映画『ラ・ラ・ランド』がデートムービーとして最悪な理由、あるいはなぜ世界に音楽が必要なのか。

映画『ラ・ラ・ランド』がデートムービーとして最悪な理由、あるいはなぜ世界に音楽が必要なのか。

映画『ラ・ラ・ランド』が第74回ゴールデングローブ賞で7部門、第89回アカデミー賞で6部門を受賞する快挙を成し遂げた。PR/クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんは「デートムービーとしては最悪」と語る。その理由はこの映画が、観る者全員に、胸の中に封印している「特別なあの人」を思い出させるからだ。


先週金曜の24時40分から、六本木ヒルズのTOHOシネマズで2回目の『ラ・ラ・ランド』をキメてきた。

もちろん1回目と2回目で、観にいった相手は別の女性だ。

1回目も2回目も、観終わった後、心の痛みが膝にきて立ち上がるのに時間がかかった。甘いビジュアルと、明るい音楽に騙されるなよ。この映画はデートムービーとしては最悪だ。なぜかって?

■映画『ラ・ラ・ランド』は観るドラッグだ

『ラ・ラ・ランド』は日本でも2月から公開され、先日のアカデミー賞ではちょっとしたハプニングに話題をさらわれながらも、6部門受賞という快挙を成し遂げた。

“キメてきた”というのは、ぼくの周りで最近流行っている言い回しで、イケてる映画を観たという意味。中毒性の高い映画を見たときの高揚感・没頭感をドラッグとかけている。

『シン・ゴジラ』や『マッドマックス 怒りのデスロード』なんかがその対象だった。これらの映画は間違いなく観るドラッグだ。

ただし、観終わったあと爽快でハイになる前述の2作品がアッパー系のドラッグだとするならば、『ラ・ラ・ランド』は観たあと、どっぷりと落ち込み、立ちくらみに襲われ、気だるい気持ちになるダウナー系のドラッグだ。

手に負えないのは、豪華絢爛で心地よい音楽・ミュージカルシーンに包まれた甘い絶望がクセになって、何度でも観たくなってしまうこと。そして、多幸感に包まれた広告に踊らされた女子たちが“『ラ・ラ・ランド』観たーい! 素敵そうだよね、アカデミー賞いっぱい獲ったんでしょ”なんて言いやがるから何度でも観にいく理由ができてしまう。

来週も再来週も週末の深夜に僕は六本木ヒルズの映画館で甘い絶望に打ちひしがれ、帰り道のけやき坂、浮かない顔で踊るのだ。劇中の楽曲『Another Day Of Sun』をたどたどしい英語で口ずさみながらね。

『そして誰かに拒絶されることがあっても また朝はやってくるから』

■『男は女が変わらないと信じて恋愛をする。しかし、女は必ず変わってしまう。女は男が変わってくれると信じて恋愛をする。しかし、男は決して変わらない』

前置きが長いのはもちろん、ネタバレを防ぐためだ。ここから先は、『ラ・ラ・ランド』の物語の核心に触れつつ、この映画がいかに素晴らしいか。そして、それゆえに絶望的にデートムービーに適さないわけを説明する。

作品のストーリーはとてもシンプルだ。女優を目指す若い女と、ジャズクラブを開くことを夢見る若いピアニストの男がハリウッドで出会い、最初は反発しながらも恋に落ちる。そして2人はそれぞれのやり方で夢を叶えるが、別々の道を歩むことになる。

物語から学べるのはシンプルなことだ。

『男は女が変わらないと信じて恋愛をする、しかし、女は必ず変わってしまう。
女は男が変わってくれると信じて恋愛をする、しかし、男は決して変わらない』

・・・といういつものラブストーリーと同じ、僕たちが何度も何度も自覚しては忘れてしまう恋愛のすれ違いのルールだ。主人公のセバスチャンがことあるごとに奏でるピアノの楽曲はしつこいほどに同じメロディだもんな。

■女の恋は上書き保存、男の恋は別フォルダ保存

物語自体はどこにでもある平凡なものだ。だからこそ、この映画は僕たち普通の人々全員の胸を切実に締め付ける。

誰にでもいるだろう。“あのとき、あの人を選んでいれば自分の人生はどうなっていたのだろう”と思わずにはいられない人が。

しかし、選ばなかったからこそ、今の人生があるのだ。どれだけ記憶が甘美なものだったとしても、今の人生を守ることが、今の自分のいちばん大切なことなのだ。だから誰もが、その人のことをなるべく思い出さないようにしている。

『ラ・ラ・ランド』は誰もが胸の奥にしまっている「あの人」の思い出を強制的に再起動させる。

映画のラストシーン、女は女優として成功し、別の男と家庭を築いている。ある夜、女が夫とジャズクラブを訪れる。そこはかつて愛した男が、開いていたジャズクラブ。

男はステージでピアノを弾いていた。2人は視線を交わしお互いに気づく。その瞬間、かつて2人の過ごした日々が鮮やかに蘇る。

あのとき、あぁしていれば、あぁなったかも……という“あり得たが、そうはならなかった理想の日々”が美しく煌びやかな音楽とともに描かれる。

そして2人は、一瞬の思い出から目を開き、それぞれの暮らしに戻る。去っていく彼女を見送る男の表情で映画は幕を閉じる。

女は別の人生を前向きに歩み、男は思い出にとらわれながらまたあの頃と同じメロディをピアノで奏でる。女の恋は上書き保存だが、男の恋は別フォルダ保存と言われるように。

こんな悲しい物語を、今愛している人と観ていったい何を語るのだ。それぞれが過去に愛した、今はそばにいない誰かのことを思い出して語り合うのか?

そんな残酷なコメディはハリウッドでは映画にならない。でも、そんな風に過去の恋愛を美しく思い出して「あれはあれで必要だったこと」と整理することが、今の人生を肯定する力になるのかもしれない。この映画のラストシーンがハッピーエンドだって言えるくらい、強くなりたい。

(後輩のとても優秀な20代の女子コピーライターが『あれはハッピーエンドでしょ』って断言してて、心が折れそうになったことはこのコラムとなんら関係ないからね)

■普通の人生にこそ音楽が必要なのだ

そして『ラ・ラ・ランド』が僕たちをたまらなく惹きつける仕掛けがもう1つある。最大の特徴であるきらびやかなミュージカルシーンの意味だ。

通常、ミュージカル映画では、登場人物の気持ちが高まり、物語が加速する瞬間に音楽・歌唱シーンが始まる。だが、『ラ・ラ・ランド』は少し違う。

映画史に残るであろうオープニングのミュージカルシーンは渋滞のハイウェイで始まる。そして、そのあとも、「ヒロインが気乗りしないパーティに向かうとき」や「プリウスを駐車していた場所がどこかわからなくてうろついているとき」といったなんでもない、ちょっとモヤっとするタイミングで、たまらなくハッピーなミュージカルシーンが始まる。

つまり、この映画において、音楽はなんでもない日常の、ちょっと停滞した時を美しく一変させる力そのものとして描かれているのだ。
物語の主軸をなす男と女の恋愛の物語も同じように、誰にでもありえる陳腐な物語だ。そのことがまさに象徴しているように、世界には豪華絢爛なミュージカルの主人公はそんなにたくさん生きていない。この世界を生きるのはこの映画の主人公たちと同じ普通の人々だ。

そんな普通の人々である僕たちの日常においては、思わず歌いたくなるときよりも、むしろ歌でも歌わないとやっていられないときの方が多い。ぼくたちの普通の人生にこそ、音楽が(そしておそらく恋愛も)不可欠なのだと、『ラ・ラ・ランド』は声高に歌う。

『少しの狂気がスパイスになる。世界に新しい色を与える』

■『ラ・ラ・ランド』はあなたのための映画だ

『ラ・ラ・ランド』は誰もが胸の奥に密かにしまっている、選ばなかったもう1つの人生へのレクイエムだ。過去を美しく埋葬することで、今の人生を改めて強く肯定するための映画だ。

そして、普通の人生に、すべての日常に、音楽の力が必要であることを証明する物語でもある。

だから、やっぱり、この映画は僕の映画であり、君の映画であり、そして彼女の映画でもあるのだ。

来週の金曜の深夜も僕は、その夜はそばにいてくれる誰かと3度目の『ラ・ラ・ランド』をキメるだろう。そして今はそばにいない大切な誰かのことを思い出してクラクラするのだ。『人混みの中の誰かが、行きたいところへ連れて行ってくれる相手かも』なんて歌いながら。



映画部で試写会に行こう。DRESS部活の入部・会員登録(無料)はこちら
募集中のイベント・プレゼントはこちら

この記事のライター

踊れるタイプの良く喋るデブ。

The Breakthrough Company GO 代表取締役 PR/CreativeDirector 株式会社クリエーターエージェント 取締役 プロデューサー 渋谷区観光協会プロデューサー 太った男性のためのファ...

関連するキーワード


映画 恋愛

関連する投稿


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


【チケプレあり】映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』特別試写会にご招待

【チケプレあり】映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』特別試写会にご招待

実話を元に書籍化もされた奇跡の実話を映画化。映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が12月16日(土)から全国公開。公開に先駆けてDRESSメンバーズの方20組40名様を特別試写会にご招待します。


菅田将暉の過激な濡れ場も!R15+指定のボクシング青春ドラマ『あゝ、荒野』に熱くなる - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#24

菅田将暉の過激な濡れ場も!R15+指定のボクシング青春ドラマ『あゝ、荒野』に熱くなる - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#24

前篇が現在絶賛公開中の『あゝ、荒野』。10月21日(土)から後篇が公開となる本作は、1960年代の劇作家・寺山修司が遺した唯一の長編小説を、『二重生活』の岸喜幸が映画化した骨太なボクシング青春映画です。菅田将暉、ヤン・イクチュンをW主演に迎え、若者たちの孤独と葛藤を、前後篇あわせて5時間超のボリュームで描き切ります。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


最新の投稿


手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

水、油、フッ素のミルフィーユベールで、手のうるおいがずっと続く。マナラ ハンドケアベールが、11月15日(水)数量限定で発売します。


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


おっぱい