1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 妊娠/出産/家族
  3. 産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

Share

産後に体型戻しを望んでいても、産前とはまったく違う体型になってしまい、諦めモードになっている方もいるのでは。産後の体型戻しは、産後6ヶ月の過ごし方が重要です。二度の出産を経験した私が、半年以内に元の体型・体重にコントロールした体型の戻し方をご紹介します。

産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

■産後6ヶ月の「脂肪流動期」は体型を戻すチャンス

「脂肪流動期」という言葉をご存知ですか?

女性の身体は、妊娠すると赤ちゃんを守るために、ホルモンの働きで脂肪が増えます。出産を終えるとおよそ6ヶ月間、それらの脂肪が動きやすくなり、次第に落ち着いていきます。この期間のことを「脂肪流動期」といいます。

さらに、骨盤も動きやすくなっているため、産後はいわば体型をコントロールできる大チャンスなのです!

私の場合は、妊娠前〜出産まで10kgほど増えましたが、半年も経たないうちに食事の量を制限することなく、元の体重まで戻すことができました。

2度の出産を経験した私が、体型を戻すために取り入れたもの3つを具体的にご紹介します。

■産後の体型戻しには「骨盤ベルト」

1つ目は、ワコールの骨盤ベルト「バーシングスムーザー」。出産後の子宮や骨盤が元に戻ろうとする働きをサポートしてくれる優れモノです。産後すぐに使えるアイテムなのも嬉しい。

幅広ストレッチゴムでスムーズに着用でき、体調に合わせてしめ具合をマジックテープで調節できるベルトです。

私の場合はこれを2度の出産後にフル活用し、入院中と、退院してからも家にいる間は着用し、さらに6ヶ月間は着けられるだけ着けていました。

下の子が2歳になる今でも、少し腰回りが気になるときには、ジーンズの上からでも着けて、骨盤ケアを心がけています。

骨盤が広がったままだと、お尻が大きくなるだけでなく、体全体に脂肪がつきやすくなります。

経膣分娩だけでなく帝王切開をした人も、ホルモンの影響で骨盤の可動域は広がっているため、お尻を小さくする絶好の機会になるはず。

■産後の体型戻しには「ガードル」

2つ目のアイテムはワコールの「シェイプマミーガードル」。

こちら、みぞおちから太ももまで長さのあるガードルで、しっかりしたホックとジッパーが失われかけている「くびれ」を復活させてくれる頼もしいアイテム。

骨盤ベルトよりもシェイプアップを目的とされた作りになっているため、装着感もしっかりとしていますが、ウエスト部分のマジックテープで調整可能なので苦しくありません。

体調が落ち着いて、よし、ボディメイクするぞ! となったときにおすすめ。

■産後の体型戻しには食生活も重要

3つ目は、なんといってもやはり食生活。

私は1人目を妊娠したときからマクロビを勉強し始め、玄米と野菜、植物性たんぱくを主に摂るようにしました。

玄米は体内の不要なものを吸着して外へ出してくれる、デトックス性の高い食物です。さらに、糖の吸収が白米やパンなどよりも緩やかなので、脂肪として蓄えられにくいというメリットがあります。

母乳育児だととくに、いくら食べてもお腹が空いてしまいますが、私の場合は太ることはなく、順調に産前の体重に戻り、お尻も前より少し締まった気がしました。

女性は産前産後だけでなく、生理もありますから、ホルモンの揺らぎによって体にはさまざまな変化がありますが、きれいになるチャンスもそれだけ多いといえます。

質の良いものを食べて、無理なく楽しみながら体を整えていきましょう。

「出産して体型が崩れてしまった」「妊娠前の体重に戻るどころか、増えたまま(涙)」などよく聞きますが、出産はそんなマイナスなことばかりではありません。

身体の変化について自ら知って、対策をきちんとすれば、いつからでも体型は戻すことができます。「体型が変わってしまったのは、出産したのだし、仕方がない」なんて諦めないで、まずは試してみてくださいね。

※体験談は個人の感想であり、感じ方には個人差があります。

Share

網師本 薫

アクセサリーブランドVIOLUKA(バイオルカ)代表兼デザイナー、マクロビオティック料理教室主宰、フードコーディネーターなど。2児の母。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article