見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


■SNSで見栄を張る意味

SNSへ投稿し「いいね!」を集めるために、ブランドものを購入したり、高級レストランへ行ったりというのを、無理をしてまでやっている人がいる、と聞いたことがある。

ブランドものが好きで買ったり、高級レストランが好きだから行ったりするならいいけれど、見栄を張るためにやっている行動だというのだ。SNS依存症なのだろうか……虚しく感じられてならない。

■何の意味が?見栄を張り合うママ友たち

バッグ

でもこの現象、SNSよりももっと身近なところでも、普通にあることだと耳にする。ママ友たちの間である。

保護者会や参観日、学芸会など、皆揃ってブランドもののバッグを持ってくる。ママたちの「制カバン?」と思ってしまうほど。

会う度に新しいバッグを持ってくる人もいる。今日は新型、次は新色……同じバッグを見かけることはない。

“そんなに次々と高価なバッグを買えるもの?”
“ご主人って一体何をしている人?”

周りの人たちの脳裏に「?」がたくさんよぎる。

そして、何かの拍子にそれが偽物だったことが判明する。一番驚くのは、その偽物といわれるものでさえ、何十万円もするということ。

そこまでしてブランドものが必要で、常に新しいものを持っておかないといけないのだろうか。

■うわべだけで褒められて嬉しい?

「見栄を張る」とは人の目を気にする、うわべを飾ったり外見を繕う、ということ。

他人から注目されたい。イケている人たちの仲間に入りたい。そして、優位に立ちたい。そんな気持ちの表れなのかな?

たとえば「◯◯さん、これ素敵なバッグね」「◯◯さんはバッグをいろいろ持っていて羨ましいわ」なんて言われて本当に嬉しいのだろうか?

その場しのぎの優越感。本当にくだらない見栄の張り合いだと思う。その根本的な原因は、自分に自信がない、ということ。

そんなことを繰り返していたら、心が病んでしまい、負のスパイラルに陥って抜け出せなくなる。

■見栄を張る意味なんてない

見栄を張ることに時間とお金と労力を使うなら、それを自分磨きに転換しましょうよ!

映画を観たり、読書をしたり、美術館に行ったり、綺麗な風景を見たり、旅行したり……と内面に栄養を与える時間に費やすのは価値のあることだと思う。

体を鍛えたり、エステに行ったりと外見を磨くのもいい。語学や何かの勉強をして教養を身につけるのも素晴らしいこと。

将来の自分への「投資」になるような時間を費やしましょうよ。見栄を張る意味なんて何もない。

他人の目を気にしてうわべだけ繕って人と接する自分と、内面に自信を持ち堂々として人と接する自分。あなたはどちらの自分になりたいですか?

もうすぐ新学期が始まる。女同士のお付き合い、とくにママ友のお付き合いは大変だけれど、ありのままの自分を受け入れてくれる人たちとお付き合いすること。

自分らしさを大切に。大事なことを見失わないように。“素”が素敵な自分磨きを心がけましょうね。

貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


SNS ママ友

関連する投稿


かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

世の中には「かまってちゃん」な人たちがいる。気がつくと自分がなっている場合も。決して、かまってちゃんになるのは悪いことではない。ただ、常軌を逸すると、当然のことながら「みっともない女」になってしまう。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

SNSによって「伝える」ことは簡単にできるようになりました。”いいね!”のボタンの種類は増えて、LINEのスタンプだって日々新しくなる。楽だけれど、本当にそれだけで充分伝えられているでしょうか。せっかくならもう少し相手と近くなれるような、今日はそんな伝え方をしてみませんか。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。