フランス女性の髪型はなぜ無造作なのに素敵なのか

フランス女性の髪型はなぜ無造作なのに素敵なのか

フランス女性の髪型ってなんだかアンニュイな雰囲気。まとめ髪もやわらかなウェーブもこなれて見える。そう感じたことはありませんか? フランス女性の髪型は作り方や見せ方がポイントです。そして世代の違いにも注目して――。彼女たちのヘアスタイルに近づくヒントをご紹介します。


フランス女性の髪型を見ていて素敵だなと感じるのはその無造作感。それは朝起きて、手ぐしでサッととかしただけのようなスタイルです。

ボサボサといってしまえばそれまでなのですが、それが魅力的に見えてしまうのは不思議ですよね。

日本人は基本的にきちんとセットする人が多いですが、最近ではフランス女性のようなニュアンスヘアにする方法を紹介する記事も見かけますし、ヘアサロンではそれを叶えてくれることも。

ほぼ何もしていないといえる無造作ヘアでさえ、憧れの髪型となっているのです。

■フランス女性の髪のいたわり方とは?

フランス女性の髪のいたわり方とは?

「フランス人はあまり髪を洗わない」と聞いたことはありませんか? 実際多くの女性が週に2~3回の洗髪です。

理由は「硬水」にあり。この水で毎日髪を洗っていると、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことに。また、空気が乾燥していることも、髪に悪影響を及ぼす原因となります。

そのため、髪を洗ったときもドライヤーをかけることはなく、タオルドライをして自然乾燥というパターンが多いようですね。

私がフランスで過ごすときは、ほぼ2日に1度の洗髪です。しかし、汗をかきやすい夏は毎日のように洗いますし、必ずドライヤーで髪を乾かします。

髪にごわつきを感じたときは、肌や髪を保護してくれる美容オイルを馴染ませます。フランスではファーマシーで気軽に買えるニュクスの「プロディジュー オイル」が人気。

さらりとしたテクスチャーで香りが良く、髪もきれいにまとまるのでおすすめです。

■若いフランス女性の髪型はシニヨンが旬!

若いフランス女性の髪型はシニヨンが旬!

若いフランス女性の間でよく見かける髪型といえば「シニヨンヘア」。10年ほど前はセンターパートや、ヘアクリップで無造作にまとめたようなスタイルにフランスらしさを感じ、よく真似たものでした。

昨年フランスでバスに乗っていると、隣にセミロングヘアの学生らしき女性が座っていました。しばらくすると彼女は手首にはめていたヘアゴム1つで、くるりとシニヨンヘアを作ったのです。

あまりにも手早く簡単に仕上げていくので、思わず見惚れてしまったほど。そして、そのヘアゴムがピンク色だったのも印象的でした。

それ以来、ヘアゴムの色にも注目するようになりました。若い女性たちはカラフルな色のゴムを使用していることが多く、それがさりげなくヘアスタイルのアクセントに。

日本のヘアアレンジでは「ゴムを見えないようにする方法」が取り上げられることが多いですが、それをしないシンプルさもおしゃれだなと思うのです。

ヘアメイクとして活躍する友人は「彼女たちの髪は細くてやわらかく、クセもあるためシニヨンヘアが作りやすい」と教えてくれました。

洗髪頻度が少ないこともあり、しっとり感のあるまとめやすいコンディションになっているのも、1つの理由かもしれませんね。

私たちがおしゃれなフランス女性のようにシニヨンを作りたい場合は、コテで髪を巻いたりワックスを使ったりすることが上手く仕上げるコツだそう。

■30~50代、フランス女性それぞれの髪型

30~50代、フランス女性それぞれの髪型

もう少し上の世代の、30~40代のフランス女性はゆるやかなウェービーヘアというのが私の印象。髪の長さはセミロングやボブで、ダウンスタイルやシンプルに束ねている姿をよく見かけます。

私がよく訪れるビストロのマダムはやわらかなウェービーヘア。夏はゴムやヘアクリップでルーズにまとめておりアンニュイな雰囲気です。もちろんアクセサリーはシックな色が定番。

作り方のポイントはコテで髪を巻いた後、ワックスをつけてマットな質感を出すのだそう。そうするとクリップ1つでこなれたまとめ髪が完成。

髪をコテで巻くのが苦手な方は、ゆるくパーマをかけてもいいですね。

さらに50代女性はショートヘアのイメージ。前髪はかきあげたようにセットされているなど、上品さが漂います。また眼鏡をかけることで知的っぽさを演出できます。

30~50代、フランス女性それぞれの髪型

そして最後はフランスのおばあちゃん。ショートヘアでふんわりパーマをかけていることが多く、気品が漂います。いつもキレイにセットされているので、カーラーやブラシを使用しているのでしょう。

また決して女性らしさを忘れていない装いにも注目。そうフランス女性の「エレガンス」は永遠なのです。

■フランス女性は髪型に自分らしさのエッセンスも加えている

自分自身と髪型のバランスも重要

このようにフランス女性の髪型に着目してみると、それぞれの年代に相応しいスタイルがあるのだと気づかせてくれます。そしてそれは彼女たちをより魅力的に映しているはず。

しかし同時にいえるのは――髪型は服とのバランスが大切だけど、自分自身とのバランスも重要だということ。

作り方や見せ方だけでなく、「自分らしさ」というエッセンスを加えることも、忘れずにいたいものですね。

この記事のライター

アパレルメーカー勤務を経てフリーライターに。フランス情報サイトFRANCE365では、パリジェンヌの普段着に着目した「パリおしゃれ手帖」を連載中。他、雑誌GINGERのWEBメディア「Spark GINGER」など、あらゆる...

関連するキーワード


ヘアスタイル

関連する投稿


おばさんがショートヘアにする理由

おばさんがショートヘアにする理由

白髪が気になってショートヘアに転向するアラフォー女性は少なくないよう。でも、ショートヘアにしたからといって、白髪の悩みは完全には解決されないよう。ロングにミディアム、ショート、白髪が目立たない髪型はどれ? そして白髪はやっぱり染めるべき? DRESS世代の女性にとって悩ましい白髪問題を考えます。


40代からの髪型〜大人のミディアム

40代からの髪型〜大人のミディアム

40代からの髪型・ヘアスタイルとして、ミディアムヘアを顔型別にご紹介。レイヤースタイルやパーマなど、ミディアムスタイルもさまざまですが、顔の形や骨格に合ったヘアがあります。大人だからこそ似合う、自分らしいヘアスタイルと出会って、今よりもっと大人かわいい髪型・ヘアスタイルに。


とかすだけで簡単。艷やかストレートヘアを作る「シンプリーストレート」が本格発売開始

とかすだけで簡単。艷やかストレートヘアを作る「シンプリーストレート」が本格発売開始

ブラシで簡単にとかすだけで、美しいストレートヘアに仕上がる、ブラシ×ヘアアイロンの2 in 1ヘアブラシ「シンプリーストレート」が2月28日より本格販売開始。


40代からの髪型〜大人のショート

40代からの髪型〜大人のショート

40代からの髪型・ヘアスタイルとして、ショートヘアを顔型別にご紹介。ショートレイヤーや前下がりショートなど、ショートスタイルもさまざまですが、顔の形や骨格に合ったショートがあります。大人だからこそ似合うショート。自分らしいショートと出会って、今よりもっと大人かわいい髪型・ヘアスタイルに。


気になる白髪をメイク感覚でカバー。「THROW ヘアカラーコンシーラー」から新色登場

気になる白髪をメイク感覚でカバー。「THROW ヘアカラーコンシーラー」から新色登場

メイク感覚で白髪を簡単にカバーできる「THROW ヘアカラーコンシーラー」から新色「ブラウン レギュラー」が2月22日に新発売。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。