春まで楽しめるホワイトコーデのすすめ

春まで楽しめるホワイトコーデのすすめ

ホワイトコーデに憧れるけれど、なんだか難しそう……。どんな組み合わせにすればいいの? そんな方へ3タイプのホワイトコーデをご紹介。ワントーンで作るホワイトコーデは小物類で遊べて、自分らしい雰囲気を演出できる、自由度の高いコーデといえるのです。


■ワントーンコーデは難しくない

トップスの色とボトムスの色を同色にする「ワントーンコーデ」。素敵なコーデですが「難しそう」というお声をよく伺います。

私がお客さまなどから聞く限り、ワントーンコーデを難しいと感じてしまう理由の上位3つは、
1.組み合わせがあっているのか自信を持てない
2.色使いが難しい
3.メリハリがつかなくて着太りしそう
などでしょうか。

一方、ワントーンコーデを簡単に素敵に見せるコツをお伝えすると、
・洗練している
・大人の女性な感じがして嬉しい
と喜ばれることが多いです。

今回はワントーンで作る「ホワイトコーデ」を3パターンご紹介したいと思います。

■トレンドカラーをポイントにしたホワイトコーデ

以前コラムでご紹介した、今年らしい色のミニバッグをポイントにしたコーデです。

ニットとパンツはどちらもベーシックな形。お手持ちのホワイトカラーも、主役にするアイテム次第でもコーデしやすくなります。

1色でまとめるワントーンコーデだからこそ、トレンドカラーのバッグをとびきり素敵に見せることができます。

そして、最も大事なポイントは、ヒールの靴で仕上げること。大人の洗練された女性になりますよ。

ミニバッグが春夏トレンド。ZARAのU2,000円ミニバッグで大人かわいいコーデに

https://p-dress.jp/articles/2902

ミニバッグが今年の春夏ファッションのトレンド。各ブランドからも続々と登場し人気を集めています。ミニバッグをワンショルダーで持って、軽やかな春らしいファッションを楽しんでみては。

Uniqlo Uのメンズニットで「上品&フェミニン」コーデに仕上げるコツ

https://p-dress.jp/articles/2685

UNIQLOの新コレクション「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」から発売されたメンズのニット「ミラノリブモックネックセーター」を用いたコーデをご紹介。コスパで選ぶならメンズニットもおすすめです。メンズニットを「上品&フェミニン」に楽しんでみましょう!

■スポーツミックスを上品に仕上げるホワイトコーデ

アディダスのスニーカーでスポーツミックスコーデを楽しむホワイトコーデです。

アウターはホワイトカラーのMA-1をチョイス。カーキや黒のMA-1より上品に仕上げてくれます。

ホワイトMA-1で仕上げたホワイトコーデなら、好きな色や形、ブランドのスニーカーを合わせて、上品な雰囲気でスポーツミックスコーデを楽しめること間違いなし。

今年はNIKEのAIR MAX、コンバースのハイカットスニーカーなども、ホワイトコーデにおすすめです。

大人な上品コーデに仕上げるコツは、チェーンバッグなどカジュアルバッグとは真逆のアイテムを持つこと。ここでトートバッグをチョイスしてしまうと、どカジュアルになってしまうので要注意です。

パリのCHANEL。
CHANELのブティック内はハイカットスニーカーが並んでいます。

■スカーフでメリハリを叶えるホワイトコーデ

この春おすすめなのが、ウエストマークをしたコーデです。サッシュベルトやスカーフを使ってウエスト位置を作る80年代風ファッションが、今春はトレンドになります。

シャツで作るコーディネートはルーズな雰囲気でメリハリがなくなりがち。ウエストに少し太めに折ったスカーフを巻くだけで、ウエスト位置をきれいに作れてメリハリができます。

今回は手持ちのスカーフをウエストに巻き、ワントーンコーデにポイントを作ってみました。ゴムのパンツやスカートを履いたときに、ゴムの目隠しにもなるのでおすすめです!

■ワントーンコーデは万能

今回はワントーンで作るホワイトコーデを紹介しましたが、ワントーンコーデは選ぶ色次第で、好きな色で好きな雰囲気を演出できる自由度の高いコーデです。

ネイビーなら「知的で清潔感抜群」、グレーなら「上品でリッチな雰囲気」に。なりたい雰囲気をとことん楽しめますよ。

ホワイトコーデは真っ白だからこそ、シューズや小物で雰囲気作りができます。決して難しくはありません。

冬のホワイトコーデは大人かわいく、春のホワイトコーデは爽やかに。わたしらしい大人のホワイトコーデを楽しんでくださいね。

この記事のライター

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード


CHANEL GUCCI UNIQLO ZARA

関連する投稿


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


UNIQLOリブバレエネックTでつくる、大人フェミニンコーデ

UNIQLOリブバレエネックTでつくる、大人フェミニンコーデ

UNIQLOのリブバレエネックTは、リブ×バレエネックのすっきりした、女性らしい美シルエットが特徴的なトップス。ニットを着るにはまだ早い。そんな時期におすすめな美人度が上がる7分袖Tシャツです。黒いリブバレエネックTを用いた着こなしを3種類ご紹介します。


1枚で旬コーデ。UNIQLOグレンチェックパンツがあればいい

1枚で旬コーデ。UNIQLOグレンチェックパンツがあればいい

グレンチェック柄が今秋のトレンド。UNIQLOのグレンチェックのパンツを主役にしたコーデをご紹介します。レトロ感、70年代感を取り入れたコーデをこの秋、しっかり楽しんで!


1枚でこなれ感。Uniqlo UのクルーネックTシャツで秋色を意識

1枚でこなれ感。Uniqlo UのクルーネックTシャツで秋色を意識

Uniqlo UのクルーネックTシャツを用いたコーデを3つご紹介します。Uniqlo UのクルーネックTシャツの中でも、わたしが選んだのは秋色のボルドー。カジュアルになりすぎない、きれいめなコーデに仕上げました。キモとなるのは小物使い。合わせるバッグでも印象が大きく変わるはずです。


1枚で高見え。UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツが夏に活躍

1枚で高見え。UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツが夏に活躍

UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツは、夏にサラッと履けるだけでなく、着こなしを上品に見せてくれる優秀ボトムス。1枚で高見えし、コーディネートを格上げしてくれるUNIQLOのドレープワイドアンクルパンツを主役にしたコーデを3パターンご紹介します。


最新の投稿


ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

胸下まであったロングヘアをばっさり切ってボブヘアにしました。最初は単なる気分転換のつもりでしたが、思い返すと、5年前に経験したある出来事とリンクしていることに気づいたのです。当時の話を交えながら、ボブにしてみての所感などをお伝えします。


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


おっぱい

MENU

DRESS部活