人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。


ネットニュースで、ある女性芸能人が結婚したという記事を目にした。才色兼備のアラフォー女性。へえ。

結婚したという話題を聞いて、その女性が独身だったと初めて知ったのだけれど、そんなに世の中って芸能人の既婚・未婚に興味があるものなのかといつも疑問に感じる。

自分が好きな有名人なら何かしらの感情が湧いてくるだろうけれど、それ以外の人なら翌日になれば忘れてしまいそうだ。

でも、そうはいかないらしい。有名人は大変だ。

とくに今回はずっと独身だった人の結婚ということで、まるで親のように「やっと結婚できてよかった、よかった」と言い始める。みんなそんなに彼女に結婚してほしかったんだろうか。

■「どうして結婚しないの?」という奇妙な質問

「どうして結婚しないの?」となんとも人は簡単に聞くのだろう。相談をしてもいないのにあれやこれやとアドバイスしてくる。

女性となると、それはさらに顕著な気がする。

「今はその気がなくて」と言うと、それこそ鬼の首をとったように「んまーっ、そんなこと言っていられるのも今のうちよ、いい? 結婚というのはね……」とおせっかいな人たちが湧いて出てくる。

100歩譲って親きょうだいならともかく、何の縁もゆかりもない人たちにどうしてそんなことをお話しいただかなければならないのだろうか。

「婚期逃すわよ」って言うけど、一般的な婚期=私の婚期だと誰が決めた。結婚したときが婚期だ! ……などというのは少し乱暴だろうか。

「私が結婚していないことで何かご迷惑をおかけしたでしょうか?」
「あなたのためを思って言ってあげてるのに」

それを人は大きなお世話、というのだ。

■人生の優先順位は皆違う

人生は思っているより短い。なのにやりたいことはたくさんある。時間が足りない。

趣味に時間を費やしたい、もっと仕事がしたい、恋愛をしたい、子どもを産みたい……。

その優先順位は人それぞれだ。しかし、どうしてみんな「結婚相手を見つけること」「結婚すること」をトップに持ってきたがるのか。

仕事が忙しいと相手を見つける暇がないから、仕事をセーブする。趣味にばかり時間とお金を使っているといい顔をされないから、趣味を隠す、控える。

そこまでして結婚してはたして本当に幸せなのだろうか。「結婚」の優先順位が低ければ、「譲れないこと」を受け入れてくれるパートナーと出会うまで、探せばいい。

それで結婚の年齢が遅くなる、あるいは結婚しない、となるのならそれも自分が選んだ道。いつになったら、自分が歩きたい道を歩くことを許してもらえるようになるのだろうか。

■「独身の私、あなたに何か迷惑かけましたか?」

今は別に結婚をしなくてもいい時代のはずだ。それでも、いわゆる適齢期に結婚していないとイケナイことのように言われる。

周りにそう言われれば、本人に自覚がなくても、なんだか悪いことをしているようなそんな気分になってくる。相手がいるのに結婚をしないと、その人のことまで悪く言い始める人だっている。

もう一度問いたい。「私が結婚していないことで、あなたに何か迷惑をかけましたか?」と。

他人の人生に対し、人はもっと寛容になれないものだろうか。人の結婚に口を出しているその口と時間で、明日の天気の話をするほうがよっぽどマシだ。

【編集部おすすめ】結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【オンナの抜け道 #2】小野美由紀

https://p-dress.jp/articles/3598

結婚は「誰もが見るドラマ」、たとえば昔の月9みたいなドラマではなくなった。人々のライフスタイルや人生の選択は多様化し、今や「結婚=して当然のもの」ではないからだ。小野さんの連載【オンナの抜け道】#2では結婚をテーマに書いていただきました。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」「結婚したいけど出会いがない」と不満を言う女性、素敵な男性と付き合って、ますます成熟していく女性――両者の違いは何か? なぜ、いい男は皆結婚しているのか? どうすれば素敵な独身男性と出会い、パートナーになれるのかを紐解いていきます。


花嫁が後悔しないために。式場探しで気を付けるべきポイント【NEO花嫁の結婚式奮闘記#10】

花嫁が後悔しないために。式場探しで気を付けるべきポイント【NEO花嫁の結婚式奮闘記#10】

結婚式プロデュース会社を解約し、また振り出しに戻った結婚式場探し。結婚式場探しには、見逃せないチェックポイントと心得ておくべきコツがあるのです。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#10をお届けします。


”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

テレビで話題のドラマ『あなたのことはそれほど』。女性にとって愛される方と愛する方,どちらが幸せなのかは永遠のテーマです。今回は、結婚歴15年以上の”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”をした男性ふたりにインタビュー。結婚して15年以上経った今、どちらが幸せなのでしょうか?


結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

人間関係をうまくやっていたくために必要なコミュニケーション能力。結婚前のカップルが受けるプレマリッジ・セミナーでも、非常に重要なトピックです。コミュニケーションの重要性をパートナーと共有し、トラブルになりやすい「火種」をあらかじめ知っておくことで、新婚カップルにありがちな口論を避けることができます。


最新の投稿


華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。第8回は「華やか×空間」でその思いを綴っていただきました。高田賢三さんが考える、華やかな空間とは――。


突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

「私、私、結婚します」と宣言し、一躍話題になったNMB48の須藤凛々花さん。これからの進退に注目が集まっています。筆者はこの宣言を聞いた瞬間、「これは、デフォルトじゃないか⁉(投資用語で、債務不履行とか破綻の意味)」と思いました。「AKB選抜総選挙」には、投資の世界に似た要素があるんだなと感じたのです。


ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

大人になった今「ラジオ体操」を朝の習慣にしています。子供の頃はその効果に疑問を感じていたラジオ体操ですが、運動不足の大人に成り下がった今、これが案外すごい体操だったということを身をもって知りました。あえてラジオ体操をチョイスするメリット、それには3つの理由があるんです。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


有名税ってありますか?

有名税ってありますか?

「有名税ってどんなもの?」「有名になるメリットとデメリットってなんですか?」などとよく尋ねられる。本気で取り組めば、多少の有名税を支払うことになったとしても、新たなチャンスを得て、世界を広げていけることの方が多い。