ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽい言葉で誘ってほしい

大人なら口説き文句のひとつやふたつは持っているだろう。でも、使い古された口説き文句を口にした途端、口説かれる側は興ざめする。またきたか、と。ド定番な口説き文句じゃなくて、今っぽさあふれる言葉で口説いてほしい、と思うのだ。男女共にそうじゃない?


最近、立て続けに同じようなセリフで口説かれた。
「俺、マッサージが得意なんだけど。凝りとか一発でほぐれるから今度してあげるよ」

こんな発言をしてきたのは、どちらもアラフォー男性(既婚者含む)である。おそらく彼らの中の定番の口説き文句なのだろう。お酒の席だと、この流れで手のひらのマッサージくらいには発展するが、大抵そのマッサージスキルはたいしたことはない。

この”マッサージ”が何を指すかなんて、女性だって百も承知である。使い古されすぎて、そのフレーズを聞くと可笑しく感じるくらいに。一周回って20代には目新しいのかもしれない(?)。

■女性がうまく言い訳できる口説き文句を用いてほしい

いわゆる”お誘い”なのだが、この手口はだいぶ前に流行った、というか定番となった。女性向け恋愛指南書にも、”さりげなくボティタッチするにはマッサージがいい”なんて書いてあるのをよく見かける。

このアラフォー男性たちは、おそらく20代の頃に体得した口説き方が染み付いていて、未だにアップデートされずにいるのだろう。

(とはいえ、今回口説いてきた男性は、どちらも結婚経験がある人たちだから常にモテようとする努力は不要ともいえるけれど)

自分でも若干面倒くさいと思うが、男女の関係に発展するとき、多くの女性は男性に誘われたいし、うまく誘導してほしいと感じているのではないか。

だが同時に、簡単に誘いに乗るような軽い女だとも思われたくないのだ。この点がとても厄介なポイントでもある。

そのため、冒頭のマッサージというような、女性側もうまく使える言い訳的な誘い方をしてくれると、ある意味でとても助かるわけだ。

なぜかというと、女性としての品質を担保できるから。

お互いわかってはいることだけど、何か後悔したときに、”だってマッサージだけって言ってたから……”と女性側が言い訳できるのである。実際にそんなふうに言うことはないとは思うが、保険の意味合いが強いのかもしれない。

■互いに気があれば、ストレートなアピールが一番

これまでいいなと思った口説き方はなんだったかなあ、と振り返ってみた。

過去のことはあまり覚えていないけれど、とにかくストレートにアピールしてくれたAさんとの出会いは印象的だった。

私が20歳くらいの頃に飲み会で会った彼。当時30歳くらいで仕事をバリバリこなして自信にあふれているように見えた。イケメンではないが、話し上手で場を盛り上げるタイプ。

後で聞いたところによると私に一目惚れしてくれたそうだが、飲み会の冒頭から即アプローチを受けて、初めから終わりまでずっと手をつないできた。こちら側にも好意がなければただの迷惑行為だが、私にもその気があったんだろう。

最初はびっくりして冗談かと思っていたけれど、徐々にこちらもその気になってきて、その飲み会をきっかけにすぐにお付き合いが始まった。

彼はその後も、ストレートに気持ちを伝えてくれて、とにかく不安になる暇なく、楽しくお付き合いができた。良い思い出である。

あとはちょっと大人なお付き合いになるが、先輩の紹介で会ったBさん。仕事の話を聞くために先輩含め3人で会った日の夜、彼から連絡があり、ふたりで会う約束をした。約束した日、まずはごはんかと思ったらホテルへ直行。その後、飲みに行ったのだが、

「先にこういう関係になってからの方がリラックスできるでしょ」

みたいなことを言っていた。たしかに、もう関係を結んでしまった後なので、緊張感はなかった。

相当遊び慣れている人だな、と内心引き気味ではあったが、こういうパターンもありなんだなと勉強になった。

■ド定番の口説き文句じゃなくて、アップデートした口説き文句、求めてます

個人的には、口説き文句はあまり凝らずにストレートに気持ちをぶつけたり、行動に移したりする方が良いと思う。ただし、あくまでお互いに想い合っている場合に限るのだが。

相手の気持ちを探り合っているときって、相手がどう思っているのか不安で積極的な行動が取れないことがほとんど。そんな不安を感じないほどまっすぐアピールされると女性はキュンとしてしまうので、女性を落としたいときは、とにかくまっすぐに正攻法で攻めるのがおすすめ。

とはいえ、大人になるとグレーゾーンを受け入れられるようになり、「この人!」と思う相手でなくても、なんとなく付き合える。そんなときは”マッサージ”のように、女性側が言い訳できるような口説き文句を考えてあげてほしい。

ただし、”マッサージ”は本当にド定番すぎて、聞いた瞬間に女性が笑ってしまうから、もう少しリサーチして違う言い方に変えることをおすすめしたい。

とくに現役のアラフォー男性たちは要注意である。口説き文句も日々アップデートしていこう。女性から男性を口説く場合も然りである。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)には「のび太系男子」と名付けられたアラフォー男性の興味深い生態が書かれています。彼らの生態について聞いた前編に続き、彼らを攻略&落とす方法を著者の稲田豊史(いなだ とよし)さんに伺いました。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。