ダブル不倫(W不倫)の終わらせ方。大切なのはお互いの覚悟を知ること

ダブル不倫(W不倫)の終わらせ方。大切なのはお互いの覚悟を知ること

軽い気持ちで足を踏み込んだが最後、別れを切り出すにも慎重にならざるを得ないダブル不倫(W不倫)。今回は、こっそりと関係を終わらせることに成功した経験者に、お話をお伺いしました。


いけないとはわかっていても……。

足を踏み込んだが最後、ダブル不倫(W不倫)は双方の合意がないと関係を解消しづらい禁断の恋愛。自分が終わりにしたくても、相手が納得してくれない、なんてことも少なくありません。

中には「別れるならパートナーに全部バラす」なんて脅されてしまうケースもあるようです。

ではどうすればそんな泥沼が避けられるのでしょうか。今回は、円満にダブル不倫を終わらせることに成功した方にコツをお伺いしました。

■揉めたら最後……ダブル不倫(W不倫)をきれいに終わらせるには

「バレたらどうなる?」のシミュレーションをする

Aさんがダブル不倫を清算しようと思ったきっかけは、夫からの「最近帰りが遅いね、浮気でもしてるんじゃないの」という一言。実際にバレたわけではなく、冗談として言われたものの、背筋が凍りついたと振り返ります。

会食や出張が密会のカモフラージュになっているのと、会うのは夫が普段行かないエリアにしているため、絶対にバレない自信がありました。その言葉を聞くまでは……。

今回のように「浮気している?」と冗談でも切り出された場合、隠し通せる自信がAさんにはなくなりました。それに、共通の知人に見られる可能性もないわけではありません。

そこでAさんはダブル不倫のお相手に、夫から「浮気している?」と聞かれたということを告白。そしてお互いにバレたら家庭だけではなく、仕事にも影響が出る可能性があると認識。

それは絶対に嫌だ……とお互いが思うに至り、あっさりと関係解消となりました。

「このまま続けても先がない」をお互いに確認する

Bさんがダブル不倫を終わらせようと思ったきっかけは、「このまま不倫相手と一緒にいても何も残らない」と考えたこと。

というのも、Bさんにとって不倫相手は気が合う存在ではあったものの、子供っぽいところがあり、今の夫と別れてまで、一緒になりたい人ではなかったのです。

そんな人と体だけの関係を続けていたところで、いずれお互いに飽きがきてしまいそう。にも関わらず、バレたら何もかもめちゃくちゃになる、と考えると、不倫相手と会うのが億劫になっていきました。

そこでBさんは、今のパートナーと離婚して結婚する覚悟があるかを不倫相手と話し合うことにしました。

結果、お互いの結論は「NO」。今のパートナーと別れてまで続けたい関係ではない、ということを認識し、すんなり別れることになりました。

「妊娠したらどうなる」を考えてみる

Cさんがダブル不倫解消できたきっかけは、生理が来るのが遅れたこと。

不倫相手とは避妊した上での性行為だったとはいえ、妊娠する可能性はゼロではありません。

妊娠していたら……そう考えると体が震え、気が休まらず、夜も眠れないことがありました。幸いなことに数日遅れで生理がきて、妊娠ではなかったことが明らかにはなりました。ですが、その経験からCさんは「不倫はもうこりごり」と心の底から思いました。

ダブル不倫相手にも、妊娠している可能性があった、妊娠していたらただではすまなかったという状況を伝えると、その一言で気持ちが変わったのか「Cさんが別れたいならしょうがない」とあっさり関係を絶つことができたそうです。

■ダブル不倫(W不倫)を賢く終わらせるには

ダブル不倫を賢く終わらせるために必要なこと。それは「ふたりの関係がリスクである」を、お互いが重々自覚することです。

今のパートナーと別れて、一緒になる、というまでの気持ちがない以上、バレたときのリスクは、いっときの恋愛の代償としては大きすぎます。それをお互いに認識できると、別れは思いのほかスムーズです。

ダブル不倫は揉めることなく、賢く終わらせて、今のパートナーとの関係性を改善することに、エネルギーを注げると良いですね。

ダブル不倫に陥りやすい人の特徴はこちらで紹介!

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


不倫

関連する投稿


【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「リアルチキン」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載最終回です。


【不倫対策ドリル#7】不倫する男性の特徴「不安な王様」タイプ

【不倫対策ドリル#7】不倫する男性の特徴「不安な王様」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「不安な王様」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載第7弾です。


浮気が人を進化させてきた? 「浮気人類進化論」から見る男女の歴史

浮気が人を進化させてきた? 「浮気人類進化論」から見る男女の歴史

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだとわかりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、人間には浮気をしてしまう、何らかのルーツがあるのかもしれない。今回は浮気こそが人類を進化させたという「浮気人類進化論」についてご紹介します。


【不倫対策ドリル#6】不倫する男性の特徴「悲劇のヒーローきどり」タイプ

【不倫対策ドリル#6】不倫する男性の特徴「悲劇のヒーローきどり」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「悲劇のヒーローきどり」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載第6弾です。


3年目の浮気には理由があった! 私たちに定められた愛の期限

3年目の浮気には理由があった! 私たちに定められた愛の期限

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだとわかりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は「3年で愛が終わる」という説について、生物学的な観点で掘り下げていく。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


DRESS部活