悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

不幸自慢をする人は少なくない。人の不幸は蜜の味というけれど、自分の不幸話をするときはなんともいえない快感に襲われる。そんな経験をしたことはないだろうか。不幸な話というのは、本当のところは自分がかわいくて仕方がないときに、ついしてしまうものなのかもしれない。


「あなたと友達になりたくない」と言われたことがある。後にも先にも10代の頃に一度だけ。

理由を聞くと「能天気で幸せそうだから」というものだった。

なぜか「能天気そう」と言われる機会が多いのだけれど、丸顔だからだろうか、丸いものってなんだか無防備に見えるものね、意外と後先考えず、っていうことはないんだけどな。と自分を慰めている。

でも、幸せそうだから友達になりたくない、と言われたのはなかなかにショックだった。その頃、特別自分が幸せだと思ったこともなかったけれど、幸せだと友達もできないのだろうか、とその一言でとても悲しい気持ちになった。

それからというもの、なんとなく自分からは「幸せだ」と言わないようになってしまった。

■不幸自慢は連鎖する

女性同士で集まって話をしていると、1人が嫌だったことや不幸な話をすると、我こそが! とそれぞれの不幸話が始まった経験はないだろうか。

こんな悪い男と付き合ってしまった、いやまだそれはマシなほうだ、私が付き合っていた男なんて……と不幸なマウンティング合戦を気づかないうちに繰り広げている。

でも、その不幸プレゼンに何のメリットがあるんだろう、といつも不思議になる。不幸自慢をし合ったところで、誰も幸せになれないのに。不幸せの一等賞が決まって、「よかった、私この人よりも幸せだ」と安心するんだろうか。

そんなことはない。むしろ、「目の間にいるこの人よりも不幸なエピソードはないだろうか」と、自らの記憶を遡りながら、探してしまっているのではないだろうか。

そもそもどうして不幸になろうとするのか。「悲劇のヒロイン」という言葉があるけれど、不幸を持っていると、主役になりやすいのだろうか。そんな物語のヒロインに進んでなりたいものなのだろうか。

■不幸自慢はしても、幸せ自慢はしない心理

不幸自慢とは対照的に、幸せ自慢をする人はいない気がする。

幸せな話というのは話したいけど、聞きたくない。「相手もそっか、よかったね」くらいしか反応できない。

そして、幸せな話は時と場合を選ぶ。ちょっとした小話として自分の幸せな話はできないのだ。

もしかしたら、今、相手は不幸かもしれない。自分の幸せな話を聞いて嫌な思いをするかもしれない。
そうなると口を閉ざす。

でも、どうして幸せな話をすると相手が不愉快な気分になるかもしれない、と考えてしまうのだろう。私たちは、相手も同じように幸せな話をしてくれるとは想像できない。

■「私、幸せなの」と言えない怖さ

「今、私は幸せです」

そう言える相手は少ない。

大半の人には自分の不幸話を聞かせてしまいがちだ。それは「不幸話なら会話が続く」と思っているからかもしれない。

幸せな人の話は問題がない、もしくは何かしらの問題があったとしてもすでに解決済みだ。

しかし、不幸な話というのは多くが未解決で、不幸から脱するためにあれこれと頭を悩ませている最中だ。だからこそアドバイスもしやすい。

そして、自分の話もしやすい。過去の自分の幸せだった話はしないけど、不幸だった話はする。

それでいいのだろうか。不幸自慢をしてしまう心理は、さらに不幸を呼び寄せてしまっている気がしてならない。

幸せだよ。

そう相手を選ばず、臆せずにいつでも言える自分になれるまで、本当の幸せにはまだ、遠い。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい