1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. 目で見ても楽しい。フレーバーウォーターの作り方

目で見ても楽しい。フレーバーウォーターの作り方

Share

フレーバーウォーターのレシピをお届けします。ジメジメしたこの時期に気分が上がるTHE FIVE SENSES BARの人気メニューである、お花入りのフレーバーウォーターを2種類、材料と作り方を詳しくご紹介します。

目で見ても楽しい。フレーバーウォーターの作り方

世の中にはさまざまな色の食べ物が存在します。

今回は、「自然の中にある多種多様な色を、視覚で食感で楽しむこと」をコンセプトに作ったメニューをみなさんにご紹介します。

ご自宅でも簡単に楽しめる2種類のメニューです。

■起床後に飲みたいフレーバーウォーターの作り方

<用意するもの>
・蓋つきのボトル(使用済みのペットボトルでも可)
・スペアミント(またはアップルミント)
・ブルーベリー
・ラズベリー
・ストロベリー
・りんご

目覚める朝にミントが香る、色鮮やかなフレーバーウォーターを1日の始まりに!
ハーブはすっきりとしたミントが朝にぴったりです。
さらにベリー系には多くのビタミンが含まれ、紫(ポリフェノール)は眼精疲労などにも効果的と言われます。

■就寝前に飲みたいフレーバーウォーターの作り方

<用意するもの>
・ローズマリー(またはレモンバーム)
・レモン
・オレンジ
・グレープフルーツ
・きゅうり

ローズマリー(レモンバーム)は香りが高く、柑橘系のフルーツとの相性も良く、リラックス効果を感じられます。

オレンジとローズマリーの組み合わせや、レモンにグレープフルーツ、きゅうりの組み合わせもおすすめです。

無農薬栽培であれば安心ではありますが、そうではない場合、重曹を入れたお水に1分弱つけておいてから洗い流すのをおすすめします。酵素が消えないよう洗ってくださいね。

冷蔵庫に余った果物や自分の好きな食材を使ったオリジナルの、目で見て楽しい季節のフレーバーウォーターをお楽しみください。

Share

岡崎 奏

The Five Senses Bar
Director / ”色を食べる” Color Food Analyst

1980年 東京都生まれ 37歳 洗足学園短期大学 音楽学部 声楽科卒業。 20代にアパレルブランドのデザイン・企画を行い、ものづくりの面白さに出会う。人とのコミュニケーションに興味を持ち、ホテル勤務を経てホスピタリ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article