ミラネーゼのバカンスは美しい港町ポルトフィーノで。~ミラノ通信 #12

ミラネーゼのバカンスは美しい港町ポルトフィーノで。~ミラノ通信 #12

イタリアでは6月に入るとすっかり気分はバカンスモードなのだとか。今回のミラノ通信では、人気の高級リゾート地である港町、ポルトフィーノへの週末日帰り旅をご紹介します。美しい街並みや湾を見渡す景色は必見です。


■電車行くミラノからのバカンス日帰り旅

イタリアでは6月はじめに学校が終わり、3カ月の長い夏休みが始まります。
そして6月になると日差しも格段に強くなり、いきなり夏到来! という感じ。

こんな気候になると、すっかり気分はバカンスモードになるイタリア人。週末はミラノを脱出して海や山に出かける人々が多く、金曜の夕方から車に荷物を詰め込んで出発する姿が見られます。そんなバカンスモードスタートの今回は、電車でもいけるミラノからの日帰り旅をご案内します。

行き先は、イタリアン・リヴィエラでも特に人気の高級リゾート地、ポルトフィーノ。経由地のサンタ・マルゲリータ・リグレでは海辺の町気分も楽しめます。

ミラノ中央駅の光景。かなり高い窓から朝日が降り注ぎ、美しい。

■美しい海岸線を見渡せば、バカンス気分一色!

ミラノ中央駅からサンタ・マルゲリータ・リグレ駅まで特急列車のインターシティで2時間。車内も
最近では旧式の6人用のコンパートメント列車から、冷房完備の新しい車両になり快適になりました。

料金は利用する時間によって異なりますが、23〜34ユーロ。サンタ・マルゲリータ・リグレ駅を出るとそこは、青い海、美しい海岸線が見渡せる別世界。一気にバカンス気分が盛り上がります。

インターシティの車内と、到着駅ホーム

■美しい海を堪能しながら船でポルトフィーノの港へ

ここからポルトフィーノまでは、船かバスでそれぞれ15〜20分ほど。バスは1時間に1〜2本で3ユーロ、船は1時間に1本で7ユーロ。世界的に有名なポルトフィーノの美しい港に海からアプローチできる、船での到着をおすすめします。

海風を感じながら、途中静かな入江の海水浴場や別荘を眺め、真っ青な空と海のコントラストを楽しめます。ポルトフィーノに近づいていくと、クルーザーやヨットが多数停泊、港をぐるりと囲むカラフルな建物が見えてくる様は、乗客たちから感嘆の声が上がるほど、感動的です。

サンタ・マルゲリータ・リグレの街の光景。海岸沿いの道には色鮮やかなハンギングフラワーが。

船内は観光客でいっぱい、海風に吹かれながら景色を楽しむ2階デッキ。

途中、静かな入江には海水浴場や別荘が。

ポルトフィーノの港に入ると、こんな光景が広がります。

■高級ブランドがひしめく小さな港町、ポルトフィーノ

ポルトフィーノの定住人口は500人余り、この小さな港町は夏になるとセレブリティがクルーザーでやってきてはパーティーしたり買い物をしたりすることでも有名です。

港をぐるりと囲む広場にはカフェやレストランが立ち並び、小さな通りには「ルイ・ヴィトン」や「ロロ・ピアーナ」、「エミリオ・プッチ」など高級ブランドがひしめいています。

港の広場、夏の日差しがサンサンと降り注ぎます。

ロロ・ピアーナの店舗、佇まいも優雅です。

ちょっと覗いてみるとさすがのセレクション。リゾートに映える洒落たものが並び、ミラノの街の店舗とは雰囲気が違います。

ミラノで大人気の高級時計とジュエリーを扱う「グリモルディ」も、最近オープンしたばかり。デザインも担当するジョルジョ・グリモルディ氏がいらして、デザイン画など見せていただきました。その豊かな感性と創造性に圧倒され、流れるような曲線美にため息が出ました。

グリモルディ氏のデザインノート、特別に1ページ撮影。掲載許可も快くいただけました。

■海風を感じながら人気のレストランでランチ

ランチは、お気に入りのレストランで地元の白ワイン「ヴェルメンティーノ」とシーフードフリット(フライ)でスタート。海風を感じながらのシーフード、最高です。

リグーリア州でペーストといえば、ジェノベーゼソース(ジェノバ風ソース)のことなのですが、バジルと松の実、パルミジャーノ、オリーブオイルで作るシンプルな緑色のソースはこの地方のもの、パスタに使ったり、タコとジャガイモに和えたりしていただきます。

いつ訪れても満席の人気店、トラットリア・トリポリ。サービスも良く、再訪したくなる。

ソファ席で寛ぐ品のいいご婦人、お洒落です。

ジャスミンや紫陽花の花盛り、番地表示のタイルもかわいい。

■ポルトフィーノ湾を見渡す

食後には小高い丘の上の教会やブラウン城まで散策してみると、ポルトフィーノ湾の全景が見晴らせます。遠くにはサンタ・マルゲリータ・リグレ、リグーリアの海岸線と連なる山々を一望。

教会広場を挟んだ対岸は、崖下の澄んだ海、水平線まで広がるパノラマは、しばし眺め入ってしまうほどの美しさ。

散歩道からポルトフィーノの湾を望む。イエローの外壁は丘の上の教会、大型クルーザーではランチテーブルの準備中。

対岸の海、水が透き通っている。このパノラマは息をのむ美しさ!

この時期の日没は21時過ぎ、夕暮れを待たずにアペリティーボだけして帰途へつきます。ヨットから上陸したふたり組、日中は沖合に停めたヨットのデッキで日光浴して、時折そのまま海で泳ぎ、夕刻にアペリティーボを楽しんいるのでしょうか。ゆったりした時間が流れているヨーロッパのバカンス、優雅で素敵です。

ヨットから上陸、優雅なバカンスを楽しむふたり。

■ゆったりとした時間が流れるポルトフィーノのバカンス

本格的なバカンスシーズンスタートの前に、ミラノから日帰りで楽しめるポルトフィーノの1日でした。ミラノ滞在中にもし機会があれば、海風を感じにふらりと遊びに行ってみてくださいね。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連する投稿


悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

チェコでは、12月最初の日曜日に、町のクリスマスツリーの点灯式がありました。クリスマスマーケットが始まり、チェコはもうクリスマスの雰囲気に包まれています。


カンボジアの胡椒は世界一の美味しさ。知って欲しいカンポット・ペッパーの魅力

カンボジアの胡椒は世界一の美味しさ。知って欲しいカンポット・ペッパーの魅力

11月末に2週間ほどカンボジアへ旅行に行ってきました。滞在したカンポットの街は、世界で一番美味しいと言われる胡椒の産地。現地の有機農場で学んだカンポットペッパーの魅力についてお届けします。


ミラノで今注目のイーストマーケットへ〜ミラノ通信#21

ミラノで今注目のイーストマーケットへ〜ミラノ通信#21

月に一度、第3日曜日にランブラーテ地区で開催されている、イーストマーケットをご存知でしょうか。洋服やレコードからおもちゃ、ポスター、インテリアまで玉石混交なラインナップは特に目的の品がなくても刺激的。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


ロンバルディア州で最も美しい、ミラノの隣町のベルガモへ〜ミラノ通信#20

ロンバルディア州で最も美しい、ミラノの隣町のベルガモへ〜ミラノ通信#20

ミラノからローカル線とケーブルカーを乗り継いで行く、隣町ベルガモへの日帰り旅。ロンバルディア州でもっとも美しい街と呼ばれ、また近隣に格安エアラインが乗り入れていることもあって、近年観光客の注目を浴びているそうです。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


あなたは全部食べられる? 東南アジアで出会った「臭い」フルーツ3選

あなたは全部食べられる? 東南アジアで出会った「臭い」フルーツ3選

11月末に2週間ほどカンボジアへ旅行に行ってきました。滞在したカンポットの街は、街の中心に「ドリアン像」が鎮座するほどの、最高級ドリアンの産地。今回は、強烈な匂いを持つ「果物の王様」ドリアンに加え、東南アジアでぜひトライしたい「臭う果物」を3つご紹介します。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい