人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。


ネットニュースで、ある女性芸能人が結婚したという記事を目にした。才色兼備のアラフォー女性。へえ。

結婚したという話題を聞いて、その女性が独身だったと初めて知ったのだけれど、そんなに世の中って芸能人の既婚・未婚に興味があるものなのかといつも疑問に感じる。

自分が好きな有名人なら何かしらの感情が湧いてくるだろうけれど、それ以外の人なら翌日になれば忘れてしまいそうだ。

でも、そうはいかないらしい。有名人は大変だ。

とくに今回はずっと独身だった人の結婚ということで、まるで親のように「やっと結婚できてよかった、よかった」と言い始める。みんなそんなに彼女に結婚してほしかったんだろうか。

■「どうして結婚しないの?」という奇妙な質問

「どうして結婚しないの?」となんとも人は簡単に聞くのだろう。相談をしてもいないのにあれやこれやとアドバイスしてくる。

女性となると、それはさらに顕著な気がする。

「今はその気がなくて」と言うと、それこそ鬼の首をとったように「んまーっ、そんなこと言っていられるのも今のうちよ、いい? 結婚というのはね……」とおせっかいな人たちが湧いて出てくる。

100歩譲って親きょうだいならともかく、何の縁もゆかりもない人たちにどうしてそんなことをお話しいただかなければならないのだろうか。

「婚期逃すわよ」って言うけど、一般的な婚期=私の婚期だと誰が決めた。結婚したときが婚期だ! ……などというのは少し乱暴だろうか。

「私が結婚していないことで何かご迷惑をおかけしたでしょうか?」
「あなたのためを思って言ってあげてるのに」

それを人は大きなお世話、というのだ。

■人生の優先順位は皆違う

人生は思っているより短い。なのにやりたいことはたくさんある。時間が足りない。

趣味に時間を費やしたい、もっと仕事がしたい、恋愛をしたい、子どもを産みたい……。

その優先順位は人それぞれだ。しかし、どうしてみんな「結婚相手を見つけること」「結婚すること」をトップに持ってきたがるのか。

仕事が忙しいと相手を見つける暇がないから、仕事をセーブする。趣味にばかり時間とお金を使っているといい顔をされないから、趣味を隠す、控える。

そこまでして結婚してはたして本当に幸せなのだろうか。「結婚」の優先順位が低ければ、「譲れないこと」を受け入れてくれるパートナーと出会うまで、探せばいい。

それで結婚の年齢が遅くなる、あるいは結婚しない、となるのならそれも自分が選んだ道。いつになったら、自分が歩きたい道を歩くことを許してもらえるようになるのだろうか。

■「独身の私、あなたに何か迷惑かけましたか?」

今は別に結婚をしなくてもいい時代のはずだ。それでも、いわゆる適齢期に結婚していないとイケナイことのように言われる。

周りにそう言われれば、本人に自覚がなくても、なんだか悪いことをしているようなそんな気分になってくる。相手がいるのに結婚をしないと、その人のことまで悪く言い始める人だっている。

もう一度問いたい。「私が結婚していないことで、あなたに何か迷惑をかけましたか?」と。

他人の人生に対し、人はもっと寛容になれないものだろうか。人の結婚に口を出しているその口と時間で、明日の天気の話をするほうがよっぽどマシだ。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

アメリカ新大統領トランプ氏と奥様のメラニアさんの年の差は25歳。フランス新大統領マクロン氏と奥様のブリジットさんの年の差も25歳。この男女が逆転した歳の差婚を、あなたはどう感じましたか……?


母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母親の結婚観に影響を受けて、結婚に前向きになれず、「結婚が怖い」と、回避志向になる女性も少なくない。「母も一人の身勝手な女なんだな」と冷静に気づいたとき、母から受けた“結婚観”を、「自分の幸せ・人生に対して、結婚って必要? どんな結婚ならいいの?」と、ゼロから再構築することから、始めよう。


もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

結婚式プロデュース会社への不信感は募るばかり。度重なるモヤモヤに堪忍袋の緒が切れ、ついに信頼貯金がゼロに……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#9をお届けします。


「結婚が怖い」と言ってもいいですか

「結婚が怖い」と言ってもいいですか

相手が誰であれ、いわゆる「結婚」が怖い。幽霊よりも怖い――そう語るユキ・クリヤマさん。自らを「結婚回避思考」になっていると分析し、結婚回避思考になる要因を5つ挙げる。うち2つを細かく見ていきたい。


不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

相場の倍近く費用がかかる結婚式プロデュース会社と契約したものの、その対応に疑問を感じる私。なんとか無事に進めたいと祈るものの、担当者とのやりとりにモヤモヤが膨らんでいくばかりで……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#8をお届けします。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。