フランス女性の髪型はなぜ無造作なのに素敵なのか

フランス女性の髪型はなぜ無造作なのに素敵なのか

フランス女性の髪型ってなんだかアンニュイな雰囲気。まとめ髪もやわらかなウェーブもこなれて見える。そう感じたことはありませんか? フランス女性の髪型は作り方や見せ方がポイントです。そして世代の違いにも注目して――。彼女たちのヘアスタイルに近づくヒントをご紹介します。


フランス女性の髪型を見ていて素敵だなと感じるのはその無造作感。それは朝起きて、手ぐしでサッととかしただけのようなスタイルです。

ボサボサといってしまえばそれまでなのですが、それが魅力的に見えてしまうのは不思議ですよね。

日本人は基本的にきちんとセットする人が多いですが、最近ではフランス女性のようなニュアンスヘアにする方法を紹介する記事も見かけますし、ヘアサロンではそれを叶えてくれることも。

ほぼ何もしていないといえる無造作ヘアでさえ、憧れの髪型となっているのです。

■フランス女性の髪のいたわり方とは?

フランス女性の髪のいたわり方とは?

「フランス人はあまり髪を洗わない」と聞いたことはありませんか? 実際多くの女性が週に2~3回の洗髪です。

理由は「硬水」にあり。この水で毎日髪を洗っていると、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことに。また、空気が乾燥していることも、髪に悪影響を及ぼす原因となります。

そのため、髪を洗ったときもドライヤーをかけることはなく、タオルドライをして自然乾燥というパターンが多いようですね。

私がフランスで過ごすときは、ほぼ2日に1度の洗髪です。しかし、汗をかきやすい夏は毎日のように洗いますし、必ずドライヤーで髪を乾かします。

髪にごわつきを感じたときは、肌や髪を保護してくれる美容オイルを馴染ませます。フランスではファーマシーで気軽に買えるニュクスの「プロディジュー オイル」が人気。

さらりとしたテクスチャーで香りが良く、髪もきれいにまとまるのでおすすめです。

■若いフランス女性の髪型はシニヨンが旬!

若いフランス女性の髪型はシニヨンが旬!

若いフランス女性の間でよく見かける髪型といえば「シニヨンヘア」。10年ほど前はセンターパートや、ヘアクリップで無造作にまとめたようなスタイルにフランスらしさを感じ、よく真似たものでした。

昨年フランスでバスに乗っていると、隣にセミロングヘアの学生らしき女性が座っていました。しばらくすると彼女は手首にはめていたヘアゴム1つで、くるりとシニヨンヘアを作ったのです。

あまりにも手早く簡単に仕上げていくので、思わず見惚れてしまったほど。そして、そのヘアゴムがピンク色だったのも印象的でした。

それ以来、ヘアゴムの色にも注目するようになりました。若い女性たちはカラフルな色のゴムを使用していることが多く、それがさりげなくヘアスタイルのアクセントに。

日本のヘアアレンジでは「ゴムを見えないようにする方法」が取り上げられることが多いですが、それをしないシンプルさもおしゃれだなと思うのです。

ヘアメイクとして活躍する友人は「彼女たちの髪は細くてやわらかく、クセもあるためシニヨンヘアが作りやすい」と教えてくれました。

洗髪頻度が少ないこともあり、しっとり感のあるまとめやすいコンディションになっているのも、1つの理由かもしれませんね。

私たちがおしゃれなフランス女性のようにシニヨンを作りたい場合は、コテで髪を巻いたりワックスを使ったりすることが上手く仕上げるコツだそう。

■30~50代、フランス女性それぞれの髪型

30~50代、フランス女性それぞれの髪型

もう少し上の世代の、30~40代のフランス女性はゆるやかなウェービーヘアというのが私の印象。髪の長さはセミロングやボブで、ダウンスタイルやシンプルに束ねている姿をよく見かけます。

私がよく訪れるビストロのマダムはやわらかなウェービーヘア。夏はゴムやヘアクリップでルーズにまとめておりアンニュイな雰囲気です。もちろんアクセサリーはシックな色が定番。

作り方のポイントはコテで髪を巻いた後、ワックスをつけてマットな質感を出すのだそう。そうするとクリップ1つでこなれたまとめ髪が完成。

髪をコテで巻くのが苦手な方は、ゆるくパーマをかけてもいいですね。

さらに50代女性はショートヘアのイメージ。前髪はかきあげたようにセットされているなど、上品さが漂います。また眼鏡をかけることで知的っぽさを演出できます。

30~50代、フランス女性それぞれの髪型

そして最後はフランスのおばあちゃん。ショートヘアでふんわりパーマをかけていることが多く、気品が漂います。いつもキレイにセットされているので、カーラーやブラシを使用しているのでしょう。

また決して女性らしさを忘れていない装いにも注目。そうフランス女性の「エレガンス」は永遠なのです。

■フランス女性は髪型に自分らしさのエッセンスも加えている

自分自身と髪型のバランスも重要

このようにフランス女性の髪型に着目してみると、それぞれの年代に相応しいスタイルがあるのだと気づかせてくれます。そしてそれは彼女たちをより魅力的に映しているはず。

しかし同時にいえるのは――髪型は服とのバランスが大切だけど、自分自身とのバランスも重要だということ。

作り方や見せ方だけでなく、「自分らしさ」というエッセンスを加えることも、忘れずにいたいものですね。

この記事のライター

アパレル歴20年。フランスのメーカー勤務後、ライター業に転身。2007年初めてパリを訪れたのを機に年に1〜2回の「暮らすように旅するパリ」を経験。パリ郊外の町・ブルターニュ・プロヴァンス・アルザス・バスクなども訪れ、各土地に...

関連する投稿


白髪は暗く染めずに活かす! ハイライトカラーがおすすめの理由

白髪は暗く染めずに活かす! ハイライトカラーがおすすめの理由

顔まわりや分け目に気になる白髪が生えてきたとき、どう対処していますか? しっくりこないのであれば暗く染め続けるのはやめ、ハイライトを入れて明るくデザインしてみましょう。肌が明るく、若々しく見える効果も期待できますよ!


その白髪、改善できるかも。白髪のメカニズムから知る、予防・改善方法

その白髪、改善できるかも。白髪のメカニズムから知る、予防・改善方法

30代から40代にかけて特に気になってくる白髪のお悩み。白髪は自然な老化現象ですが、遺伝的な要因以外にダイエットや睡眠不足なども原因になり得ます。白髪ができるメカニズムから、すぐにできる対策方法をお伝えします。


40代の髪のボリュームアップに効く成分は?

40代の髪のボリュームアップに効く成分は?

40代の髪にはボリュームがなくなったりパサついたりと、エイジングによる影響が多く見られるようになってきます。今回は、美容師の荒木隆広さんに、髪に有効な成分を伺います。


40代からの恋愛運を上げる! ヘアスタイル&美髪作り

40代からの恋愛運を上げる! ヘアスタイル&美髪作り

髪型を変えれば恋愛チャンスが訪れる! そう美容師の荒木さんは語ります。男性目線を意識してのヘアスタイル選びも、案外イメージチェンジができて新鮮かもしれません。ヘアスタイル別にスタイリングのコツをご紹介。


パリジェンヌが選ぶ夏ファッションは「優しげシルエット」ワンピ

パリジェンヌが選ぶ夏ファッションは「優しげシルエット」ワンピ

暑い夏が訪れる前に、「パリジェンヌの夏ファッション」をお届けします。普段はスキニーデニム一辺倒のパリジェンヌも、夏は「ワンピース」にシフトチェンジ。一枚着るだけでサマになる便利なアイテムだけど、パリらしさもちゃんとアピール。街を行く彼女たちから学んだリアルなワンピース選びと着こなしをご紹介します。


最新の投稿


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

GINZA PLACE 3F common ginza内にある、美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」が2017年9月24日にオープン1周年を迎えます。これを記念したスペシャルイベント「1st Anniversary Weekend Party」が開催されます。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


おっぱい