1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. W不倫にハマりやすい人の共通点|体験談から見えた不倫理由

W不倫にハマりやすい人の共通点|体験談から見えた不倫理由

バレたら泥沼必至の、世の中で一番リスキーな恋愛、それが「ダブル不倫(W不倫)」。頭では「よくない」とわかっていても……。W不倫に足を踏み入れてしまった人たちの体験談をインタビュー。W不倫にハマりやすい人にはこんな特徴がありました。

W不倫にハマりやすい人の共通点|体験談から見えた不倫理由

◼︎「W不倫」頭ではよくないとわかっていても

芸能界で、結婚・おめでた話と同じくらいに話題にあがるのが「不倫」。

中でも双方が家庭がある上での「W不倫」は、バレたら泥沼化必須の、世の中で一番リスキーな恋愛です。そんな世界に、過去についつい足を踏み入れてしまっていた(現在は解消済)という3人の女性(Aさん・Bさん・Cさん)からお話を聞いたところ、5つの共通点がありました。

3人の女性の体験談から見えた不倫にハマりやすい人の特徴に迫っていきます。

インタビューした人たち

Aさん
・IT企業の管理職に勤めている
・独身時代は、バレエが趣味でよく教室に通っていた
・夫とは以前の勤め先で出会った

Bさん
・ハツラツとした元気な人
・会社では人望が厚く、後輩からも慕われている
・交友関係が広く、友人も多くいる
・夫とは友人からの紹介で出会う

Cさん
・専業主婦として働いている
・学生時代は音楽サークル活動に積極的に参加
・異性の友人が多く、同性とはあまり遊ばない
・夫とは合コンで出会う

1.自由に使える時間を捻出できる

W不倫に陥りやすい特徴のひとつは環境。

出張や会食、残業が多いなど、帰宅時間が不規則な人ほど、W不倫のために時間を費やしていたとしても家族に気づかれにくいのです。

また、専業主婦の方など、昼間の時間が自由に使える方も、W不倫のお誘いがあった場合、応じやすいのです。

お話を聞いたキャリアウーマンのAさんとBさんは会食が多く、もともと帰宅時間が不規則。そんな中、会食と偽って不倫相手との時間を捻出していました。

専業主婦のCさんはW不倫お相手の方が外回りの営業のお仕事でした。そのためお互いの都合がつく昼間が密会の時間となったそう……。

2.夫婦間でセックスレスが続いている

W不倫に陥りやすい人の特徴ふたつ目はセックスレス。セックスレスの定義は「月に1回以下の関係性」。

その状態でもお互いに不満に感じていなければよいのですが、そうでない場合は、W不倫に足を突っ込んでしまうきっかけになることも。

Aさん、Bさん、Cさん共に1年以上セックスレスだったとのこと。夫にはそれとなく不満は伝えていたものの、忙しい・疲れている理由を断られることが続き、いつしか自分から誘うこともなくなってしまったそう。

3.ストレスに弱い

W不倫に陥りやすい人の特徴3つ目は、ストレス耐性が低いこと。

仕事と家庭…どちらもストレスがつきものですが、上手く発散させる術がないと、ついつい誘惑に負けてしまうキッカケになってしまいます。

Aさんは仕事がピークで忙しいときに深夜残業が続き、そこでついつい同じ部門の同僚の既婚男性と……。

Bさんは夫と家事の分担で揉め、その愚痴を聞いてもらった学生時代からの友人(既婚男性)と、そういった関係につながってしまいました。

専業主婦であるCさんは学生時代の友人がバリバリ働いていることに寂しさを感じ、ついついそれを癒そうと出会い系サイトに登録。そこで、W不倫することとなる既婚男性と出会ってしまいました。

4.結婚前にも浮気をした経験がある

W不倫に陥りやすい人の特徴4つ目は結婚前に「浮気」の経験ありかどうか。

「パートナーを裏切る」経験をしたことがない人にとって、W不倫はとてもじゃないけれどできない行為。しかし過去にそういった体験があると、簡単に不貞行為に走ってしまうことがあります。

Aさん、Bさん、Cさん共に、W不倫は初めてではあったものの、結婚前にお付き合いが同時並行になってしまったり、そのときの流れで男友達と一夜を過ごしてしまったような経験がありました。

5.今はこれといった趣味がない

W不倫に陥りやすい特徴5つ目は「無趣味」。

結婚していると独身の頃に比べて、自分だけの時間がぐっと減るもの。それなのにも関わらず、W不倫に費やす時間を捻出できてしまうというのは、特にこれといった趣味がないから。

Aさんはもともとバレエを、Bさんは映画鑑賞をするのが趣味だったのですが、仕事が忙しくなってからはすっかりご無沙汰。「そんな生活の虚しさを禁断の恋で埋めていたかもしれない」というのがふたりの反省点でした。

Cさんは、もともと恋愛体質で、どんなときにも彼を優先する性格だったそうです。ですが、忙しい夫とのすれ違いの日々が続いてしまい、代わりの男性をつい求めてしまったとのことでした。

◼︎リスキーな恋愛「W不倫」から逃れるために

ひとたび足を踏み入れてしまうと、なかなか抜け出しにくいW不倫。片方が独身の場合の不倫と違い、立場が公平なため、お互い割り切った付き合いとなりやすいことが、ハマりやすい理由のひとつでもあります。

Aさん、Bさん、Cさん共にずるずるとW不倫関係を続けてしまったことを、今はとても後悔しているとのことでした。

ひとたびバレたら多くの人を傷つけ、とてもリスキーな恋愛であるW不倫。ふと魔が差して、なんてことにならないように、ここで紹介した5つの特徴に心あたりがある方は、気を引き締めたほうが良さそうです。

※この記事は2017年5月13日に公開されたものです。

W不倫の悲しい結末を紹介している記事はこちら

いけない恋愛に身を投じた結果、家庭や仕事がボロボロになってしまった……そんなW不倫の体験談をまとめています。

相手に裏切られ……。ダブル不倫(W不倫)の悲しい結末

makicoo

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。結婚、離婚を経て、妊娠出産を契機に40歳で再婚。現在は外資系企業でカス...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article