1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. リエットの作り方は超簡単! 混ぜるだけで美味しい

リエットの作り方は超簡単! 混ぜるだけで美味しい

Share

リエットとは、パンに塗って食べるペースト状の保存食。このリエット、作り方は簡単で「混ぜるだけ」でOKなんです。簡単なレシピをご紹介します。今夜の晩酌に作ってみてはいかがでしょうか。

リエットの作り方は超簡単! 混ぜるだけで美味しい

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。「3分で作れるおつまみレシピ」第2回目です!

今回作るのは「リエット」。

■リエットとは

リエットとは、フランスの肉料理で、パンに塗って食べるペースト状の保存食のこと。

よく「パテ」と混同されますが、パテはオーブンで焼いて作られるメニュー。一方、冷やして作るのがリエットです。

お店で食べたことのある方は多いと思いますが、家庭で作ったことのある方はあまりいないかもしれませんね。

一見難しそうでも、作り方はシンプルです。豚肉や鴨肉、羊肉などを角切りまたはみじん切りにし、弱火で長時間じっくり煮てからつぶし、脂肪分がペースト状になるまで冷やすと完成です。

でも、これよりも楽に、リエットを作る方法があります。今回使うのは「ツナ缶」。簡単に美味しいリエットを作ることができますよ。

脂質が低いツナは、遅い時間に帰ってきた後に食べるおつまみとしても◎です。早速ご紹介いたします。

■リエットの作り方

「ツナと明太のピリ辛リエット」の材料(1人分)

ツナ缶 1缶(70g)
クリームチーズ 30g
明太子 1本
バター 10g
醤油 小さじ1/2
ブラックペッパー 適量
大葉 2〜3枚

下準備

・バター、クリームチーズは室温に戻す。
・明太子は皮から出す。ツナ缶はオイルをきる。大葉は小さくちぎる。

作り方

1.材料をすべてボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
2.1をバゲットなどにつけていただく。

明太子を入れることで淡白なツナの味わいにアクセントが加わります。バゲットにつけるのも美味しいですが、茹でたアスパラやブロッコリーなど、お野菜につける「ディップ」のように楽しむのもおすすめです。

バターやクリームチーズを室温に戻す時間がない! という方は600Wの電子レンジで30秒ほど加熱すればOKです。

混ぜるだけで簡単にできるので、突然のお客さまへのおもてなしにも対応できます。しっかり冷えた白ワインや、キリッとした味わいの日本酒にも意外と合いますよ!

ぜひ今夜の晩酌に作ってみてはいかがでしょうか。

【おつまみレシピ】3分で作れる「とろ〜りチーズのピザカド」でおしゃれな晩酌を

https://p-dress.jp/articles/2731

アボカドを使って作る「ピザカド」は「切ってのせるだけ」と、簡単なのにおしゃれなおつまみ! 3分で作れるレシピをご紹介。お好みのお酒に合わせて至福の晩酌のひとときを楽しんで。

Share

河瀬 璃菜

料理研究家・フードコーディネーター。愛称は「りな助」 1988年5月8日生まれ。福岡県出身。 レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせてい...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article