ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

大人なら口説き文句のひとつやふたつは持っているだろう。でも、使い古された口説き文句を口にした途端、口説かれる側は興ざめする。またきたか、と。ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽさあふれる言葉で口説いてほしい、と思うのだ。男女共にそうじゃない?


最近、立て続けに同じようなセリフで口説かれた。
「俺、マッサージが得意なんだけど。凝りとか一発でほぐれるから今度してあげるよ」

こんな発言をしてきたのは、どちらもアラフォー男性(既婚者含む)である。おそらく彼らの中の定番の口説き文句なのだろう。お酒の席だと、この流れで手のひらのマッサージくらいには発展するが、大抵そのマッサージスキルはたいしたことはない。

この”マッサージ”が何を指すかなんて、女性だって百も承知である。使い古されすぎて、そのフレーズを聞くと可笑しく感じるくらいに。一周回って20代には目新しいのかもしれない(?)。

■女性がうまく言い訳できる口説き文句を用いてほしい

いわゆる”お誘い”なのだが、この手口はだいぶ前に流行った、というか定番となった。女性向け恋愛指南書にも、”さりげなくボティタッチするにはマッサージがいい”なんて書いてあるのをよく見かける。

このアラフォー男性たちは、おそらく20代の頃に体得した口説き方が染み付いていて、未だにアップデートされずにいるのだろう。

(とはいえ、今回口説いてきた男性は、どちらも結婚経験がある人たちだから常にモテようとする努力は不要ともいえるけれど)

自分でも若干面倒くさいと思うが、男女の関係に発展するとき、多くの女性は男性に誘われたいし、うまく誘導してほしいと感じているのではないか。

だが同時に、簡単に誘いに乗るような軽い女だとも思われたくないのだ。この点がとても厄介なポイントでもある。

そのため、冒頭のマッサージというような、女性側もうまく使える言い訳的な誘い方をしてくれると、ある意味でとても助かるわけだ。

なぜかというと、女性としての品質を担保できるから。

お互いわかってはいることだけど、何か後悔したときに、”だってマッサージだけって言ってたから……”と女性側が言い訳できるのである。実際にそんなふうに言うことはないとは思うが、保険の意味合いが強いのかもしれない。

■互いに気があれば、ストレートなアピールが一番

これまでいいなと思った口説き方はなんだったかなあ、と振り返ってみた。

過去のことはあまり覚えていないけれど、とにかくストレートにアピールしてくれたAさんとの出会いは印象的だった。

私が20歳くらいの頃に飲み会で会った彼。当時30歳くらいで仕事をバリバリこなして自信にあふれているように見えた。イケメンではないが、話し上手で場を盛り上げるタイプ。

後で聞いたところによると私に一目惚れしてくれたそうだが、飲み会の冒頭から即アプローチを受けて、初めから終わりまでずっと手をつないできた。こちら側にも好意がなければただの迷惑行為だが、私にもその気があったんだろう。

最初はびっくりして冗談かと思っていたけれど、徐々にこちらもその気になってきて、その飲み会をきっかけにすぐにお付き合いが始まった。

彼はその後も、ストレートに気持ちを伝えてくれて、とにかく不安になる暇なく、楽しくお付き合いができた。良い思い出である。

あとはちょっと大人なお付き合いになるが、先輩の紹介で会ったBさん。仕事の話を聞くために先輩含め3人で会った日の夜、彼から連絡があり、ふたりで会う約束をした。約束した日、まずはごはんかと思ったらホテルへ直行。その後、飲みに行ったのだが、

「先にこういう関係になってからの方がリラックスできるでしょ」

みたいなことを言っていた。たしかに、もう関係を結んでしまった後なので、緊張感はなかった。

相当遊び慣れている人だな、と内心引き気味ではあったが、こういうパターンもありなんだなと勉強になった。

■ド定番の口説き文句じゃなくて、アップデートした口説き文句、求めてます

個人的には、口説き文句はあまり凝らずにストレートに気持ちをぶつけたり、行動に移したりする方が良いと思う。ただし、あくまでお互いに想い合っている場合に限るのだが。

相手の気持ちを探り合っているときって、相手がどう思っているのか不安で積極的な行動が取れないことがほとんど。そんな不安を感じないほどまっすぐアピールされると女性はキュンとしてしまうので、女性を落としたいときは、とにかくまっすぐに正攻法で攻めるのがおすすめ。

とはいえ、大人になるとグレーゾーンを受け入れられるようになり、「この人!」と思う相手でなくても、なんとなく付き合える。そんなときは”マッサージ”のように、女性側が言い訳できるような口説き文句を考えてあげてほしい。

ただし、”マッサージ”は本当にド定番すぎて、聞いた瞬間に女性が笑ってしまうから、もう少しリサーチして違う言い方に変えることをおすすめしたい。

とくに現役のアラフォー男性たちは要注意である。口説き文句も日々アップデートしていこう。女性から男性を口説く場合も然りである。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

アメリカ新大統領トランプ氏と奥様のメラニアさんの年の差は25歳。フランス新大統領マクロン氏と奥様のブリジットさんの年の差も25歳。この男女が逆転した歳の差婚を、あなたはどう感じましたか……?


アラフォーである今が恋愛を楽しめる理由

アラフォーである今が恋愛を楽しめる理由

酸いも甘いも経験してきたアラフォー世代の私たち。今と昔の恋愛、どちらが充実していますか? 変わったのは相手ですか? それとも自分自身ですか?


エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

大手企業に勤め、年収も高く、引き締まった体に整った容姿。そんなエリート男性の恋愛事情をご存知でしょうか? 自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く婚活アドバイザー大西さんによれば、彼らには彼らなりのリアルな恋愛事情が存在するのだそう。今回は、そんなエリート男性の心の声をご紹介します。


ハッピーなパートナーシップを築いていくために、結婚する前にできること

ハッピーなパートナーシップを築いていくために、結婚する前にできること

結婚する人が減っていき、離婚する人が増えていくこの時代に、せっかく「結婚したい」とお互いが思える相手と出会ったのなら、それは奇跡といえるかもしれません。夫婦というパートナーシップを築いて、何年経っても「この人と結婚してよかった」と思えるようになるために、結婚する前からできることは何でしょうか?


最新の投稿


相続税の節税といえば「生命保険」

相続税の節税といえば「生命保険」

「生命保険」と聞くと、死亡保障など万が一に備えて入るもの、というイメージを持たれている方が多いかと思います。もちろん貯蓄目的で生命保険に入る方もいらっしゃるのですが、実は生命保険は節税としてとても有効な手段です。今回は、相続税の節税としても使い勝手の良い「生命保険」について、以下、順を追って説明していきます。


ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

奇跡的な出会い、そしてお付き合いを経て結婚することになったふたり。結婚式やハネムーンをプランニングする傍ら、パートナーシップについて話し合う機会を持つことができれば、結婚生活が始まってからもハッピーにやっていける確率が上がります。そうした機会を与えてくれるプレマリッジ・セミナーの内容を連載でお届けします。


美髪を作るドライヤーの使い方

美髪を作るドライヤーの使い方

毎日髪を乾かしているけれど、正しい方法で乾かしていますか? ドライヤーの正しい使い方や選び方、最近の機能のことはもちろん、自然乾燥とドライヤーによる乾燥の違いやメリット、デメリット、タオルドライの方法など、美髪のプロである美容師が正しい髪の乾かし方を改めて詳しく解説します。


「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフといえば、インパクトのある色使いが魅力的なアイテム。カラフルな色を取り入れたファッションが復活した今年、コーデの一部として取り入れると、華やかに旬な雰囲気を楽しめます。ビンテージスカーフを結ぶだけでできるスカーフバッグの作り方をご紹介します。