「おばさん」という呪いの言葉【紫原明子 連載 #12】

「おばさん」という呪いの言葉【紫原明子 連載 #12】

何歳から「おばさん」なのか、いつからおばさん化するのか。「お姉さん」の次に必ずやってくるはずの「おばさん」はしかし、女性にとって気安く口に出せない呪いの言葉と化している。どこか大人の余裕や愛嬌を感じさせる「おじさん」という言葉と同じように、「おばさん」だってもっとライトな言葉になってもいいんじゃないか。


古くからの友人でありWebメディア「ジモコロ」の編集長・徳谷柿次郎くんが先日、「忘年会おじさん」というイベントを開催していた。幅広い世代の自称おじさん60人ばかり集め、銭湯で湯を浴びてから居酒屋に流れるというスケジュール。

これにたまたま参加したという別の友人から話を聞くと、とにかくものすごく楽しかったらしい。銭湯で丸裸の知らないおじさん同士、初対面で「あなたは何おじさんですか?」「私は◯◯おじさんです」といった会話から始めるそう。◯◯には、料理人なら料理おじさん、エンジニアならエンジニアおじさんなど、自分を表す一言が入るという。

これ、何ともいいイベントだなあと思った。主催者の柿次郎くんを見て「おじさんになったなあ」と思ったことは実際一度もないけれど(もしかしたら長い交友関係で目が曇っているのかもしれないけど)、だからこそ、人に指摘されたり、勘付かれるより先に、ハッピーな形でおじさんを自称できるって、なんとも羨ましい。

■「おばさん会」が微笑ましくなりそうにない理由

SNSで流れてきた「おじさん会」の様子は、はたから見てもなんとも微笑ましく、願わくば私も「おばさん会」をやりたいな、と考えた。……考えたけれど、そこでふと「おばさん会」は、こんなふうにはならないのではないだろうかと思ったのだ。

「おじさん」という言葉には不思議とどこか愛嬌がある。お腹も出ていて、口ひげも生えていて、紛れもなくおじさんなのに気の抜けた声を出して愛くるしスーパーマリオが、そんなイメージ作りに一役買っているのかもしれない(根拠はない)。「私なんてもうおじさんですよ」とおじさんを自称する中年の男性は、同世代で自分がおじさんであることを頑なに認めないギラギラ系の男性より、むしろ上品で素敵に見えたりもする。

そんな油の抜けた感を逆手に取って、安心感から女性を次々と落としていく隠れギラギラおじさんも決して少なくない。そういったことを考えると、おじさんはともすればモテるための武器にすらなり得るのだ。

■おばさんを自称する女性に漂う自虐や悲壮感

しかし「おばさん」はそうはいかない。年上女性との豊富な恋愛経験を持つ30代前半モテ系の男友達は、かつてこんなことを言った。

「素敵な年上の女性が、私なんておばさんだし、と言うと途端に冷めるんだよね」

彼いわく、年上の女性には、“坊や、私に手が出せるの?”といわんばかりにいつまでも高嶺の花でいてほしいそう。私なんておばさんだし、と卑屈な素振りを見せないでほしいと言うのである。基本的には好みの問題なのだろうし、「私なんておばさんだし」という控えめな姿勢にこそぐっとくるという人もまたいるのだろう。

けれど、おばさんを自称する女性に自虐や悲壮感を感じてしまうという彼の気持ちは、少なくともわからないものではない。男性がおじさんを自称したときには、ともすればどこか余裕すら感じさせるというのに、女性がおばさんを自称すると、意図しない痛々しさが滲みかねない。だから、おばさんをやすやすと自称できないのだ。

■女性にとっての「おばさん」という言葉は呪詛

おまけに問題は男性からの視線だけじゃない。おばさんを自称する上では、同性からの抵抗も少なからずある。美魔女として、時を止める美容に懸命に励む人がいる中で「もう私なんておばさんですよ」と言おうものなら「美を諦めただらしない人」として蔑まれかねない。そうじゃないんだよ、と思う一方で自分の中にも拭いきれない恐れがある。

「おばさん」を自称した瞬間におばさんになる、というコラム、かつて何かで読んだ記憶。おばさんになる、という言葉のもたらす得体の知れない恐怖に打ち勝てない。

男性にとっての「おじさん」が、決して恋愛欲も性欲も失っていなくたってその場しのぎにカジュアルに使える言葉である一方、女性にとっての「おばさん」という言葉は、もはや言った瞬間から何かが決定的に崩落しかねない呪詛と化している。

■今は舞台から降りてます、と表明する言葉がほしい


「オバタリアン」とか、「私がおばさんになっても」とか、きっと過去には、おばさんという言葉がかくも呪われし単語となったきっかけがいくつかあるんだろう。「おばさん」という言葉をかくも使いづらいものにして我々後輩に託してきた上の世代が憎い。もっとおばさんを丁寧に扱ってほしかった。

なぜ女性だけがいつまでも現役で女や美を追求し続けなければならないのか。「もうおばさんだから」の一言で、女性として一方的に品定めされる場から降りたっていいじゃないか。

だからって、それは永久的に色恋の勝負を放棄したわけではなく、ただ「この場ではモテたいと思ってませんよ」と、手軽かつ平和的に表明したい、それを可能とする言葉がほしいだけなのだ。

恋愛対象になり得る素敵なおじさんがいるように、恋愛対象になり得る素敵なおばさんがいたっていいはずだ。私はおばさんの社会的地位を向上させたい。



「おばさん」は蔑称か

https://p-dress.jp/articles/811

私は今42歳。最近、周囲のスタッフに年下が増えてきた。現場マネージャーも、その上のマネージャーも年下だ。まだ一緒に仕事を始めて日が浅いこともあり、相手がいろいろ気遣ってくれるのがわかる。

この記事のライター

エッセイスト。1982年福岡県生。二児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。『家族無計画』『りこんのこども』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)など連載多...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

「哲学」と聞くと、「人生論」というイメージがあると思いますが、SNSもアンチエイジングも格差社会も哲学だ、と言われたら、だいぶ印象が変わりませんか? 実は案外私たちの身近にある哲学。自分自身の生活や生き方に、哲学を取り入れるヒントになる本をご紹介します。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

自分の思い描いた理想に近づけていない、自分が望まないことばかり起きてしまう。そんな人は自分をコントロールし、理想や目標へ近づく方法を知らないだけかもしれません。そこで今回は、自分をコントロールし、うまくいくように自分を導くセルフプロデュースについてご紹介します。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。