ハワイ州観光局、「#絶景有休ハワイ」キャンペーンをスタート

ハワイ州観光局、「#絶景有休ハワイ」キャンペーンをスタート

ハワイ州観光局がプロモーション「有休ハワイ」の一環として、第1弾SNSキャンペーン、「#絶景有休ハワイ」を開始。審査員に『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』プロデューサー詩保さんを迎えて、2017年3月31日まで実施中。


#絶景有休ハワイは、ハワイで撮影された写真の中から、 有休ハワイをする、 「友達」「家族」「彼女」「彼氏」に見せたいそして「自分」が再度見たいハワイの絶景を募集。
投稿作品の中から、『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』プロデューサーの詩歩さんを審査員にお迎えし、 優秀作品を選出。 優秀作品に選ばれた方には、有休ハワイオリジナルモレスキンノートやもっと素敵な写真を撮るためのアイテムなどのプレゼントがあります。

#絶景有休ハワイのキャンペーン審査員『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』プロデューサーの詩歩さん

応募方法は、 ハワイ州観光局のTwitter (@goHawaiiJP)もしくはInstagram (@gohawaii_jp)をフォローして、 ハッシュタグ「#絶景有休ハワイ」と撮影場所も記載して投稿するか、 ハワイ州観光局ポータルサイトallhawaii内のキャンペーンサイト上(#絶景有休ハワイのキャンペーンサイトから写真を投稿することもできます。

キャンペーンは、 第1弾を皮切りに、 第2弾、 第3弾と各期でテーマを変え、 テーマにあった審査員迎えて実施予定。

ハワイの絶景と思う写真があれば、ぜひチャレンジを!

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。