クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

服でいっぱいのクローゼット、開けると気が滅入りませんか? 理想はシンプルな、お気に入り服しか入っていない、美しいクローゼットではないでしょうか。『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』から、クローゼットをシンプルにして、美しく暮らす方法を3つご紹介します。


クローゼットはそのときどきの自分の状態を反映するスペースの1つ。収められた服の質が上下したり、急にプチプラ服が増えたり、柄物が占拠するようになったり……。クローゼットを見れば、自分自身の心身の変化が映し出されるように思います。

では、現時点のクローゼットに満足していますか? 服がたくさんあるのに着たいものが見当たらない、コーデを考えられないなどとお悩みの方は、自分のクローゼットを見つめ直し、シンプルに整理するときがきているのかもしれません。

そのヒントとなるのが、シンプルな生活を通じて美しく暮らすアイデアを、衣食住に関する36項目としてまとめた『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』。本書の「衣(ファッション)」の項目から、私たちがすぐにでも試せそうなものを、いくつか選りすぐってご紹介します。

1.ワンピースを使いこなす

「シンプルな衣装といえば、ワンピースです。それも、できるだけシンプルなデザイン。なかでももっともミニマムなのは、襟も袖もないもの」と、著者の加藤ゑみ子さんは言います。ノースリーブ・ノーカラーのワンピースはたしかに万能。

ジャケットを羽織れば仕事着に、カーディガンを合わせれば普段使いに、首元にファーを持ってきたり、おおぶりのネックレスを着けたりすればパーティー仕様に……と、合わせるアウターや小物次第で印象を変えられるからです。

では、デザインや丈はどんなものを選ぶのがおすすめ? 加藤さんはデザイン(スカート部分がタイトかAラインかなど)は目的に応じて決め、丈はミモレ丈でもミニ丈でもない、どんなシーンでも使えるベーシックな膝丈を勧めています。

シンプルで質のいいワンピースを1枚持っておくだけで、ワードローブを最小限にできて、クローゼットもすっきりしたシンプルな状態に保つことができそうです。

2.「MY定番服」を決める

ファッション誌やコーデ本に載っている「定番服」をすべて揃えると、毎日違うコーデができて、おしゃれな人に見られるかもしれません。でも、そこまでして、金銭的コストや時間的コスト、空間的コストをかける必要ははたしてあるでしょうか。

加藤さんは「一般的な『定番』ではなく、自分自身の『定番』を決めることが必要でしょう」と綴った上で、多くの人に似合う定番アイテム・コーデに「ブラウス+スカート(パンツ)」をあげています。

季節や気温に応じてジャケットやカーディガンなどのアウターを組み合わせると、見た目に変化をつけられます。さらに、素材や合わせる小物を変えるだけで、カジュアルにもエレガントにも見せられます。

もう1つ「色を定番にする方法」も紹介されています。ただし、重要なのは本当に似合う色味を正しく知ること。パーソナルカラー診断を受けて、自分を最も魅力的に見せる色を知るのも効率的でしょう。似合う色をを中心にコーデを組み立てていくと、統一感や洗練性が出るはず。

3.「いつも着たくなる服」だけを買う

断捨離が流行って久しいですが、本来買ったものを手放す、捨てるという行為はもったいないこと。買い物をした時間も、お金も、手放すかどうか悩む時間も、さらには収納しておいた空間すら、ムダだったことになるからです。

そう考えると、ショッピングをしているときから、私たちは常に「この服は本当に買うべきかどうか?」「毎日着たいと思うくらい、本当に好きな服なのか?」など、真剣に考えて選択する必要があるのでしょう。

「最高に似合って、いつも着たくなるもの、どこへ着ていっても褒められるようなものを持てば、汚さないような振る舞いをし、丁寧にお手入れしたくなるものです」「限られた予算の中では、安物を次々に買ってため込むより経済的です」と加藤さん。

理想形はクローゼットの中に、本当にお気に入りの服だけがコンパクトに収められた、極めてシンプルな状態ではないでしょうか。そこには、ただただ眺めていても、袖を通しても、心地よく、気分のあがる服ばかりがあるわけですから。

シンプルなクローゼットと向き合い、日々「愛おしい服」「心身が喜ぶ服」だけをまとう、美しい暮らしを実践したい人に、手にとってほしい1冊です。

加藤ゑみ子著『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』書籍情報

少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵
著 者:加藤ゑみ子
発 行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
単行本(ソフトカバー): 192ページ
発売日:2017/2/24
価 格:1400円+税

[公式サイト]
http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799320402

著者 加藤ゑみ子さんプロフィール

インテリアアーキテクト。(株)空間構造代表取締役。桑沢デザイン研究所インテリア住宅専攻科卒。加藤ゑみ子インテリアサロン、オープンハウスの設立を経 て、1988年、(株)空間構造を設立。住宅・インテリア設計、住宅関連商品におけるデザインを専門とし、生活研究、テーブルセッティングなどにも造詣が深い。
『お嬢さまことば速修講座』『淑女のルール』など、ディスカヴァー・トゥエンティワン社から刊行のライフスタイル書籍は、累計82万部を超え、なかでも『気品のルール』は、イタリア、スペイン、中国、台湾、韓国など7ヵ国で出版されている。

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


胸が大きい人の悩みによりそう服。「HEART CLOSET」が新作発売

胸が大きい人の悩みによりそう服。「HEART CLOSET」が新作発売

胸の大きい女性に向けた服を発売するアパレルブランド「HEART CLOSET」に、カジュアル向けの新ライン「カジュアルスキッパーシャツ」が登場しました。「ホワイト/ストライプ」「ブラック/ストライプ」「ベージュ」の3色展開で、価格は9800円(税込)となっています。


米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

NYファッション・ウィークの創設者・ファーン・マリスが、アメリカのファッション業界のカリスマ19人に行ったインタビューを収録。マーク・ジェイコブズ、トム・フォードらファッションデザイナー、フォトグラファー、エディターらが本音を赤裸々に語っています。訳者の桜井真砂美さんにその魅力を教えてもらいました。


ブルガリのスポーツウォッチ「ディアゴノ スクーバ」から新作3色が登場

ブルガリのスポーツウォッチ「ディアゴノ スクーバ」から新作3色が登場

ブルガリの「ディアゴノ スクーバ」よりイタリアのリゾートを彷彿させる色鮮やかな新色3モデルが誕生。「ディアゴノ スクーバ」の新作タイムピースは、全国のブルガリ・ショップにて2017年5月より発売です。


ふたりとも本好き。のんびり共働き夫婦の本棚【本棚百景#5】

ふたりとも本好き。のんびり共働き夫婦の本棚【本棚百景#5】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】5回目は、静岡県在住カオリさん(仮名)の本棚をご紹介します。


シャツでこなれ感を楽しむ「袖まくり」「前だけイン」の簡単なコツ

シャツでこなれ感を楽しむ「袖まくり」「前だけイン」の簡単なコツ

ベーシックなシャツは、きちんと感だけでなく、こなれ感も演出できます。袖のまくり方やウエストインの仕方次第で、こなれ感は簡単に作れます。袖まくりや前だけインなど、こなれて見えるちょっとした方法を、写真を交えてご紹介します。


最新の投稿


相続税の節税といえば「生命保険」

相続税の節税といえば「生命保険」

「生命保険」と聞くと、死亡保障など万が一に備えて入るもの、というイメージを持たれている方が多いかと思います。もちろん貯蓄目的で生命保険に入る方もいらっしゃるのですが、実は生命保険は節税としてとても有効な手段です。今回は、相続税の節税としても使い勝手の良い「生命保険」について、以下、順を追って説明していきます。


ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

奇跡的な出会い、そしてお付き合いを経て結婚することになったふたり。結婚式やハネムーンをプランニングする傍ら、パートナーシップについて話し合う機会を持つことができれば、結婚生活が始まってからもハッピーにやっていける確率が上がります。そうした機会を与えてくれるプレマリッジ・セミナーの内容を連載でお届けします。


美髪を作るドライヤーの使い方

美髪を作るドライヤーの使い方

毎日髪を乾かしているけれど、正しい方法で乾かしていますか? ドライヤーの正しい使い方や選び方、最近の機能のことはもちろん、自然乾燥とドライヤーによる乾燥の違いやメリット、デメリット、タオルドライの方法など、美髪のプロである美容師が正しい髪の乾かし方を改めて詳しく解説します。


「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフといえば、インパクトのある色使いが魅力的なアイテム。カラフルな色を取り入れたファッションが復活した今年、コーデの一部として取り入れると、華やかに旬な雰囲気を楽しめます。ビンテージスカーフを結ぶだけでできるスカーフバッグの作り方をご紹介します。