1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

Share

服でいっぱいのクローゼット、開けると気が滅入りませんか? 理想はシンプルな、お気に入り服しか入っていない、美しいクローゼットではないでしょうか。『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』から、クローゼットをシンプルにして、美しく暮らす方法を3つご紹介します。

クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

クローゼットはそのときどきの自分の状態を反映するスペースの1つ。収められた服の質が上下したり、急にプチプラ服が増えたり、柄物が占拠するようになったり……。クローゼットを見れば、自分自身の心身の変化が映し出されるように思います。

では、現時点のクローゼットに満足していますか? 服がたくさんあるのに着たいものが見当たらない、コーデを考えられないなどとお悩みの方は、自分のクローゼットを見つめ直し、シンプルに整理するときがきているのかもしれません。

そのヒントとなるのが、シンプルな生活を通じて美しく暮らすアイデアを、衣食住に関する36項目としてまとめた『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』。本書の「衣(ファッション)」の項目から、私たちがすぐにでも試せそうなものを、いくつか選りすぐってご紹介します。

1.ワンピースを使いこなす

「シンプルな衣装といえば、ワンピースです。それも、できるだけシンプルなデザイン。なかでももっともミニマムなのは、襟も袖もないもの」と、著者の加藤ゑみ子さんは言います。ノースリーブ・ノーカラーのワンピースはたしかに万能。

ジャケットを羽織れば仕事着に、カーディガンを合わせれば普段使いに、首元にファーを持ってきたり、おおぶりのネックレスを着けたりすればパーティー仕様に……と、合わせるアウターや小物次第で印象を変えられるからです。

では、デザインや丈はどんなものを選ぶのがおすすめ? 加藤さんはデザイン(スカート部分がタイトかAラインかなど)は目的に応じて決め、丈はミモレ丈でもミニ丈でもない、どんなシーンでも使えるベーシックな膝丈を勧めています。

シンプルで質のいいワンピースを1枚持っておくだけで、ワードローブを最小限にできて、クローゼットもすっきりしたシンプルな状態に保つことができそうです。

2.「MY定番服」を決める

ファッション誌やコーデ本に載っている「定番服」をすべて揃えると、毎日違うコーデができて、おしゃれな人に見られるかもしれません。でも、そこまでして、金銭的コストや時間的コスト、空間的コストをかける必要ははたしてあるでしょうか。

加藤さんは「一般的な『定番』ではなく、自分自身の『定番』を決めることが必要でしょう」と綴った上で、多くの人に似合う定番アイテム・コーデに「ブラウス+スカート(パンツ)」をあげています。

季節や気温に応じてジャケットやカーディガンなどのアウターを組み合わせると、見た目に変化をつけられます。さらに、素材や合わせる小物を変えるだけで、カジュアルにもエレガントにも見せられます。

もう1つ「色を定番にする方法」も紹介されています。ただし、重要なのは本当に似合う色味を正しく知ること。パーソナルカラー診断を受けて、自分を最も魅力的に見せる色を知るのも効率的でしょう。似合う色をを中心にコーデを組み立てていくと、統一感や洗練性が出るはず。

3.「いつも着たくなる服」だけを買う

断捨離が流行って久しいですが、本来買ったものを手放す、捨てるという行為はもったいないこと。買い物をした時間も、お金も、手放すかどうか悩む時間も、さらには収納しておいた空間すら、ムダだったことになるからです。

そう考えると、ショッピングをしているときから、私たちは常に「この服は本当に買うべきかどうか?」「毎日着たいと思うくらい、本当に好きな服なのか?」など、真剣に考えて選択する必要があるのでしょう。

「最高に似合って、いつも着たくなるもの、どこへ着ていっても褒められるようなものを持てば、汚さないような振る舞いをし、丁寧にお手入れしたくなるものです」「限られた予算の中では、安物を次々に買ってため込むより経済的です」と加藤さん。

理想形はクローゼットの中に、本当にお気に入りの服だけがコンパクトに収められた、極めてシンプルな状態ではないでしょうか。そこには、ただただ眺めていても、袖を通しても、心地よく、気分のあがる服ばかりがあるわけですから。

シンプルなクローゼットと向き合い、日々「愛おしい服」「心身が喜ぶ服」だけをまとう、美しい暮らしを実践したい人に、手にとってほしい1冊です。

加藤ゑみ子著『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』書籍情報

著者 加藤ゑみ子さんプロフィール

インテリアアーキテクト。(株)空間構造代表取締役。桑沢デザイン研究所インテリア住宅専攻科卒。加藤ゑみ子インテリアサロン、オープンハウスの設立を経 て、1988年、(株)空間構造を設立。住宅・インテリア設計、住宅関連商品におけるデザインを専門とし、生活研究、テーブルセッティングなどにも造詣が深い。
『お嬢さまことば速修講座』『淑女のルール』など、ディスカヴァー・トゥエンティワン社から刊行のライフスタイル書籍は、累計82万部を超え、なかでも『気品のルール』は、イタリア、スペイン、中国、台湾、韓国など7ヵ国で出版されている。

Share

池田 園子

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article