悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

不幸自慢をする人は少なくない。人の不幸は蜜の味というけれど、自分の不幸話をするときはなんともいえない快感に襲われる。そんな経験をしたことはないだろうか。不幸な話というのは、本当のところは自分がかわいくて仕方がないときに、ついしてしまうものなのかもしれない。


「あなたと友達になりたくない」と言われたことがある。後にも先にも10代の頃に一度だけ。

理由を聞くと「能天気で幸せそうだから」というものだった。

なぜか「能天気そう」と言われる機会が多いのだけれど、丸顔だからだろうか、丸いものってなんだか無防備に見えるものね、意外と後先考えず、っていうことはないんだけどな。と自分を慰めている。

でも、幸せそうだから友達になりたくない、と言われたのはなかなかにショックだった。その頃、特別自分が幸せだと思ったこともなかったけれど、幸せだと友達もできないのだろうか、とその一言でとても悲しい気持ちになった。

それからというもの、なんとなく自分からは「幸せだ」と言わないようになってしまった。

■不幸自慢は連鎖する

女性同士で集まって話をしていると、1人が嫌だったことや不幸な話をすると、我こそが! とそれぞれの不幸話が始まった経験はないだろうか。

こんな悪い男と付き合ってしまった、いやまだそれはマシなほうだ、私が付き合っていた男なんて……と不幸なマウンティング合戦を気づかないうちに繰り広げている。

でも、その不幸プレゼンに何のメリットがあるんだろう、といつも不思議になる。不幸自慢をし合ったところで、誰も幸せになれないのに。不幸せの一等賞が決まって、「よかった、私この人よりも幸せだ」と安心するんだろうか。

そんなことはない。むしろ、「目の間にいるこの人よりも不幸なエピソードはないだろうか」と、自らの記憶を遡りながら、探してしまっているのではないだろうか。

そもそもどうして不幸になろうとするのか。「悲劇のヒロイン」という言葉があるけれど、不幸を持っていると、主役になりやすいのだろうか。そんな物語のヒロインに進んでなりたいものなのだろうか。

■不幸自慢はしても、幸せ自慢はしない心理

不幸自慢とは対照的に、幸せ自慢をする人はいない気がする。

幸せな話というのは話したいけど、聞きたくない。「相手もそっか、よかったね」くらいしか反応できない。

そして、幸せな話は時と場合を選ぶ。ちょっとした小話として自分の幸せな話はできないのだ。

もしかしたら、今、相手は不幸かもしれない。自分の幸せな話を聞いて嫌な思いをするかもしれない。
そうなると口を閉ざす。

でも、どうして幸せな話をすると相手が不愉快な気分になるかもしれない、と考えてしまうのだろう。私たちは、相手も同じように幸せな話をしてくれるとは想像できない。

■「私、幸せなの」と言えない怖さ

「今、私は幸せです」

そう言える相手は少ない。

大半の人には自分の不幸話を聞かせてしまいがちだ。それは「不幸話なら会話が続く」と思っているからかもしれない。

幸せな人の話は問題がない、もしくは何かしらの問題があったとしてもすでに解決済みだ。

しかし、不幸な話というのは多くが未解決で、不幸から脱するためにあれこれと頭を悩ませている最中だ。だからこそアドバイスもしやすい。

そして、自分の話もしやすい。過去の自分の幸せだった話はしないけど、不幸だった話はする。

それでいいのだろうか。不幸自慢をしてしまう心理は、さらに不幸を呼び寄せてしまっている気がしてならない。

幸せだよ。

そう相手を選ばず、臆せずにいつでも言える自分になれるまで、本当の幸せにはまだ、遠い。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


人生

関連する投稿


これからは「裏側」を見られる女性になる

これからは「裏側」を見られる女性になる

優しさには2種類ある。「見えているものへの優しさ」と「見えていないものへの優しさ」。悩んでいるときに「大丈夫?」と気にかけてもらったり、励ましてもらったり、そういう見えている優しさにはすぐに気づくことができる。でも、見えていないところにも優しさは存在していて……。


こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性がうらやましい。私もあんなふうに甘えられたらいいのに。なんて思ったことはありませんか? 男性も女性も、仕事でもプライベートでも、良い意味で甘え上手な人は、人生がとてもスムーズに進んでいきます。今回は甘え上手になれる考え方をご紹介します。


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

生き方や働き方は誰もが自由に選択できる、はずなのに……。何を選んでも何かしら非難される気がするのは、気のせい? 特に昨今否定されがちな専業主婦という生き方に注目し、本当に「ダメな選択」なのか、考えてみたい。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。


DRESS部活