不倫がバレるきっかけは? 社会生活が終わりを迎える瞬間

不倫がバレるきっかけは? 社会生活が終わりを迎える瞬間

最近は映画監督と元NHKキャスターとのダブル不倫が報道され騒ぎになりました。こうした不倫はどのようにして相手の奥さんや周囲にバレるのでしょうか。今回は不倫がバレるきっかけについてお話します。


■不倫はいずれバレる?

不倫をしている人の一番の悩みとは、「既婚男性の奥さんや周りにバレないか」に尽きます。

女性は独身であっても、既婚者の男性の方は不倫がバレると受けるダメージも大きく、離婚まで発展する可能性もあると考えると、絶対に隠しておきたいと思う人は多いでしょう。

不倫経験者に話を聞くと、関係を隠すためにふたりで「ルール」を作っているケースも珍しくありません。

「夜20時以降はスマホに電話しない。LINEだけ」
「毎週木曜日の19時に○○で待ち合わせる」
「週末は女性からは連絡しない」
「スマホに登録する名前は本名以外のものにする」

など、いかに「毎日の生活に不自然でなく関係を溶け込ませるか」に心を砕いているかがわかります。

不倫は、ひとりではできません。
バレないためには必ず相手の協力が必要であり、この「共犯者」のような感覚がまた、不倫を刺激的なものにしています。

「絶対にバレない不倫」は難しい

過去に不倫をしていた女性に、「どんなことに気をつけていたか」を聞きました。

30代の社会人である彼女は、仕事の関係で知り合った社外の既婚男性と関係を持っていました。

相手の奥さんは専業主婦、「家事はすべて任せている」というのを聞いて、彼女は徹底して「自分の痕跡を残さないようにした」といいます。

・シャツやスーツに匂いが付かないように、ホテルで脱ぐまでは絶対に触らない
・口紅やファンデーションが服に付くのを避ける
・下着や靴下など身に着けるものは贈らない
・奥さんも使っている車には乗らない。移動は自分の車を使う
・スマホに自分の名前を登録してもらうときは男性の名前で

など、「夫には外に女性がいる?」と疑われることのないように気をつけていました。

「同じ女だから、怪しいときはすぐピンとくるはず」

と常に考え、待ち合わせの場所なども既婚の彼が帰宅するルートからずっと外れたところにしていたそうです。

そんな彼女の不倫が終わったのは、「家でも浮かれっぱなしだった既婚男性を怪しんだ奥さんが、こっそり男性のスマホをチェックして消し忘れていたLINEを見た」という、男性側の落ち度が原因。

どんなに気をつけていても、どちらかに気の緩みがあると関係は一瞬で破たんします。

幸い、「消し忘れていたLINE」には決定的な言葉がなかったため、怪しまれただけで終わりましたが、それから妻のチェックが厳しくなり、帰宅時間や休日の行き先まですべて男性に「報告」が義務付けられてしまいました。

会っていても妻の愚痴ばかりこぼすようになった男性への恋心は次第に冷めていき、彼女は「また彼のせいで決定的な証拠をつかまれる前に」関係を終わらせます。

「完全にバレなかったとはいえ、あのまま続けていれば、いずれ最悪の結果を迎えたかもね」

と彼女は当時を振り返って言いました。

人間と人間の関係である以上、人の道から外れたことを続けていれば、このようにどこかでほころびが生まれます。

「絶対にバレない不倫」は難しいというのが現実です。

■不倫がバレる5つのきっかけ

それでは、不倫がバレるきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。

自分が独身女性で相手が既婚男性の場合、多くは相手の配偶者に疑われることが発端となります。

常に身近にいる夫の様子に何らかの変化が見られたら、勘の良い女性なら「浮気」の可能性をまずは考えます。

仕事で良いことがあるなら話してくれそうだけどそんな様子もない、そういえば最近スマホばかり気にするようになった……。

そんな「変化」の積み重ねが、妻の不審感につながるのですね。

具体的にどんなきっかけがあるのか見ていきましょう。

1.スマホの内容をチェックされる

一番多いのが、スマホをチェックされること。

・今まではどこでも放置していたのに、最近コソコソと背中を向けて操作している姿が目立つ
・着信があるとスマホを持ってどこかへ出ていく
・トイレやお風呂までスマホを持ち込んでいる
・以前はしていなかったのに、急に画面ロックを設定するようになった


など、「見られたくない」雰囲気でスマホを触っている様子は妻も敏感に気づきます。

画面ロックがあるから勝手に見られる心配はない、と油断しがちですが、暗証番号が自分の誕生日など推測されやすいものであったり、また「寝ている間に指で指紋認証される」という可能性もまったくないわけではありません。

メールやLINEをチェックされ、不倫相手との会話を写真に撮られる、転送されてしまうと、立派な「動かぬ証拠」になります。

不倫相手の名前を電話帳を調べた際に知られてしまい、そこから身元が判明するという例も実際にはあります。

知らない間にスマホをチェックされてしまうと、そのときは決定的な証拠をつかまれなくても、それから泳がされてボロが出たときにいち早く押さえられてしまう、ということも。

不倫相手と連絡をとる手段の詰まったスマホだからこそ、怪しまれると徹底的に秘密を探られると覚悟する必要があります。

2.相手の頻繁な外出を妻が怪しむ

以前は休日になると部屋でゴロゴロしていたのに、最近急に出かける用事が増えた。

・「ちょっと本屋に行ってくる」
・「調べものをしたいから図書館にいる」
・「会社で必要なものを買いに行く」


など、もっともらしい口実を作りますが、「一緒に行ってもいい?」と訊くと「ひとりの方が集中できるから」「すぐ帰ってくるから」など、絶対に断られることから妻は浮気を疑います。

会社関係の用事なら妻も嘘か本当かわからない、と高をくくる男性は多いですが、おかしいと思われるのはその前後で辻褄が合わないことが多いから。

「仕事で読む本を買ってくる」と言ったのに、帰宅したときに手ぶらだったり買ってきた本がそのまま放置されていたり、また「仕事の付き合いで人と会ってくる」はずなのに服装がカジュアルすぎて違和感を覚えるなど、「本当なの?」と疑われるきっかけは、気づかないうちに本人が作っているもの。

実際にあった例では、「急に会社の飲み会が入った」と言って出ていったのに、帰ってきたときにまったくお酒の匂いがなく、「どこで飲んでたの?」と訊いても「えーと、なんていう名前の店だったっけ」と答えられなかったのでおかしいと思い、あとで同僚に尋ねられたことで嘘が発覚した、ということもありました。

ひとりで出て行きたがる、行き先が曖昧でどこにいたか正確に答えられないなど、不自然な外出は不倫を疑われる大きな原因になります。

3.急に優しくなるなど、態度が変わる

不倫をしているという罪悪感を抱える男性の中には、罪滅ぼしの気持ちを込めて妻や子どもに優しく接するようになる人も出てきます。

以前はほとんど会話もなかったのに、急に花を買って帰ってきたり上機嫌で話しかけてくることが増えたりするなど、態度が変わることで逆に怪しまれる例です。

最初は夫の変化に喜ぶ妻ですが、そのうち「私を喜ばせるためじゃなくて、ただの自己満足では」と疑いを持ちます。

本当に妻のことを思って言葉をかけるなら、もっと妻自身について知ろうとするはずです。
ですが、罪滅ぼしの気持ちから生まれる優しさは、相手に喜んで欲しいという思いではなくただ「これで許して欲しい」という一方的な押し付けにすぎません。

それに気がついた妻は、「陰で良からぬことをしているのかも」とピンときます。

中途半端な態度の変化は、何があったかを探りたくなる要素になってしまうのですね。

4.おしゃれに気を遣うようになる

例えば女性なら、好きな人のために服やメイクを好みのものに変えることがあると思いますが、同じことは男性にも当てはまります。

ですが、既婚男性の場合、その対象は妻ではなく不倫相手です。
「最近服の好みが変わった」「急におしゃれをするようになった」などの夫の変化に妻はすぐに気づきます。

自分と出かけるためではなく、一人で外出するときこそ何だか気合いを入れている。

そんな姿は、「誰に会うの?」と疑いを持つに十分です。

特に、「以前の夫の好みとはまったく違う趣味の服を買ってくる」「急にデオドラントスプレーを使いだす」など、「誰かの目」を意識した行動に女性は敏感です。

不倫相手がいる浮かれた気持ちは、そんな部分でもバレる可能性を残してしまいます。

5.ふたりでいるところを周囲の人間に目撃される

人目につかない場所で待ち合わせたり、郊外のホテルを利用したりと、知り合いに見られない工夫は不倫をするなら欠かせません。

ですが、実際はどこで誰に見られるかまったくわからず、どんなに気をつけていても思わぬところで一緒にいるところを目撃される危険はあります。

社内不倫の場合は、特に不倫相手との距離が近く、つい気が緩んでふたりきりになろうと不自然な行動を取ることで、むしろ人目についてしまうことも。

周りの関心を引けばそれだけ注目されることになり、ふたりの行動は社員に監視されているようなものです。

実際にあった例では、物陰に隠れて「不自然に体をくっつけていた」ところを会社の顧客に見られ、報告されたことからバレたというものもあります。

自分たちが思っている以上に「目撃される可能性」は高いのですね。

■まとめ

確かに、不倫はバレなければ幸せな時間が続くかもしれませんが、公にできないような関係は必ず不自然な行動が伴います。

既婚男性の方だけでなく、独身女性も「何をしているのか知らない時間」が増えれば友人などは不審に思うでしょう。

一度疑いを持たれてしまえば、不倫を暴くために妻はあの手この手で探ってきます。
一番身近な人を完璧に騙し切れるような器用な男性は、現実には少ないものです。

バレてしまうと、慰謝料を請求されたり会社を退社することになったりと、独身女性にも大きなペナルティが課せられるのが不倫です。

社会生活が終わるリスクを抱えてまで不倫を選ぶ価値があるのかどうか、もう一度考えてみましょう。

「不倫はバレるもの」

この覚悟は、決して忘れてはならないものです。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


不倫

関連する投稿


「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

何をすれば「不倫」で、「浮気」とはどう違うのか。それは、夫婦という社会的に認められた立場であることが関係してきます。慰謝料の請求など、夫婦関係を破たんさせたと認められるものだからこそ、その責任は大きいものです。また、不倫にハマる男女にはどんな特徴があるのかも見ていきましょう。


不倫がバレたときの対処法5つ

不倫がバレたときの対処法5つ

ドラマ『あなたのことはそれほど』でも描かれ騒がれている”不倫”というトピック。もしかしたら、より私たちの生活に身近な存在となりつつあるのかもしれません。今回はそんな不倫がバレたときにとるべき行動や考え方をご紹介します。


【不倫対策ドリル#1】不倫する男性の特徴「据え膳ワンチャン」タイプ

【不倫対策ドリル#1】不倫する男性の特徴「据え膳ワンチャン」タイプ

貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えします。


ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

ダブル不倫(W不倫)にハマりやすい人の共通点 - 体験談から見えた不倫のワケ

バレたら泥沼化必須の、世の中で一番リスキーな恋愛、それが「ダブル不倫(W不倫)」。頭ではよくない、てわかっていても……。ダブル不倫に足を踏み入れてしまった人にはこんな特徴がありました。


不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫をすると私たちにとって「一番大切なもの」がなくなってしまいます。それはなぜなのか、なくすとどうなるのか。いい女.botさんが寄稿します。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。