不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩んだ女医の妊娠と出産

不妊に悩む人が珍しくない昨今。不妊の検査を受けたり、実際に不妊治療を始めたり、不妊治療の体験を綴る書籍やブログを読んだり……そんな方は少なくありません。今回は不妊に悩んだ時期を乗り越えて、二児の母となった医師・岡本彩さんの体験記をお届けします。


はじめまして、今月よりコラムを書かせていただく2児の母で医師の岡本彩です。初回は20代後半のときに不妊に悩んだものの、30代で妊娠した私の経験を書かせていただきます。

■子どもがほしくて避妊をやめたのに2年経っても妊娠せず……

私は27歳のときに、一度結婚しました。結婚するまでは避妊をしていましたが、多くのカップルと同じように、避妊をやめれば1〜2年以内に妊娠するものだと思っていました。

ところが、丸2年経っても妊娠せず。その間、私と同時期に結婚した同級生たちが次々と母親、父親になっていきました。すでにSNSが普及していたため、Facebookには結婚・出産報告があふれ、20代だったにもかかわらず私は焦りを感じました。

結婚3年目、30歳になったとき、夫に「子どもがほしいから、一緒に不妊症の検査を受けてほしい」と話しました。ところが数日経って返ってきた答えは、「絶対に不妊症の検査は受けない。自分と結婚している限り子どもはもてないから別れてほしい」という驚くべきものでした。

結婚する前は「子どもがほしい」と言っていたので、どこでどう気持ちが変わったのかわかりませんが、いくら説得しようとしても「育てる自信がない」「別れてほしい」の一点張り。

子どもを持たず夫婦2人の生活も考えましたが、夫の「離婚する」という気持ちを変えることができず、30歳で離婚しました。

■医師として知識があるだけに、「あまり時間がない」と急く気持ちも

離婚後に出会いがあり、新しいパートナーができました。彼には私が子どもを望んでいること、結婚していた間は妊娠できなかったことを初めから伝えました。すると「子どもがほしいならできるだけの協力をする。検査も受ける」と言ってくれました。

そこで、結婚はまだでしたが不妊治療専門のクリニックへ行き、検査を受け始めることに。子どもを持つという夢の、スタート地点にやっと立てたことが心から嬉しかったです。

診察してくれた婦人科の先生は、「まだ30歳なら大丈夫でしょう」という感じでした。というのもこのクリニックの患者さんの平均年齢は39歳くらいで、私は若い方だったからです。

ただ、医師という職業柄、何歳でも妊娠できるわけではないこと、年齢とともに妊娠できる確率が下がることを知っていたので、少しでも早く妊娠したいという気持ちでした。子どもは2人ほしかったので35歳までに2人目を産むとなると、あまり残された時間がないと。

■多のう胞性卵巣症候群などの症状があっても妊娠可能性はある

まずは一般的な不妊症の検査から受けました。超音波で子宮や卵巣の状態を確認し、血液検査でホルモンの値を調べます。このときにわかったのは、ひとつの卵巣が「多のう胞性卵巣症候群」であるということです。

また、以前婦人科で受けた検査で指摘されていた、「卵巣のチョコレートのう胞」もやはりありました。これらがあると妊娠しづらくはなりますが、私は不妊の致命的な原因とはなるほどではありませんでした。

ほかには異常はなく、妊娠は十分可能と言われました。ただ、どちらも程度によっては妊娠するために治療(薬だったり手術だったりさまざまです)が必要な場合がありますので、気になる方は婦人科を受診してください。

次の検査は卵管造影。月経が始まってから予約を取るため、月経を待ちました。が、予定を過ぎても月経がきません。それまでも周期が多少前後することはありましたが、いつも食欲もりもりの私が吐き気を覚え、もしやと思いました。

クリニックに行き検査を受けると、妊娠のごく初期の可能性ありと言われました。まさかこんなに早く妊娠できるなんて! でも、まだ赤ちゃんの心拍は確認できないので子宮外妊娠の可能性もあります。2週間後にもう一度検査を受け、無事心拍を確認して妊娠が決定しました。

■妊娠検査薬で陽性でも、油断はできない

うれしい反面、妊娠12週までは流産の確率が高いことも知っていたので、まだ油断はできないなという気持ちでした。「妊娠検査薬で陽性→出産できる」と考える女性は多いかもしれませんが、そこは女医の私。あらゆるリスクが頭をよぎります。

すぐにつわりが本格化し、食欲が落ちて体重は3キロ減りましたが、「これが憧れのつわりか!」と、不妊を経験した女性ならではの感慨にひたっていました。無事12週を過ぎたときは「とりあえず流産の可能性は下がった」とほっとしたものです。

その後の妊娠経過は順調で、早産の傾向があり(子宮頚管長といって、子宮の入り口部分の長さが短めでした)自宅安静となった時期もありましたが、おなかの赤ちゃんはすくすく育ちました。胎動がわかるようになってからは愛しさも倍増、毎日お腹に話しかけて過ごしました。

■子どもがほしいけれどできない……なら、パートナーとふたりで早めの検査を

出産は「安産になるだろう」という直感通り、産科の先生にも助産師さんにも「安産でした!」「いきむのが上手でした!」と褒められました。分娩時間は6時間と初産にしては短いほうです。

とはいえ、前期破水だったので破水してからは丸1日近くかかり、陣痛がなかなか強くならず促進剤を使いましたし、痛みはやはり「人生最大」でした。痛みに関しては1回目の出産で凝りたので、第2子の出産では麻酔をお願いしました。

不妊に悩んでいる人には、本気で子どもがほしいなら早めに不妊治療専門の病院に行くことをおすすめします。残念ながら女性は年を重ねるほど妊娠が難しくなります。男性側に不妊の原因があることも珍しくないので、検査はパートナーにも受けてもらいましょう。

不妊はつらい経験ではありましたが、子どもを育てたいという気持ちが高まったせいか、子育ては楽しいことばかりです。


この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。医師。外国人のパートナーとの間にもうけた2児のシングルマザーでもある。 予防医学と訪問診療にたずさわりながら、個人でセミナーやコンサルティング、執筆などもしています。

関連する投稿


『コウノドリ』8話。まさかの医療ミス! 自分の過ちを成長につなげられるか?

『コウノドリ』8話。まさかの医療ミス! 自分の過ちを成長につなげられるか?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第8話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。誰にだってミスはありますが、赤ちゃんの命にかかわるミスは本当に大変ですよね……。


出産後の働き方は、妊娠中に自分でデザインする【アラフォーで産む#3】

出産後の働き方は、妊娠中に自分でデザインする【アラフォーで産む#3】

出産後も仕事をしていきたい女性が妊娠中にすべきは、出産後にどう働くかのシミュレーション。今回は産後2カ月復帰を計画している筆者が、どのように準備しているかについてご紹介します。


排卵誘発剤は妊娠率を上昇させるのか? 誤解と使用時の注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#4】

排卵誘発剤は妊娠率を上昇させるのか? 誤解と使用時の注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#4】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、4回目では排卵誘発剤を一般的な不妊治療で使う際に知っておきたいことを取り上げます。


『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第7話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。ペルソナのムードメーカーである助産師・小松が迎えた、女性としての人生の転機を描いていました。


産まれてくる彼女の選択肢を、肯定できるように生きる【アラフォーで産む#2】

産まれてくる彼女の選択肢を、肯定できるように生きる【アラフォーで産む#2】

いつかは出産を、と思いながらもキャリアを中断することに迷いがある。そんな方も少なくないはず。今回はまさに「キャリア」を何より優先してきた筆者が、出産とキャリアをどのように両立させようと思っているかについてご紹介します。


最新の投稿


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。