冷めやらぬパクチー熱! デトックス効果も期待できるパクチー常備菜3品

冷めやらぬパクチー熱! デトックス効果も期待できるパクチー常備菜3品

いまだに人気が冷めやらない「パクチー」。料理に載せるだけじゃない、パクチーを使った常備菜レシピを3つご紹介します。パクチーにはデトックス効果も期待できるので、美容にこだわる人はぜひ挑戦してみてくださいね。


こんにちは料理研究家の河瀬璃菜です。突然ですが、みなさま、パクチー好きですか?

昨年からまだまだパクチーブームが続いてますね。その独特の香りと味わいから人気に拍車がかかっています。

そんなパクチーですが、ただ美味しいだけではないのです。実はパクチーは、デトックス効果、様々な美容・健康効果も期待できる食材なのです。

いつもは、料理に載せていただけのパクチーも、作り置きのできる常備菜としていただくと、より一層パクチーを楽しむことができますよ! それではパクチーを使った作り置きレシピをご紹介します。

■混ぜるだけ! もやしとパクチーの病み付きあえ

材料(2人分)

もやし・・・1袋
パクチー・・・50g
ささみ・・・200g
桜エビ・・・3g
オイスターソース・・・大さじ1と1/2
すりごま・・・小さじ1
ごま油・・・小さじ1
ラー油・・・適量

作り方

1、パクチーは3cm幅に切る。ささみは筋を取り、酒と塩(分量外)を適量ふり、ラップで包み、600wの電子レンジで3~4分加熱し、あら熱が取れたらほぐす。
2、もやしは耐熱ボウルに入れ、ラップをかけたら600wの電子レンジで2分加熱し、水気をきる。
3、材料を全てボウルに入れ良く混ぜ合わせる。

保存期間:冷蔵庫で4〜5日

桜エビとオイスターソースの旨味とコクのおかげで、淡白な味わいのささみともやしも、箸が止まらない病みつきおかずに!

体内に溜まったヒ素、水銀などは、肌荒れ、便秘、代謝を下げる一因とも言われています。

そういった毒素を輩出してくれるキレート作用という働きをパクチーは持っているので、デトックス効果も期待できますよ。

■コクうま! エスニックポテサラ

材料(2人分)

じゃがいも・・・3個
ツナ缶・・・1缶(70g)
パクチー・・・50g
赤、黄パプリカ・・・各1/2個
ミックスナッツ・・・15g
ブラックペッパー・・・適量
「A」
ナンプラー・・・大さじ1
マヨネーズ・・・大さじ2
にんにく(すりおろし)・・・1かけ分

作り方

1、パクチーをざく切りにする。赤、黄色パプリカは1cm角に切る。ミックスナッツは粗みじん切りにする。
2、じゃがいもは皮をむいて4等分に切ったら耐熱ボウルに入れてラップをし、600wの電子レンジで5〜6分加熱する。
3、じゃがいもを熱いうちに潰したら材料を全て加え、Aとよく混ぜ合わせる。

保存期間:冷蔵庫で4〜5日

いつものポテトサラダも、パクチーを使い、ナンプラーで仕上げれば、一気にエスニック風味に!

パクチーには、老化の原因でもある活性酸素を除去する効果が期待できるβカロテン、ビタミンCが豊富に含まれています。

加熱するとビタミンCが現象してしまうので、生で食べることをオススメします。さらにマヨネーズなどの油と合わせることでβカロテンの吸収を高めてくれると言われていますよ。

■アレンジ自在! パク団子

材料(2人分)

鳥ひき肉・・・300g
玉ねぎ・・・1/2個
パクチー・・・50g
パクチー(飾り用)・・・適量
A
片栗粉・・・小さじ1
ナンプラー・・・大さじ1
生姜(すりおろし)・・・1かけ分
カレー粉・・・小さじ1/2
ブラックペッパー・・・適量

作り方

1、玉ねぎ、パクチーはみじん切りにする。
2、ボウルに飾り用のパクチー以外の材料を全て入れ、粘り気が出るまで混ぜ合わせる。
3、2を丸めて、沸騰したお湯で3〜4分茹でる。食べるときはお好みでチリソースをつけて食べても◎

保存期間:冷蔵庫で4〜5日

保存の際は、茹で汁ごと冷まして、清潔な保存容器に入れ冷蔵庫で保存してください。茹で汁ごと冷まし、保存袋に入れ、冷凍も可能です。

常備菜は日が経つと水分がでて味が薄まることも。食べてみて薄いと感じたら、塩で味を調えてください。

パク団子にしておけば、甘辛く味付けしたり、鍋やスープに入れたりとお好みの調理方法で楽しむことができます。そのまま食べる場合はチリソースなどつけても美味しいですよ!

■パクチーの簡単レシピでデトックス!

食物繊維が豊富に含まれたパクチーは便秘解消や、整腸作用が期待でき、その結果、美肌の維持や免疫力の向上のサポートもしてくれます。

パクチーをたっぷりと使った常備菜3つ。どれも簡単にできて普段の食事にも取り入れやすいので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

料理研究家・フードコーディネーター。愛称は「りな助」 1988年5月8日生まれ。福岡県出身。フードクリエイティブファクトリー所属 「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」という意図に基づき、レシピ開発や料理教室...

関連するキーワード


レシピ

関連する投稿


野菜が主役。きれいになれる作り置きレシピ3つ

野菜が主役。きれいになれる作り置きレシピ3つ

野菜を主役にした作り置きレシピを3つご紹介します。さっと準備して一晩寝かせておけば、翌朝には食べられる、簡単に作れてきれいになれる作り置きレシピを試してみて。


【レシピ】ナムル、和え物……ほうれん草3变化を楽しむ

【レシピ】ナムル、和え物……ほうれん草3变化を楽しむ

ほうれん草のレシピといえばおひたしが定番。でも、ナムルや塩こうじを使った和え物など、実はほうれん草、いろいろと挑戦できる万能野菜なんです。和風・韓国風・洋風の3つのレシピをご紹介します。


【レシピ】30分で4品!簡単ヘルシーなおつまみの作り方

【レシピ】30分で4品!簡単ヘルシーなおつまみの作り方

晩酌のおつまみは簡単でヘルシーなものに限る――夜遅くに帰ってくる忙しい女性にとって、これはマストともいえるおつまみの条件。お酒は飲みたいけれど太りたくない。すぐに食べたい。そんな女性向けに簡単でヘルシーなおつまみを4つ、材料と作り方を豊富な写真で解説します。


何にかけても美味しい!万能すぎる簡単調味料「かけるアヒージョだれ」 の作り方

何にかけても美味しい!万能すぎる簡単調味料「かけるアヒージョだれ」 の作り方

アヒージョといえば、スペインおつまみの定番ですが、作るのが面倒そうというイメージはありませんか? 今回ご紹介するのは、調味料と自宅にある香味野菜だけで、簡単に作ることができる「かけるアヒージョだれ」。作り方を覚えて、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。


【レシピ】玄米甘酒を炊飯器で作ろう

【レシピ】玄米甘酒を炊飯器で作ろう

玄米甘酒は炊飯器さえあれば簡単に作れます。玄米甘酒の基本のレシピとアレンジメニューを2品ご紹介。材料も道具もとてもシンプルな、炊飯器で作る玄米甘酒レシピを読んで、挑戦してみてくださいね。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。