悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

不幸自慢をする人は少なくない。人の不幸は蜜の味というけれど、自分の不幸話をするときはなんともいえない快感に襲われる。そんな経験をしたことはないだろうか。不幸な話というのは、本当のところは自分がかわいくて仕方がないときに、ついしてしまうものなのかもしれない。


「あなたと友達になりたくない」と言われたことがある。後にも先にも10代の頃に一度だけ。

理由を聞くと「能天気で幸せそうだから」というものだった。

なぜか「能天気そう」と言われる機会が多いのだけれど、丸顔だからだろうか、丸いものってなんだか無防備に見えるものね、意外と後先考えず、っていうことはないんだけどな。と自分を慰めている。

でも、幸せそうだから友達になりたくない、と言われたのはなかなかにショックだった。その頃、特別自分が幸せだと思ったこともなかったけれど、幸せだと友達もできないのだろうか、とその一言でとても悲しい気持ちになった。

それからというもの、なんとなく自分からは「幸せだ」と言わないようになってしまった。

■不幸自慢は連鎖する

女性同士で集まって話をしていると、1人が嫌だったことや不幸な話をすると、我こそが! とそれぞれの不幸話が始まった経験はないだろうか。

こんな悪い男と付き合ってしまった、いやまだそれはマシなほうだ、私が付き合っていた男なんて……と不幸なマウンティング合戦を気づかないうちに繰り広げている。

でも、その不幸プレゼンに何のメリットがあるんだろう、といつも不思議になる。不幸自慢をし合ったところで、誰も幸せになれないのに。不幸せの一等賞が決まって、「よかった、私この人よりも幸せだ」と安心するんだろうか。

そんなことはない。むしろ、「目の間にいるこの人よりも不幸なエピソードはないだろうか」と、自らの記憶を遡りながら、探してしまっているのではないだろうか。

そもそもどうして不幸になろうとするのか。「悲劇のヒロイン」という言葉があるけれど、不幸を持っていると、主役になりやすいのだろうか。そんな物語のヒロインに進んでなりたいものなのだろうか。

■不幸自慢はしても、幸せ自慢はしない心理

不幸自慢とは対照的に、幸せ自慢をする人はいない気がする。

幸せな話というのは話したいけど、聞きたくない。「相手もそっか、よかったね」くらいしか反応できない。

そして、幸せな話は時と場合を選ぶ。ちょっとした小話として自分の幸せな話はできないのだ。

もしかしたら、今、相手は不幸かもしれない。自分の幸せな話を聞いて嫌な思いをするかもしれない。
そうなると口を閉ざす。

でも、どうして幸せな話をすると相手が不愉快な気分になるかもしれない、と考えてしまうのだろう。私たちは、相手も同じように幸せな話をしてくれるとは想像できない。

■「私、幸せなの」と言えない怖さ

「今、私は幸せです」

そう言える相手は少ない。

大半の人には自分の不幸話を聞かせてしまいがちだ。それは「不幸話なら会話が続く」と思っているからかもしれない。

幸せな人の話は問題がない、もしくは何かしらの問題があったとしてもすでに解決済みだ。

しかし、不幸な話というのは多くが未解決で、不幸から脱するためにあれこれと頭を悩ませている最中だ。だからこそアドバイスもしやすい。

そして、自分の話もしやすい。過去の自分の幸せだった話はしないけど、不幸だった話はする。

それでいいのだろうか。不幸自慢をしてしまう心理は、さらに不幸を呼び寄せてしまっている気がしてならない。

幸せだよ。

そう相手を選ばず、臆せずにいつでも言える自分になれるまで、本当の幸せにはまだ、遠い。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


同性に愛されるしなやかな人とは

同性に愛されるしなやかな人とは

できれば誰からも嫌われたくない。いろんな人から好かれたい、と思う。しかし、どうすればいいのか。同性に好かれるような人になるために必要なことは実はとても簡単なことなのだと思う。


「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」この言葉を周りの人から言われるのではないかと、したいことをできずにいる人は多いのではないだろうか? 年相応に生きることを世間に強いられていると感じる人も多いだろう。しかしその言葉こそが人の可能性を封じ込めて、人を老けさせてしまっているように思う。


自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

西加奈子さんの作家生活10周年記念作品『サラバ!』(西加奈子/小学館文庫)の文庫版が、今秋発売されました。上中下3巻に渡る長編ながら、読みやすい文章と鮮やかな人間描写で、ワクワクしながら読み進められる作品です。現代を生きる私たちに訴えかけてくる、作品からの力強いメッセージをご紹介します。


男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

鳥飼茜先生が描く『ロマンス暴風域』は、さえない非常勤美術教師の「サトミン」が風俗嬢の「せりか」と恋に落ちるストーリー。特にラストの展開はハラハラが止まらない。今回は、男女の性の差について切り込む作品の多い鳥飼さんに、男性が風俗に行く理由や、男性はなぜあざとい女性に夢見がちなのかを聞いた。


最新の投稿


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


おっぱい