夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩後に何かプレゼントして、仲直りを試みるのはずるい。妻たちがほしがっているのは物ではなく、言葉なのに、どうしてそれをわかってもらえないのか。


20代半ば頃、友人3人で食事に出かけた。私と昔からの女友達と、その彼女の友人である男性。

料理の注文を終えて、ふっと息をついたとき、男性が何やらバッグをごそごそとし始めた。そして、シンプルな包みを取り出し、友人に差し出す。

「この前、旅行に行ったからおみやげ」

中身はなんだったか思い出せないけど、お茶だったかお菓子だったか……。

友人は「ありがとう」と笑顔でお礼を言った。彼は照れながら「いや、喜ぶかと思って」と答える。そのやりとりを聞いていた私は思わず冗談交じりに言葉を投げかける。

「えっ、ちょっ、私にはないんですか」
「だって君に渡す義理はないし」

義理とかそういうんじゃなくて、好意があからさますぎやしませんか、君が彼女に想いを寄せているのは存知あげていますけども、日本人には社交辞令とかあるじゃないですか、ねえ! もしくはフォローとか! いや別にお土産がほしかったとかそういうんじゃなくって。

……という言葉をゴクリと飲みこんで、「ああ、そっか、そうだよね」とひきつった笑顔を浮かべながら言った。

■プレゼント下手な夫

ちなみに、この好意があからさますぎる男性が今では私の夫である。人生何が起こるかわからない。紆余曲折あってそうなったんだけど、まあそこはいい。

お土産にしろ、記念日のプレゼントにしろ、ただモノを渡すというだけではなく、シチュエーションやタイミングというのはとても大事だ。

当時、夫のことを「なんだ、贈り物下手か!」と思っていたのだけれど、興味のない人間はどうでもいい、というタイプなだけで、プレゼントを選ぶのにはそれなりにこだわっているようだった。

記念日には小さなブーケをくれるし、誕生日やクリスマスなどはそれなりに豪勢だ。

しかし、結婚して年数を重ねてくると、「そんなに盛大にやっていただかなくても……」という気になってくる。

我が家は財布は別だが、私にプレゼントをしてくれる分、少しでも貯金をしておいてくれたほうがいい。そう伝えると、夫は申し訳なさそうにこう答えた。

「だって、俺は家事ができないから。これぐらいしかできないから」

やはり、夫はプレゼント下手だった。

■夫婦喧嘩後の仲直りのプレゼントをどう捉えるか

振り返ってみれば、彼は喧嘩をする度に、仕事帰りにお土産を買ってきた。

大したものではない。ケーキとかアイスとか、私が気にかけていたおまけ付きのお菓子やら。でも、当の私はというと、素直ではないのでそれを受け取ることができない。

違う、そういうものがほしいんじゃなくて、ただ「ありがとう」と「ごめんね」がほしいのだ。

モノで誤魔化されてしまったなあと感じる。普段自分がしている家事はこの程度のものなのかと思い知らされている気もする。

何気ない日のプレゼントはあんなに嬉しいのに、夫婦喧嘩後の仲直りを意図したプレゼントはなんとも苦い。きっと違うのだろうけれど、「500円あげるから許してよ」と言われているような気分になるのだ。

■プレゼントは金額ではない、という今さらな気づき

確かに、ほしいと思っていたものを突然プレゼントされれば嬉しい。いわゆるサプライズ、というやつだ。

しかし、何が一番嬉しいかというと、相手が自分のことを考えて、悩んで、喜ぶ顔が見たいと思って選んでくれたこと、という事実なのだ。

贈られたものを見て、「そういえば、○○で夫婦喧嘩したときにくれたものだっけ」と思い出したくない。

たとえば、もし、彼は浮気したときにブランド物のバッグをプレゼントして、許してくれ、というのだろうか。そういう仲直りの方法もあるのかもしれないけれど。

プレゼントは笑顔を作る。喧嘩の仲直りは笑顔を取り戻す。

どちらも、相手の心をどうやって盛り上げるか、というのがネックだ。贈り物をするのが下手な人は、もしかすると、喧嘩の仲直りも下手なのかもしれない。

ほんの少し見方を変えるだけで、手元のプレゼントはきっと素敵なものに変身するはずなのに。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


夫婦

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

「あるときを境に人間関係がギクシャクし始めた」という経験は、誰にでもあると思います。このような状況に出くわしたときは、風水が影響している可能性が高いです。ここでは仲良しで有名だった夫婦が急に険悪になり、そして風水の対策によって円満に戻った話をご紹介します。


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい