ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

バレたら泥沼化必須の、世の中で一番リスキーな恋愛、それが「ダブル不倫(W不倫)」。頭ではよくない、てわかっていても……。ダブル不倫に足を踏み入れてしまった人にはこんな特徴がありました。


◼︎「ダブル不倫」頭ではよくないとわかっていてもーー

最近の芸能界で、結婚・おめでた話と同じくらいに話題にあがるのが「不倫」。

中でも双方が家庭がある上での「ダブル不倫」は、バレたら泥沼化必須の、世の中で一番リスキーな恋愛です。そんな世界に、過去についつい足を踏み入れてしまっていた(現在は解消済)という3人の女性(Aさん・Bさん・Cさん)からお話を聞いたところ、5つの共通点がありました。

3人の女性の体験談から見えた不倫にハマりやすい人の特徴に迫っていきます。

その1:自由に使える時間を捻出できる

ダブル不倫に陥りやすい特徴1番目は環境。出張や会食、残業が多いなど、帰宅時間が不規則な人ほど、ダブル不倫のために時間を費やしていたとしても家族に気づかれにくいのです。

また、専業主婦の方など、昼間の時間が自由に使える方も、ダブル不倫のお誘いがあった場合、応じやすいといえます。

お話を聞いたキャリアウーマンのAさんとBさんは会食が多く、もともと帰宅時間が不規則。そんな中、会食と偽って不倫相手との時間を捻出していました。専業主婦のCさんはダブル不倫お相手の方が外回りの営業のお仕事でした。そのためお互いの都合がつく昼間が密会の時間となったそう……。

その2:夫婦間でセックスレスが続いている

ダブル不倫に陥りやすい人の特徴2番目はセックスレス。セックスレスの定義は「月に1回以下の関係性」。その状態でもお互いに不満に感じていなければよいのですが、そうでない場合は、ダブル不倫に足を突っ込んでしまうきっかけになることも。

Aさん、Bさん、Cさん共に1年以上セックスレスだったとのこと。夫にはそれとなく不満は伝えていたものの、忙しい・疲れている理由を断られることが続き、いつしか自分から誘うこともなくなってしまったそう。

その3:ストレスに弱い

ダブル不倫に陥りやすい人の特徴3番目は、ストレス耐性が低いこと。仕事や家庭、どちらもストレスがつきものですが、上手く発散させる術がないと、ついつい誘惑に負けてしまうキッカケになってしまいます。

Aさんは仕事がピークで忙しいときに深夜残業が続き、そこでついつい同じ部門の同僚の既婚男性と……。

Bさんは夫と家事の分担で揉め、その愚痴を聞いてもらった学生時代からの友人(既婚男性)と、そういった関係につながってしまいました。

専業主婦であるCさんは学生時代の友人がバリバリ働いていることに寂しさを感じ、ついついそれを癒そうと出会い系サイトに登録。そこで、ダブル不倫することとなる既婚男性と出会ってしまいました。

その4:結婚前にも浮気をした経験がある

ダブル不倫に陥りやすい人の特徴4番目は結婚前に「浮気」の経験ありかどうか。「パートナーを裏切る」経験をしたことがない人にとって、ダブル不倫はとてもじゃないけれどできない行為。しかし過去にそういった体験があると、簡単に不貞行為に走ってしまうことがあります。

Aさん、Bさん、Cさん共に、ダブル不倫は初めてではあったものの、結婚前にお付き合いが同時並行になってしまったり、そのときの流れで男友達と一夜を過ごしてしまったような経験がありました。

その5:今はこれといった趣味がない

ダブル不倫に陥りやすい特徴5番目は「無趣味」。結婚していると独身の頃に比べて、自分の時間がぐっと減るもの。にも関わらず、ダブル不倫に費やす時間を捻出できてしまうというのは、特にこれといった趣味がないから。

Aさんはもともとバレエを、Bさんは映画鑑賞をするのが趣味だったのですが、仕事が忙しくなってからはすっかりご無沙汰。そんな生活の虚しさを禁断の恋で埋めていたかもしれない、というのが2人の反省点でした。

Cさんは、もともと恋愛体質で、どんなときにも彼を優先する性格だったそうです。ですが、忙しい夫とのすれ違いの日々が続いてしまい、代わりの男性をつい求めてしまったとのことでした。

◼︎リスキーな恋愛「ダブル不倫」から逃れるために

ひとたび足を踏み入れてしまうと、なかなか抜け出しにくいダブル不倫。片方が独身の場合の不倫と違い、立場が公平なため、お互い割り切った付き合いとなりやすいことが、ハマりやすい理由のひとつでもあります。

Aさん、Bさん、Cさん共にずるずるとダブル不倫関係を続けてしまったことを、今はとても後悔しているとのことでした。

ひとたびバレたら多くの人を傷つけ、とてもリスキーな恋愛であるダブル不倫。ふと魔が差して、なんてことにならないように、上記5つの特徴に心あたりがある方は、気を引き締めたほうが良さそうです。

ダブル不倫の悲しい結末を紹介している記事はこちら

いけない恋愛に身を投じた結果、家庭や仕事がボロボロになってしまった……そんなダブル不倫の体験談をまとめています。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


不倫 セックスレス

関連する投稿


夫婦ふたり、ハダカの付き合いについて本音で話そう【成功する結婚#8】

夫婦ふたり、ハダカの付き合いについて本音で話そう【成功する結婚#8】

私と夫が結婚前に受けた「プレマリッジ・セミナー」の内容をご紹介するこの連載も、残すところ3回になりました。今回のテーマは「性生活」について。夫婦における親密なコミュニケーションの形のひとつでありながら、実に既婚カップルの5割が「しない」選択をしているセックスについて考えてみます。


不倫経験者が直面するのは「自分をないがしろにする」という現実

不倫経験者が直面するのは「自分をないがしろにする」という現実

不倫は決して楽なものではありません。堂々と人に話せないような恋愛は、どんなにあなたが彼のことを好きでも窮屈で我慢する場面が多くなるでしょう。実際に不倫をしている女性は、どんな現実を目の当たりにしたのか。それは、「自分をないがしろにする」選択をしているというものでした。


フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第1回のテーマは「フランスから見た日本の不倫と婚活」です。


女が男を捨てるとき

女が男を捨てるとき

女性が男性に別れを切り出すときの理由には、正当性がある。大切なのは「こりゃないな」という気持ち。


”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

近年、ますます増加する日本のセックスレス。当然こうした状態にあっても、夫婦円満を築いている家庭はたくさんある。しかし、もしもセックスレスが原因で夫婦仲が悪くなってしまっていたとしたら――。今回は、コラムニスト・大泉りかさんにセックスレス解消のために大切な、”色気を出すタイミング”について綴っていただいた。


最新の投稿


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

GINZA PLACE 3F common ginza内にある、美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」が2017年9月24日にオープン1周年を迎えます。これを記念したスペシャルイベント「1st Anniversary Weekend Party」が開催されます。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


おっぱい