【体験談】育休後の職場復帰。ワーママが気をつけたい3つのこと

【体験談】育休後の職場復帰。ワーママが気をつけたい3つのこと

産休・育休後に職場復帰をするワーママや時間に制約がある働き方をしている社員の方にぜひ知っていただきたい、働く上でとにかく気をつけた方がいいポイントを3つ、実体験を交えてご紹介します。


こんにちは。気持ちの良い季節になりましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

復職して7カ月。私も2016年度の人事評価のフィードバックを受けました。

産後5カ月、とにかくめまぐるしかった復職後の結果は……残念ながら例年より厳しい評価でした。本当はワーママを勇気づけられる実績を作りたかったのですが、現実はそうはなりませんでした。

個人的には忸怩たる思いですが、管理職である私がなんとかついていくだけでは評価を得られないというのは理解できます。

マネジメントの視点でみると、今年度の個人評価は、妥当だと納得せざるを得ませんでした。

仕事を通じて感じた悔しさは仕事で返す! 2017年度はできる限りの工夫をしたいと決意しました。うまくいった事例は、皆さんにお伝えしますね。

この評価を得た2016年度だからこそ、皆さんにもシェアできる学びがあります。復職した(もしくはする)ワーママや時間に制約がある働き方をしている社員の方はご一読いただけると嬉しいです。

1.必要以上にいい人になりすぎない

本当はこうしたほうがいいと思うけれど、自分の発言で他のメンバーに負担をかけてしまうかもなあ、私は今日は残業できないし、ここは黙って様子見にしておこう……なんて思っているうちに、「必要以上にいい人」になってしまうんです。

その気持ちは痛いほどわかります。実際、普段は、より良い成果のためならチーム内でぶつかることにさほど抵抗がない私ですら、あるディスカッションの後に某役員に呼ばれ、こんなことを言われました。

「何か思うところのあるあなたが発言しないと、チームのためにならない。そしてそれは会社のためにも自分のためにもならない」

良いタイミングで声をかけてくださった彼には心から感謝しています。

アイデアや意見を呑み込んでしまっているのは、きっと相手に伝わっています。怖がらずに発言してください。いてもいなくてもいい人になってはだめです。

2.重要案件には極力参加する意思を示す。そのためにプライベートもオープンに

子供が保育園に入園できた後、私が決めたことの一つに「重要なミーティングやイベント、出張は、調整してできる限り参加する」ことがあります。

我が家は、夫も私も両親が遠方で、ベビーシッターのサポートだけでは難しいことも多々あり、社内の理解や協力が必要不可欠です。

私は基本的には、平日のプライベートなスケジュールもオープンにしています。子供の保育園の送迎の時間、ベビーシッターの出入りの時間、予防接種や健診など、すべてスケジューラーで管理し、チームメンバーには夫の出張の予定までも情報共有しています。

そうすることで、「この日、○○のスケジュールを入れたいのだけれど参加できますか?」「札幌までの出張は可能ですか? 板野さんには○時までいていただきたいので、○時の飛行機には搭乗できます、日帰りでいけます」「どうしてもこの時間に打ち合わせをいれなくてはならないのですが、ビデオ会議越しに参加してください」などの要請がかかるようになりました。

私も遠慮しないけれど、周りに遠慮させすぎてもいけない。その雰囲気作りはお互いの歩み寄りと工夫にかかっていると思います。

3.違和感をおぼえたときは、魔法の言葉「ダイバーシティ」を思い浮かべる

とはいうものの、子供がいると職場だけではなく、電車やバスなどの公共の場でも肩身が狭い想いをすることもあります。

どうしてそんなことになったのかわかりませんが、電車の中でベビーカーを、杖で叩いている年配のご婦人を見てしまったときは、自分のことのように悲しかったですが……。

世の中には本当にいろいろな人がいるのが現実です。自分の常識では信じられないような行動に出る人も存在します。

最近、私は、人とのコミュニケーションで、「ん?」「あれ?」などと違和感をおぼえるとき(私の場合、主に夫とのコミュニケーションにおいて)、「ダイバーシティ、ダイバーシティ……」と念じるようにしています。

「多様性があるからこそ、彼はこんなことをお考えなのだわ」と思うと、ほんの少しですが心がすーっとしますから。

【まとめ】育休後の職場復帰、気をつけたいこと

末尾になりましたが、ワーママであろうがそうでなかろうが、何らかの理由で悔しいことやもどかしいことに直面している方へ伝えたいことがあります。

幸せや達成感を感じるバーを今までより少し低くして、「ありがとう」や「嬉しい!」「やったあ!」というポジティブワードをたくさん口にするのも、自分自身が精神衛生上、ヘルシーでいられるTipsの一つですよ!

それから、当社の女性の上役から、「あのね、これからあなたが仕事をしていく中で悔しいことなんて、いーっぱい起こりますよ。覚悟しておいたほうがいい。でも、その中で達成感ややりがいを得られる瞬間がふっとくるのが仕事をする醍醐味だから」と言われたことは、きっとこの先、節目節目に思い出すことになるような気がしています。

私もゆくゆくは、後輩に伝えられればいいな(できればカッコよく)と思います。

この記事のライター

(株)オークローンマーケティング ショップジャパン広報部部長。 新卒にて外資系広告代理店に勤務した後、外資系ラグジュアリーブランド、オンライン通販会社の広報部に所属。2014年秋より現職に。 プライベートでは結婚15年を...

関連するキーワード


働き方 育児休暇

関連する投稿


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコの片田舎で、3人の娘を抱えながらのフリーランス生活。リビングの片隅にあるスタンディングデスクがマイポジション!


今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師「シェアガール」の肩書で普及活動をする石山アンジュさん。複数の肩書を持ち「限りなくフリーランスに近い、社員」という新しい形のパラレルキャリアを実現されています。自分のビジョンを実現するために必要な視点の持ち方など、多様化する社会で活躍し続けるためのヒントを伺いました。


21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

先日オープンした、21世紀を生きる女性のための会員制コワーキングスペース「SHEworks」。「お互いを高め合える仲間との出会い」と「ライフスタイルサポート」のふたつの特徴を持つ新感覚のワーキングスペースです。スペースのレポートと創業者インタビューをDRESS編集部がお届けします。


最新の投稿


ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

胸下まであったロングヘアをばっさり切ってボブヘアにしました。最初は単なる気分転換のつもりでしたが、思い返すと、5年前に経験したある出来事とリンクしていることに気づいたのです。当時の話を交えながら、ボブにしてみての所感などをお伝えします。


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


おっぱい

MENU

DRESS部活