フランス女性の髪型はなぜ無造作なのに素敵なのか

フランス女性の髪型はなぜ無造作なのに素敵なのか

フランス女性の髪型ってなんだかアンニュイな雰囲気。まとめ髪もやわらかなウェーブもこなれて見える。そう感じたことはありませんか? フランス女性の髪型は作り方や見せ方がポイントです。そして世代の違いにも注目して――。彼女たちのヘアスタイルに近づくヒントをご紹介します。


フランス女性の髪型を見ていて素敵だなと感じるのはその無造作感。それは朝起きて、手ぐしでサッととかしただけのようなスタイルです。

ボサボサといってしまえばそれまでなのですが、それが魅力的に見えてしまうのは不思議ですよね。

日本人は基本的にきちんとセットする人が多いですが、最近ではフランス女性のようなニュアンスヘアにする方法を紹介する記事も見かけますし、ヘアサロンではそれを叶えてくれることも。

ほぼ何もしていないといえる無造作ヘアでさえ、憧れの髪型となっているのです。

■フランス女性の髪のいたわり方とは?

フランス女性の髪のいたわり方とは?

「フランス人はあまり髪を洗わない」と聞いたことはありませんか? 実際多くの女性が週に2~3回の洗髪です。

理由は「硬水」にあり。この水で毎日髪を洗っていると、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことに。また、空気が乾燥していることも、髪に悪影響を及ぼす原因となります。

そのため、髪を洗ったときもドライヤーをかけることはなく、タオルドライをして自然乾燥というパターンが多いようですね。

私がフランスで過ごすときは、ほぼ2日に1度の洗髪です。しかし、汗をかきやすい夏は毎日のように洗いますし、必ずドライヤーで髪を乾かします。

髪にごわつきを感じたときは、肌や髪を保護してくれる美容オイルを馴染ませます。フランスではファーマシーで気軽に買えるニュクスの「プロディジュー オイル」が人気。

さらりとしたテクスチャーで香りが良く、髪もきれいにまとまるのでおすすめです。

■若いフランス女性の髪型はシニヨンが旬!

若いフランス女性の髪型はシニヨンが旬!

若いフランス女性の間でよく見かける髪型といえば「シニヨンヘア」。10年ほど前はセンターパートや、ヘアクリップで無造作にまとめたようなスタイルにフランスらしさを感じ、よく真似たものでした。

昨年フランスでバスに乗っていると、隣にセミロングヘアの学生らしき女性が座っていました。しばらくすると彼女は手首にはめていたヘアゴム1つで、くるりとシニヨンヘアを作ったのです。

あまりにも手早く簡単に仕上げていくので、思わず見惚れてしまったほど。そして、そのヘアゴムがピンク色だったのも印象的でした。

それ以来、ヘアゴムの色にも注目するようになりました。若い女性たちはカラフルな色のゴムを使用していることが多く、それがさりげなくヘアスタイルのアクセントに。

日本のヘアアレンジでは「ゴムを見えないようにする方法」が取り上げられることが多いですが、それをしないシンプルさもおしゃれだなと思うのです。

ヘアメイクとして活躍する友人は「彼女たちの髪は細くてやわらかく、クセもあるためシニヨンヘアが作りやすい」と教えてくれました。

洗髪頻度が少ないこともあり、しっとり感のあるまとめやすいコンディションになっているのも、1つの理由かもしれませんね。

私たちがおしゃれなフランス女性のようにシニヨンを作りたい場合は、コテで髪を巻いたりワックスを使ったりすることが上手く仕上げるコツだそう。

■30~50代、フランス女性それぞれの髪型

30~50代、フランス女性それぞれの髪型

もう少し上の世代の、30~40代のフランス女性はゆるやかなウェービーヘアというのが私の印象。髪の長さはセミロングやボブで、ダウンスタイルやシンプルに束ねている姿をよく見かけます。

私がよく訪れるビストロのマダムはやわらかなウェービーヘア。夏はゴムやヘアクリップでルーズにまとめておりアンニュイな雰囲気です。もちろんアクセサリーはシックな色が定番。

作り方のポイントはコテで髪を巻いた後、ワックスをつけてマットな質感を出すのだそう。そうするとクリップ1つでこなれたまとめ髪が完成。

髪をコテで巻くのが苦手な方は、ゆるくパーマをかけてもいいですね。

さらに50代女性はショートヘアのイメージ。前髪はかきあげたようにセットされているなど、上品さが漂います。また眼鏡をかけることで知的っぽさを演出できます。

30~50代、フランス女性それぞれの髪型

そして最後はフランスのおばあちゃん。ショートヘアでふんわりパーマをかけていることが多く、気品が漂います。いつもキレイにセットされているので、カーラーやブラシを使用しているのでしょう。

また決して女性らしさを忘れていない装いにも注目。そうフランス女性の「エレガンス」は永遠なのです。

■フランス女性は髪型に自分らしさのエッセンスも加えている

自分自身と髪型のバランスも重要

このようにフランス女性の髪型に着目してみると、それぞれの年代に相応しいスタイルがあるのだと気づかせてくれます。そしてそれは彼女たちをより魅力的に映しているはず。

しかし同時にいえるのは――髪型は服とのバランスが大切だけど、自分自身とのバランスも重要だということ。

作り方や見せ方だけでなく、「自分らしさ」というエッセンスを加えることも、忘れずにいたいものですね。

Text/KUMICO

この記事のライター

アパレル歴20年。フランスのメーカー勤務後、ライター業に転身。2007年初めてパリを訪れたのを機に年に1~2回の「暮らすように旅するパリ」を経験。パリ郊外の町・ブルターニュ・プロヴァンス・アルザス・バスクなども訪れ、各土地の...

関連する投稿


女っぷりが上がる。ヘアアイロンの基本の使い方

女っぷりが上がる。ヘアアイロンの基本の使い方

大人世代のスタイリングに欠かせないのが、ヘアアイロンやホットカーラーを使ったスタイリング。意外と苦手な方も多いのでは? そんな方のために、基本的なスタイリングの仕方をレクチャーします。


プロの美容師が推薦。選ぶならこのドライヤーがおすすめ

プロの美容師が推薦。選ぶならこのドライヤーがおすすめ

エイジングに伴うお肌や髪の悩みはドライヤーで解決できるかもしれません。パサつきやたるみ、根元のボリュームダウンetc.。最近のドライヤーは美容機器としての機能に優れているんです。2種類の高機能ドライヤーを比較しつつ、おすすめの理由をご紹介します。


白髪は暗く染めずに活かす! ハイライトカラーがおすすめの理由

白髪は暗く染めずに活かす! ハイライトカラーがおすすめの理由

顔まわりや分け目に気になる白髪が生えてきたとき、どう対処していますか? しっくりこないのであれば暗く染め続けるのはやめ、ハイライトを入れて明るくデザインしてみましょう。肌が明るく、若々しく見える効果も期待できますよ!


その白髪、改善できるかも。白髪のメカニズムから知る、予防・改善方法

その白髪、改善できるかも。白髪のメカニズムから知る、予防・改善方法

30代から40代にかけて特に気になってくる白髪のお悩み。白髪は自然な老化現象ですが、遺伝的な要因以外にダイエットや睡眠不足なども原因になり得ます。白髪ができるメカニズムから、すぐにできる対策方法をお伝えします。


40代の髪のボリュームアップに効く成分は?

40代の髪のボリュームアップに効く成分は?

40代の髪にはボリュームがなくなったりパサついたりと、エイジングによる影響が多く見られるようになってきます。今回は、美容師の荒木隆広さんに、髪に有効な成分を伺います。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい