グリッタースニーカーでわたしらしく大人な足元に。試したいならH&Mがおすすめ

グリッタースニーカーでわたしらしく大人な足元に。試したいならH&Mがおすすめ

グリッタースニーカーはとても優秀。基本的にどんなコーデと合わせても足元だけが浮いてしまう、なんてことはなく、しっくりわたしらしい着こなしを楽しめます。H&Mで見つけた優秀なグリッタースニーカーを用いたコーデをご提案します。


春はとくにスニーカーを楽しみたくなる季節。

スニーカー愛用歴約20年になるわたしは、白色コンバース(ハイカット)、紺色のアディダス(GAZELLE)、ピンクのNIKE、パープル&グリーンのニューバランス、海外で購入してもらったBENSIMONを愛用しています。

毎年履き古したものと入れ替えながら、靴箱の中にお気に入りをスタンバイさせています。

次こそは「人と少し違ったスニーカー」を楽しみたい。そんな思いで毎年スニーカーを探していると、いつもGGDBのスニーカーに惹かれていました。

お値段が4万円前後なので、スニーカーにしてはお高いな……と先延ばしにしています。

GGDBのスニーカーはどれもヴィンテージ感溢れ、個性的。これが惹かれる理由なのですが、個性的なシューズをプチプラで楽しめないか? と思いスニーカー探しをしてみました。

◼︎優秀なグリッタースニーカーをH&Mで発見!

今年のトレンドは「メタリック」「グリッター」など。夫が海外出張で訪れるブティックにはトレンドキーワードであるこの2つが多く見られたとか。

そんなキーワードをすごく意識したわけではありませんが、個性豊かな1足探しをしていたわたしにとってH&Mで見つけた2990円のスニーカーはどストライクな1足でした。

CHANELでファッションアドバイザーをしていた経験から、CHANELのコレクションは今でもよくチェックしています。今回の春夏プレコレクションのスニーカーにも、メタリックカラーが取り入れられていますね。

H&Mのグリッターシューズは、プチプラで楽しめる、買って大正解の1足のように感じます。

CHANEL 2017春夏プレコレクションのスニーカー。カラーはメタリック‼︎

◼︎上品カジュアルコーデの仕上げにグリッタースニーカーを

もう少し暖かくなったら羽織りたい、カーキのジャケットにフェミニンなベルスリーブのシャツを合わせたコーディネート。

バレリーナシューズやパンプスできれいめに仕上げるのも素敵ですが、グリッタースニーカーで「わたしらしい」スタイリングを作りました。

グリッターカラーのスニーカーは足元を軽やかに、そして浮くことなく仕上げてくれます。上品な雰囲気も添えてくれますよ。

◼︎グリッタースニーカーは明るい色のスカートにもぴったり

12月にグレーのニットとあわせてご紹介した赤色のスカート。春になったら足元を軽く、そしてエレガントすぎないシューズでスタイリングしたいと思っています。

今年取り入れたいのがスニーカーです。わたしの場合、コンバースのハイカットスニーカーをスカートに合わせるとつらいような気がするので(脚の長さと太さの問題……)、すっきりした形のスニーカーがちょうど良いのです。

そんなわたしの(短めな)脚にちょうど良いグリッタースニーカー。真っ白だとスニーカーの白が強調されすぎて、浮いて見える心配がありますが、メタリックカラーと同様にグリッターカラーは万能カラーのため、足元だけが浮いてしまう心配もありません。

UNIQLOのニット「メリノブレンドセーター」でちょい甘・上品コーデは叶う

https://p-dress.jp/articles/2640

UNIQLOはニットの種類も豊富。カシミアにコットンカシミア、エクストラファィンメリノ、メリノブレンド……いろいろなニットがあるんです。今回は「メリノブレンドセーター」を取り入れた大人流、ちょい甘で上品なコーディネートを提案します。

◼︎プチプラで「わたしらしさ」に納得したら、次のステップへ

H&Mのグリッタースニーカーは2990円ということもあり、素材はもちろん合皮です。決して長く履けるスニーカーではなさそう。

ですが、ファッションを楽しみたいとき、まずはプチプラアイテムで「わたしらしさ」を楽しめるか? という目線で試してみる。

そして、それが好きな雰囲気だと知ったら、次のステップ「質の良さ」を重視して長く愛せるモノを手にいれる。これこそが、プチプラアイテムだからこそ叶うファッションの醍醐味です。

この春、「わたしらしい」1足を見つけたい方はぜひH&Mでご試着を。

この記事のライター

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード


H&M

関連する投稿


H&Mのレオパード柄ストールでやわらか雰囲気に。ワンポイントで品良く取り入れよう

H&Mのレオパード柄ストールでやわらか雰囲気に。ワンポイントで品良く取り入れよう

今季トレンドのレオパード柄。コーディネートの主役ではなく、「ワンポイント」で使って品良く見せるなら、シューズやバッグ、そしてストールで取り入れるのがおすすめです。


今旬・ボウタイブラウスはZARAで買うのが正解【おとなのためのプチプラシックStyle #4】

今旬・ボウタイブラウスはZARAで買うのが正解【おとなのためのプチプラシックStyle #4】

ZARAにGAP、UNIQLO、H&M、etc.。ファストファッションブランドのプチプラアイテムを、おとなっぽくシックに着こなしたい。そんな気持ちで考えたスタイリングをご紹介しています。今回のテーマは、今季気になるボウタイブラウス。トレンドアイテムだからこそ、おとなの余裕で着こなしたいですよね。


おとなのためのプチプラシックStyle #3 ZARA史上最高“高見え”アイテムかも!?

おとなのためのプチプラシックStyle #3 ZARA史上最高“高見え”アイテムかも!?

ZARAにGAP、UNIQLO、H&M、etc.。ファストファッションブランドのプチプラアイテムを、おとなっぽくシックに着こなしたい。そんな気持ちで考えたスタイリングを、すこしずつご紹介しています。そろそろ本格的に秋仕度の時期。これがプリプラ? と驚いてしまう高見えアイテムをご紹介しますね。


おとなのためのプチプラシックStyle #2 定番黒Tのドレスな着こなし

おとなのためのプチプラシックStyle #2 定番黒Tのドレスな着こなし

ZARAにGAP、UNIQLO、H&M、etc.。ファストファッションブランドのプチプラアイテムを、おとなっぽくシックに着こなしたい。そんな気持ちで考えたスタイリングを、すこしずつご紹介しています。夏から秋へと移りゆく季節。何を着ればいいの? と迷っているあなたのヒントになりますように。


おとなのためのプチプラシックStyle #1

おとなのためのプチプラシックStyle #1

ZARAにGAP、UNIQLO、H&M、etc.。ファストファッションブランドのプチプラアイテムを、おとなっぽくシックに着こなしたい。そんな気持ちで考えたスタイリングを、すこしずつご紹介していきます。あなたらしいスタイリングを見つけていただくヒントになりますように。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。