素敵な年上女性との出会いが、人生を好転させるきっかけになる。

素敵な年上女性との出会いが、人生を好転させるきっかけになる。

あなたには年上の女友達がいるでしょうか? 素敵な年上の女性に出会うと未来に希望を抱くことができ、毎日を前向きに輝いて生きることができるようになります──。連載「人生が好転する気づきの美習慣第8回」では、年上の女友達を持つことの素晴らしさについてお話します。


■素敵な年上女性との出会いで「未来」と「夢」が見えてくる

年上の女友達は、人生の進路を照らしてくださる明かり。かけがえない宝物。
そんなふうに感じた出来事について、今日はお話したいと思います。



少し前のことです。ある方にお連れいただいたお食事会で、ひとりの女性と出会うことができました。70代の料理研究家の方です。
素敵な方だなあと思いながら、ご挨拶しかできないまま会が終わってしまいました。
ところが偶然帰路が同じ方向だったおかげで、帰りの電車で、しばらくお話することができたのです。



年齢を伺って驚いたほど若々しいその方は、愛くるしく小柄でいらして、とってもお洒落。
光沢のある明るいブルーのジャケットとAラインのスカートに、深い赤の小さなイヤリングが効いています。
年齢を重ねた女性が澄んだ色を着こなしていらっしゃる姿って、こんなにも素敵なのだなと感じ入りました。

ピンと伸びた背筋、柔らかな所作、お話の仕方。品格とともに女性の愛らしさが香る佇まいに接しているうち、「日本女性の美徳」とは本来この方のような在り方を示すのではないだろうかと、思いはめぐります。



電車に揺られながらしばらくおしゃべりしたあと、「昔、父に教えられたのよ」と話してくださった内容が胸に残りました。


「『結婚しても精神的に自立した人間であり続けるように』って父が話してくれたの。わたしの場合、精神的自立には経済的な面も伴ったほうがいいかなと思って、結婚してから今まで、ずっと仕事を続けてきたのよ」とのことでした。



結婚、あるいは出産を機に仕事を離れるかどうか。女性なら誰しも悩むところですね。「結婚しても共働き」というスタイルがデフォルトになりつつある最近も、出産後、子育てのために一旦離職したり、また復職したりと生き方は人それぞれ。個人、あるいはそのカップルによって、いろいろです。

結婚後も働き続けなければ精神的自立が維持できないとは限らないと思いますが、「わたしの場合は」と真摯に考えられ、職業人として生きると決めた決意を長きに渡り貫いてこられたその女性に、わたしは深い敬意を抱きました。



また「結婚しても精神的に自立した人間であれ」というお父さまの教えそのものが、とても素晴らしく感じられたのです。その方の世代であればまだ「自己主張を控えて夫の意に沿うように仕えなさい」と親御さんから教えられた方も多かったのではないかと想像すると、それはなおさら意義深いご教示であるように思われました。

背筋の伸びた、その女性の凛とした姿勢は、「妻となり母となっても、生涯自立したひとりの人間として生きていこう」という心の姿勢が、そのまま表れたものなのでしょう。



この方のような女性にわたしも少しでも近づくことができるなら、年齢を重ねながら生きていくことは苦痛ではないな。むしろ、少しずつ素敵な女性に近づいていくことのように思える──。
そう考えが浮かんで、わたしは気づいたのです。ああ今わたしはこの方のおかげで自分の「未来」を明るく思い描き、この方のように素敵な女性になりたいという「夢」をいただいたのだな、と。


素晴らしい年上の女性とお友達になれると、未来が明るいものに思え、生きる勇気がわいてきますね。前を向き、夢を抱いて、いきいきと日々を過ごしていくことができるようになります。
人生にはこの「いきいきと日々を過ごす」ことがとても大切。明るく生気に満ちた女性として生きていると、幸運は自然に引き寄せられ、あなたの元へと訪れるのです──。



■すべての女性は姉妹のような存在

帰宅後、お礼のメールをお送りすると、ほどなくやさしい返信が送られてきました。

「一度きりの人生。悔いなく生きてください。自分の気持ちをごまかさないこと。大切にしてね」

そのメールの文面を、わたしはその後、何度読み返したことでしょう。電車に揺られながらほんの数駅分の短い時間お話をしただけで、そのとき、わたしが言葉にせずしまっておいたつもりの気持ちをすべて察し、理解し、その上で贈ってくださったぬくもりに満ちた言葉が、そこには綴られていたのでしたから。



今わたしは、胸深く思います。血縁の有無に関係なく、すべての女性は姉妹のようなもの。年上の女性から、年下の女性へ。自らの経験から得た学び、どうか幸せになってねと祈りをこめた花束をバトンのように手渡しながら、世代間のリレーが続いてゆくのだと──。



季節は初冬ですが、花言葉「祈り」に思いをこめて、チューリップの画像を選んでみました。

いつもコラムを読んでくださる皆さん、本当にありがとうございます。
あなたの人生がより輝きますよう祈って、今回は最後にわたしからあなたへ、花束に代えて、大好きな曲をご紹介させてください。
宇多田ヒカルさんの「花束を君に」という曲です。
10月1日までオンエアされていたNHK連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』の主題歌ですので、ご存じの方も多いことと思います。
機会がありましたら、聴いてみてください。

人生の喜びと悲しみ。そのどちらをも深く心に宿し、表現する宇多田さんだからこそ書ける詞、旋律が胸に迫る名曲です。


誰の人生にも、光と影が交錯しています。幸せだけの人生がない代わりに、不幸しかない人生もありません。いま手にしている幸せを見失わないよう大切に抱きしめながら、時折降りかかるつらいこと、苦しいことを乗り越えて、一緒に生きていきましょうね。





あなたの今日、明日、そしてこれから続く長い人生が、ぬくもりとやすらぎに満ちたものとなりますよう、心から祈っています。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


素敵な年齢の重ね方 生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活