人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。


ネットニュースで、ある女性芸能人が結婚したという記事を目にした。才色兼備のアラフォー女性。へえ。

結婚したという話題を聞いて、その女性が独身だったと初めて知ったのだけれど、そんなに世の中って芸能人の既婚・未婚に興味があるものなのかといつも疑問に感じる。

自分が好きな有名人なら何かしらの感情が湧いてくるだろうけれど、それ以外の人なら翌日になれば忘れてしまいそうだ。

でも、そうはいかないらしい。有名人は大変だ。

とくに今回はずっと独身だった人の結婚ということで、まるで親のように「やっと結婚できてよかった、よかった」と言い始める。みんなそんなに彼女に結婚してほしかったんだろうか。

■「どうして結婚しないの?」という奇妙な質問

「どうして結婚しないの?」となんとも人は簡単に聞くのだろう。相談をしてもいないのにあれやこれやとアドバイスしてくる。

女性となると、それはさらに顕著な気がする。

「今はその気がなくて」と言うと、それこそ鬼の首をとったように「んまーっ、そんなこと言っていられるのも今のうちよ、いい? 結婚というのはね……」とおせっかいな人たちが湧いて出てくる。

100歩譲って親きょうだいならともかく、何の縁もゆかりもない人たちにどうしてそんなことをお話しいただかなければならないのだろうか。

「婚期逃すわよ」って言うけど、一般的な婚期=私の婚期だと誰が決めた。結婚したときが婚期だ! ……などというのは少し乱暴だろうか。

「私が結婚していないことで何かご迷惑をおかけしたでしょうか?」
「あなたのためを思って言ってあげてるのに」

それを人は大きなお世話、というのだ。

■人生の優先順位は皆違う

人生は思っているより短い。なのにやりたいことはたくさんある。時間が足りない。

趣味に時間を費やしたい、もっと仕事がしたい、恋愛をしたい、子どもを産みたい……。

その優先順位は人それぞれだ。しかし、どうしてみんな「結婚相手を見つけること」「結婚すること」をトップに持ってきたがるのか。

仕事が忙しいと相手を見つける暇がないから、仕事をセーブする。趣味にばかり時間とお金を使っているといい顔をされないから、趣味を隠す、控える。

そこまでして結婚してはたして本当に幸せなのだろうか。「結婚」の優先順位が低ければ、「譲れないこと」を受け入れてくれるパートナーと出会うまで、探せばいい。

それで結婚の年齢が遅くなる、あるいは結婚しない、となるのならそれも自分が選んだ道。いつになったら、自分が歩きたい道を歩くことを許してもらえるようになるのだろうか。

■「独身の私、あなたに何か迷惑かけましたか?」

今は別に結婚をしなくてもいい時代のはずだ。それでも、いわゆる適齢期に結婚していないとイケナイことのように言われる。

周りにそう言われれば、本人に自覚がなくても、なんだか悪いことをしているようなそんな気分になってくる。相手がいるのに結婚をしないと、その人のことまで悪く言い始める人だっている。

もう一度問いたい。「私が結婚していないことで、あなたに何か迷惑をかけましたか?」と。

他人の人生に対し、人はもっと寛容になれないものだろうか。人の結婚に口を出しているその口と時間で、明日の天気の話をするほうがよっぽどマシだ。

【編集部おすすめ】結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【オンナの抜け道 #2】小野美由紀

https://p-dress.jp/articles/3598

結婚は「誰もが見るドラマ」、たとえば昔の月9みたいなドラマではなくなった。人々のライフスタイルや人生の選択は多様化し、今や「結婚=して当然のもの」ではないからだ。小野さんの連載【オンナの抜け道】#2では結婚をテーマに書いていただきました。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚の現実的な問題として貯金、つまり「お金」があります。結婚式の資金やこれから生活していく上でのお金、新婚旅行。さまざまなところで費用がかかります。では、結婚前の資金としてどのくらい貯めておけばよいのでしょうか? 男女別に分けて詳しくご紹介していきます。


食べるのが好きな私が「ウエスト5cm・体脂肪10%」落とした方法

食べるのが好きな私が「ウエスト5cm・体脂肪10%」落とした方法

エステ・ジム・食事制限……。ありとあらゆるダイエットを結婚式に向けて行った結果、食べるのが大好きな私でも無理なく理想のボディを手に入れられました。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#12をお届けします。


結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚への焦りを感じる女性は数多くいるかと思います。しかし、そうした焦燥感は、結婚への道のりをより遠くしてしまうのです。今回は、結婚への不安を感じるあなたに「焦り」との向き合い方をお伝えいたします。


アラフォー女性の結婚願望を大解剖! 結婚は本当にする必要があるのか考察しよう

アラフォー女性の結婚願望を大解剖! 結婚は本当にする必要があるのか考察しよう

今回は、アラフォー女性の結婚願望を4つの要素に分解して、そこから本当に結婚をする必要があるのか、考察をしてみました。なんとなくの感覚で、結婚に対する見通しを立てている方は、こちらを参考にして、ご自身の将来を改めて考えてみてください。


結婚の終わり方【成功する結婚#10】

結婚の終わり方【成功する結婚#10】

本連載では、結婚する前の準備の一環としてパートナーと話し合っておきたいトピックについてご紹介してきました。最終回は、結婚式を前に盛り上がるカップルにとっては無縁のように思われる「結婚がどのように終わるのか?」という問いをテーマに考えてみます。


最新の投稿


贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものは大切な人へ感謝を伝える機会のひとつ。贈りものをする意味を改めて考えてみると共に、贈りものの選び方やおすすめの贈りものをご紹介。贈り上手・贈られ上手になるためのヒントをお伝えします。


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第6話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回も悲しいエピソードでしたね……。ある登場人物が迎えた重大な転機に焦点をあててみます。


あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

20代のころは30歳になれば貯金ができていると思っていたし、30歳のころには35歳になれば貯金ができると思ってた……。働いた分だけお金が貯まるはずなんだけど、貯金ができる気配がない。あなたは貯金、貯まっていますか? 浪費してしまう人には特徴があります。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


おっぱい