人生好転の秘訣は「受け入れ力」

人生好転の秘訣は「受け入れ力」

人生を好転させる秘訣は受け入れ力を高めること。あなたはいま、どれくらい現状を受け入れることができていますか? あれこれなんとかしたいと思うなら、まずは一息ついて落ち着いて、現状を受け入れるところからスタートしてみましょう。心にゆとりが生まれれば、そこから道は開けていきます。


■人生好転の秘訣――あなたの心の「受け入れ力」はどれくらい?

あれこもれも、なんとかしたい。

1.受け入れ力(うけいれりょく)とは

人生好転を望むということは、何かしらの解決したい問題があり、事の大小はさておき、いろいろ考えたり手を打ったりはするけれど、解決の糸口が見えないという状況ではないでしょうか。

そんなときはいったんその問題は横に置いて、自分の「受け入れ力(うけいれりょく)」を確かめてみましょう。

受け入れ力とは、現状をありのままに受け入れる心の余裕のこと。心の余裕が大きい人は、受け入れ力が高いといえますし、心の余裕が少ない人は、受け入れ力が小さくなっているということです。

心の余裕を取り戻して受け入れ力を高めれば、あなたが抱える問題も、意外な展開で解決へと向かいます。

2.受け入れ力アップのカギは「あきらめて、開き直って、責任転嫁!」

人生好転を願って心を悩ます人の多くは、真面目で、責任感があって、一生懸命な人。そう、いわゆる「いい人」です。そして、いい人であればあるほど、現状や問題に胸を痛めてしまいがちなのです。

そんなときは「あきらめて、開き直って、責任転嫁!」してしまいましょう。

わたしのせいじゃないもん!

といっても、これは自分の心の中で、自分の気持ちの問題としてのこと。実際に誰かに宣言する必要はありません。

「いい人」の多くは、その真面目さや責任感ゆえに、問題を自分で何とかしようとしてしまいがち。

でも、実際のところ、問題は自分1人で解決するより誰かと一緒に解決していくことが多いし、また、個人的な問題だとしても、誰かの何気ない一言や、ふと手に取った雑誌、目にしたブログの記事などで思いがけずアイデアがひらめいて解決した、大丈夫になったなどの経験もあるでしょう。

なにより問題が問題として続いてしまうのは、そこに新しい意見や新しいアイデアが入ってこないから。そして、その原因は、物事を自分1人で抱え込んでしまう思考のクセにあることが多いのです。

そのクセを手放すためにも、いちばんやってはいけない(と思い込んでいる)「あきらめて、開き直って、責任転嫁!」を心の中でやってしまうのはとても効果的です。

3.「あきらめて、開き直って、責任転嫁!」って、どういうこと?

「あきらめる」といっても、いろいろな「あきらめる」があります。

自分1人で何とかしようとすることを「あきらめ」て、誰かに協力を求めることも大切だし、どうせやらなきゃいけないんだからと「あきらめ」て、まっすぐ向き合うことも必要かもしれません。

「開き直って」は、そのまま。

「もういい! やるしかないんだから、やる!」とか、「どうせなるようにしかならないんだから、やる!(あるいはやらない!)」とか。

そして「責任転嫁」は、ちょっと解説が必要です。

「こんなことになったのは、○○のせい!」「人間だもの、間違うことやミスすることもある!」と、自分以外の何かのせいにして責任転嫁するのですが、ここで大切なのは、自分の心の中だけでも誰かや何かに責任転嫁することで、自分を責める気持ちをなくすこと。

そんなに自分を、責めなくてもいい。

現状をなんとかしたい、人生を好転させたいというときいちばんネックになるのが、理由は何であれ「自分を責めてしまうこと=罪悪感」なので、それをなくすのがここでの最大の目的なのです。

心の中は、あなた以外の誰にも決して覗かれません。そこで何をどう思おうと、誰に責められることも何かを指摘されることもない、あなただけの完全な自由。心の中で思う存分に責任転嫁をして、気分をすっきりさせましょう!

4.受け入れ力が高まると、人生好転のサイクルが回り始める

自分の心の中で「あきらめて、開き直って、責任転嫁!」が上手になってくると、ぐるぐる悩んでしまう時間が短くなります。また、自分を責める気持ちも少なくなってくるので、気持ちはぐっと楽になります。

悩む時間が短くなり、気持ちが楽になってくると、そこには心の余裕も生まれます。心に余裕ができると、違う意見や新しい考え方も受け入られるようになりますし、ふとしたひらめきや予想外のいい出来事が起こって、物事に新たな展開も生まれることでしょう。

思わぬいいことだって、もうすぐ。

そして、

「確かにこれは問題だけど、10分後でもこうしてネットは見られるよね」
「確かにこれは問題だけど、1時間後もコーヒーは飲めるよね」
「確かにこれは問題だけど、1週間後も住むところはあるよね」
「確かにこれは問題だけど、1ヶ月後も暮らしてはいるよね」

というように、まだ何も起こってない未来に不安を抱くことがなくなり、いま自分ができることに集中できるようになります。

いま自分ができることをやれば、そこには必ず具体的な結果が生まれ、それがステップとなって次に自分ができることが生まれます。

「いまできることに集中し、いまできることをやっていく」というサイクルは、次第にいろいろな方向へと展開していきます。それはそのまま人生好転のサイクルとなり、自然と問題は消え、新しいステージでのびのびと活躍する自分に出会えることでしょう。

■ありのままを受け入れる、それが人生好転の秘訣

昨日までの自分は、もう卒業!

何も足さない、何も引かない、何かの途中で発展途上――それが私たちの本来の姿であり、いちばん自然な姿です。

現状も、自分自身も、ありのままで受け入れる。それが人生好転の秘訣。

面倒なことが起こっても、あきらめて、開き直って、責任転嫁! いまできることに集中し、いまできることをやっていく。

できることから少しずつ、受け入れ力を高めていって、心から笑顔になれる人生を歩んでいきましょうね。

この記事のライター

ことばデザイナー/映像作家。Podcastナビゲーターやコーポレートメッセージ、ブランドストーリーのライティング、WebCM制作などクリエイティブ関連の仕事に携わる傍ら、Ameblo「最高の人生の見つけかた」で、日常生活をよ...

関連するキーワード


人生 人生を好転させる

関連する投稿


過去を振り返って自信に変えることは、疲れたときの対処法になる

過去を振り返って自信に変えることは、疲れたときの対処法になる

疲れたときの対処法を知りたい人へ――。前を向いて一歩ずつ進みながらがんばっている。そうして未来に向かう途中で「過去」を振り返ってみるのはどうだろう。今の自分がいるのも、明日の自分をつくるのも、これまでの積み重ねだから。がんばるあなたに自信を贈るショートストーリーです。


決められない女にさよならを

決められない女にさよならを

決められない女というのは、“不安”が強い女性、対して強い女というのは、然るべきときに意思決定を下し、次のステップへと跳び箱をポーンと飛んで、抜け出していく女性、とも言い換えられそう。勇気を出して、跳んでみよう。跳べる力はとうについているのだから。


悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

不幸自慢をする人は少なくない。人の不幸は蜜の味というけれど、自分の不幸話をするときはなんともいえない快感に襲われる。そんな経験をしたことはないだろうか。不幸な話というのは、本当のところは自分がかわいくて仕方がないときに、ついしてしまうものなのかもしれない。


疲れたときには「甘いもの」に心をゆだねてみる

疲れたときには「甘いもの」に心をゆだねてみる

疲れたときは目の前にある甘いもの、美しいものに、ただただ心をゆだねてみませんか。考えすぎて、悩みすぎて、少しずつ溜まっていく疲れに目が回る……そんな日は未来への不安はいったん置いておいて。がんばるあなたに「ごほうび」を提案するショートストーリーです。


私の人生が好転したきっかけ(5)自分につらい環境を与えるのをやめる

私の人生が好転したきっかけ(5)自分につらい環境を与えるのをやめる

普通の主婦である私の人生が好転したきっかけは、5つの「やめる」を実践したこと。5つめは、実はつらいと感じている環境を、無意識のうちに自分に与えることをやめたこと。自分自身に無理をさせたり、我慢をさせたりすることは決して美徳ではありません。自分を大切に、丁寧に扱うことは人生好転における重要なアクションなのです。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。