約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


「うち来る?」

遅い時間から飲み始めて、終電を逃した平日の夜。タクシーをつかまえようとしたときに彼に言われた。彼とは、最近私が意識し始めた同じ会社の先輩。

「うちならすぐ近いし、明日そのまま会社行けばいいよ」

どうやら聞き間違えたわけではなかったらしい。いつもはふざけてごまかすのに、今回は真面目な感じに見える。

結局、この日は諸事情により自宅に帰ったが、すぐに彼の家に行かなかったことを後悔した。次いつ誘われるのかわからないから次こそは! と今から意気込んでいる。

■家には誘うのに「好き」とは返してくれない彼

この日はお誘いを断ったものの、「今日はワケあって家には行けないけれど、私はあなたのことが好きなんです。だからまた誘ってほしい」との旨は伝えた。彼は笑っていた。喜んで照れているようにも見えたけど、好きとは返してくれなかった。

彼と飲むときはいつも当日に決まる。私から誘ったこともあるけれど、彼から誘われることの方が多い。残業中に人がいなくなるタイミングで声をかけられたり、メッセージが届いたりする。

女性の大部分がそうだと思うが、飲みに行く日をあらかじめ決めてもらった方が良い。仕事も調整できるし、何かあったときのためにメイクやら下着やら準備ができるから。女性にはいろいろと準備が必要なのだ。

でも彼は違うみたい。約束をしたくないらしい。そういう男性はこれまでにもけっこういた。飲みに行く日もできれば約束したくないし、好きとも返さない。

彼らはきっとこれまで大変なことがあったのだろう。コミットすることを意識的に避けているんだろうなと思う。

■自由でいたい男は約束をしたがらない

誘ってくれるけど、約束はしない。
家には誘うけど、好きとは言ってくれない。
恋愛はしたいけど、結婚はしたくない。

婚活中のアラサー女性からしたらトンデモ野郎だが、そういえば私も20代の頃はこのタイプだった。自由でいたい派の人からしたらあたりまえの発想なのだ。

しかし最近私は、あわよくば年内に結婚&妊娠を狙っていて、次に付き合う相手には(結婚の)コミットをしてほしいと思っている。自由とは真逆の考え方だ。

そんな状況だから、今の私には自由を好む人は彼氏候補として最適ではない。冒頭の彼はこのままお気に入りとして、お互いにちょっと意識しているくらいが一番楽しいのかもしれない。ふたりで飲みに行くことがなくなれば、これまで通りの関係に戻るだろう。

■結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切にすることでは?

しかし、コミットしてもらうって一体どうしてもらえば、私は満足するのだろうか。お互い気になる段階で、「私はあなたと結婚を前提に付き合いたいと思っています。できれば年内に入籍したいです。さらにデキ婚でもいいと思っています」なんて言われたら……引くだろう。なんだか怖くてそんな人と付き合いたくない(笑)。

そうなると自分の言っていることがめちゃくちゃで、破綻していることに気づく。付き合う前の段階でコミットさせるなんてナンセンスすぎて、たとえコミットしたところで何の効力も発さない。よくこんなこと考えていたな……と猛省した。

今は、結婚という形式にとらわれずに、好きな人を大切にしていくのが結婚への近道なんじゃないかと考えるようになった。ちょっと強引な気もするが、1周回ってとてもピュアな考え方に至ったので、これからまたがんばれそうだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


婚活 結婚

関連する投稿


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

仕事ができて稼ぎのいい、いわゆる「ハイスペックな男」は当然、婚活市場において相変わらず人気である。とくに女が強くなったこの時代、キャリアを重ねるほど、「自分よりも能力のある男がいい」という人は多い。まあ、わからんでもないけれど――。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

「婚内婚活」という馴染みのない言葉。今まで聞いたこともないような婚活の形に困惑する伊藤有紀……。胸の内にどこかモヤモヤしたものを抱えた有紀を気遣い、友人の瑛子が連れて行ってくれた場所は、銀座の高級サロンだった。婚活における瑛子の次なる戦略とは――? 連載「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ 」第23話。


「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」「結婚したいけど出会いがない」と不満を言う女性、素敵な男性と付き合って、ますます成熟していく女性――両者の違いは何か? なぜ、いい男は皆結婚しているのか? どうすれば素敵な独身男性と出会い、パートナーになれるのかを紐解いていきます。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。


DRESS部活