カンボジア旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

カンボジア旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

働く女子でも行きやすい、「近い」「安い」「見どころ沢山」「そこまで治安が悪くない」と今人気急上昇中のカンボジア! おすすめ観光ポイントや気をつけたい病気をご紹介します。


ちょうど3年前の5月。ほとんど寝られなかった病院での救急当直明け、家に帰らずそのまま羽田空港に向かい飛行機に飛び乗りました。行先はカンボジア。有給休暇と土日をくっつけて4日の弾丸旅行。

3年間の世界一周では考えられないような、短期決戦の詰め込み旅行だったけれど

「こんな激務でも旅行ができるんだ!」
「短期間でもこんなに楽しめるんだ!」

と私の中で旅行の概念が変わった瞬間でした。

■カンボジアには見ごたえのある遺跡がたくさん!

カンボジアには、ユネスコの世界遺産にも登録されているアンコールワットを始め、『天空の城ラピュタ』のモデルになったとされるベンメリア遺跡、郊外にある「天空の世界遺産」といわれるプリアヴィヘア遺跡と、見ごたえのある遺跡がたくさんあります。

「天空の世界遺産」プリアヴィヘア遺跡

アンコールワットはいつ行ってもかなり混んでいますが、ベンメリアは観光客も比較的少なく、プリアヴィヘアにいたってはほとんどいないので、静かな遺跡の中を歩いていると、まるではるか昔にタイムスリップしたかのような不思議な感覚を味わえます。

『天空の城ラピュタ』のモデルになったとされるベンメリア遺跡

■カンボジア旅行前に知っておきたい「病気」

カンボジアに行ってみたくなりましたか? ここからは、カンボジアに行く前に知っておきたい「病気」のことをお伝えします。

水や食品から感染する病気

「タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法」の記事でも書きましたが、海外旅行でかかる症状No.1はなんといっても「下痢」です。

病院に行くべきか? 薬を飲むべきか? いろいろな心配ごとに頭を悩まされると思います。

下痢は、基本的に「腹痛」「発熱」「血便」がない限りは、様子を見ていても大丈夫な場合が多いです。水道水や屋台のかき氷などが原因でお腹を壊すこともあり、重い症状でない場合は、数日間でおさまることも。

下痢で一番怖いのは「脱水」なので、こまめに水分をとるのがとても大事です! また、水ではなく以下のような経口補水液をおすすめします(電解質を補給することができるため「脱水」状態に適している)。

現在は粉末も出ているため、海外旅行の際に持っていくと便利です。

OS-1(オーエスワン)パウダー(1L用) 3箱

http://www.otsuka-plus1.com/shop/g/g04123/

【大塚製薬公式通販】経口補水液 オーエスワンの水に溶かす粉末タイプ。まとめ買いに便利な3箱セット。消費者庁許可/特別用途食品 個別評価型病者用食品

水や食品から感染する病気としては、他に「赤痢」「腸チフス」「コレラ」などがあります。

これらは発熱、腹痛、嘔吐、血便などの明らかに異常な症状が出てくることが多く、そのようなときはすぐ病院に行ってください!

高い気温、強い日差しが原因となる「熱中症」に注意

カンボジアはガイドブックなどでは、11月から2月あたりの「乾季」が、気温的にも過ごしやすくおすすめだと書かれています。

逆に、3月から5月は、平均気温が35度~40度程度になるため、避けた方が良いといわれています。

高い気温、強い日差しの中長時間遺跡を歩くと、熱中症や脱水になりやすくなります。
一般的な熱中症の症状としては、めまい、顔のほてり、筋肉のけいれん、身体のだるさや吐き気、高体温、呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けないなどが挙げられます。

このような症状が出たら、風通しの良い日陰や、涼しい場所へ直ちに移動しましょう。

衣服を緩めて体の熱を逃がし、うちわであおいだり保冷剤で両脇下や首などを冷やしたりするのも有効な対策として挙げられます。

そして、十分に水分補給してください。発汗すると電解質も一緒に失われるため、水分だけではなく経口補水液をおすすめします。筋肉のけいれん、意識障害などがある場合はすぐに病院に行ってください。

■カンボジア旅行前に病気情報をチェックして、楽しい旅を

カンボジア旅行に出る前に上記の病気について知っておき、対策をしておけば、病気を予防できる可能性は高くなります。知っているのと知らないのとでは大違い。

大事な情報として取り入れて、楽しいカンボジア旅行を!

この記事のライター

救急救命医/旅行医学会認定医。「医者のたまご、世界を転がる」(ポプラ社)著者。 現役救急医として救急医療、離島医療、救急ヘリに従事。3年間バックパッカーとして世界一周、訪れた無医村、スラムなどでの医療活動をもとに全国で講演...

関連するキーワード


海外旅行

関連する投稿


ラクダに乗って砂漠のプリンセス! おしゃれでおトクなドバイ旅

ラクダに乗って砂漠のプリンセス! おしゃれでおトクなドバイ旅

日本から直行便が飛ぶドバイ。シティには高層ビルが立ち並ぶ一方で、伝統市場スークや砂漠ツアーなど、アラブならではの魅力も。ゴージャスな雰囲気を気軽に楽しめるドバイのおトクなおしゃれ旅をご紹介。


 熟練の職人技が光るイタリアのウエディングドレス〜ミラノ通信 #11

熟練の職人技が光るイタリアのウエディングドレス〜ミラノ通信 #11

6月のジューンブライドにさきがけ、ミラノではブライダルウィークが開催されました。華やかなドレスはそれを支えているデザイナーや職人たちの力なくして存在しません。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


日本メディアも注目! 美容大国で作られる大人気コスメ商品とは【母だってひとり旅#4】

日本メディアも注目! 美容大国で作られる大人気コスメ商品とは【母だってひとり旅#4】

お母さんのひとり旅を応援する「母だってひとり旅」。ここでは、大のひとり旅好きの著者が、女性のひとり旅におすすめの情報をご紹介します。今回はモロッコでゲットできる美容アイテムについて、筆者が実際に現地で買い求めてきたおすすめをご紹介します。


青の世界に包まれた異空間・モロッコの青い村へ【母だってひとり旅#3】

青の世界に包まれた異空間・モロッコの青い村へ【母だってひとり旅#3】

お母さんのひとり旅を応援する「母だってひとり旅」。ここでは、大のひとり旅好きの著者が、女性のひとり旅におすすめの場所をご紹介していきます。今回紹介するのは、モロッコ北部にある通称「青い村」と呼ばれるシャウエン。目に映るものすべてがブルーの世界に囲まれた異空間を心ゆくまで体験してみませんか?


ポンフー、台湾のハワイと称される島へ【台湾リゾート #1】

ポンフー、台湾のハワイと称される島へ【台湾リゾート #1】

ポンフー(澎湖)は、中華圏のWebサイトで「台湾のハワイ」と紹介される、台湾と中国大陸の間の海・台湾海峡に浮かぶ大小90の島々です。世界一の発行部数を誇る旅行ガイド『Lonely Planet』からも世界10大秘島のひとつに選出されています。日本人には未だ馴染みの薄いポンフーの魅力を全5回でご紹介します。


最新の投稿


華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。第8回は「華やか×空間」でその思いを綴っていただきました。高田賢三さんが考える、華やかな空間とは――。


突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

「私、私、結婚します」と宣言し、一躍話題になったNMB48の須藤凛々花さん。これからの進退に注目が集まっています。筆者はこの宣言を聞いた瞬間、「これは、デフォルトじゃないか⁉(投資用語で、債務不履行とか破綻の意味)」と思いました。「AKB選抜総選挙」には、投資の世界に似た要素があるんだなと感じたのです。


ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

大人になった今「ラジオ体操」を朝の習慣にしています。子供の頃はその効果に疑問を感じていたラジオ体操ですが、運動不足の大人に成り下がった今、これが案外すごい体操だったということを身をもって知りました。あえてラジオ体操をチョイスするメリット、それには3つの理由があるんです。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


有名税ってありますか?

有名税ってありますか?

「有名税ってどんなもの?」「有名になるメリットとデメリットってなんですか?」などとよく尋ねられる。本気で取り組めば、多少の有名税を支払うことになったとしても、新たなチャンスを得て、世界を広げていけることの方が多い。