自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自信を持てるようになり、積極的に動けるようになります。つまり、自分らしく働きたい(生きたい)なら、自己肯定感を高めることが先決! そのためにまずは「自分を褒める」ことから始めてみませんか。


■自己肯定感とは何か

自己肯定感とは、読んで字のごとく「自分を肯定する」感情のこと。自分には存在する価値がある、自分は大切にされるべき存在である、と思えるということですね。


自己肯定感が高い人は、自分に自信があります。
たとえ何かうまくいかないことがあっても、「自分なら大丈夫」とどっしり構えていられますし、本当に何とかしてしまいます。失敗したとしても、反省することはあってもズルズル引きずることはありません。


逆に自己肯定感が低い人は、自分に自信がないため、物事に積極的になれないことも多いです。
「失敗したらどうしよう」「どうせ私なんて……」と周りの顔色をうかがい、チャレンジすることを恐れます。


どちらが自分らしく働けるか? 一目瞭然ですね。そう、自分らしく働くためには、高い自己肯定感が不可欠なのです。

■自己肯定感を高めるには「できたこと」を毎日10個ずつ書き出すことから

「自分の良いところを10個言えますか?」


この質問にスラスラと答えられた人は、自己肯定感が高い人です。逆に「えっ? 私に良いところなんてあったかな」と最初の1〜2個でギブアップしてしまった人は、残念ながら自己肯定感は高くないかもしれません。


でも、大丈夫です。簡単なワークで自己肯定感は自分で上げることができます。
その方法は、毎日自分ができたこと、がんばったことを10個ずつ書き出していくだけ。


簡単ですよね?
簡単ですが、自己肯定感が低い人は、これがなかなかできないのです。自分ができなかったこと、ダメだったことはすぐに出てくるのに、自分ができたこと、がんばったことはなかなか書けません。


どうしてそうなるのか?
「できたこと」「がんばったこと」のハードルが高すぎるのです。
どうせ私なんて……と思っている人は、自分を見る目がとても厳しい。だから、ちょっとしたことでは、できたこと、がんばったことに入らないのですね。


このワークを進めるコツは、とことん自分に甘くなること!
ちょっとしたことでも「できた!」「がんばった!」と捉えていいのです。


たとえば、朝、遅刻せずに会社に行った。
あたりまえだと思うかもしれませんが、遅刻魔の人から見たら遅刻せずに出社できる、ということはすごいこと。だから、これも「できたこと」にしてしまっていいのです。


朝、時間があったから掃除してから会社にいった。
朝寝坊したら掃除はできませんから、これも、もちろん「できたこと」ですね。


元気のない同僚に「どうしたの? 元気ないね。良かったら話を聞くよ」と声をかけたなら、これもできたことです。
そして、書き出せたら最後に「がんばった私、エラい!」と声に出して言ってあげてください。


最初は10個も書けないかもしれません。それでも良いのです。
書けるだけ書いてください。少しずつ書けるようになっていきます。

■脳の特性を活かして、自己肯定感を高める

人の脳は、意識したモノ・コトの情報を積極的に集めるという特性があります。


ハワイに行きたいなぁと思ったら、やたらとハワイの情報が目に入ったり、誰かから話を聞いたりしたなんて経験はありませんか?
これも自分が「ハワイに行きたい」と意識し、それを脳がキャッチしたから起こることなんですね。


自分ができたこと、がんばったことを毎日10個書くというのもこれと同じです。そちらに意識を向けると、少しずつできたこと、がんばったことが見つかるようになります。


さらに、「私、がんばった! エラい!」と毎日声に出すことで、その情報は耳を通じて脳にインプットされます。
すると、脳は「がんばった私、エラい」という状況を作り出してくれるのです。


自分らしく働くためのマインドの整え方はいろいろありますが、「どうせ私は……」と思いやすい人は、まずここから始めてくださいね。続けていくことで必ず自己肯定感は高くなりますよ。

この記事のライター

Liberty Woman代表。2 級キャリア・コンサルティング技能士 。人事責任者また管理職として、述べ1000名以上の採用面接、100名以上の面談実績を持つ。現在は、人事管理職の経験を活かし、女性が自分らしい働き方をする...

関連するキーワード


働き方 生き方

関連する投稿


お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第3回では、脳外科医/ファッションデザイナーのDrまあやさんをお招きしました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第2回目では、よくある悩みや疑問を元に、視点を変えて本業で社会貢献をする方法を探っていきます。


自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

西加奈子さんの作家生活10周年記念作品『サラバ!』(西加奈子/小学館文庫)の文庫版が、今秋発売されました。上中下3巻に渡る長編ながら、読みやすい文章と鮮やかな人間描写で、ワクワクしながら読み進められる作品です。現代を生きる私たちに訴えかけてくる、作品からの力強いメッセージをご紹介します。


起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

自由な働き方はどうすれば実現できるのか。「月数万円、年数万円、という小さい仕事を複数持って生活する、というのはどうですか」と提案している本を読んで思い出したことがあります。複数の仕事を持つことを、「稼げないから副業」ではなく、「スキルや経験を得るためのセカンドビジネス」と考えてみるのはいかがでしょうか。


「好き」を仕事にする生き方――空間プロデューサー七種珠水さんに聞く

「好き」を仕事にする生き方――空間プロデューサー七種珠水さんに聞く

自分の好きを集めることで、心安らぐ部屋の作り方を教えてくれた空間プロデューサーの七種珠水(さいくさ たまみ)さん。実は彼女は、未経験の分野で、知識も人脈も経験も何もないところから起業したストーリーの持ち主です。今回は彼女が実践してきた、「好き」を仕事にする生き方についてお話しを伺いいました。


最新の投稿


贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものは大切な人へ感謝を伝える機会のひとつ。贈りものをする意味を改めて考えてみると共に、贈りものの選び方やおすすめの贈りものをご紹介。贈り上手・贈られ上手になるためのヒントをお伝えします。


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第6話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回も悲しいエピソードでしたね……。ある登場人物が迎えた重大な転機に焦点をあててみます。


あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

20代のころは30歳になれば貯金ができていると思っていたし、30歳のころには35歳になれば貯金ができると思ってた……。働いた分だけお金が貯まるはずなんだけど、貯金ができる気配がない。あなたは貯金、貯まっていますか? 浪費してしまう人には特徴があります。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


おっぱい