだし、ちょっと奮発すれば、ハイクラスのホテルに泊まれるのもうれしいところ。

なかでもシンガポールは古い建物をアレンジしたホテルなど選択肢も多彩です。そんなわけで、今回のシンガポールの旅では、「セントレジス・シンガポール」をチョイス。

世界最大のホテル企業、マリオット・インターナショナルの最高級カテゴリーのホテルのひとつ、「セントレジス」もアジアでなら手が届きます。

■オバマ元大統領も滞在したホテル

「セントレジス」が誕生したのは1904年のニューヨーク。当時の社交界の主役だったアスター家が上流階級の人々のための社交クラブを開設したのがはじまりです。

アメリカのオバマ元大統領も、シンガポール訪問時、こちらに滞在したそうですよ。──と聞くと、ちょっと二の足を踏んでしまいそうですが、せっかくの旅ですもの! と、「セントレジス・シンガポール」に滞在することにしました。

立地もいいんです。シンガポールきってのお買い物スポット、オーチャード通りからほど近い場所に立地。オーチャード通りの喧噪からはやや離れていながらも、徒歩圏内とまさにいいところどり!

■「さながら美術館?」のアート空間

ホテルのエントランスを入ると、視界にはクリスタルのシャンデリアが飾られた、重厚感のロビーが! うーん、やっぱりゴージャス! クラシックなインテリアや調度品もエレガントを醸しています。

そう、「セントレジス・シンガポール」でチェックしたいのは、パブリックスペースに飾られた、いくつものアートたち。これらはすべてオーナー個人コレクションなのだそう。

館内外には、シンガポールの人間国宝、陳文稀の絵画や20世紀のスペインアートを代表する画家、ジョアン・ミロのスケッチ画、ユダヤ系アーティスト ウィリアム・ゾラックの彫刻など、いくつものアートが配されています。

バー「アスター」の壁面には、なんとピカソの絵も! 定期的にバトラーによる館内アートツアーも開催されているそうで、もはやここは美術館!?

■パッキングはバトラーにおまかせ!

また、これは全世界「セントレジス」に共通するサービスですが、すべての客室には、専属のバトラーの方がついていて、コーヒーや紅茶をサーブしてくれたり、洋服をプレス(1日2枚まで)してくれたり、さまざまなお願いができるんです。

荷ほどき、荷づくりをお願いすることもできるのですが、大和撫子としては他人様にパッキングをお願いするのはちょっぴり忍びない気も。でも、ここでも「せっかくですもの」気質がふつふつとわき上がり、チェックアウトの際、思いきって荷づくりをお願いすることに。

筆者はといえば、用意してもらった紅茶を飲みながら、ソファに腰かけ、てきぱきと荷づくりするバトラーを見守っておりました! これ、クセになってしまいそうです。

「セントレジス」といえば、バトラーサービスとともに、忘れてはいけないのは、「ブラッディマリー」。

ウォッカとトマトジュースのカクテル「ブラッディマリー」は、セントレジス・ニューヨークが発祥だといわれ、全世界の「セントレジス」では、それぞれその地域ならではのオリジナルのブラッディマリーが用意されています。

たとえば、「セントレジス大阪」では、ウスターソースと柚子を使用し、ワサビの香りを効かせた「ショーグンマリー」がいただけます。

トマトジュースとウスターソースのカップリングが意外にも絶妙! ドライジンと柚子の柑橘系のさわやかさもぴったりで、やみつきになる人も多いそう。

■アジアの十字路・シンガポールを体感するご機嫌ステイ

さて、シンガポールに話を戻しましょう。ここ「セントレジス・シンガポール」では、レモングラス、チリ、ショウガを使った「チリブラッディマリー」を提供。

アジアの十字路・シンガポールで手に入る食材で作る「チリブラッディマリー」は、独特のスパイシーさを持ち、常夏のシンガポールの気候にぴったり。

さまざまな文化が交錯し、独自の文化を作りあげているシンガポールを体現するような一杯でもあります。

快適に滞在でき、ちょっとしたセレブリティ気分も味わえる「セントレジス・シンガポール」。洗練されたアート空間やおいしいお酒がいただけるバーとしても利用価値大。

次にシンガポールを訪れたときにも、また足を運びたい、お気に入りの場所になりました。

この記事のライター

フリーランスライター。出版社勤務後、フリーに。食、旅、エンタメなど、ライフスタイル系を中心に、雑誌、ウェブ媒体などに執筆。共著に、『魅惑のミュージカル鑑賞入門』(世界文化社)、『日経エンタテインメント! 大人のディズニーSp...

関連するキーワード


ホテル 海外旅行

関連する投稿


押すスーツケース「バガブーボクサー」ポップアップストアが伊勢丹新宿店にオープン

押すスーツケース「バガブーボクサー」ポップアップストアが伊勢丹新宿店にオープン

オランダ生まれの「押す」スーツケース「バガブー ボクサー」の世界初となるポップアップストアが伊勢丹新宿店にて11月15日よりオープンしました。


風は秋色。ブレラを散歩〜ミラノ通信#19

風は秋色。ブレラを散歩〜ミラノ通信#19

歩いているだけでも楽しい、ミラノの秋。主に味覚を中心にご紹介した前回に続き、今回はカフェやブティックなど、ブレラ地区の街角をご紹介します。ミラノ在住の河見恵子さんに教えていただきました。


風は秋色。ミラノの市場は秋の味覚でいっぱい〜ミラノ通信#18

風は秋色。ミラノの市場は秋の味覚でいっぱい〜ミラノ通信#18

ミラノの市場であるメルカートへ秋色を発見しに向かいます。ポルチーニ茸をはじめ、プンタレッレ、カルチョーフィなど、秋の味覚がずらり。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


「ハイアット セントリック 銀座 東京」 2018 年1月22 日オープン。宿泊予約受付を開始!

「ハイアット セントリック 銀座 東京」 2018 年1月22 日オープン。宿泊予約受付を開始!

新たなライフスタイル ブランド「ハイアット セントリック」のアジア第一号となる「ハイアット セントリック 銀座 東京」が、2018 年1月22 日(月)より開業・2018年2月1日(木)以降の宿泊予約の受付を10 月24 日より開始。


カンボジア・プノンペン女ひとり旅、7のTips。安心・安全に旅しよう

カンボジア・プノンペン女ひとり旅、7のTips。安心・安全に旅しよう

カンボジアの首都、プノンペンを旅してきました。定番の観光地やグルメ情報は他サイトに譲るとして、ここでは女性ひとりでプノンペンを旅する際に気をつけたいこと、事前に備えておきたいことなどをご紹介します。


最新の投稿


お尻とお腹を美しく引き締めるヨガ【#3分MASAYOGA 第3回】

お尻とお腹を美しく引き締めるヨガ【#3分MASAYOGA 第3回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第3回目ではお尻とお腹を引き締めるヨガポーズ「橋のポーズ」を取り上げます。


ドゥ・ラ・メールがプレミアムフライデーにラグジュアリーなトリートメント体験を提供

ドゥ・ラ・メールがプレミアムフライデーにラグジュアリーなトリートメント体験を提供

毎月末金曜プレミアムフライデーに、全国のドゥ・ラ・メール店舗にてトリートメントサービスを5〜15分で気軽に体験できるサービスデー「ヒーリングデー」を実施しています。


『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第5話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。「悲しすぎる」「つらすぎる」と視聴者の大反響を巻き起こしたエピソードですが……。


大人の塗りかけネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

大人の塗りかけネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

塗りかけネイルのデザインには正解がありません。マニキュアを使って簡単に、自分の好みを全面に出せるデザインのひとつです。その上、時短で気軽にできるのも特徴。マニキュアを使った塗りかけネイルのやり方を、豊富な画像でご紹介します。


きれいになれて、楽しく、気持ちいい。心躍るヘアケア【美活手帖#8】

きれいになれて、楽しく、気持ちいい。心躍るヘアケア【美活手帖#8】

肌と同じように髪にも、きっと誰もが不意に行き当たる“曲がり角”がある。髪悩み深まるそんなときこそ、優れた効果で、お手入れの面白さで、素晴らしい心地よさで、心も髪もときめくようなヘアケアを。使うときれいを実感し、楽しみながら続けられる。そんな輝く美髪への近道をご案内します。


おっぱい