自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自信を持てるようになり、積極的に動けるようになります。つまり、自分らしく働きたい(生きたい)なら、自己肯定感を高めることが先決! そのためにまずは「自分を褒める」ことから始めてみませんか。


■自己肯定感とは何か

自己肯定感とは、読んで字のごとく「自分を肯定する」感情のこと。自分には存在する価値がある、自分は大切にされるべき存在である、と思えるということですね。


自己肯定感が高い人は、自分に自信があります。
たとえ何かうまくいかないことがあっても、「自分なら大丈夫」とどっしり構えていられますし、本当に何とかしてしまいます。失敗したとしても、反省することはあってもズルズル引きずることはありません。


逆に自己肯定感が低い人は、自分に自信がないため、物事に積極的になれないことも多いです。
「失敗したらどうしよう」「どうせ私なんて……」と周りの顔色をうかがい、チャレンジすることを恐れます。


どちらが自分らしく働けるか? 一目瞭然ですね。そう、自分らしく働くためには、高い自己肯定感が不可欠なのです。

■自己肯定感を高めるには「できたこと」を毎日10個ずつ書き出すことから

「自分の良いところを10個言えますか?」


この質問にスラスラと答えられた人は、自己肯定感が高い人です。逆に「えっ? 私に良いところなんてあったかな」と最初の1〜2個でギブアップしてしまった人は、残念ながら自己肯定感は高くないかもしれません。


でも、大丈夫です。簡単なワークで自己肯定感は自分で上げることができます。
その方法は、毎日自分ができたこと、がんばったことを10個ずつ書き出していくだけ。


簡単ですよね?
簡単ですが、自己肯定感が低い人は、これがなかなかできないのです。自分ができなかったこと、ダメだったことはすぐに出てくるのに、自分ができたこと、がんばったことはなかなか書けません。


どうしてそうなるのか?
「できたこと」「がんばったこと」のハードルが高すぎるのです。
どうせ私なんて……と思っている人は、自分を見る目がとても厳しい。だから、ちょっとしたことでは、できたこと、がんばったことに入らないのですね。


このワークを進めるコツは、とことん自分に甘くなること!
ちょっとしたことでも「できた!」「がんばった!」と捉えていいのです。


たとえば、朝、遅刻せずに会社に行った。
あたりまえだと思うかもしれませんが、遅刻魔の人から見たら遅刻せずに出社できる、ということはすごいこと。だから、これも「できたこと」にしてしまっていいのです。


朝、時間があったから掃除してから会社にいった。
朝寝坊したら掃除はできませんから、これも、もちろん「できたこと」ですね。


元気のない同僚に「どうしたの? 元気ないね。良かったら話を聞くよ」と声をかけたなら、これもできたことです。
そして、書き出せたら最後に「がんばった私、エラい!」と声に出して言ってあげてください。


最初は10個も書けないかもしれません。それでも良いのです。
書けるだけ書いてください。少しずつ書けるようになっていきます。

■脳の特性を活かして、自己肯定感を高める

人の脳は、意識したモノ・コトの情報を積極的に集めるという特性があります。


ハワイに行きたいなぁと思ったら、やたらとハワイの情報が目に入ったり、誰かから話を聞いたりしたなんて経験はありませんか?
これも自分が「ハワイに行きたい」と意識し、それを脳がキャッチしたから起こることなんですね。


自分ができたこと、がんばったことを毎日10個書くというのもこれと同じです。そちらに意識を向けると、少しずつできたこと、がんばったことが見つかるようになります。


さらに、「私、がんばった! エラい!」と毎日声に出すことで、その情報は耳を通じて脳にインプットされます。
すると、脳は「がんばった私、エラい」という状況を作り出してくれるのです。


自分らしく働くためのマインドの整え方はいろいろありますが、「どうせ私は……」と思いやすい人は、まずここから始めてくださいね。続けていくことで必ず自己肯定感は高くなりますよ。

この記事のライター

Liberty Woman代表。2 級キャリア・コンサルティング技能士 。人事責任者また管理職として、述べ1000名以上の採用面接、100名以上の面談実績を持つ。現在は、人事管理職の経験を活かし、女性が自分らしい働き方をする...

関連するキーワード


働き方 人生

関連する投稿


甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性がうらやましい。私もあんなふうに甘えられたらいいのに。なんて思ったことはありませんか? 男性も女性も、仕事でもプライベートでも、良い意味で甘え上手な人は、人生がとてもスムーズに進んでいきます。今回は甘え上手になれる考え方をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


「仕事を辞めたい」「働くのが嫌」からの専業主婦願望は恥ずかしい

「仕事を辞めたい」「働くのが嫌」からの専業主婦願望は恥ずかしい

専業主婦願望を持つ人は大きく二種類いる。家族に尽くしたい・家族のために働きたい人、仕事を辞めたい・働きたくない人。少し厳しいかもしれませんが、プロ専業主婦志願者とにわか専業主婦志願者は、まったくの別物。後者の理由で専業主婦になりたい、と願うのは、恥ずかしいことではないでしょうか。


専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

生き方や働き方は誰もが自由に選択できる、はずなのに……。何を選んでも何かしら非難される気がするのは、気のせい? 特に昨今否定されがちな専業主婦という生き方に注目し、本当に「ダメな選択」なのか、考えてみたい。


最新の投稿


相続税の節税といえば「生命保険」

相続税の節税といえば「生命保険」

「生命保険」と聞くと、死亡保障など万が一に備えて入るもの、というイメージを持たれている方が多いかと思います。もちろん貯蓄目的で生命保険に入る方もいらっしゃるのですが、実は生命保険は節税としてとても有効な手段です。今回は、相続税の節税としても使い勝手の良い「生命保険」について、以下、順を追って説明していきます。


ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

奇跡的な出会い、そしてお付き合いを経て結婚することになったふたり。結婚式やハネムーンをプランニングする傍ら、パートナーシップについて話し合う機会を持つことができれば、結婚生活が始まってからもハッピーにやっていける確率が上がります。そうした機会を与えてくれるプレマリッジ・セミナーの内容を連載でお届けします。


美髪を作るドライヤーの使い方

美髪を作るドライヤーの使い方

毎日髪を乾かしているけれど、正しい方法で乾かしていますか? ドライヤーの正しい使い方や選び方、最近の機能のことはもちろん、自然乾燥とドライヤーによる乾燥の違いやメリット、デメリット、タオルドライの方法など、美髪のプロである美容師が正しい髪の乾かし方を改めて詳しく解説します。


「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性がうらやましい。私もあんなふうに甘えられたらいいのに。なんて思ったことはありませんか? 男性も女性も、仕事でもプライベートでも、良い意味で甘え上手な人は、人生がとてもスムーズに進んでいきます。今回は甘え上手になれる考え方をご紹介します。