約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


「うち来る?」

遅い時間から飲み始めて、終電を逃した平日の夜。タクシーをつかまえようとしたときに彼に言われた。彼とは、最近私が意識し始めた同じ会社の先輩。

「うちならすぐ近いし、明日そのまま会社行けばいいよ」

どうやら聞き間違えたわけではなかったらしい。いつもはふざけてごまかすのに、今回は真面目な感じに見える。

結局、この日は諸事情により自宅に帰ったが、すぐに彼の家に行かなかったことを後悔した。次いつ誘われるのかわからないから次こそは! と今から意気込んでいる。

■家には誘うのに「好き」とは返してくれない彼

この日はお誘いを断ったものの、「今日はワケあって家には行けないけれど、私はあなたのことが好きなんです。だからまた誘ってほしい」との旨は伝えた。彼は笑っていた。喜んで照れているようにも見えたけど、好きとは返してくれなかった。

彼と飲むときはいつも当日に決まる。私から誘ったこともあるけれど、彼から誘われることの方が多い。残業中に人がいなくなるタイミングで声をかけられたり、メッセージが届いたりする。

女性の大部分がそうだと思うが、飲みに行く日をあらかじめ決めてもらった方が良い。仕事も調整できるし、何かあったときのためにメイクやら下着やら準備ができるから。女性にはいろいろと準備が必要なのだ。

でも彼は違うみたい。約束をしたくないらしい。そういう男性はこれまでにもけっこういた。飲みに行く日もできれば約束したくないし、好きとも返さない。

彼らはきっとこれまで大変なことがあったのだろう。コミットすることを意識的に避けているんだろうなと思う。

■自由でいたい男は約束をしたがらない

誘ってくれるけど、約束はしない。
家には誘うけど、好きとは言ってくれない。
恋愛はしたいけど、結婚はしたくない。

婚活中のアラサー女性からしたらトンデモ野郎だが、そういえば私も20代の頃はこのタイプだった。自由でいたい派の人からしたらあたりまえの発想なのだ。

しかし最近私は、あわよくば年内に結婚&妊娠を狙っていて、次に付き合う相手には(結婚の)コミットをしてほしいと思っている。自由とは真逆の考え方だ。

そんな状況だから、今の私には自由を好む人は彼氏候補として最適ではない。冒頭の彼はこのままお気に入りとして、お互いにちょっと意識しているくらいが一番楽しいのかもしれない。ふたりで飲みに行くことがなくなれば、これまで通りの関係に戻るだろう。

■結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切にすることでは?

しかし、コミットしてもらうって一体どうしてもらえば、私は満足するのだろうか。お互い気になる段階で、「私はあなたと結婚を前提に付き合いたいと思っています。できれば年内に入籍したいです。さらにデキ婚でもいいと思っています」なんて言われたら……引くだろう。なんだか怖くてそんな人と付き合いたくない(笑)。

そうなると自分の言っていることがめちゃくちゃで、破綻していることに気づく。付き合う前の段階でコミットさせるなんてナンセンスすぎて、たとえコミットしたところで何の効力も発さない。よくこんなこと考えていたな……と猛省した。

今は、結婚という形式にとらわれずに、好きな人を大切にしていくのが結婚への近道なんじゃないかと考えるようになった。ちょっと強引な気もするが、1周回ってとてもピュアな考え方に至ったので、これからまたがんばれそうだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


婚活 結婚

関連する投稿


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

茂木商事株式会社が2018年2月1日にオープンする、少人数婚に向けた結婚式場紹介カウンター「minimal WEDDING(ミニマルウェディング)」。新郎新婦が考える、おふたりらしい、より上質で洗練された結婚式を叶えます。


選択の思考停止が、結婚を”人生の墓場”にする

選択の思考停止が、結婚を”人生の墓場”にする

なんとなく、結婚は恋愛のゴールと思ってしまうところがあるけれど、結婚のゴールはどこだろうか? 死だろうか。そう考えてしまうと元も子もないが、ゴールに向かうまでに私たちはいくつかの選択肢が用意されている。


女性の結婚のタイミングを考える。男女で異なる婚期を逃す理由

女性の結婚のタイミングを考える。男女で異なる婚期を逃す理由

女性が活躍できる機会も増え始め、結婚のタイミングが掴めないという方もたくさんいるのではないでしょうか? この記事では、世の働いている女性はどのように結婚のタイミングを見計らっているのかについてご紹介していきます。


結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚の現実的な問題として貯金、つまり「お金」があります。結婚式の資金やこれから生活していく上でのお金、新婚旅行。さまざまなところで費用がかかります。では、結婚前の資金としてどのくらい貯めておけばよいのでしょうか? 男女別に分けて詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい