春まで楽しめるホワイトコーデのすすめ

春まで楽しめるホワイトコーデのすすめ

ホワイトコーデに憧れるけれど、なんだか難しそう……。どんな組み合わせにすればいいの? そんな方へ3タイプのホワイトコーデをご紹介。ワントーンで作るホワイトコーデは小物類で遊べて、自分らしい雰囲気を演出できる、自由度の高いコーデといえるのです。


■ワントーンコーデは難しくない

トップスの色とボトムスの色を同色にする「ワントーンコーデ」。素敵なコーデですが「難しそう」というお声をよく伺います。

私がお客さまなどから聞く限り、ワントーンコーデを難しいと感じてしまう理由の上位3つは、
1.組み合わせがあっているのか自信を持てない
2.色使いが難しい
3.メリハリがつかなくて着太りしそう
などでしょうか。

一方、ワントーンコーデを簡単に素敵に見せるコツをお伝えすると、
・洗練している
・大人の女性な感じがして嬉しい
と喜ばれることが多いです。

今回はワントーンで作る「ホワイトコーデ」を3パターンご紹介したいと思います。

■トレンドカラーをポイントにしたホワイトコーデ

以前コラムでご紹介した、今年らしい色のミニバッグをポイントにしたコーデです。

ニットとパンツはどちらもベーシックな形。お手持ちのホワイトカラーも、主役にするアイテム次第でもコーデしやすくなります。

1色でまとめるワントーンコーデだからこそ、トレンドカラーのバッグをとびきり素敵に見せることができます。

そして、最も大事なポイントは、ヒールの靴で仕上げること。大人の洗練された女性になりますよ。

ミニバッグが春夏トレンド。ZARAのU2,000円ミニバッグで大人かわいいコーデに

https://p-dress.jp/articles/2902

ミニバッグが今年の春夏ファッションのトレンド。各ブランドからも続々と登場し人気を集めています。ミニバッグをワンショルダーで持って、軽やかな春らしいファッションを楽しんでみては。

Uniqlo Uのメンズニットで「上品&フェミニン」コーデに仕上げるコツ

https://p-dress.jp/articles/2685

UNIQLOの新コレクション「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」から発売されたメンズのニット「ミラノリブモックネックセーター」を用いたコーデをご紹介。コスパで選ぶならメンズニットもおすすめです。メンズニットを「上品&フェミニン」に楽しんでみましょう!

■スポーツミックスを上品に仕上げるホワイトコーデ

アディダスのスニーカーでスポーツミックスコーデを楽しむホワイトコーデです。

アウターはホワイトカラーのMA-1をチョイス。カーキや黒のMA-1より上品に仕上げてくれます。

ホワイトMA-1で仕上げたホワイトコーデなら、好きな色や形、ブランドのスニーカーを合わせて、上品な雰囲気でスポーツミックスコーデを楽しめること間違いなし。

今年はNIKEのAIR MAX、コンバースのハイカットスニーカーなども、ホワイトコーデにおすすめです。

大人な上品コーデに仕上げるコツは、チェーンバッグなどカジュアルバッグとは真逆のアイテムを持つこと。ここでトートバッグをチョイスしてしまうと、どカジュアルになってしまうので要注意です。

パリのCHANEL。
CHANELのブティック内はハイカットスニーカーが並んでいます。

■スカーフでメリハリを叶えるホワイトコーデ

この春おすすめなのが、ウエストマークをしたコーデです。サッシュベルトやスカーフを使ってウエスト位置を作る80年代風ファッションが、今春はトレンドになります。

シャツで作るコーディネートはルーズな雰囲気でメリハリがなくなりがち。ウエストに少し太めに折ったスカーフを巻くだけで、ウエスト位置をきれいに作れてメリハリができます。

今回は手持ちのスカーフをウエストに巻き、ワントーンコーデにポイントを作ってみました。ゴムのパンツやスカートを履いたときに、ゴムの目隠しにもなるのでおすすめです!

■ワントーンコーデは万能

今回はワントーンで作るホワイトコーデを紹介しましたが、ワントーンコーデは選ぶ色次第で、好きな色で好きな雰囲気を演出できる自由度の高いコーデです。

ネイビーなら「知的で清潔感抜群」、グレーなら「上品でリッチな雰囲気」に。なりたい雰囲気をとことん楽しめますよ。

ホワイトコーデは真っ白だからこそ、シューズや小物で雰囲気作りができます。決して難しくはありません。

冬のホワイトコーデは大人かわいく、春のホワイトコーデは爽やかに。わたしらしい大人のホワイトコーデを楽しんでくださいね。

この記事のライター

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード


CHANEL GUCCI UNIQLO ZARA

関連する投稿


大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

ベーシックファッションを大人流に楽しむなら、シャツ×デニムで品格漂うコーデを作ってみませんか。取り入れる色次第で、ナチュラルにもフェミニンにも見せられるコーデ、挑戦してみては?


バルーンスリーブブラウスを上品カジュアルに見せる優秀ボトムスはデニム!?

バルーンスリーブブラウスを上品カジュアルに見せる優秀ボトムスはデニム!?

バルーンスリーブブラウスやティアードブラウスなど、ポイントスリーブブラウスが今春、大ブレイク中。甘めテイストなトップスとぴったりなボトムスをご提案し、品良くカジュアルな大人コーデを作るコツをご紹介します。


ネイビーのワントーンコーデには「直感的に好きな色」を取り入れて遊ぶ

ネイビーのワントーンコーデには「直感的に好きな色」を取り入れて遊ぶ

ネイビーのワントーンコーデは知的で上品に見えるコーデの1つ。普段はネイビーのワントーンコーデでも十分素敵ですが、休日はもう少し遊びを取り入れてみては? おすすめは「直感的に好きな色」をワンポイントで足してみること。オフの日も違うネイビーを堪能できます。


GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

スリッパシューズといえばGUCCIが販売したものを思い浮かべる方は多いのでは。でも、今春、GUからスリッパシューズが大量に登場。ベーシックなものから柄物まで、1990円で幅広いラインナップが揃っています。


黒のワントーンコーデ、軽やかに見せたいならレース素材を指名して

黒のワントーンコーデ、軽やかに見せたいならレース素材を指名して

黒のワントーンコーデ、あえて春に楽しんでみませんか。暖かくなるにつれ、明るい色を身に着けたくなりますが、レースでできた軽やかなトップスやベルトを投入すれば、春らしい黒のワントーンコーデが完成。黒アイテムが好きな大人女性に向けた、黒のワントーンコーデのアイデアをご紹介します。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。