産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後に体型戻しを望んでいても、産前とはまったく違う体型になってしまい、諦めモードになっている方もいるのでは。産後の体型戻しは、産後6ヶ月の過ごし方が重要です。二度の出産を経験した私が、半年以内に元の体型・体重にコントロールした体型の戻し方をご紹介します。


■産後6ヶ月の「脂肪流動期」は体型を戻すチャンス

「脂肪流動期」という言葉をご存知ですか?

女性の身体は、妊娠すると赤ちゃんを守るために、ホルモンの働きで脂肪が増えます。出産を終えるとおよそ6ヶ月間、それらの脂肪が動きやすくなり、次第に落ち着いていきます。この期間のことを「脂肪流動期」といいます。

さらに、骨盤も動きやすくなっているため、産後はいわば体型をコントロールできる大チャンスなのです!

私の場合は、妊娠前〜出産まで10kgほど増えましたが、半年も経たないうちに食事の量を制限することなく、元の体重まで戻すことができました。

2度の出産を経験した私が、体型を戻すために取り入れたもの3つを具体的にご紹介します。

■産後の体型戻しには「骨盤ベルト」

1つ目は、ワコールの骨盤ベルト「バーシングスムーザー」。出産後の子宮や骨盤が元に戻ろうとする働きをサポートしてくれる優れモノです。産後すぐに使えるアイテムなのも嬉しい。

幅広ストレッチゴムでスムーズに着用でき、体調に合わせてしめ具合をマジックテープで調節できるベルトです。

私の場合はこれを2度の出産後にフル活用し、入院中と、退院してからも家にいる間は着用し、さらに6ヶ月間は着けられるだけ着けていました。

下の子が2歳になる今でも、少し腰回りが気になるときには、ジーンズの上からでも着けて、骨盤ケアを心がけています。

骨盤が広がったままだと、お尻が大きくなるだけでなく、体全体に脂肪がつきやすくなります。

経膣分娩だけでなく帝王切開をした人も、ホルモンの影響で骨盤の可動域は広がっているため、お尻を小さくする絶好の機会になるはず。

■産後の体型戻しには「ガードル」

2つ目のアイテムはワコールの「シェイプマミーガードル」。

こちら、みぞおちから太ももまで長さのあるガードルで、しっかりしたホックとジッパーが失われかけている「くびれ」を復活させてくれる頼もしいアイテム。

骨盤ベルトよりもシェイプアップを目的とされた作りになっているため、装着感もしっかりとしていますが、ウエスト部分のマジックテープで調整可能なので苦しくありません。

体調が落ち着いて、よし、ボディメイクするぞ! となったときにおすすめ。

■産後の体型戻しには食生活も重要

3つ目は、なんといってもやはり食生活。

私は1人目を妊娠したときからマクロビを勉強し始め、玄米と野菜、植物性たんぱくを主に摂るようにしました。

玄米は体内の不要なものを吸着して外へ出してくれる、デトックス性の高い食物です。さらに、糖の吸収が白米やパンなどよりも緩やかなので、脂肪として蓄えられにくいというメリットがあります。

母乳育児だととくに、いくら食べてもお腹が空いてしまいますが、私の場合は太ることはなく、順調に産前の体重に戻り、お尻も前より少し締まった気がしました。

女性は産前産後だけでなく、生理もありますから、ホルモンの揺らぎによって体にはさまざまな変化がありますが、きれいになるチャンスもそれだけ多いといえます。

質の良いものを食べて、無理なく楽しみながら体を整えていきましょう。

「出産して体型が崩れてしまった」「妊娠前の体重に戻るどころか、増えたまま(涙)」などよく聞きますが、出産はそんなマイナスなことばかりではありません。

身体の変化について自ら知って、対策をきちんとすれば、いつからでも体型は戻すことができます。「体型が変わってしまったのは、出産したのだし、仕方がない」なんて諦めないで、まずは試してみてくださいね。

※体験談は個人の感想であり、感じ方には個人差があります。

この記事のライター

アクセサリーブランドVIOLUKA(バイオルカ)代表兼デザイナー、マクロビオティック料理教室主宰、フードコーディネーターなど。2児の母。

関連するキーワード


出産 妊娠

関連する投稿


安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

妊婦によく見られる症状を自身の体験を元にいくつかご紹介します。つわりが終わって安定期に入れば、あとはトラブルなく出産を迎えられるものだとばかり思っていました。しかし、そうじゃなかった……。安定期だからといって、油断できないのがホントのところ。


体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載です。


【海外で、産む】産後ママの最優先タスクは「体力回復」

【海外で、産む】産後ママの最優先タスクは「体力回復」

海外で出産する著者は、産後ケア専門のプロ「産褥アマ」を雇い、産後28日間は体力回復に努めることにしました。日中は授乳とおむつ交換のみ、夜は寝るだけ、日中の家事と夜中のミルクやおむつ対応は一切しない予定です。なぜそこまでする必要があるのでしょうか。そして「産褥アマ」とはどういうお仕事なのでしょうか。詳しくご紹介します。


「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

子どもを授かったら、できるだけ前向きでいたい。すがすがしく妊娠・出産に臨みたい。そのための「やっておいてよかったこと」リストや、妊娠初期にずっと考えていた、自分と仕事のこと。


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


MENU

DRESS部活