カンボジア旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

カンボジア旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

働く女子でも行きやすい、「近い」「安い」「見どころ沢山」「そこまで治安が悪くない」と今人気急上昇中のカンボジア! おすすめ観光ポイントや気をつけたい病気をご紹介します。


ちょうど3年前の5月。ほとんど寝られなかった病院での救急当直明け、家に帰らずそのまま羽田空港に向かい飛行機に飛び乗りました。行先はカンボジア。有給休暇と土日をくっつけて4日の弾丸旅行。

3年間の世界一周では考えられないような、短期決戦の詰め込み旅行だったけれど

「こんな激務でも旅行ができるんだ!」
「短期間でもこんなに楽しめるんだ!」

と私の中で旅行の概念が変わった瞬間でした。

■カンボジアには見ごたえのある遺跡がたくさん!

カンボジアには、ユネスコの世界遺産にも登録されているアンコールワットを始め、『天空の城ラピュタ』のモデルになったとされるベンメリア遺跡、郊外にある「天空の世界遺産」といわれるプリアヴィヘア遺跡と、見ごたえのある遺跡がたくさんあります。

「天空の世界遺産」プリアヴィヘア遺跡

アンコールワットはいつ行ってもかなり混んでいますが、ベンメリアは観光客も比較的少なく、プリアヴィヘアにいたってはほとんどいないので、静かな遺跡の中を歩いていると、まるではるか昔にタイムスリップしたかのような不思議な感覚を味わえます。

『天空の城ラピュタ』のモデルになったとされるベンメリア遺跡

■カンボジア旅行前に知っておきたい「病気」

カンボジアに行ってみたくなりましたか? ここからは、カンボジアに行く前に知っておきたい「病気」のことをお伝えします。

水や食品から感染する病気

「タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法」の記事でも書きましたが、海外旅行でかかる症状No.1はなんといっても「下痢」です。

病院に行くべきか? 薬を飲むべきか? いろいろな心配ごとに頭を悩まされると思います。

下痢は、基本的に「腹痛」「発熱」「血便」がない限りは、様子を見ていても大丈夫な場合が多いです。水道水や屋台のかき氷などが原因でお腹を壊すこともあり、重い症状でない場合は、数日間でおさまることも。

下痢で一番怖いのは「脱水」なので、こまめに水分をとるのがとても大事です! また、水ではなく以下のような経口補水液をおすすめします(電解質を補給することができるため「脱水」状態に適している)。

現在は粉末も出ているため、海外旅行の際に持っていくと便利です。

OS-1(オーエスワン)パウダー(1L用) 3箱

http://www.otsuka-plus1.com/shop/g/g04123/

【大塚製薬公式通販】経口補水液 オーエスワンの水に溶かす粉末タイプ。まとめ買いに便利な3箱セット。消費者庁許可/特別用途食品 個別評価型病者用食品

水や食品から感染する病気としては、他に「赤痢」「腸チフス」「コレラ」などがあります。

これらは発熱、腹痛、嘔吐、血便などの明らかに異常な症状が出てくることが多く、そのようなときはすぐ病院に行ってください!

高い気温、強い日差しが原因となる「熱中症」に注意

カンボジアはガイドブックなどでは、11月から2月あたりの「乾季」が、気温的にも過ごしやすくおすすめだと書かれています。

逆に、3月から5月は、平均気温が35度~40度程度になるため、避けた方が良いといわれています。

高い気温、強い日差しの中長時間遺跡を歩くと、熱中症や脱水になりやすくなります。
一般的な熱中症の症状としては、めまい、顔のほてり、筋肉のけいれん、身体のだるさや吐き気、高体温、呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けないなどが挙げられます。

このような症状が出たら、風通しの良い日陰や、涼しい場所へ直ちに移動しましょう。

衣服を緩めて体の熱を逃がし、うちわであおいだり保冷剤で両脇下や首などを冷やしたりするのも有効な対策として挙げられます。

そして、十分に水分補給してください。発汗すると電解質も一緒に失われるため、水分だけではなく経口補水液をおすすめします。筋肉のけいれん、意識障害などがある場合はすぐに病院に行ってください。

■カンボジア旅行前に病気情報をチェックして、楽しい旅を

カンボジア旅行に出る前に上記の病気について知っておき、対策をしておけば、病気を予防できる可能性は高くなります。知っているのと知らないのとでは大違い。

大事な情報として取り入れて、楽しいカンボジア旅行を!

この記事のライター

救急救命医/旅行医学会認定医。「医者のたまご、世界を転がる」(ポプラ社)著者。 現役救急医として救急医療、離島医療、救急ヘリに従事。3年間バックパッカーとして世界一周、訪れた無医村、スラムなどでの医療活動をもとに全国で講演...

関連するキーワード


海外旅行

関連する投稿


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・前編をお届けします。ホテル「ル メリディアン ヌメア」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅へ――。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケットはまず外観から日本のそれとは全く違い、景観に完璧に溶け込むほどのさりげなさ。また、営業時間が長くなり、コンビニのないイタリアにおいて利用者も増加しているそうです。今回のミラノ通信では、ミラノのスーパーマーケット事情をお伝えします。


エールフランス航空で楽しむ、ミシェル・ロットのメインディッシュ

エールフランス航空で楽しむ、ミシェル・ロットのメインディッシュ

エールフランス航空では、パリ発長距離線のビジネスクラスで、有名シェフ、ミシェル・ロットの美食を月替わりで6月末まで提供します。


カリフォルニアの注目エリア「パソロブレス」でワイナリー巡り

カリフォルニアの注目エリア「パソロブレス」でワイナリー巡り

カリフォルニアで最近人気のスポット、パソロブレスとサンタバーバラの旬情報をお届けします。LAと東京を拠点とし、毎月飛び回っているジェットセッターでもありトラベルが好きなビューティプロデューサー平野宏枝さんの連載「HIROELIFE」#1です。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。