一人合宿をホテルで行う。3泊4日コースで新世界への扉を開く

一人合宿をホテルで行う。3泊4日コースで新世界への扉を開く

一人合宿は自分をリセットしたい人におすすめ。安藤美冬さんが提案する一人合宿、そのやり方やおすすめのホテルをご紹介します。何かに悩んでいる時に、一度実践してみてはいかがですか?


■一人合宿のすすめ(ホテル編)

新しい物を買うよりも先に何かを捨てる。サプリメントを摂る前にデトックスをする――。新しいことを取り入れること以上に、引き算してゼロの状態に戻すことが大事だなと感じる、今日この頃です。

26歳のとき、うつ状態になって会社を休んだことがありました。半年後、復職して前向きな気持ちで仕事をしていたのですが、29歳になったとき、いろいろなことに疑問を持つようになったんです。私にとって大きな引き算の時期でした。大手出版社の社員としてミリオンセラーも出し、軌道に乗って楽しかった。

でも、30歳を目前に、「私このままでいいのかな?」という疑問をどうしても捨てられなかったんです。目の前の仕事に意味があるのかと感じて、会社のデスクに座っているのもツラい時期でした。

■すべてをリセットしてゼロにすれば、新しい世界が拓ける

そして、30歳の節目、自分を完ぺきなゼロの状態にして、会社を辞めました。実績もゼロ、将来のプランもゼロ……。当時はまだ迷っていて、とても苦しかったのですが、今になって振り返ってみると、あのときリセットしようとした自分に拍手したいです。それまでの見栄や執着、欲求、すべてをリセットしたからこそ、新しい世界に向かっていくという成功体験ができたから。もちろん時間はかかりました。

じつに1年8ヶ月!毎晩、不安になって泣いては友人たちに電話をかけ、「美冬の電話テロがきた」と言われたほどです(笑)。

葛藤をリセットするためにいろいろなことをやったのですが、その一つが、積極的に引きこもることです。

私は“一人合宿”と呼んでいます。

おすすめは家ではなくホテルを使うこと。自宅だと家族がいたり、電話もLINEもきたりして、なかなかエスケープできませんが、ホテルだと閉じこもってひたすら一人で悩み続けることができます。「半年後、ハワイで引きこもる」というのではなく、自分が引きこもりたいと思うときに引きこもるのが一番。なるべく自宅から離れていないホテルがいいですね。遠いと移動に時間が取られてしまうデメリットもあります。合宿時間を最大化することが大切です。

私がいつも利用しているのが「六本木ホテルS」。お洒落でいろいろなタイプの部屋があるので、何度使っても飽きません。推奨したいのは、金曜日の夜から月曜日の朝までの3泊4日。1泊1万円くらいのホテルでもいいので、なるべく長く泊まると効果テキメンです。ホテルの環境で大切なのは3つ。ルームサービスがあること。バスタブがあること。そして眺めがいいことです。

■一人合宿の目的は「リセット」

一人合宿の目的は「リセット」。

自分が心で感じていることや、やりたいことなどを整理整頓することです。これまでを振り返り、整理整頓し、結果として未来を設定するためには、とにかく落ち着いて過ごすことが大事です。入浴剤を持ち込んだり、心が落ち着く本を持っていったり、音楽をかけたり。着心地のいいルームウェアなど、自分が落ち着く物は一通り持って行きます。そしてスマホの電源を切り、人に会わないことです。

この合宿を、私は半年に一度、6月と12月におこなうようにしています。3泊4日、自分のことを真剣に考え続けると体も疲れるのですが、迷いが吹っ切れます。一人合宿を終えると、新たな一歩を踏み出すことが多いです。どうしてもホテルに宿泊するのが難しい場合は、日帰りでもいいですし、図書館でもいいと思います。

インプットが過多の状態になると、日々に行き詰まってしまいます。滞りをスムーズにするためには、自分の心や身の回りを整理することが大切です。年末の大掃除に加えて、“一人合宿”で自分をリセットしてみてください。

この他の安藤美冬さんの連載もご覧ください。

構成/尾崎ムギ子

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


「半農半X」という生き方は実現できる?リアルな体験記を読んでみた

「半農半X」という生き方は実現できる?リアルな体験記を読んでみた

半農半Xという生き方が注目を集めています。半農半Xのライフスタイルを描いたコミックエッセイ『田んぼ、はじめました。』は、半農半Xを実戦したい人はもちろん、農業に多少なりとも興味のある人にとって、とても面白い1冊となっているのでご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。


女性が仕事をする意義は、次世代に生きる知恵を伝えることにある

女性が仕事をする意義は、次世代に生きる知恵を伝えることにある

女性が社会で仕事をする意義って何だろう――。ずっと働くつもりじゃないから仕事にそこまで真剣になれない。仕事は結婚するまでの腰掛けでいい。もしくは、仕事が好きだけど結婚・出産の可能性も捨て切れず、中途半端な気持ちで毎日を過ごしている。仕事と人生の狭間で悩む女性たちへ、私が見出した「社会で仕事をする意義」をお伝えします。


【ビジネス英語勉強法】英語が苦手だった私が海外企業で働くためにやったこと

【ビジネス英語勉強法】英語が苦手だった私が海外企業で働くためにやったこと

ビジネス英語を使えるようになりたい。でも、どう勉強すればいいの? 仕事上、英語を話せるに越したことはないとわかっちゃいるけれど、一体どうすればビジネス英語をものにできるのでしょうか。英語が苦手だった非帰国子女の筆者が、海外企業で働けるくらいの英語力を身につけた、独自のビジネス英語勉強法をお伝えします。


最新の投稿


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

苦しいとき「大変だから」と逃げ出すのは誰にでもできること。でも、落ち着いて考えてれば、解決策は必ず導き出される。それを繰り返すなかで、自分にとって最高のパートナーである「自分」を大切にして、最高の人生を創っていけるのだ。自分に嘘をついてはいけない。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。