-7kgに成功。ストレスなくダイエットする5つの工夫

-7kgに成功。ストレスなくダイエットする5つの工夫

ストレスを感じることなく、見事-7kgのダイエットに成功した私は、運動嫌い・面倒くさがり・3日坊主と、一見ダイエットが続かなさそうなタイプ。「努力もストレスも最小限に」がモットーの私が実践した、ストレスフリーなダイエットをするための5つの工夫をご紹介します。


実は私、ここ数ヶ月で7kgの減量に成功しています。

とはいえ、運動嫌い・面倒くさがり・3日坊主である私は、なかなか思うように痩せられない時期もありました。

そんな私ですが、痩せるための習慣を少しずつ取り入れていくことで、目標体重を達成。

今では、ダイエットを継続しているという意識もありませんし、リバウンドもありません。

「努力とストレスは最小限に」をモットーに、私が実践した「痩せるための5つの方法」を紹介します。

■こまめに動く

運動が好きな方であれば「ジムに通う」「ジョギングをする」というのもいいかもしれませんが、私の場合は大の運動嫌い!

運動系のダイエットにも挑戦したことがありますが、その度にストレスを感じ、継続することができず、自己嫌悪に陥っていました。

でも、運動量を増やすということは、美しく痩せ、太りにくい体質を目指す上では無視できません。

そこで、私が取り入れたのは、日常生活の中でこまめに動くこと。

たとえば、駅でエスカレーターと階段を見たら「痩せるチャンス!」だと思って迷わず階段を使う。

食材の買い出しでは、大型スーパーへ行って隅々まで歩き回る。

このように「このくらいなら、できなくもない」と思える範囲で、少しずつ運動量を増やすように意識しました。

ハードルを低く設定することで、達成感が得られやすいというのがポイントです。

■週に1回、大掃除の日を作る

運動嫌いの私が、体を動かすために取り入れたもう1つの方法が、週に1回大掃除の日を作るということ。

部屋を片付けて、掃除機をかけるだけではなく、雑巾がけや窓拭きなどの本格的な掃除を行います。全身を使うので、筋肉痛になることもあるほどです。

毎日拭き掃除をするのは大変ですが、週に1回と決めることで、ストレスなく続けることができています。

確実に消費エネルギー量が増えますし、家中ピカピカになるので一石二鳥です。

■姿勢を良くする

以前「猫背になるのは筋力が弱いからで、ずっと猫背のままでいると、ぽっこりお腹になる」という話を聞いたことがありました。

ふと、その話を思い出し、筋トレするつもりで猫背を徹底的に矯正するように意識しました。

気を抜くとすぐに猫背になっていた私にとっては、ダイエットにも良い影響があったのではないかと思います。

■食べたものを書き出す(レコーディングダイエット)

食事内容と摂取カロリーを書き出し、自覚することで、食生活の改善を狙う「レコーディングダイエット」という方法があります。

書き出すのは億劫ですが、「空腹を我慢したり、運動したりするよりマシ」と思い、挑戦してみました。

いざ実践してみると、想像以上に自分の摂取カロリーが多いことに気づき、減量期の目標摂取カロリーをはるかに上回る食生活をしていたことにショックを受けました。

予想を超えた摂取カロリーを見ることで、危機感が生まれ、

「1日のなかで何を食べるべきか?」「何を食べたら、カロリーを抑えつつも満腹感を得られるか?」ということを本気で考えるようになりました。

もちろん、ずぼらな私は、カロリーをきちんと計算するということはしませんでした。

「ざっくりでいいから、とりあえずカロリーを計算してみる」「大体把握できれば十分」と、軽い気持ちで取り組むことが継続の秘訣です。

摂取カロリーの計算を完璧にしなくても、自覚していない食生活の乱れに気づき、「これくらい大丈夫」と思っていた間食が想像以上に高カロリーであったことを知ることができ、意識改革につながりました。

■食事や間食の前に「本当に食べたいか?」を自問する

食事や間食の前に「今から食べようとしているものを、自分は本当に欲しているかどうか?」を自問するようにします。

もしかしたら、本当はお腹が減っていないけど、なんとなく口さみしくて食べようとしているだけかもしれません。

本当は胃がもたれているのに、揚げ物を食べようとしているかもしれません。

「帰宅したら、テレビを見ながらお菓子を食べる」という行動が習慣化していて、本当は食べなくても平気なのに、なんとなく食べてしまっているだけかもしれません。

つい食べすぎてしまうとき、毎日の間食がやめられないとき、食べる前に一度自問自答してみるだけでも、食生活の改善につながります。

■無理なく継続できることで、ダイエットを成功させよう

以上、私がダイエットに成功させるために実践した「痩せるための5つの方法」を紹介しました。一つひとつみると、もしかしたら、大したことではないのかもしれません。

ストイックにダイエットに取り組むのが苦手な方は、ハードな計画を立ててストレスをためるよりも、無理なく実践できそうな「痩せるための工夫」を少しずつ増やして、生活習慣を改善していくだけでも、十分にダイエットにつながると思います。

この記事のライター

美容ブロガー。 ニキビ、肌荒れ、極度の敏感肌、小じわ、ほうれい線など、肌トラブルや老化に悩まされたことをきっかけに美容ブログを立ち上げる(http://amaiame.com/)。 美容医療やドクターズコスメ、サ...

関連するキーワード


ダイエット

関連する投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


サラダチキンの簡単レシピ4つ。たんぱく質できれいを磨く

サラダチキンの簡単レシピ4つ。たんぱく質できれいを磨く

サラダチキンを使った簡単で美味しいレシピを4つご紹介します。サラダチキンには良質なたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は美容と健康を作るもと。しっかり摂取してきれいを磨きましょう。


「胸痩せ」しないダイエットできれいに痩せる

「胸痩せ」しないダイエットできれいに痩せる

ダイエットをしていて胸から痩せる、本当は胸の肉は落としたくないのに、なぜか胸からそげてしまう……胸はキープしたまま、落としたい部分だけ落とす「女性らしさを失わずきれいに痩せるダイエット」のポイントをご紹介します。


過食気味でも太らない食生活のアイデア

過食気味でも太らない食生活のアイデア

女性の体には波があり、過食気味な生活を送ってしまうことも、ときにありますよね。そんなときは食べるものを少し変えるだけで、イライラやストレスを感じることなく、心地よい満腹感を手に入れることができます。おすすめのレシピと共に過食モードな生活と付き合うときの対処法をご紹介します。


究極の食欲コントロール術を知って「太れない体」になる

究極の食欲コントロール術を知って「太れない体」になる

食欲をコントロールできない……お悩みの方もいるのでは。でも、食欲をコントロールする術を身につければ、むしろ「太れない体」になるんです。「本当の味わい方」を知って、きれいにやせるアイデアをまとめた本を紹介します。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。