ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

大人なら口説き文句のひとつやふたつは持っているだろう。でも、使い古された口説き文句を口にした途端、口説かれる側は興ざめする。またきたか、と。ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽさあふれる言葉で口説いてほしい、と思うのだ。男女共にそうじゃない?


最近、立て続けに同じようなセリフで口説かれた。
「俺、マッサージが得意なんだけど。凝りとか一発でほぐれるから今度してあげるよ」

こんな発言をしてきたのは、どちらもアラフォー男性(既婚者含む)である。おそらく彼らの中の定番の口説き文句なのだろう。お酒の席だと、この流れで手のひらのマッサージくらいには発展するが、大抵そのマッサージスキルはたいしたことはない。

この”マッサージ”が何を指すかなんて、女性だって百も承知である。使い古されすぎて、そのフレーズを聞くと可笑しく感じるくらいに。一周回って20代には目新しいのかもしれない(?)。

■女性がうまく言い訳できる口説き文句を用いてほしい

いわゆる”お誘い”なのだが、この手口はだいぶ前に流行った、というか定番となった。女性向け恋愛指南書にも、”さりげなくボティタッチするにはマッサージがいい”なんて書いてあるのをよく見かける。

このアラフォー男性たちは、おそらく20代の頃に体得した口説き方が染み付いていて、未だにアップデートされずにいるのだろう。

(とはいえ、今回口説いてきた男性は、どちらも結婚経験がある人たちだから常にモテようとする努力は不要ともいえるけれど)

自分でも若干面倒くさいと思うが、男女の関係に発展するとき、多くの女性は男性に誘われたいし、うまく誘導してほしいと感じているのではないか。

だが同時に、簡単に誘いに乗るような軽い女だとも思われたくないのだ。この点がとても厄介なポイントでもある。

そのため、冒頭のマッサージというような、女性側もうまく使える言い訳的な誘い方をしてくれると、ある意味でとても助かるわけだ。

なぜかというと、女性としての品質を担保できるから。

お互いわかってはいることだけど、何か後悔したときに、”だってマッサージだけって言ってたから……”と女性側が言い訳できるのである。実際にそんなふうに言うことはないとは思うが、保険の意味合いが強いのかもしれない。

■互いに気があれば、ストレートなアピールが一番

これまでいいなと思った口説き方はなんだったかなあ、と振り返ってみた。

過去のことはあまり覚えていないけれど、とにかくストレートにアピールしてくれたAさんとの出会いは印象的だった。

私が20歳くらいの頃に飲み会で会った彼。当時30歳くらいで仕事をバリバリこなして自信にあふれているように見えた。イケメンではないが、話し上手で場を盛り上げるタイプ。

後で聞いたところによると私に一目惚れしてくれたそうだが、飲み会の冒頭から即アプローチを受けて、初めから終わりまでずっと手をつないできた。こちら側にも好意がなければただの迷惑行為だが、私にもその気があったんだろう。

最初はびっくりして冗談かと思っていたけれど、徐々にこちらもその気になってきて、その飲み会をきっかけにすぐにお付き合いが始まった。

彼はその後も、ストレートに気持ちを伝えてくれて、とにかく不安になる暇なく、楽しくお付き合いができた。良い思い出である。

あとはちょっと大人なお付き合いになるが、先輩の紹介で会ったBさん。仕事の話を聞くために先輩含め3人で会った日の夜、彼から連絡があり、ふたりで会う約束をした。約束した日、まずはごはんかと思ったらホテルへ直行。その後、飲みに行ったのだが、

「先にこういう関係になってからの方がリラックスできるでしょ」

みたいなことを言っていた。たしかに、もう関係を結んでしまった後なので、緊張感はなかった。

相当遊び慣れている人だな、と内心引き気味ではあったが、こういうパターンもありなんだなと勉強になった。

■ド定番の口説き文句じゃなくて、アップデートした口説き文句、求めてます

個人的には、口説き文句はあまり凝らずにストレートに気持ちをぶつけたり、行動に移したりする方が良いと思う。ただし、あくまでお互いに想い合っている場合に限るのだが。

相手の気持ちを探り合っているときって、相手がどう思っているのか不安で積極的な行動が取れないことがほとんど。そんな不安を感じないほどまっすぐアピールされると女性はキュンとしてしまうので、女性を落としたいときは、とにかくまっすぐに正攻法で攻めるのがおすすめ。

とはいえ、大人になるとグレーゾーンを受け入れられるようになり、「この人!」と思う相手でなくても、なんとなく付き合える。そんなときは”マッサージ”のように、女性側が言い訳できるような口説き文句を考えてあげてほしい。

ただし、”マッサージ”は本当にド定番すぎて、聞いた瞬間に女性が笑ってしまうから、もう少しリサーチして違う言い方に変えることをおすすめしたい。

とくに現役のアラフォー男性たちは要注意である。口説き文句も日々アップデートしていこう。女性から男性を口説く場合も然りである。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


最新の投稿


バレンタインに贈りたい、ヨックモックのスペシャルな「ショコラ シガール」

バレンタインに贈りたい、ヨックモックのスペシャルな「ショコラ シガール」

ヨックモックから「シガール」をチョコレートで贅沢に包み込んだ「ショコラ シガール」が登場しました。バレンタインは想いを贈る、特別な日。厳選した素材でまごころを込めて作ったお菓子は、贈り手のさまざまな想いをのせて、大切な人のもとへ幸せを運びます。今しか味わえない特別な美味しさを贈ってみては。


イチゴをたっぷり使ってます。人気のナイトスイーツブッフェが復活

イチゴをたっぷり使ってます。人気のナイトスイーツブッフェが復活

名古屋東急ホテルは、2〜3月の毎週木曜日に、1階 アトリウムラウンジ「グリンデルワルド」にて、旬のイチゴをたっぷりと使ったデザートが並ぶ“ナイトスイーツブッフェ ~Strawberry Night~”を開催。女性の方を中心としたお子様から大人まで人気の高い“イチゴ”をテーマとして、旬のイチゴをたっぷりと使用しました。


「秘密のすっぽんパーティ」レポート。26匹分を食す贅沢【DRESS×TERIYAKI】

「秘密のすっぽんパーティ」レポート。26匹分を食す贅沢【DRESS×TERIYAKI】

『DRESS』部活とグルメアプリ「テリヤキ」が運営するオンラインサロンTERIYAKI美食倶楽部が開催する限定の特別食事会。今回は「服部中村養鼈場」のすっぽんを使用した、スペシャルグルメイベント「秘密のすっぽんパーティ」を実食レポート!


「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が2018年2月24日から国立西洋美術館で開催。

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が2018年2月24日から国立西洋美術館で開催。

日本スペイン外交関係樹立150周年を迎える2018年、「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が東京と神戸で開催されます。


「インスタ萎え」から予想。2018年は“脱力系ブサカワ”が来る

「インスタ萎え」から予想。2018年は“脱力系ブサカワ”が来る

「インスタ映え」はもう飽きた、お腹いっぱい……と2017年後半頃から感じていた人は多いのでは。そんななか出てきた「インスタ萎え」という言葉。インスタ映えに疲れた人たちが、インスタ萎えに目を向けている印象。実際にインスタ萎えする投稿は2018年おおいに注目を集めそうです。


おっぱい