「おばさん」という呪いの言葉【紫原明子 連載 #12】

「おばさん」という呪いの言葉【紫原明子 連載 #12】

何歳から「おばさん」なのか、いつからおばさん化するのか。「お姉さん」の次に必ずやってくるはずの「おばさん」はしかし、女性にとって気安く口に出せない呪いの言葉と化している。どこか大人の余裕や愛嬌を感じさせる「おじさん」という言葉と同じように、「おばさん」だってもっとライトな言葉になってもいいんじゃないか。


古くからの友人でありWebメディア「ジモコロ」の編集長・徳谷柿次郎くんが先日、「忘年会おじさん」というイベントを開催していた。幅広い世代の自称おじさん60人ばかり集め、銭湯で湯を浴びてから居酒屋に流れるというスケジュール。

これにたまたま参加したという別の友人から話を聞くと、とにかくものすごく楽しかったらしい。銭湯で丸裸の知らないおじさん同士、初対面で「あなたは何おじさんですか?」「私は◯◯おじさんです」といった会話から始めるそう。◯◯には、料理人なら料理おじさん、エンジニアならエンジニアおじさんなど、自分を表す一言が入るという。

これ、何ともいいイベントだなあと思った。主催者の柿次郎くんを見て「おじさんになったなあ」と思ったことは実際一度もないけれど(もしかしたら長い交友関係で目が曇っているのかもしれないけど)、だからこそ、人に指摘されたり、勘付かれるより先に、ハッピーな形でおじさんを自称できるって、なんとも羨ましい。

■「おばさん会」が微笑ましくなりそうにない理由

SNSで流れてきた「おじさん会」の様子は、はたから見てもなんとも微笑ましく、願わくば私も「おばさん会」をやりたいな、と考えた。……考えたけれど、そこでふと「おばさん会」は、こんなふうにはならないのではないだろうかと思ったのだ。

「おじさん」という言葉には不思議とどこか愛嬌がある。お腹も出ていて、口ひげも生えていて、紛れもなくおじさんなのに気の抜けた声を出して愛くるしスーパーマリオが、そんなイメージ作りに一役買っているのかもしれない(根拠はない)。「私なんてもうおじさんですよ」とおじさんを自称する中年の男性は、同世代で自分がおじさんであることを頑なに認めないギラギラ系の男性より、むしろ上品で素敵に見えたりもする。

そんな油の抜けた感を逆手に取って、安心感から女性を次々と落としていく隠れギラギラおじさんも決して少なくない。そういったことを考えると、おじさんはともすればモテるための武器にすらなり得るのだ。

■おばさんを自称する女性に漂う自虐や悲壮感

しかし「おばさん」はそうはいかない。年上女性との豊富な恋愛経験を持つ30代前半モテ系の男友達は、かつてこんなことを言った。

「素敵な年上の女性が、私なんておばさんだし、と言うと途端に冷めるんだよね」

彼いわく、年上の女性には、“坊や、私に手が出せるの?”といわんばかりにいつまでも高嶺の花でいてほしいそう。私なんておばさんだし、と卑屈な素振りを見せないでほしいと言うのである。基本的には好みの問題なのだろうし、「私なんておばさんだし」という控えめな姿勢にこそぐっとくるという人もまたいるのだろう。

けれど、おばさんを自称する女性に自虐や悲壮感を感じてしまうという彼の気持ちは、少なくともわからないものではない。男性がおじさんを自称したときには、ともすればどこか余裕すら感じさせるというのに、女性がおばさんを自称すると、意図しない痛々しさが滲みかねない。だから、おばさんをやすやすと自称できないのだ。

■女性にとっての「おばさん」という言葉は呪詛

おまけに問題は男性からの視線だけじゃない。おばさんを自称する上では、同性からの抵抗も少なからずある。美魔女として、時を止める美容に懸命に励む人がいる中で「もう私なんておばさんですよ」と言おうものなら「美を諦めただらしない人」として蔑まれかねない。そうじゃないんだよ、と思う一方で自分の中にも拭いきれない恐れがある。

「おばさん」を自称した瞬間におばさんになる、というコラム、かつて何かで読んだ記憶。おばさんになる、という言葉のもたらす得体の知れない恐怖に打ち勝てない。

男性にとっての「おじさん」が、決して恋愛欲も性欲も失っていなくたってその場しのぎにカジュアルに使える言葉である一方、女性にとっての「おばさん」という言葉は、もはや言った瞬間から何かが決定的に崩落しかねない呪詛と化している。

■今は舞台から降りてます、と表明する言葉がほしい


「オバタリアン」とか、「私がおばさんになっても」とか、きっと過去には、おばさんという言葉がかくも呪われし単語となったきっかけがいくつかあるんだろう。「おばさん」という言葉をかくも使いづらいものにして我々後輩に託してきた上の世代が憎い。もっとおばさんを丁寧に扱ってほしかった。

なぜ女性だけがいつまでも現役で女や美を追求し続けなければならないのか。「もうおばさんだから」の一言で、女性として一方的に品定めされる場から降りたっていいじゃないか。

だからって、それは永久的に色恋の勝負を放棄したわけではなく、ただ「この場ではモテたいと思ってませんよ」と、手軽かつ平和的に表明したい、それを可能とする言葉がほしいだけなのだ。

恋愛対象になり得る素敵なおじさんがいるように、恋愛対象になり得る素敵なおばさんがいたっていいはずだ。私はおばさんの社会的地位を向上させたい。



この記事のライター

エッセイスト。1982年福岡県生。二児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。『家族無計画』『りこんのこども』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)など連載多...

関連するキーワード


女子会 忘年会

関連する投稿


「DRESS焼酎部」美肌力UP!食べて飲んでキレイになる中目黒女子会

「DRESS焼酎部」美肌力UP!食べて飲んでキレイになる中目黒女子会

DRESS焼酎部 部長yukiko(ユキコ)です。 自分自身へのご褒美として楽しんでもらうため、話題のスポット中目黒で“食べて飲んでキレイになる焼酎女子会”を企画しました♡ 「DRESS焼酎部」”ほろ酔い女子”に大人気だった本格焼酎コメントも必見です!


ちょい足しで叶う、ドレスアップ時に差をつけるメイク術【MOTOKO美容塾 #7】

ちょい足しで叶う、ドレスアップ時に差をつけるメイク術【MOTOKO美容塾 #7】

ドレスアップして出かけるイベントが増える秋冬。いつものメイクよりも華やかに、他の人と差をつける、特別感を演出するメイク術をご紹介します。


尻軽口堅のススメ【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

尻軽口堅のススメ【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

男女関係のぶっちゃけは、相手を慎重に選んで。


婚活に焦る女は魅力が半減。だから休憩したっていい【『ぬるま湯女子会、38度』レビュー】

婚活に焦る女は魅力が半減。だから休憩したっていい【『ぬるま湯女子会、38度』レビュー】

4人のアラサー、アラフォー女子の婚活模様を描いた小説『ぬるま湯女子会、38度』。婚活をしたことのある人、恋愛経験のある人なら「こういう男いるいるッ!」と頷いてしまうはず。笑いあり、涙あり、ムカッ(?)ありの婚活小説から私たちが学ぶことは。


「DRESS焼酎部」蔵元とイタリアン!仕事帰りの神田女子会♡

「DRESS焼酎部」蔵元とイタリアン!仕事帰りの神田女子会♡

DRESS焼酎部 部長yukiko(ユキコ)です。 今回はイタリアンに合う焼酎蔵として常徳屋酒造場(大分県)・五島灘酒造(長崎県)の蔵元をお迎えして開催しました! 焼酎初心者さん、焼酎好き女子が集まった神田での女子会。「DRESS焼酎部」部員のコメントも必見です!


最新の投稿


夫婦二人の老後を想像し始めた

夫婦二人の老後を想像し始めた

夫婦二人きりで暮らしていると「老後はどうするの?」とよく聞かれる。「子供がいないと大変だよ」と言う人もいる。もちろん、夫婦二人の老後のことは、考えていないわけではない。じゃあ具体的には……? 少しずつ、小さなことから、夫婦二人の未来を決め始めた。


ヤク素材のライフスタイルブランド「SHOKAY」が新作展示会を開催

ヤク素材のライフスタイルブランド「SHOKAY」が新作展示会を開催

今注目されるヤク素材のライフスタイルブランド「SHOKAY」10周年記念の新作展示会を3月29日〜31日に表参道にて開催。


恋愛をしても女性ホルモンは出ません。 宋美玄医師による「大人女子のための“カラダのキモチ”セミナー」

恋愛をしても女性ホルモンは出ません。 宋美玄医師による「大人女子のための“カラダのキモチ”セミナー」

好評連載中の宋美玄先生のメディア向けセミナーが、ドコモ・ヘルスケアの主催で開かれました。これまで連載でも取り上げた内容と重複する点もありますが、復習としてまとめてみました。


植物の力に癒やされる「ボタニカルルームステイ」を舞浜で

植物の力に癒やされる「ボタニカルルームステイ」を舞浜で

東京ベイ舞浜ホテルが、植物の力を感じる宿泊プラン「ボタニカルルームステイ」を4月10日から6月30日まで販売。


交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

最高のパートナーと出会う「オトナの恋愛」をしたいなら、頭・心・体という3つのチャンネルをフル活用することが大事です。一つひとつの活用法を詳しくご紹介し、最高のパートナーと出会う方法をご紹介します。