ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

大人なら口説き文句のひとつやふたつは持っているだろう。でも、使い古された口説き文句を口にした途端、口説かれる側は興ざめする。またきたか、と。ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽさあふれる言葉で口説いてほしい、と思うのだ。男女共にそうじゃない?


最近、立て続けに同じようなセリフで口説かれた。
「俺、マッサージが得意なんだけど。凝りとか一発でほぐれるから今度してあげるよ」

こんな発言をしてきたのは、どちらもアラフォー男性(既婚者含む)である。おそらく彼らの中の定番の口説き文句なのだろう。お酒の席だと、この流れで手のひらのマッサージくらいには発展するが、大抵そのマッサージスキルはたいしたことはない。

この”マッサージ”が何を指すかなんて、女性だって百も承知である。使い古されすぎて、そのフレーズを聞くと可笑しく感じるくらいに。一周回って20代には目新しいのかもしれない(?)。

■女性がうまく言い訳できる口説き文句を用いてほしい

いわゆる”お誘い”なのだが、この手口はだいぶ前に流行った、というか定番となった。女性向け恋愛指南書にも、”さりげなくボティタッチするにはマッサージがいい”なんて書いてあるのをよく見かける。

このアラフォー男性たちは、おそらく20代の頃に体得した口説き方が染み付いていて、未だにアップデートされずにいるのだろう。

(とはいえ、今回口説いてきた男性は、どちらも結婚経験がある人たちだから常にモテようとする努力は不要ともいえるけれど)

自分でも若干面倒くさいと思うが、男女の関係に発展するとき、多くの女性は男性に誘われたいし、うまく誘導してほしいと感じているのではないか。

だが同時に、簡単に誘いに乗るような軽い女だとも思われたくないのだ。この点がとても厄介なポイントでもある。

そのため、冒頭のマッサージというような、女性側もうまく使える言い訳的な誘い方をしてくれると、ある意味でとても助かるわけだ。

なぜかというと、女性としての品質を担保できるから。

お互いわかってはいることだけど、何か後悔したときに、”だってマッサージだけって言ってたから……”と女性側が言い訳できるのである。実際にそんなふうに言うことはないとは思うが、保険の意味合いが強いのかもしれない。

■互いに気があれば、ストレートなアピールが一番

これまでいいなと思った口説き方はなんだったかなあ、と振り返ってみた。

過去のことはあまり覚えていないけれど、とにかくストレートにアピールしてくれたAさんとの出会いは印象的だった。

私が20歳くらいの頃に飲み会で会った彼。当時30歳くらいで仕事をバリバリこなして自信にあふれているように見えた。イケメンではないが、話し上手で場を盛り上げるタイプ。

後で聞いたところによると私に一目惚れしてくれたそうだが、飲み会の冒頭から即アプローチを受けて、初めから終わりまでずっと手をつないできた。こちら側にも好意がなければただの迷惑行為だが、私にもその気があったんだろう。

最初はびっくりして冗談かと思っていたけれど、徐々にこちらもその気になってきて、その飲み会をきっかけにすぐにお付き合いが始まった。

彼はその後も、ストレートに気持ちを伝えてくれて、とにかく不安になる暇なく、楽しくお付き合いができた。良い思い出である。

あとはちょっと大人なお付き合いになるが、先輩の紹介で会ったBさん。仕事の話を聞くために先輩含め3人で会った日の夜、彼から連絡があり、ふたりで会う約束をした。約束した日、まずはごはんかと思ったらホテルへ直行。その後、飲みに行ったのだが、

「先にこういう関係になってからの方がリラックスできるでしょ」

みたいなことを言っていた。たしかに、もう関係を結んでしまった後なので、緊張感はなかった。

相当遊び慣れている人だな、と内心引き気味ではあったが、こういうパターンもありなんだなと勉強になった。

■ド定番の口説き文句じゃなくて、アップデートした口説き文句、求めてます

個人的には、口説き文句はあまり凝らずにストレートに気持ちをぶつけたり、行動に移したりする方が良いと思う。ただし、あくまでお互いに想い合っている場合に限るのだが。

相手の気持ちを探り合っているときって、相手がどう思っているのか不安で積極的な行動が取れないことがほとんど。そんな不安を感じないほどまっすぐアピールされると女性はキュンとしてしまうので、女性を落としたいときは、とにかくまっすぐに正攻法で攻めるのがおすすめ。

とはいえ、大人になるとグレーゾーンを受け入れられるようになり、「この人!」と思う相手でなくても、なんとなく付き合える。そんなときは”マッサージ”のように、女性側が言い訳できるような口説き文句を考えてあげてほしい。

ただし、”マッサージ”は本当にド定番すぎて、聞いた瞬間に女性が笑ってしまうから、もう少しリサーチして違う言い方に変えることをおすすめしたい。

とくに現役のアラフォー男性たちは要注意である。口説き文句も日々アップデートしていこう。女性から男性を口説く場合も然りである。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


【行動心理テクニック】合コンは向かって左が命! 座る席で相手の印象が決まる

【行動心理テクニック】合コンは向かって左が命! 座る席で相手の印象が決まる

合コンに参加するとき、多くの女子はファッションやメイクを気にするものですよね。でも、他にも押さえておくべきポイントがあります。それは「座る席」をどこにするかということ。男女数名で対面テーブルに座るのが一般的ですが、気になる相手に対して、あなたは次のうちどこに座りますか? その位置で成功率は格段に変わってくるのです。


「男はみんな5歳児である」と思って生きれば、多くの問題は解決する

「男はみんな5歳児である」と思って生きれば、多くの問題は解決する

「聞いてください! 彼がこんなひどくて……」といった恋愛相談を数多く受けますが、「そんな彼は今すぐ別れた方がいい」と忠告したくなる、根っからの悪い男性はほぼいません。イライラしたり、ムカついたりする気持ちも十分に理解できますが、大体の問題は、「男はみんな5歳児である!」と思えば解決できるのです。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

今回のテーマは「復縁」。少し前に取引先の社員から「復縁の秘策はないですか?」と相談を受けたときのお話です(実話に基づいているため、プライバシーへの配慮で一部変更してお届けしています)。


最新の投稿


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。


感性豊かな暮らしのアイデアを本からもらう。本嫌いだったデザイナーの本棚【本棚百景#7】

感性豊かな暮らしのアイデアを本からもらう。本嫌いだったデザイナーの本棚【本棚百景#7】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】7回目は、栃木県在住ミカさん(仮名)の本棚をご紹介します。