右往左往する女、思考停止する女

右往左往する女、思考停止する女

結婚しても、子供を産んでも、次から次へと、「どうしよう」の種が、雨嵐のように降ってくる。それは昔から変わらない。すべての女性の人生に宿命のように課されたもの。きっと、「どうしよう」の種に日々迷っているのは、皆同じなのだろう。


■私は、右往左往しながら生きている

2017年現在、「いい塩梅」の年齢の私は、非常に人生にうろたえながら生きている。
人生の選択肢を選べないまま、気づけば私の足元は20代ではなく、30代のベルトコンベアに変わっている……
そんなことを思いながら、自分の身内など、近しくも世代が異なる女性の生きざまを思い浮かべてみる。

■戦争を乗り越えてきた戦前生まれ

親がよしなにとりつけてきた縁談ではたちそこそこ(下手したら10代)で特に好きでもない男に嫁ぎ、子供ができたら産んで育てて、孫ができたら可愛がって……そんなふうに迷いを押し殺してきた世代。
そして、「専業主婦」「兼業主婦」という概念はあまりなく、働きづめで子供を育ててきた女性も少なくない。
夫がたとえ酒乱でも、よそにオンナを作っても、「男はそういうもの。人生、我慢我慢」と悟りの境地で生きていて、女性としては最も精神的にはタフだったんじゃないかとさえ、思う。
ただ、その女性の強さというのは、「戦争がないだけましだ」とか、「ご飯が食べられるだけありがたい」と、今や理解できないくらいのボトムラインから生活を見ている節があるので、むむむ、私にとっては、正直なところ、あまり参考にはならないかもしれない。

■ベビーブーム世代・アラ還世代

戦後のベビーブームに生まれた世代や、バブル世代に結婚適齢期だった、アラ還世代の女性の生きざまは、というと。
ごく一部の人間が四大に行ったり、国家資格を身につけたりするも、基本的には「百恵ちゃん世代」と自分たちを称する先輩方なので、多くは専業主婦になっているように見受けられる。
しかし、在宅でできる、KUMO○式やE○Cの先生になったり、という働き方を広めたのは、アラ還世代の奥さまたちであり、迷いを押し殺して家庭に入るというよりは、人生の選択権を徐々に得てきた世代。

■バブル期に高校~大学に通っていたアラフィフ世代

自称「聖子ちゃん世代」なので、やはり「百恵ちゃん世代」より強よk……失礼しました、アクティブだなぁと思う。
「専業主婦でも婚外恋愛(はぁと)」と称して堂々と他所で愛を培う女性が世間でも暗黙の了解として目をつむられてきている世代だもの。
圧倒的に、アラ還女性よりも、美容への関心度が高くて美魔女を目指す人たちが多いように見える。
そしてまた、特筆すべきはこの世代から次第に、離婚・再婚を堂々とする女性が増えてきたように思うし、「仕事と家庭の両立」とはっきり言う人が増えた。
声の大きい女性だと男性に批判されてもなんのその。そんな「女性の意思」を世に知らしめたのは、この先輩方の功績ではないかしら。

■そんなこんなで、2017年の今、いい塩梅の年齢(アラフォー・アラサ―)の私たちは……?

人生に訪れる、「選択」のタイミングや球数は、男性の人生には多く持たされてきたが、女性は、ひたすらに与えられた人生をまっとうするのが常だったんじゃないだろうか。
だから、女性は「どうする? 私の○○?」と手持ちのカードを睨み、そしてまた自主的にカードを切って勝負していくことは苦手なのだろう。というか、苦手なままであるように社会や家族に育てられてきたのではないか。

しかし、日本の女性の多くにとっては、「与えられた人生を受け入れること」と、「選択肢から選び、決めていくこと」、の比重が、いつからか逆転したようだ。
「どうしよう」の種から、どれをキャッチして水をあげて育て、お花を咲かせるかを自分で決めなければならなくなったということなのでしょうね。
それが、今の30〜40代前後の私たちなんじゃないだろうか。(勝手に「私たち」と総称してごめんなさい。)
大先輩方は「あら~たまたま花が咲いたわ~」って感じだったのに、ね。

■自分の人生を肯定することと、思考停止することは全然違う

そうなると、次に起こりがちなことは何か。
「思考停止」でありましょう。だって、他の選択肢まで査定しだしたら、何を決定打に決めたらいいかわからなくなってしまうのだもの。

結婚が決まった途端に、未婚の女友達に、
「やっぱり女の幸せは結婚だよ? 早くしないと子供産めなくなるよ?」
と、言い放ったり。
 家庭生活が忙しく疲れを見せる既婚女性に、未婚女性が、
「え~なんでまだ若いのに結婚しちゃうの? いつ仕事に復帰するの~? もったいないよ~」
 と、心配をしたふりをしながら、積年の恨みマウンティングをしたり。

言い換えると、盲目的に、「これが私の幸せ」と決め込んで、他を否定するということでもあるのかもしれない。
自分自身や生き方・人生を「肯定すること」と、「思考停止すること」は違うんですけれどね。

■もう、腹はくくれているのだ、本当は

 本音を言うと、私は「思考停止」する人を少しだけ見下して、さも、「右往左往」し続ける自分を偉いかのように、マウンティングしていた。
 今となっては、本当は、自分がとるべき道はどちらでもないことをわかり始めてもいる。

「思考停止」するのではなく、冷静に取捨選択し、自分の人生や幸せの「要件定義」をすること。
一方で、時には賛成できない環境条件であっても、大本の目的から逸れないのであれば……とビジネスマンの意思決定のごとく、飲む勇気や思い切りの心を持つこと。
そのさじ加減が、これからも人生が何十年と残されている、いい塩梅の年齢の私には、必要なこと。

本当は、わかっている。
もう、腹はくくれているのだ、本当は。

DRESSへの寄稿を通して、これから「幸せの要件定義」に右往左往していきますので、皆さまどうかお付き合いください。
よろしくお願いします。

この記事のライター

外資系コンサルで奮闘する会社員です。 最愛の彼氏が死んでしまったり、諸事情を抱え、人生要件定義しなおし中です。 働く女性の視点で、あれやこれやと思考をめぐらすのが好きで、このたび記事を書かせて頂きます。

関連するキーワード


人生

関連する投稿


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

美意識、鍛えていますか? 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』を読んで気づいたのは、私らしさを出すためにも、仕事とのより良い向き合い方にも、美意識が欠かせないということでした。


湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

老化の兆しがくっきりと現れ、気の滅入ることが増えるアラフォー世代。そんなアラフォー世代を楽しく乗り切るヒントが、湯山玲子さんの著書『四十路越え』の中にあります。


「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」……などなど。女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なります。自分と違う組み合わせの人をみて、羨んだりしたことはないですか?


最新の投稿


ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ ジャパンは、ほうじ茶の香り高い味わいを楽しめるハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」を期間限定で、10月31日より全国で発売します。


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


おっぱい

DRESS部活