おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分に似合う服をわかっている。だから、若く見えたり素敵に見られたりする。若く見られたいから、といって若作りをするのはやめよう。まずは、クローゼットに着ると気分が上がる服を揃えよう。


ファストファッションがファッション業界で主流を占めるようになって、もう十数年経つと思う。

流行をリーズナブルに取り入れられるという気軽さで、若者だけではなく、私たち大人世代にもありがたいものになっているけれど……。

ファッションを身近に感じられるようになったり、流行のものに挑戦できるようになったり。おしゃれを楽しめるという良い部分がある一方、ファッションをダメにしている部分もいっぱいあると思う。

■おしゃれを楽しむことは奥深い

私がアパレル会社で働いていた20代の頃は、もちろんファストファッションなどなく、DCブランドが全盛期を迎え、アメカジやイタカジを経て、インポートブランドがメジャーになった。

そして、その頃アパレルで働く人たちは、服が好きで好きで、たまらなく大好きな人たちがこの仕事を選んでいた。

その頃はほしい服がいっぱいあって、憧れの服を買うために働いていたといっても過言ではないくらい。

1ヶ月のお給料がなくなるぐらいの高価な服を、やっとの思いで手に入れたときの、なんとも言えない満足感と幸福感。

この服をどんなふうに着て、どんなものとコーディネートしたら、もっと素敵に見えるのだろう……なんてその服を見つめながら、ニヤニヤしていた頃が懐かしい。

そのやっとの思いがあるからこそ、自分に似合う着方や合わせ方を研究し、一枚一枚の服を大切にできたのだと思う。

私自身、今はファストファッションのブランドの服も買うけれど、あくまでも一部分に取り入れることしかしない。

今は生地も縫製も良いし、何よりもお手頃価格なのはありがたいけれど、残念ながらこれを着ていて自身のテンションが上がることは決してない。

服を着るということは、自分をより素敵に見せたり、自分に自信が持てるようなものでないといけないように思う。

■おしゃれな人は「若作り」している人ではなく「若く見える」人

テレビやSNSで、中高校生の娘とのお揃いコーデを見かけることがある。楽しいのはわかるけれど、それは違うでしょう! と思っちゃう。若干の痛々しさもある。

これも、ファストファッションだからできてしまうこと。

娘と服の「サイズ」は同じだとしても、娘と母の「体型」は絶対に違う。腰回りや背中、二の腕など、細くても若い人とは確実に差があるから。

「若作り」と「若く見える」は別物だ。「その洋服が着られる」のと「その洋服を着こなす」のは違うということ。

そして、一番大切なことは、自分は何が似合うのかを正しく知ることだと思う。そのためには、ある程度の時間とお金と労力を使わないとわかるはずがない。

すぐに捨ててしまっても構わないような値段の服ばかり着ていると、自分に何が似合うかを知ることは決してできない。

今のあなたのクローゼットの中に、袖を通す度にニヤニヤしたり、幸せを感じたりするアイテムはありますか?

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


プチプラ

関連する投稿


「しまむら」で大人コーデを作る高見え服を発見

「しまむら」で大人コーデを作る高見え服を発見

しまむらで大人のコーデにふさわしいアイテムを見つけました。しまむらでの賢い買い物術をご紹介するとともに、私の持っているしまむらの服で、上下5000円プチプラコーデを作ってみました。


GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

スリッパシューズといえばGUCCIが販売したものを思い浮かべる方は多いのでは。でも、今春、GUからスリッパシューズが大量に登場。ベーシックなものから柄物まで、1990円で幅広いラインナップが揃っています。


冬のホワイトコーデは「縦ライン」を作れば細見えが叶う

冬のホワイトコーデは「縦ライン」を作れば細見えが叶う

冬こそホワイトコーデを取り入れたい! ダークトーンになりがちな冬のコーデをホワイトコーデで一新させて。でも、白は膨張色……ただでさえ重ね着をしているのに、着膨れない? そう心配する方は「縦ライン」を作ってみて。ほかにも洗練されたホワイトコーデで魅せるコツをご紹介します。


UNIQLOのパンツを品良く着こなすなら、ウエスト位置をきちんと作って

UNIQLOのパンツを品良く着こなすなら、ウエスト位置をきちんと作って

今回はUNIQLOのパンツと手持ちのシャツをコーディネート。シャツ×パンツならオフィスカジュアルにもぴったりです。暖かいという機能性もありながら、毎日履けるプチプラパンツは1本持っておくと使えます。


Uniqlo Uのメンズニットで「上品&フェミニン」コーデに仕上げるコツ

Uniqlo Uのメンズニットで「上品&フェミニン」コーデに仕上げるコツ

UNIQLOの新コレクション「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」から発売されたメンズのニット「ミラノリブモックネックセーター」を用いたコーデをご紹介。コスパで選ぶならメンズニットもおすすめです。メンズニットを「上品&フェミニン」に楽しんでみましょう!


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。