私たちには日本の四季を慈しむ、華やかな感性がある【高田賢三】

私たちには日本の四季を慈しむ、華やかな感性がある【高田賢三】

四季のある日本。私たち日本人は季節の行事を大事にして過ごしてきた。その過程で自然と身につけてきたのは、華やかな感性ではないだろうか。それを誇りに感じたい。


大晦日の夜。遠くから聞こえる除夜の鐘。人には108の煩悩(ぼんのう)があると言われ、その煩悩を祓うために、除夜の鐘をつく回数は108回とされているのだと小さい頃、母から聞かされた。

年越しそばを食べ、そして新年を迎える。新たな年の始まりにいつもワクワクしていた。
おせち料理の一品一品にも、昔から伝わる意味が含まれていることも教えられた。お正月はいつも忙しいお母さんが、家族とゆっくりできる時間を過ごすために考えられたおせち。料理にも日本らしい配慮があるんだなと子供心に思っていた。ゆったりとした時間に鏡餅、お飾り、7日には七草がゆ、11日には鏡開き。日本ならではの風習はある意味独特で、懐かしくも思う。

最近は、お正月も普段と変わらない生活になっていると思うけれど、僕たちの時代、お正月はコマ回し・羽根つき・福笑いなど、本当に純粋な遊びをしていた。お年玉もとても楽しみだった。今のように、街にはコンビニもなく、元旦はお店も閉まり、静かな時間が流れていた。普段でもその当時は、お手玉・紙芝居・千代紙などの日本の遊びが楽しかったことを思い出す。携帯ゲームも何もないなか、僕たちは、自分たちで遊びを考え、生み出していたような気がする。

■四季のなかで過ごす私たちは、子供の頃から華やかな感性を身につけている

日本には四季がある。それぞれの季節にふれながら、節分・ひな祭り・お花見・端午の節句・七夕・お月見など、古来から受け継がれてきた行事の数々を大切にしてきた。日々の生活のなかで、それらの特別な行事は、自然と僕たちに心のゆとりや感性を与えてくれる。そして、それは日本の風習を楽しむ華やかさなのだと思う。

日本固有の演劇・伝統芸能としての歌舞伎・お能・浄瑠璃なども、華やかな日本の文化であり象徴だろう。きっと初めて見た人でも何か懐かしい気持ちがするのは、自分の内側にある、気づかなかった心・精神にふれられる瞬間なのかもしれない。演じている方の粋と意気が舞台空間に溶け込み、現代人である私たちのなかに、自然と入り込んでくるのかもしれない。静寂のなかにも艶やかな美学を感じられる。とくに衣装(きもの)には、華やかな日本を感じる。

僕たちは、日本人としての美=華やかな感性を子どもの頃から自然と身につけているのではないだろうか。華やか×日本。それは日本の伝統文化が醸し出す侘・寂の「美しさ」なのかもしれない。


この記事のライター

デザイナー。 1939年 兵庫県生まれ。文化服装学院で服飾デザインを学び、'60年第8回装苑賞受賞。その後'64年に渡仏。 1970年 パリにブティックを開き“JUNGLE JAP”として初コレクションを発表。パリの伝統...

関連するキーワード


年末年始

関連する投稿


そろそろお節に飽きたなら。簡単リメイクお節三種盛【簡単なのにほめられる!ホムパごはん#7】

そろそろお節に飽きたなら。簡単リメイクお節三種盛【簡単なのにほめられる!ホムパごはん#7】

第7回は「リメイクお節」。新年会ホムパにちょっぴりお節でお正月気分。お節に飽きた時期にもぴったりです。ホームパーティーは敷居が高い、大変と思っていませんか? DRESS世代のホームパーティーはカジュアルにスマートに。簡単で失敗なしなのに喜ばれるパーティー料理や、パーティーをランクアップさせるコツなどをご紹介します。


まだ間に合う。『神さま手帖』で学ぶお参りの基本【積読を崩す夜 #15】

まだ間に合う。『神さま手帖』で学ぶお参りの基本【積読を崩す夜 #15】

【積読を崩す夜】15回目は、『神さま手帖』をご紹介します。年始は神社にお参りに行く機会が多いのでは。三が日を過ぎて初めてお参りに行く方もいるでしょう。日本人なら心得ておくべき、知っているようで知らない、神社やお参りのあれこれについてご紹介します。


“読書初め”におすすめ。『千年後の百人一首』で千年前の恋歌に思いを馳せる

“読書初め”におすすめ。『千年後の百人一首』で千年前の恋歌に思いを馳せる

意識的であろうとなかろうと、気分が「和」に向きやすい新年。このタイミングで、学生以来の百人一首に触れてみてはいかがでしょうか。千年前の恋の歌を、千年後の言葉と絵で蘇らせた本をご紹介します。


カフェコムサから、新年を彩る限定フレッシュフルーツケーキが登場

カフェコムサから、新年を彩る限定フレッシュフルーツケーキが登場

カフェコムサは “日本の食をアートする”をテーマに、日本の四季を感じる旬の国産のプレミアムフルーツをふんだんに使用した、アート感覚あふれるケーキを発売します。洋梨といちごをたっぷり用いた、2018年お正月時期だけの限定ケーキとなります。


チェコで迎える新年

チェコで迎える新年

いよいよ今年も残りわずか。チェコでは、こんな年越しをしています。


最新の投稿


相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

「顔を覚えてもらいにくい」「顔の印象が薄い」。そんな風に感じるなら、メイクの方向性にまとまりがないのが原因かもしれません。パーツ毎のメイクが、全体的に見たときにちぐはぐな印象にならないように、あらかじめゴールを決めて、仕上がりをイメージしながらメイクしてみて。


【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

もこもこのマフラーにばかり手が伸びてしまうけれど、すこし暖かい日はスカーフを巻いてみませんか。ぱっと顔周りが明るくなり、エレガントに決まります。連載「おしゃれびとスナップ」2018年1月第3週は「華やかなスカーフ」をテーマにお届けします。


栄養価が高くて低カロリー。「タロイモパンケーキ」をカフェ・カイラで

栄養価が高くて低カロリー。「タロイモパンケーキ」をカフェ・カイラで

高栄養価で低カロリーが嬉しい。人気ハワイアンカフェレストラン「カフェ・カイラ」が、ハワイの女性が愛する「タロイモ」を使用した「タロイモパンケーキ」を渋谷・舞浜の2店舗で発売開始!


新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

文化庁文化交流使にも選ばれた、墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、新しい趣味としての「書道」というテーマで執筆いただきました。


雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法をご紹介します。近頃、美容雑誌で目につく「雰囲気美人」という言葉。鼻が高い、目が大きいなど、「美人」の条件とも言えるパーツを持ち合わせていなくても、なんとなく「あの人、美人」と思わせてしまう不思議な魅力を持っている女性のことを言うようです。「雰囲気美人」を徹底研究した結果、わかったこととは――。


おっぱい