「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」 2017年1月1日(日)新発売

「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」 2017年1月1日(日)新発売

ひと塗りで洗練された「フレッシュマット肌」に。ディオールから16時間崩れ知らずの初ロングラスティング・ クッション・ ファンデが登場。


パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン社(以下、ディオール)は、2017年1月1日(日)にディオール初のロングラスティング クッション ファンデーション「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」を全国にて発売開始します。

■2017年は、洗練されたフレッシュマット肌とともに

「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」は、大人気ファンデーション「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド」から登場するクッション ファンデーション。ロングラスティングと素肌までをも美しくスキンケア成分配合はそのままに、クッションならではの手軽さで、ひと塗りで洗練されたフレッシュマット肌を叶える新アイテムです。

みずみずしくフレッシュな使い心地で、素肌のように軽い仕上がりだけれど毛穴はカバー。テカリや皮脂を抑えながら、光を宿したフレッシュな質感のナチュラルなマット肌が簡単に叶います。

■忙しい現代女性のためのファンデーション

クッション ファンデーションならではの手軽さを兼ね備えながら、肌の気になる部分や毛穴はしっかりカバーし、毛穴レスななめらかな肌が仕上がる進化系クッション ファンデーション、ディオールスキン フォーエヴァー クッション。16時間*つけたてのみずみずしい肌が持続するだけでなく、「カラー ロック テクノロジー」の働きで朝から晩まで、つけたての色がキープできるのも特徴です。またディオールスキン フォーエヴァー フルイド同様、スキンケア成分が配合されており、使うたびに毛穴が目立たなくなり、素肌までをも美しくする効果も。それらが、80万個の繊細な穴を持つディオール独自の高密度なスポンジクッションとディオールらしいスタイリッシュなケースに閉じ込められています。

忙しい朝に、メイクのお直しに、しっかりメイクしたい時にも、隙がないのに素肌が息づく軽やかな仕上がりのフレッシュマット肌を持ち運べる新クッションファンデーションです。

*データ取得済み(ディオール社調べ。効果には個人差があります)

ディオールスキン フォーエヴァー クッション
2017年1月1日(日) 新発売
SPF35/PA+++ 全5色 本体価格 6,500円

(お問い合わせ先)
ディオール・カスタマーサービス TEL03-3239-0618

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。