女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

不妊治療中はストレスがたまる人も少なくありません。不妊治療が実を結ばないストレスや、不妊治療と仕事との両立によるストレスなど、不安やイライラが募ってしまうことも。今回は不妊治療を経験した女医が、ストレスを解消・発散する方法をお伝えします。


不妊治療を受けていても、いつ妊娠できるか、はたして妊娠できるかどうか、はっきりとはわかりません。不妊治療中のストレスや落ち込みは人によっては相当なものです。

今回のコラムでは、毎回「通院が楽しい!」と感じていた私の、「不妊治療中にストレスをためないコツ」についてお伝えします。

■不妊治療はストレスもあるけれど、治療を始められるのも、ひとつの幸せ

現在、選択的シングルマザーとして生きる私ですが、一度の結婚歴があります。元夫は不妊治療に反対でした。

そのため、子供がほしいと思っていたものの、離婚して新しいパートナーが見つかるまで、不妊治療を受けられませんでした。

通院が始まったときは、「やっとこれでスタートラインに立てたんだ!」と嬉しかったのを覚えています。

パートナーの同意が得られない人の他にも、金銭的な問題や(ただし、高度不妊治療には、所得などの制限があるものの助成制度が使えます)、病気や介護で不妊治療を始めることができない人もいるでしょう。

不妊治療を受けられるということは、少なくともあなたとパートナーが「子どもがほしい」という同じ考えを持ち、協力しながら前に進めているということなのです。

■生理になっても落ち込まない「楽しみ」を用意して

妊娠したいのにできない女性であれば、生理が始まると「今回もだめだったんだ……」と落ち込むと思います。

私はお酒がまあまあ飲めるので、「生理用」に美味しいワインを用意しておき、始まったら飲むことにしていました。もし妊娠したらお酒とは縁遠くなりますので、不妊治療中くらいは自分を甘やかしてもいいと思います。

また、私が通っていた不妊治療専門のクリニックは、都心のおしゃれなエリアにありました。なので通院した日は、クリニックの近くでランチを楽しんで帰ることにしていました。

妊娠すると激しいスポーツはできません。私は不妊に悩んでいたとき、「妊娠したらできないことをやっておこう!」と、スカイダイビングに挑戦しました。

スキューバダイビングや遊園地の絶叫系マシンに乗るのもおすすめです。海に潜って魚を見ると癒されますし、絶叫すればすっきりします。

それから、「12才以下のお子さまはご遠慮ください」といった大人向けの宿に泊まる、小学生以下は入れないクラシックコンサートに行くなど、妊娠中や育児中には難しい楽しいアクティビティはほかにもあります。

■不妊治療中も仕事を続けるほうが、ストレスはたまらない

不妊治療のために仕事を辞めてしまう人もいますが、個人的にはおすすめしません。治療には費用がかかるので、仕事を辞めたせいで高度な治療を受けられなくなるかもしれませんし、時間ができると妊娠のことで頭がいっぱいになる人もいます。

フルタイムの仕事と治療の両立が難しければ、アルバイトやボランティアはどうでしょうか。私は祝日などには1日だけのアルバイトをして治療の資金を稼ぎ、週に1回半日だけボランティアをしていました。身体を動かした方が不妊のことを考えずに済みます。

■妊娠・出産した友人、不妊治療仲間との付き合い方

SNSに友人の妊娠・出産報告があると辛いですよね。私は不妊治療中はあえてFacebookなどのSNSからは距離を取っていました。一生縁を切るわけではありませんから、「今の間だけね」という感じで。

また、私は「お子さんは?」と聞かれたら「ほしいけどできないんです」と、不妊であることを隠してはいませんでした。そうすると「実は私も……」と、同じ境遇にある人が周りにも案外いることがわかりました。

こういう知人や友人とは辛さもわかりあえるので、「不妊であることを隠さない」メリットもあると感じました。もちろん、無理にオープンにする必要はありません。

■不妊治療中、ストレスと上手く付き合えるように

はじめにも書きましたが、不妊治療は何ヶ月、何年かかるかわかりません。ストレスと上手に付き合うスキルは必須だと思います。

「これだけがんばったんだからしばらく休憩」と治療をお休みするのも一つの方法です(治療をお休み中に自然妊娠したという話、よく聞きます)。

これからやってくる赤ちゃんが「こんなお母さんのもとに生まれたい」と思うほどに笑顔で過ごせるといいですね。

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

https://p-dress.jp/articles/2584

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。

この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。医師。外国人のパートナーとの間にもうけた2児のシングルマザーでもある。 予防医学と訪問診療にたずさわりながら、個人でセミナーやコンサルティング、執筆などもしています。

関連するキーワード


不妊

関連する投稿


体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載です。


知っておきたい、体外受精の基礎知識#1

知っておきたい、体外受精の基礎知識#1

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が数回に渡って詳しく解説します。


セックスレスからの不妊治療 - ある夫婦の体験談

セックスレスからの不妊治療 - ある夫婦の体験談

セックスレスであることに不満のない夫婦。だけど子供がほしい。悩んだ末、不妊治療の中でも「体外受精」という手段を選択した夫婦に話を伺いました。


妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠発覚後にすべきことを、妊娠前から押さえておこう

妊娠できるか、そして妊娠発覚後の生活が不安な女性に手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


出生前診断と着床前診断の違いや問題点は?診断技術の進化から考える

出生前診断と着床前診断の違いや問題点は?診断技術の進化から考える

「出生前診断」と「着床前診断」の違いについて、ご存知の方は多いかもしれません。今回のコラムでは、着床前診断の以前から行われていた出生前診断の歴史を紐解いていきます。倫理的な問題が絡んでいるともいえる技術だからこそ、技術ができるまでの背景を十分に理解してほしいと思うのです。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


MENU

DRESS部活