約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


「うち来る?」

遅い時間から飲み始めて、終電を逃した平日の夜。タクシーをつかまえようとしたときに彼に言われた。彼とは、最近私が意識し始めた同じ会社の先輩。

「うちならすぐ近いし、明日そのまま会社行けばいいよ」

どうやら聞き間違えたわけではなかったらしい。いつもはふざけてごまかすのに、今回は真面目な感じに見える。

結局、この日は諸事情により自宅に帰ったが、すぐに彼の家に行かなかったことを後悔した。次いつ誘われるのかわからないから次こそは! と今から意気込んでいる。

■家には誘うのに「好き」とは返してくれない彼

この日はお誘いを断ったものの、「今日はワケあって家には行けないけれど、私はあなたのことが好きなんです。だからまた誘ってほしい」との旨は伝えた。彼は笑っていた。喜んで照れているようにも見えたけど、好きとは返してくれなかった。

彼と飲むときはいつも当日に決まる。私から誘ったこともあるけれど、彼から誘われることの方が多い。残業中に人がいなくなるタイミングで声をかけられたり、メッセージが届いたりする。

女性の大部分がそうだと思うが、飲みに行く日をあらかじめ決めてもらった方が良い。仕事も調整できるし、何かあったときのためにメイクやら下着やら準備ができるから。女性にはいろいろと準備が必要なのだ。

でも彼は違うみたい。約束をしたくないらしい。そういう男性はこれまでにもけっこういた。飲みに行く日もできれば約束したくないし、好きとも返さない。

彼らはきっとこれまで大変なことがあったのだろう。コミットすることを意識的に避けているんだろうなと思う。

■自由でいたい男は約束をしたがらない

誘ってくれるけど、約束はしない。
家には誘うけど、好きとは言ってくれない。
恋愛はしたいけど、結婚はしたくない。

婚活中のアラサー女性からしたらトンデモ野郎だが、そういえば私も20代の頃はこのタイプだった。自由でいたい派の人からしたらあたりまえの発想なのだ。

しかし最近私は、あわよくば年内に結婚&妊娠を狙っていて、次に付き合う相手には(結婚の)コミットをしてほしいと思っている。自由とは真逆の考え方だ。

そんな状況だから、今の私には自由を好む人は彼氏候補として最適ではない。冒頭の彼はこのままお気に入りとして、お互いにちょっと意識しているくらいが一番楽しいのかもしれない。ふたりで飲みに行くことがなくなれば、これまで通りの関係に戻るだろう。

■結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切にすることでは?

しかし、コミットしてもらうって一体どうしてもらえば、私は満足するのだろうか。お互い気になる段階で、「私はあなたと結婚を前提に付き合いたいと思っています。できれば年内に入籍したいです。さらにデキ婚でもいいと思っています」なんて言われたら……引くだろう。なんだか怖くてそんな人と付き合いたくない(笑)。

そうなると自分の言っていることがめちゃくちゃで、破綻していることに気づく。付き合う前の段階でコミットさせるなんてナンセンスすぎて、たとえコミットしたところで何の効力も発さない。よくこんなこと考えていたな……と猛省した。

今は、結婚という形式にとらわれずに、好きな人を大切にしていくのが結婚への近道なんじゃないかと考えるようになった。ちょっと強引な気もするが、1周回ってとてもピュアな考え方に至ったので、これからまたがんばれそうだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


婚活 結婚

関連する投稿


「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

国籍が違う。それでも愛せますか? 宗教が違う。それでも愛せますか? 子供が産めないかもしれない、体が不自由である、何か障害を持っている、家族に問題がある……それでも愛せますか? 結婚って、それらを試すものなのかもしれません。誰にでもある“結婚の試練”について、いい女.botさんが綴ります。


やっぱりこの世は愛よりお金? 収入だけじゃない結婚後のお金事情

やっぱりこの世は愛よりお金? 収入だけじゃない結婚後のお金事情

婚活中の女性と話していると話題になるテーマは相手の条件。「お金? 愛?」または「お金? 性格?」。結婚相手に求める条件は人それぞれで、どんな条件の人と結婚すれば幸せになれるかはわかりません。それでも結婚の条件の中で「お金」は優先順位が高い。そこで、お金の専門家視点から年収以外にも知っておきたいお金の話をお伝えします。


若さよりも大事な婚活力は「笑う力」

若さよりも大事な婚活力は「笑う力」

婚活というと、「若さ」「美しさ」と成婚率が比例するように見えますよね。ですが、現実はそうではありません。たとえば、私の結婚相談所で最も成婚率が高いのは40代です。しかも40代の”再婚”が最も高いのです。妥協しているのか――と聞かれると答えはノー。そこには隠された秘密があるのです。


子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

結婚=「家族になること」。ふたりだけの家族になるのか、それとも子供を授かろうとするのかは、結婚生活を大きく変える重要な決断です。「実際には授かるかどうかはわからない」という不確定要素もあるテーマを、どのように考え、話し合えばいいのでしょうか。


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


最新の投稿


浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

アスリートが輝く“瞬間"をキャッチするグラフ・マガジン『moment on ice vol.2』が発売に。プロスケーター浅田真央さんの、プロスケーターとしての1st Stepを記録した1冊に仕上がっています。「THE ICE 2017」完全撮りおろしのほか、真央さんの13年の軌跡を振り返る豪華な内容です。


下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

面倒なジェルネイルのオフから、あなたを解放する「グランジェ ピールオフベースコート」が新登場。シールをめくるように、はがしたいときにはがすだけ。ジェルネイル用のピールオフベースコートです。


同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

北欧諸国であるデンマークは、世界に誇るデザイン大国です。日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念した展覧会が、9月9日(土)より、静岡市美術館で開催します。こちらの招待券を5組10名様にプレゼント。


自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

東証マザーズ上場会社の女性最年少取締役のキャリアを経て、2008年に衣食住に携わるコンサルティング会社を設立。 2014年には体験型イベント「日本女子博覧会」を発足し延べ4万人を動員。現在は日本の食文化やアニメ、アイドル市場に着眼した事業展開をするインタラクションメディアグループ取締役の東貴代さんにお話を伺いました。