妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠できるか、そして妊娠発覚後の生活が不安な女性に手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


■妊娠できるか不安な女性たちへ

第1回「妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること」でお伝えしたように、妊孕能(にんようのう)、すなわち妊娠のしやすさは加齢により低下していきます。卵巣を若返らせることはできないため、女性にとってなるべく早く妊娠したほうが良いことは明らかです。ですから、子どもをつくろうと夫婦生活をしていてもなかなか妊娠に至らない場合には、早めに医療に助けを求めることを考えた方がよいでしょう。

また、何らかの持病のある人が妊娠した場合、合併症妊娠といいます。女性に多い甲状腺の病気や膠原病、心疾患、糖尿病、婦人科疾患である子宮筋腫、卵巣のう腫なども妊娠と合併することがあります。

近年では、妊娠年齢の高齢化によって合併症妊娠が増えてきているため、「妊娠への不安」を抱えている方もできるだけ早めに妊娠することをおすすめします。「案ずるより産むが易し」です。たとえ持病があっても、適切な妊娠管理をすれば、多くの方は何ら問題なく妊娠・出産を乗り切れるものなのです。

そして、不健康な生活習慣のある人は、まずそれを改善することも大切です。過労やストレス、歩かない生活、遅寝や睡眠不足、肥満ややせ、飲酒・喫煙、不良な食事などの生活習慣は、インスリン抵抗性(※)を起こし、卵の質が悪くなり、不妊を招く原因となります。

日常の生活を見直すことは女性に本来備わっている「妊娠する力」を取り戻すことにつながります。本来、誰にでも備わっている「妊娠する力」を維持するために自分でできることをいくつかお教えします。

まずは、太陽の光を浴びながら歩くことです。そして、良質で十分な睡眠のために早寝、早起きを心がけましょう。食事は、新鮮な食材を調理して、3食バランスよく食べること。また、適正な体重を維持することも重要です。肥満はインスリン抵抗性を招きます。一方、やせ過ぎも妊娠しづらくなります。

ストレスを避け、楽しく過ごすとインスリン感受性が促進されます。もちろん、禁酒・禁煙も必要です。健康で、仲のよい幸せなカップルのところに、子供ができるのです。

※インスリン抵抗性とは
インスリンという糖や脂質の代謝に関わるホルモンの効き目が悪くなったり、分泌しにくくなったりする状態のこと。インスリン抵抗性が起こると、糖尿病をはじめ、さまざまな生活習慣病の原因になります。卵巣でインスリン抵抗性が起こると、卵巣機能が低下し、卵の発育がうまくいかなくなったりするのです。

■初めての診察に向けて

「妊娠したかな?」と思ったら、なるべく早く産婦人科を受診してください。妊娠を早期に知って専門医のチェックを受けることは、正常妊娠か異常妊娠かが早期に判別できるだけでなく、妊娠・出産に対するリスクがないかどうかもわかるので安心です。

初めての診察では、一体何を聞かれるのか不安に思われる方も多いと思います。以下に記したことは、どれも妊婦さんにとって重要なことですので、あらかじめ確認しておきましょう。

・最後の月経がいつ始まったか
・つわりや腹痛、出血などの症状の有無
・これまで妊娠したことがあるかどうか
・これまでに経験した大きな病気や手術
・喘息や緑内障などの持病やアレルギー、服用中の薬
・両親に高血圧、糖尿病などの既往歴があるかどうか
・親族の中に遺伝性疾患を持つ人がいるかどうか

初めての診察では、身長、体重、血圧の計測、尿たんぱく、尿糖の検査が行われます。経腟超音波検査で胎嚢(胎児を入れている袋のようなもの)が子宮内に見られると、子宮内妊娠の診断がつきます。

予定月経開始日から2週間の頃からは、胎嚢の中に赤ちゃんの心拍が確認できることもあります。市販の検査薬で陽性反応が出ても、正常な妊娠かどうかまではわかりません。産婦人科医の診察によって子宮内の正常妊娠であること、赤ちゃんが順調に発育していることを確認することが大切です。

■妊娠発覚後、仕事とどう両立する?

今妊娠している・していないに関係なく、妊娠発覚後に仕事と両立できるのか、という不安は働く女性の多くが抱くものではないでしょうか。近年は働いている妊婦さんも大勢いらっしゃいます。妊娠中の体にとってより良い働き方や、妊婦さんがより柔軟に生活できるための社会制度をお伝えします。

・働き方について
仕事の内容次第では、負担の少ない仕事や安全な仕事にシフトチェンジする必要がありますが、通常の仕事であれば、今まで通りに続けられます。むしろ立ち仕事よりも、デスクワークのほうが妊婦さんにとっては負担になります。長時間座りっぱなしの姿勢を続けないよう、こまめに立ち上がって休憩をとるようにしてください。
また、厳しいようですが、来院の指示に「その日は仕事が休めないので来られない」というのは避けていただきたいです。妊娠中は赤ちゃんのことを考えて、仕事よりも自分の体を優先してください。

・母子手帳について
医師から「母子手帳をもらって」と言われたら、速やかに上司に報告するようにしましょう。負担の大きい作業に従事している人などは業務内容を変えてもらう必要がありますし、産休代替の決定など雇用側の都合もあるためです。「つわりがつらい」などが原因で周囲の協力が必要な時には、早めに申告したほうがよいでしょう。

・通勤時の注意点
ラッシュ時などの混んでいる電車に乗るのは極力避けて、体に無理のない通勤をしてください。医師に頼めば、会社に時差通勤を指示する「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらえます。通勤が大変な人は会社に出社時間を融通してもらってください。

・急な体調不良に襲われたとき
妊娠時の合併症・持病の悪化などで仕事がきついとき、休業などを申請できます。担当医に「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらいましょう。
産休(産前産後休業)は出産予定日の6週間前から、出産後は6~8週間の休業が認められています。予定日が決まったら会社に届けを出しておきましょう。ただし、産前休業は希望によって取得するものなので、妊娠経過に異常がなく、仕事が苦にならなければ、お産の前日まで仕事を続けてもかまいません。

■まとめ

なかなか妊娠に至らないと「自分は不妊症ではないのか?」と不安になることもあります。加齢により妊娠率は低下しますが、だからといって妊娠できなくなるわけではありません。簡単に諦めないことが大事です。卵巣機能が悪くなっている原因は加齢による老化だけではありません。日常生活を見直すことから始めましょう。自分たちが健康で幸せな状態になることから始めることです。

そして、効果的な治療機会を逃さないためには、早めに専門医にみてもらって、必要があれば効率的な医療を受けることが大切です。しかしながら、不健康な状態で無理やり排卵誘発しても、妊娠に至らないことが多いです。不健康な生活習慣を是正し、ストレスを感じないようにして、楽しい状態で、妊活するよう心がけましょう。

西島重光(にしじま しげみつ)さんプロフィール

医療法人社団翔光会産婦人科にしじまクリニック院長。
昭和30年、福岡県生まれ。医学博士。日本医科大学昭和56年卒。
日本医科大学付属第一病院産婦人科などに勤務後、埼玉県富士見市ににしじまクリニックを平成10年に開院し現在に至る。これまで立ち会った分娩数は1万件を超す。著書に『コンパス産婦人科 医師国家試験完全対策』(メック出版)があり、改訂第8版のベストセラー。日本医科大学産婦人科学教室 非常勤講師。

HP
http://nishijima-clinic.or.jp/
『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』
https://www.amazon.co.jp/dp/4344910478

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


妊娠 出産 不妊

関連する投稿


安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

妊婦によく見られる症状を自身の体験を元にいくつかご紹介します。つわりが終わって安定期に入れば、あとはトラブルなく出産を迎えられるものだとばかり思っていました。しかし、そうじゃなかった……。安定期だからといって、油断できないのがホントのところ。


体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載です。


【海外で、産む】産後ママの最優先タスクは「体力回復」

【海外で、産む】産後ママの最優先タスクは「体力回復」

海外で出産する著者は、産後ケア専門のプロ「産褥アマ」を雇い、産後28日間は体力回復に努めることにしました。日中は授乳とおむつ交換のみ、夜は寝るだけ、日中の家事と夜中のミルクやおむつ対応は一切しない予定です。なぜそこまでする必要があるのでしょうか。そして「産褥アマ」とはどういうお仕事なのでしょうか。詳しくご紹介します。


「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

子どもを授かったら、できるだけ前向きでいたい。すがすがしく妊娠・出産に臨みたい。そのための「やっておいてよかったこと」リストや、妊娠初期にずっと考えていた、自分と仕事のこと。


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


最新の投稿


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


乙女座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

乙女座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、乙女座にとっては自己研鑽がテーマに。いろいろな意味で自分磨きに勤しむシーズンになりそうです。