おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分に似合う服をわかっている。だから、若く見えたり素敵に見られたりする。若く見られたいから、といって若作りをするのはやめよう。まずは、クローゼットに着ると気分が上がる服を揃えよう。


ファストファッションがファッション業界で主流を占めるようになって、もう十数年経つと思う。

流行をリーズナブルに取り入れられるという気軽さで、若者だけではなく、私たち大人世代にもありがたいものになっているけれど……。

ファッションを身近に感じられるようになったり、流行のものに挑戦できるようになったり。おしゃれを楽しめるという良い部分がある一方、ファッションをダメにしている部分もいっぱいあると思う。

■おしゃれを楽しむことは奥深い

私がアパレル会社で働いていた20代の頃は、もちろんファストファッションなどなく、DCブランドが全盛期を迎え、アメカジやイタカジを経て、インポートブランドがメジャーになった。

そして、その頃アパレルで働く人たちは、服が好きで好きで、たまらなく大好きな人たちがこの仕事を選んでいた。

その頃はほしい服がいっぱいあって、憧れの服を買うために働いていたといっても過言ではないくらい。

1ヶ月のお給料がなくなるぐらいの高価な服を、やっとの思いで手に入れたときの、なんとも言えない満足感と幸福感。

この服をどんなふうに着て、どんなものとコーディネートしたら、もっと素敵に見えるのだろう……なんてその服を見つめながら、ニヤニヤしていた頃が懐かしい。

そのやっとの思いがあるからこそ、自分に似合う着方や合わせ方を研究し、一枚一枚の服を大切にできたのだと思う。

私自身、今はファストファッションのブランドの服も買うけれど、あくまでも一部分に取り入れることしかしない。

今は生地も縫製も良いし、何よりもお手頃価格なのはありがたいけれど、残念ながらこれを着ていて自身のテンションが上がることは決してない。

服を着るということは、自分をより素敵に見せたり、自分に自信が持てるようなものでないといけないように思う。

■おしゃれな人は「若作り」している人ではなく「若く見える」人

テレビやSNSで、中高校生の娘とのお揃いコーデを見かけることがある。楽しいのはわかるけれど、それは違うでしょう! と思っちゃう。若干の痛々しさもある。

これも、ファストファッションだからできてしまうこと。

娘と服の「サイズ」は同じだとしても、娘と母の「体型」は絶対に違う。腰回りや背中、二の腕など、細くても若い人とは確実に差があるから。

「若作り」と「若く見える」は別物だ。「その洋服が着られる」のと「その洋服を着こなす」のは違うということ。

そして、一番大切なことは、自分は何が似合うのかを正しく知ることだと思う。そのためには、ある程度の時間とお金と労力を使わないとわかるはずがない。

すぐに捨ててしまっても構わないような値段の服ばかり着ていると、自分に何が似合うかを知ることは決してできない。

今のあなたのクローゼットの中に、袖を通す度にニヤニヤしたり、幸せを感じたりするアイテムはありますか?

貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


プチプラ

関連する投稿


GUハイウエストデニムなら誰でも脚長に、スタイルアップが叶います

GUハイウエストデニムなら誰でも脚長に、スタイルアップが叶います

GUのハイウエストデニムを用いたコーディネートをご紹介します。GUのハイウエストデニムは約2500円と超プチプライス。ストレートデニムに抵抗があった方でも気軽に試せる金額感です。新たにデニムを買うときもトレンドをほんの少し意識して、今旬なシルエットや色合いのものを選んでみてはいかがですか。


素敵ねと思われるプチプラコーデ術。コツはジャストサイズ選びとハイブランド1点投入

素敵ねと思われるプチプラコーデ術。コツはジャストサイズ選びとハイブランド1点投入

プチプラアイテムが人気の昨今。人とかぶらないプチプラコーデ術をご紹介します。ポイントはジャストサイズのアイテムを選び、どこかにリッチテイストを感じさせるアイテムを取り入れること。それだけでプチプラアイテムが安っぽく見えず、人ともかぶらない、自分だけの素敵な着こなしになります。


ZARAで楽しむシャネル流リトルブラックドレス

ZARAで楽しむシャネル流リトルブラックドレス

ZARAで手に入れたリトルブラックドレスを主役にしたコーデをご紹介します。リトルブラックドレス=シャネルのイメージ。大人の品のある雰囲気を楽しんでみませんか。


UNIQLOタートルネックは「ニュアンスカラー」を指名して。上品リッチに見せられます

UNIQLOタートルネックは「ニュアンスカラー」を指名して。上品リッチに見せられます

ニュアンスカラーとは、ベージュをすこし濁らせた感じの色やグレーをすこしくすませた色など、◯◯色と言い切れない、曖昧な色のことを指します。このニュアンスカラーの洋服が便利。プチプラでもうまく着こなせば上品リッチなコーデに仕上がるからです。ニュアンスカラーのプチプラアイテムを用いた上品リッチなコーデを3種類ご紹介します。


UNIQLOベロアパンツは今秋、「上品カジュアル」派の味方です

UNIQLOベロアパンツは今秋、「上品カジュアル」派の味方です

UNIQLOのベロアワイドパンツを使ったコーデを3種類ご紹介します。今秋冬、旬な素材であるベロアは、独特の光沢感から上品さを演出してくれる一方で、「キマりすぎた」印象になる可能性も……。そんなベロア素材を大人っぽく、上品に着こなすにはどうすればいいのでしょうか。キーワードは「引き算」。足しすぎないコーデを提案します。


最新の投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


おっぱい