女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

女医流「不妊治療中のストレス」との付き合い方

不妊治療中はストレスがたまる人も少なくありません。不妊治療が実を結ばないストレスや、不妊治療と仕事との両立によるストレスなど、不安やイライラが募ってしまうことも。今回は不妊治療を経験した女医が、ストレスを解消・発散する方法をお伝えします。


不妊治療を受けていても、いつ妊娠できるか、はたして妊娠できるかどうか、はっきりとはわかりません。不妊治療中のストレスや落ち込みは人によっては相当なものです。

今回のコラムでは、毎回「通院が楽しい!」と感じていた私の、「不妊治療中にストレスをためないコツ」についてお伝えします。

■不妊治療はストレスもあるけれど、治療を始められるのも、ひとつの幸せ

現在、選択的シングルマザーとして生きる私ですが、一度の結婚歴があります。元夫は不妊治療に反対でした。

そのため、子供がほしいと思っていたものの、離婚して新しいパートナーが見つかるまで、不妊治療を受けられませんでした。

通院が始まったときは、「やっとこれでスタートラインに立てたんだ!」と嬉しかったのを覚えています。

パートナーの同意が得られない人の他にも、金銭的な問題や(ただし、高度不妊治療には、所得などの制限があるものの助成制度が使えます)、病気や介護で不妊治療を始めることができない人もいるでしょう。

不妊治療を受けられるということは、少なくともあなたとパートナーが「子どもがほしい」という同じ考えを持ち、協力しながら前に進めているということなのです。

■生理になっても落ち込まない「楽しみ」を用意して

妊娠したいのにできない女性であれば、生理が始まると「今回もだめだったんだ……」と落ち込むと思います。

私はお酒がまあまあ飲めるので、「生理用」に美味しいワインを用意しておき、始まったら飲むことにしていました。もし妊娠したらお酒とは縁遠くなりますので、不妊治療中くらいは自分を甘やかしてもいいと思います。

また、私が通っていた不妊治療専門のクリニックは、都心のおしゃれなエリアにありました。なので通院した日は、クリニックの近くでランチを楽しんで帰ることにしていました。

妊娠すると激しいスポーツはできません。私は不妊に悩んでいたとき、「妊娠したらできないことをやっておこう!」と、スカイダイビングに挑戦しました。

スキューバダイビングや遊園地の絶叫系マシンに乗るのもおすすめです。海に潜って魚を見ると癒されますし、絶叫すればすっきりします。

それから、「12才以下のお子さまはご遠慮ください」といった大人向けの宿に泊まる、小学生以下は入れないクラシックコンサートに行くなど、妊娠中や育児中には難しい楽しいアクティビティはほかにもあります。

■不妊治療中も仕事を続けるほうが、ストレスはたまらない

不妊治療のために仕事を辞めてしまう人もいますが、個人的にはおすすめしません。治療には費用がかかるので、仕事を辞めたせいで高度な治療を受けられなくなるかもしれませんし、時間ができると妊娠のことで頭がいっぱいになる人もいます。

フルタイムの仕事と治療の両立が難しければ、アルバイトやボランティアはどうでしょうか。私は祝日などには1日だけのアルバイトをして治療の資金を稼ぎ、週に1回半日だけボランティアをしていました。身体を動かした方が不妊のことを考えずに済みます。

■妊娠・出産した友人、不妊治療仲間との付き合い方

SNSに友人の妊娠・出産報告があると辛いですよね。私は不妊治療中はあえてFacebookなどのSNSからは距離を取っていました。一生縁を切るわけではありませんから、「今の間だけね」という感じで。

また、私は「お子さんは?」と聞かれたら「ほしいけどできないんです」と、不妊であることを隠してはいませんでした。そうすると「実は私も……」と、同じ境遇にある人が周りにも案外いることがわかりました。

こういう知人や友人とは辛さもわかりあえるので、「不妊であることを隠さない」メリットもあると感じました。もちろん、無理にオープンにする必要はありません。

■不妊治療中、ストレスと上手く付き合えるように

はじめにも書きましたが、不妊治療は何ヶ月、何年かかるかわかりません。ストレスと上手に付き合うスキルは必須だと思います。

「これだけがんばったんだからしばらく休憩」と治療をお休みするのも一つの方法です(治療をお休み中に自然妊娠したという話、よく聞きます)。

これからやってくる赤ちゃんが「こんなお母さんのもとに生まれたい」と思うほどに笑顔で過ごせるといいですね。

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

https://p-dress.jp/articles/2584

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。

この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。人間ドックや健康診断など、「病気になるまえの健康管理」を専門にする医師。アメリカ人のパートナーとの間にもうけた2児の選択的シングルマザーでもある。選択的シングルマザーとは...

関連するキーワード


不妊 不妊治療

関連する投稿


不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療にまつわるQ&Aをステップ別に解決

不妊治療に関するQ&Aをまとめた書籍『専門医が答える不妊治療Q&A』が登場。著者は、1999年に千葉市に不妊治療専門クリニックを開業後、18年間で累計1万3000例もの妊娠の実績を積み上げてきたベテラン産婦人科医・高橋敬一さん。不妊治療に関する正しい知識を学びましょう。


卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていきます。卵子の数が最も多い時期は、胎内にいるとき。月経が始まる頃には最多時の1/3ほどに減っていて、すべての卵子が失われる閉経へと向かっていきます。つまり、妊娠を考えるなら「卵巣の機能や残されている卵子の数」を、しっかり意識する必要があるともいえるのです。


不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩み、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている昨今。6組に1組の夫婦が不妊治療をおこなっている、ともいわれています。なぜ不妊に悩む人が増えているのか、産婦人科専門医の山中智哉さんが解説します。


不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。


39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳妊婦のわたしが「39歳」「不妊治療」のキーワードから考えたこと

39歳で妊娠。「いつか、子どもができたらいいな」くらいの熱量だったから、自分は「不妊治療」とは関係がないと思っていた。しかし、『ひなこの39歳から始める不妊治療日記』を読んで浮かんできたのは、もしかすると不妊治療をしていたかもしれない自分の姿だった。


最新の投稿


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

ベーシックファッションを大人流に楽しむなら、シャツ×デニムで品格漂うコーデを作ってみませんか。取り入れる色次第で、ナチュラルにもフェミニンにも見せられるコーデ、挑戦してみては?


AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

メイクアップアーティストのピカ子さん×AMPHIが、メイクとランジェリーの融合をテーマにしたコラボランジェリーを4月1日に発売。


いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

新潟の甘酒専門店「古町糀製造所」が春限定のミックスベリーの甘酒「糀・木苺」を新発売。


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。