『プ女子百景』広く。さんが語る、働く女性にプロレスを勧めたい理由

『プ女子百景』広く。さんが語る、働く女性にプロレスを勧めたい理由

「プ女子」と呼ばれる女性プロレスファンが増えている昨今。なかでも『プ女子百景』著者の広く。さんは、新日本プロレスを筆頭に、長年さまざまなプロレス団体や選手を見てきた女性のひとり。プロレスファン歴は軽く10年を超えます。なぜプロレスに魅せられ続けているのか、お話を伺いました。


特別な「ひとつ」を深く愛しながら、幸せに生きる。そんな何かを偏愛する女性は、何がきっかけで特別な「ひとつ」に出会い、人生がどのように変化していったのでしょうか。今回は書籍『プ女子百景』著者で、プロレスを偏愛する「広く。」さんにお話を聞きました。

■新日本プロレス・内藤哲也選手にハマったきっかけ

――広く。さんは一番好きな選手は、新日本プロレスの内藤哲也選手だと明かしていらっしゃいます。どんなきっかけで内藤選手にハマったのでしょうか。

内藤選手にハマる前から、10年くらいプロレスは見ていたのですが、当時はとくに一人の選手を集中的に見ることはありませんでした。このまま、ずっと一人を追いかけることなく、広く浅く見続けるのかなぁと思っていました。

それが2011年10月に急展開です。内藤選手VS棚橋弘至選手のタイトルマッチがおこなわれて以来、内藤選手にハマりました。

――なぜこのタイトルマッチが、きっかけになったのですか?

その前にプロレスを10年見続けて蓄えた予備知識があったので、内藤選手の過去もよく知ってたんです。彼は棚橋選手に憧れてプロレス界に入ってきました。それがこのタイトルマッチで、憧れの選手とベルトをかけて戦うことになったんです。まさに、少年漫画の主人公みたいですよね!

■プロレスの魅力は「生きざま」が見えること

――プロレスは、家でも見ているんですか?

はい。サムライTVを流しっぱなしにして、四六時中見ています(笑)。

――じゃあ、本当にいつも見ている状態なんですね! プロレスの魅力ってどんなところにあると思いますか。

もがいている姿を全部みせているところですね。人間誰しも調子の悪いときがあります。内藤選手にも、まわりに受け入れてもらえない期間が2年くらいありました。ただ私は「いつか、すべてひっくり返るときがくる」と信じていたんです。彼自身が、自分の暗い面に対して「自分の個性」として受け入れたあとは、がぜん面白くなり周りの反応も変わりました。

自分自身にも、20代後半、何をやってもだめなときがありました。そういうときに、「絶対、その先に何かがあるんだ」というものを見せてくれるのがプロレスの魅力なのだと思います。

またプロレスにはケガがつきもの。すべての選手が一生治らない傷とともに生きているんです。自己犠牲のうえ、命がけの戦いを見せてもらっているというのは、見る者にとって本当にありがたいことですよね。

■プロレスに魅せられてから長いスパンで物事を見るようになった

――そうですよね。ベテランになればなるほどケガした場所も増えていく。

プロレスでトップにいる人は、人生に保険をかけていない。すべてをプロレスに捧げていると思うんです。同じ人間だけど、すべてにおいて常人じゃないと感じます。クレイジーな反面、アンバランスさや危うさも感じる。さらに、したたかさもあるので、人として魅力的に映るのです。

――内藤選手にハマってから、プロレスへの思いに変化はありましたか。

プロレスの見方が変わりました。選手が抱える苦みを引き受けることも見る楽しみ。やはり一人を追っていると、低迷期の姿も見なくてはいけないですから。ただ状況がひっくり返ったら「キターッ!」となりますね! まさにプロレスの醍醐味です。

――楽しみ方が、その場その場の試合だけじゃないんですね。

そうなんです。ハマってから、物事を長いスパンでみるようになりました。より人生に近いんじゃないかと思っています。どの選手もうまくいかないときがあるように、人間の一生にも波があります。「ここでベルトを落として、何か起こっても、3年後に意味があることに変わる」と考えることができるようになりました。生きやすくなりましたね。

■プロレスからエネルギーをもらって、日々がんばれる女性たち

――昔からイラストを描いていたんですか?

はい。20代前半に漫画家として一度デビューして、プロレスマンガを描いていこうと思っていたのですが、案をいろいろと出してもボツになり、行き詰まってしまい、プロレスネタにこだわるのはやめようとしたんです。でも、他に好きなことがなかったので、20代後半はドヨーンとしていました。

――プロレスへのこだわりを捨てようとしていたのに、プロレス技を描いたのはどうしてなんでしょうか。

「自分はプロレスが好きだ!」と開き直ったんです。好きなプロレスと絵をつないで個性を出してみたら、周りにも受け入れてもらえました。

あと、プロレス好きなら共通して「プロレスの魅力を世間に伝えたい」というマインドを持っていると思うんです。私もそういう気持ちがあったので、どのように伝えればいいのか考えました。それで2010年から、「汗臭い男の人」とか「裸」というプロレスらしいアイコンをあえてはずして、技の面白さだけを抽出したイラストを描くようになったんです。

ゼロ年代(2000年代)は、プロレスはオワコンと言われていた冬の時代。オワコンと言われることが悔しかったんです。自分が絵を描く人間だったので、プロレスの魅力を自分なりに表現できると思ってブログに掲載し始めました。

このブログを読んだプロレスブロガーさんが面白がって紹介してくれたり、新日本プロレスのスタッフさんが面白がってくれたりしたことで仕事にまでつながりました。

――書籍のタイトルにもなっている「プ女子」という言葉ですが、近年盛り上がっていますね。

書籍の方はプロレスをしている女子という意味で、プロレスを見る女子とは違うんですけどね(笑)。一般的に言われるプ女子は2015年に爆発的に増えました。カッコよさや顔しか見てないミーハーな女たちだけじゃない。プロレスがあるから生きていけるんだ、プロレスに勇気や希望をもらっているんだ、とプロレスを大切にしている女子は多いので、ブームとはいえ、適当には扱ってほしくないと思っています。

「私のように、プロレスを見るだけで、なんとか生きながらえている女性っていると思うんです。プロレスというものの中に自分の居場所がある、あの場へ行ってもいいと感じられる。私はプロレスを好きになったことで、人生が変わりました」

そう語る広く。さんは夢中になれるものを持つ人ゆえの輝きや前向きな雰囲気に満ちあふれていました。「人生が変わった」と心から感じられる何かを手に入れると、生きることもより面白くなる。そう感じさせられた取材でした。

広く。
イラストレーター。著書に『プ女子百景』がある。「NIKKEI STYLE」でイラスト&コラムを連載中。直近ではAmazonプライムの番組「有田と週刊プロレスと」のイラストを担当。『プ女子百景』第2弾も2017年2月頃発売予定。Twitterは @cohirohiroko

イラスト提供/広く。

Text/ミノシマタカコ

【DRESSプロレス部 キックオフ】ランズエンド6 新木場大会にご招待します!

https://p-dress.jp/articles/2968

DRESSプロレス部 キックオフは、プロレスラー崔領二選手率いるプロレス団体「ランズエンド」大会観戦。3月1日(水)19:00〜開演の大会に2名様をご招待します。

DRESS部活に、ついにプロレス部が登場! キックオフはDRESS池田編集長と行く、「ランズエンド大会観戦」です。詳細・ご応募は上記リンクをチェック。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


プロレス プ女子 趣味

関連する投稿


「逃げたら負けだから、立ち上がる」プロレスラー・野村直矢に見る心の強さ

「逃げたら負けだから、立ち上がる」プロレスラー・野村直矢に見る心の強さ

野村直矢さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1993年生まれの23歳。デビュー3年半の若手ながら、がむしゃらな負けん気の強いファイトスタイルで、見る者を魅了しています。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する若手選手のひとりでもあります。野村選手のインタビューをお届けします。


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#2「モンブラン」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#2「モンブラン」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラーで、「スイーツ真壁」としても活動するスイーツの識者。そんな真壁さんの連載【スイーツ真壁の手土産はこれなッ!】では、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月ひとつ取り上げていただきます。


興味を持って始める趣味が、人生を華やかに彩ってくれる【高田賢三】

興味を持って始める趣味が、人生を華やかに彩ってくれる【高田賢三】

パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。最終回となる第12回は「華やか×趣味」でその思いを綴っていただきました。高田賢三さんが考える、華やかな趣味とは――。


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#1「横濱ハーバー ダブルマロン」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#1「横濱ハーバー ダブルマロン」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラー。スイーツが大好物で、日々さまざまなスイーツを食す「スイーツ真壁」としても知られています。スイーツの識者ともいえる真壁さんに、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月ひとつ取り上げていただきます。


アラフォーからでも遅くない! 出会いも期待できるスポーツアクティビティをご紹介

アラフォーからでも遅くない! 出会いも期待できるスポーツアクティビティをご紹介

今回はアラフォーからでも気軽に始められて、年を重ねても楽しめる、スポーツアクティビティをご紹介します。まったくの未経験でも、40歳から始めれば、60歳で「経験年数20年」の大ベテラン。せっかくの人生、新たな趣味を持ってみませんか?


最新の投稿


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。コンサルタントとして毎日慌ただしく働くユキ・クリヤマさんは、情報収集する時間はあまりないけど、周りの空気を読んで投票することはしたくない、と話してくれました。そんなクリヤマさんが考える【わたしの選挙】とは――?


おっぱい