約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


「うち来る?」

遅い時間から飲み始めて、終電を逃した平日の夜。タクシーをつかまえようとしたときに彼に言われた。彼とは、最近私が意識し始めた同じ会社の先輩。

「うちならすぐ近いし、明日そのまま会社行けばいいよ」

どうやら聞き間違えたわけではなかったらしい。いつもはふざけてごまかすのに、今回は真面目な感じに見える。

結局、この日は諸事情により自宅に帰ったが、すぐに彼の家に行かなかったことを後悔した。次いつ誘われるのかわからないから次こそは! と今から意気込んでいる。

■家には誘うのに「好き」とは返してくれない彼

この日はお誘いを断ったものの、「今日はワケあって家には行けないけれど、私はあなたのことが好きなんです。だからまた誘ってほしい」との旨は伝えた。彼は笑っていた。喜んで照れているようにも見えたけど、好きとは返してくれなかった。

彼と飲むときはいつも当日に決まる。私から誘ったこともあるけれど、彼から誘われることの方が多い。残業中に人がいなくなるタイミングで声をかけられたり、メッセージが届いたりする。

女性の大部分がそうだと思うが、飲みに行く日をあらかじめ決めてもらった方が良い。仕事も調整できるし、何かあったときのためにメイクやら下着やら準備ができるから。女性にはいろいろと準備が必要なのだ。

でも彼は違うみたい。約束をしたくないらしい。そういう男性はこれまでにもけっこういた。飲みに行く日もできれば約束したくないし、好きとも返さない。

彼らはきっとこれまで大変なことがあったのだろう。コミットすることを意識的に避けているんだろうなと思う。

■自由でいたい男は約束をしたがらない

誘ってくれるけど、約束はしない。
家には誘うけど、好きとは言ってくれない。
恋愛はしたいけど、結婚はしたくない。

婚活中のアラサー女性からしたらトンデモ野郎だが、そういえば私も20代の頃はこのタイプだった。自由でいたい派の人からしたらあたりまえの発想なのだ。

しかし最近私は、あわよくば年内に結婚&妊娠を狙っていて、次に付き合う相手には(結婚の)コミットをしてほしいと思っている。自由とは真逆の考え方だ。

そんな状況だから、今の私には自由を好む人は彼氏候補として最適ではない。冒頭の彼はこのままお気に入りとして、お互いにちょっと意識しているくらいが一番楽しいのかもしれない。ふたりで飲みに行くことがなくなれば、これまで通りの関係に戻るだろう。

■結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切にすることでは?

しかし、コミットしてもらうって一体どうしてもらえば、私は満足するのだろうか。お互い気になる段階で、「私はあなたと結婚を前提に付き合いたいと思っています。できれば年内に入籍したいです。さらにデキ婚でもいいと思っています」なんて言われたら……引くだろう。なんだか怖くてそんな人と付き合いたくない(笑)。

そうなると自分の言っていることがめちゃくちゃで、破綻していることに気づく。付き合う前の段階でコミットさせるなんてナンセンスすぎて、たとえコミットしたところで何の効力も発さない。よくこんなこと考えていたな……と猛省した。

今は、結婚という形式にとらわれずに、好きな人を大切にしていくのが結婚への近道なんじゃないかと考えるようになった。ちょっと強引な気もするが、1周回ってとてもピュアな考え方に至ったので、これからまたがんばれそうだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


婚活 結婚

関連する投稿


自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

内科医のわたしが綴る、リアルな「女医たちの恋愛事情」。そこから見えてくる傾向には、女医という職業に限らず、高学歴・高収入な女性たちにもあてはまるものが少なくないのではないでしょうか。


木を一本描いてみて! あなたの結婚相手が見えてくる絵診断

木を一本描いてみて! あなたの結婚相手が見えてくる絵診断

今回は、描いてもらう1本の木から「あなたの結婚相手が見えてくる」投影法テスト をご紹介いたします。あなたの結婚相手は、一体どんな性格なのでしょう。そして、どんなふたりになるのでしょう。それでは、紙とペンを用意してください。そして深呼吸をして、紙の上に1本の木を描いてみましょう。


2018年、愛される女になる秘訣は「カオナシ」卒業にある

2018年、愛される女になる秘訣は「カオナシ」卒業にある

合コンも、ネット婚活も、お見合いも全然うまくいかない。自分はそれなりに可愛いし、年齢より若く見えるし、性格も悪くない。でもなぜか素敵な人に選ばれない。一体なぜなのか。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


結婚しても「ひとり」であることからは、絶対に逃れられない【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

結婚しても「ひとり」であることからは、絶対に逃れられない【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

文筆家の小野美由紀さん、ラブジャーナリストの中村綾花さんが「女性がひとりで生きていく」をテーマに対談をスタート。中村さんは結婚してから、さらに「孤独」について考える機会が増えたようで――。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。