「人は外見で判断される」は真実

「人は外見で判断される」は真実

「人を外見で判断してはいけない」と言われて育った私たち。しかし、大人になると、外見や服装で第一印象が決まる、という真実に気づく。身なりをいつも綺麗に整えて生きることは、実は自分のためだけではなく、家族や周りの人に対して共有する時間をも良いものにする効果もあるのだ。


■「人を外見で判断してはいけない」と言われて育った私たち

祖父母や両親から「人を見た目で判断してはいけません、大切なのは中身です」と言われて育った人は多いのではないだろうか。私ももちろんそのうちの一人。

しかし、矛盾するような話だが、私の母は服装・身なりにはとても厳しかった。

それは今なお続いていて、適当な服を着て実家に帰ろうものなら、頭のてっぺんからつま先までチェックされ、「どうしてそんなにみすぼらしい恰好をしているの?」と小言を頂戴し、さらには家の経済状況を心配されたりする(笑)。

古ぼけているんじゃないのよ、わざと古着風に加工してある服なの、それが今のおしゃれなのと言ってもまったく理解されないことがよくわかったので、実家に帰るときには、ダメージ加工の服は着ないようにしようと決めた。

■着ている服で人の扱いが変わることを戒めた一休さん

いきなりだが、古いアニメ絵本『にほんむかしばなし 一休さん』(株式会社ブティック社 よい子とママのアニメ絵本 No.59号)を取り上げたい。子どもたちが幼かったころ、夜寝る前にお布団の中で読み聞かせしてあげていた本だ。

室町時代の禅僧、一休宗純。いわゆる一休さん。

お経をあげてほしいと、ご指名で呼ばれた家に前日、わざとお粗末なファッションで下見に行き、乞食坊主扱いされ、追い返される。

次の日、金襴の袈裟を着て再訪問。ちやほやされて丁重なもてなしを受ける。 
 
一休さんは怒って立派な着物をその場で脱ぎ捨て、「あなたは身なりで人を区別するのですね。あなたが来てほしかったのは私でなく、立派な着物なのですね」と帰ってしまう……というありがた~い人の心の在り方を説いたお話。

■人は外見で判断される。大人になると身なりへの気配りはマスト

私はこの話が納得できなくてムキになり、隣に横たわる幼い娘に長々と講釈をたれた。

「これはむかーしのお話だからね、ママはこれ、一休さんの意見に反対よ。人んちに呼ばれたのにきちんとした身なりで行かなかった一休さんが悪い。人は身なりで判断されるの、身なりもその人の中身の一部を表すのよ」と。

何を子ども向けの絵本をネタに、幼児相手に熱くなって、反論持論を展開していたのか。今思い出しても見苦しく、滑稽である。でも、どうしても一言、言いたかったのである。

おしゃれや洋服に気を使うのは軽薄で浮ついたことだ、という考えが今でも世の中に一部あるように思う。
 
外見ばかり着飾ってないで、もっと勉強したり知性を磨くべきだ、という意見。それは子どもや学生においては確かにそうかもしれない。外見なんか後回しにして、他の何かに打ち込むべき瞬間は、誰の人生にもある。

けれど、大人になって責任ある仕事を持ったり、家庭を切り盛りしたりする役目を背負ったりする頃から外見をきちんとすることは、ないがしろにできない重要事項だという思いはどんどん強くなった。

母が私に小言を言うように、私も娘にそれを伝えたかったのだ。時期がやや早すぎたが(笑)。

■あなたの手をかけた外見が周りにいる人を幸せにする

いつも髪を整えて、身綺麗にしていた祖母が言っていた。

「あなたがおしゃれしたり、洋服に気を使ったりするのは、あなた自身のためにもなるけれど、何よりあなたの周りにいる人たちをも、幸せな気持ちにする効果があるのよ」

だらしない恰好を平気でしたり、手入れしていない服をお構いなしに着ている人は、周りの人を思いやる心が足りてるかしらねえ、と手厳しかった。

昭和のはじめ、モノがまだ少なかった時代、一枚の服をできるだけ長く、綺麗に着ようと女たちは工夫していた。

経済的・物資的に限られた環境の中で生きていた祖母。そんな中で、少しでも心地よい、美しいと感じる時間を自分自身と家族と共有したい――そんな志があったのだと思う。

物があふれかえり、次から次へと新しい素敵な洋服が手軽に手に入る現代。それでも室町時代同様、人は人をまず流行や着こなし、おしゃれ度、ブランドetc.、外見や身なりで判断してしまう。

その前にまず、「自分の身なりが人にどういう印象を与えているか」「周りの人に心地よい時間を与えているか」を冷静に考えてみるのも、大人の女性には大切なことなのではと思う。

この記事のライター

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード


おしゃれ

関連する投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


ロングからショートボブになったら、女度の高い服が似合うようになった

ロングからショートボブになったら、女度の高い服が似合うようになった

ロングヘアかミディアムか。はたまたボブヘアかショートヘアか。髪の長さをどうするかは女の永遠の迷い。似合う・似合わないといった切り口の他に、ファッションとのバランスも見逃せない。20年間続けたロングヘアをショートボブにし、似合うファッションが変わった私。髪型はもはやファッションのアイテムのひとつだ。


ディオールからホリデイギフトにぴったりな「STARS」コレクションが登場

ディオールからホリデイギフトにぴったりな「STARS」コレクションが登場

ディオールからホリデイギフトにおすすめの、星のモチーフをちりばめた新作小物 「STARS」コレクションが登場しました。ムッシュ ディオールが肌身離さず身に着けていたラッキー チャームである“スター”モチーフです。


シンプルに飽きたら「甘辛ミックス」。必ず素敵に見せられます

シンプルに飽きたら「甘辛ミックス」。必ず素敵に見せられます

甘辛ミックスのコーディネートはおしゃれの幅を広げるとともに、おしゃれを奥深くするものでもあります。甘めなアイテムをひとつ投入したら、辛めなアイテムをひとつ合わせてみる。甘辛ミックスのコーデアイデアをいくつかご紹介します。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい