夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩の仲直りにプレゼントは不要。妻がほしいのは言葉

夫婦喧嘩後に何かプレゼントして、仲直りを試みるのはずるい。妻たちがほしがっているのは物ではなく、言葉なのに、どうしてそれをわかってもらえないのか。


20代半ば頃、友人3人で食事に出かけた。私と昔からの女友達と、その彼女の友人である男性。

料理の注文を終えて、ふっと息をついたとき、男性が何やらバッグをごそごそとし始めた。そして、シンプルな包みを取り出し、友人に差し出す。

「この前、旅行に行ったからおみやげ」

中身はなんだったか思い出せないけど、お茶だったかお菓子だったか……。

友人は「ありがとう」と笑顔でお礼を言った。彼は照れながら「いや、喜ぶかと思って」と答える。そのやりとりを聞いていた私は思わず冗談交じりに言葉を投げかける。

「えっ、ちょっ、私にはないんですか」
「だって君に渡す義理はないし」

義理とかそういうんじゃなくて、好意があからさますぎやしませんか、君が彼女に想いを寄せているのは存知あげていますけども、日本人には社交辞令とかあるじゃないですか、ねえ! もしくはフォローとか! いや別にお土産がほしかったとかそういうんじゃなくって。

……という言葉をゴクリと飲みこんで、「ああ、そっか、そうだよね」とひきつった笑顔を浮かべながら言った。

■プレゼント下手な夫

ちなみに、この好意があからさますぎる男性が今では私の夫である。人生何が起こるかわからない。紆余曲折あってそうなったんだけど、まあそこはいい。

お土産にしろ、記念日のプレゼントにしろ、ただモノを渡すというだけではなく、シチュエーションやタイミングというのはとても大事だ。

当時、夫のことを「なんだ、贈り物下手か!」と思っていたのだけれど、興味のない人間はどうでもいい、というタイプなだけで、プレゼントを選ぶのにはそれなりにこだわっているようだった。

記念日には小さなブーケをくれるし、誕生日やクリスマスなどはそれなりに豪勢だ。

しかし、結婚して年数を重ねてくると、「そんなに盛大にやっていただかなくても……」という気になってくる。

我が家は財布は別だが、私にプレゼントをしてくれる分、少しでも貯金をしておいてくれたほうがいい。そう伝えると、夫は申し訳なさそうにこう答えた。

「だって、俺は家事ができないから。これぐらいしかできないから」

やはり、夫はプレゼント下手だった。

■夫婦喧嘩後の仲直りのプレゼントをどう捉えるか

振り返ってみれば、彼は喧嘩をする度に、仕事帰りにお土産を買ってきた。

大したものではない。ケーキとかアイスとか、私が気にかけていたおまけ付きのお菓子やら。でも、当の私はというと、素直ではないのでそれを受け取ることができない。

違う、そういうものがほしいんじゃなくて、ただ「ありがとう」と「ごめんね」がほしいのだ。

モノで誤魔化されてしまったなあと感じる。普段自分がしている家事はこの程度のものなのかと思い知らされている気もする。

何気ない日のプレゼントはあんなに嬉しいのに、夫婦喧嘩後の仲直りを意図したプレゼントはなんとも苦い。きっと違うのだろうけれど、「500円あげるから許してよ」と言われているような気分になるのだ。

■プレゼントは金額ではない、という今さらな気づき

確かに、ほしいと思っていたものを突然プレゼントされれば嬉しい。いわゆるサプライズ、というやつだ。

しかし、何が一番嬉しいかというと、相手が自分のことを考えて、悩んで、喜ぶ顔が見たいと思って選んでくれたこと、という事実なのだ。

贈られたものを見て、「そういえば、○○で夫婦喧嘩したときにくれたものだっけ」と思い出したくない。

たとえば、もし、彼は浮気したときにブランド物のバッグをプレゼントして、許してくれ、というのだろうか。そういう仲直りの方法もあるのかもしれないけれど。

プレゼントは笑顔を作る。喧嘩の仲直りは笑顔を取り戻す。

どちらも、相手の心をどうやって盛り上げるか、というのがネックだ。贈り物をするのが下手な人は、もしかすると、喧嘩の仲直りも下手なのかもしれない。

ほんの少し見方を変えるだけで、手元のプレゼントはきっと素敵なものに変身するはずなのに。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


夫婦

関連する投稿


男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

付き合いはじめはラブラブだったカップルや夫婦。ですが、一緒に暮らしているうちに、相手に対して不満を抱えることが多くなっていませんか? 今回ご紹介するのは、そんな不満を解消するために考えるたったひとつのこと。とある原則を実行すれば、お互いの不満は減っていくはず――。


”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

近年、ますます増加する日本のセックスレス。当然こうした状態にあっても、夫婦円満を築いている家庭はたくさんある。しかし、もしもセックスレスが原因で夫婦仲が悪くなってしまっていたとしたら――。今回は、コラムニスト・大泉りかさんにセックスレス解消のために大切な、”色気を出すタイミング”について綴っていただいた。


ウチの夫は家事ができない

ウチの夫は家事ができない

夫婦での家事分担はなかなか難しい。気がつけば「夫は何もしない」という場合も。そんな中で少しでも家事に取り組んでもらう方法を探っていきたい。これから長い人生を一緒に過ごしていくためにも。


それでも私は、夫との恋愛をやめたくない

それでも私は、夫との恋愛をやめたくない

「産後クライシス」という言葉があるように、子供ができてから夫婦関係が悪い方向へと進んでいくことがある。けれども、大泉りかさんはどれだけ子供がかわいくても、お互いが持つ「恋人」という役割を終わらせたくないと話す。いつまでも「恋人のような夫婦」を目指すために大泉さんが大切にしたいこととは――。


結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

人間関係をうまくやっていたくために必要なコミュニケーション能力。結婚前のカップルが受けるプレマリッジ・セミナーでも、非常に重要なトピックです。コミュニケーションの重要性をパートナーと共有し、トラブルになりやすい「火種」をあらかじめ知っておくことで、新婚カップルにありがちな口論を避けることができます。


最新の投稿


浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

アスリートが輝く“瞬間"をキャッチするグラフ・マガジン『moment on ice vol.2』が発売に。プロスケーター浅田真央さんの、プロスケーターとしての1st Stepを記録した1冊に仕上がっています。「THE ICE 2017」完全撮りおろしのほか、真央さんの13年の軌跡を振り返る豪華な内容です。


下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

面倒なジェルネイルのオフから、あなたを解放する「グランジェ ピールオフベースコート」が新登場。シールをめくるように、はがしたいときにはがすだけ。ジェルネイル用のピールオフベースコートです。


同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

北欧諸国であるデンマークは、世界に誇るデザイン大国です。日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念した展覧会が、9月9日(土)より、静岡市美術館で開催します。こちらの招待券を5組10名様にプレゼント。


自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

東証マザーズ上場会社の女性最年少取締役のキャリアを経て、2008年に衣食住に携わるコンサルティング会社を設立。 2014年には体験型イベント「日本女子博覧会」を発足し延べ4万人を動員。現在は日本の食文化やアニメ、アイドル市場に着眼した事業展開をするインタラクションメディアグループ取締役の東貴代さんにお話を伺いました。