メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコのお料理教室で、びっくりするくらい美味しくなる、ディップの作り方を教わりました。詳しいレシピ、ご紹介しています。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。ユネスコの無形文化遺産に登録されているメキシコ料理。すりつぶしたトウモロコシで作ったトルティーヤに具を挟んで食べるタコスはおなじみですが、現地に行ってみると実に多彩な料理に驚かされます。

メキシコシティ、ユカタン、地方料理それぞれに特色があり、文化伝承に基づいた調理方法や、環境を考慮した農耕法なのが無形文化遺産として評価されています。メキシコシティでラテンアメリカのベスト50 レストラン「Latin America’s 50 Best Restaurant」の表彰式とイベントに参加して、現地の料理についていろいろ学んで来ました。

写真は「アスール・イストリコAzul Historico」というレストランで出された「チレ・エン・ノガダ」というメキシコ革命記念日などお祝いごとの多い9〜10月に食べる料理。チレ(大きなピーマンという感じで辛味はなし)に合挽き肉、ドライフルーツやナッツなどを詰めたものにクルミのクリームソースをかけ、ザクロが散らされています。メキシコ国旗の“緑・白・赤”を表現しているそう。


Azul Historico  http://www.azul.rest


メキシコシティで、1900年代からのカラフルな家が立ち並び、ブティックやギャラリーなどが点在するトレンディなローマ地区。そこで、お洒落に改装された家で開催される料理教室が「カサ・ハカランダCasa Jacaranda」。

ベト・エストゥア(左)と ホルヘ・フィッツ(右)の2人のシェフが、朝9時半から4時までマーケットツアーでいろいろと食材について教えてくれて、4品コースを仕上げるという本格的な1日料理教室です。開催は2人〜。

市場では、まずメキシコ料理に欠かせないチレ(唐辛子)について種類がたくさんあり、生と乾燥品の2つに分かれることなど教えてもらいます。たとえば、辛いことで知られるチレ・アバネロ(ハバネロ)は、黄色やオレンジ色でこちらでは生で売られています。詰め物などに使われるチレ・ポブラーノも生。
日本の鷹の爪のような感じの細いチレ・アルボルは乾燥、チレ・チポトレは燻製されていてスモーキーな香り。

辛さがさまざまなユカタン・ペーストや市場の中で焼かれているトルティーヤを味見したり、見知らぬ食材に出会ったり……新しい味覚体験もたくさんあって、とても楽しいマーケットツアーでした。


クッキングは、トルティーヤ(これも手づくりします)に入れる赤と緑のサルサ(ソース)に肉炒め、タマレというこれもとうもろこしの粉で作った生地を皮で包んで蒸したもの、コチニータ・ピビルというユカタンの豚肉を蒸した料理、そしてカボチャのデザートの4品。


中でも「これはメモメモ……」と思ったのが、おつまみにぴったりのディップの王者グアカモレの作り方。マッシュしたアボカドに、カットしたトマト、オニオンを混ぜて塩とちょっぴりのハバネロの細切れを混ぜただけなのに、すごくおいしい! 

秘訣は「アボガド3:トマト2:オニオン1」という黄金比。これさえ守れば誰でもおいしく作れるそうで、コリアンダーを足すときはオニオンよりちょっと少なめで。ガーリックは使わなくてもOK。変色を防ぐのにライムジュースを少し足すとよいそう。あまりの美味しさに味見の手が止まりませんという人も。

Casa Jacaranda  http://www.casajacaranda.mx/en-GB/ (英語

夜はそのままラテンアメリカのベスト50 レストラン「Latin America’s 50 Best Restaurant」の表彰式へ。メキシコ最上位は、エンリケ・オルベラが率いるモダン・メキシコ料理レストラン「プジョルPujol」で5位。こちらのお料理は芸術的なモーレソーズに感動します。1位はビルヒリオ・マルティネスがオーナー・シェフのペルーの「セントラルCentral」でした。

メキシコ含め、とても一言で特徴を表現できない多様なラテンアメリカの料理。まだまだこれからも探訪&自分でも作ってみたいです。まずはおいしいグワカモレをマスターして!


Latin America’s 50 Best Restaurant
公式サイト(英語):http://www.theworlds50best.com/latinamerica/en/


取材協力/メキシコ観光局 http://www.visitmexico.com/ja/


文/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。


 

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。


スイーツからグラタンまで! 豆腐で作れるヘルシーレシピたち

スイーツからグラタンまで! 豆腐で作れるヘルシーレシピたち

高たんぱく、中脂質、低糖質の食材、豆腐。ボリュームもあるため、お腹が満たされやすく、食べてもいい量が限られてくるダイエット時には嬉しい味方です。今回はそんな豆腐を使ったおかずや、スイーツを3品ご紹介します。


パンケーキなのにヘルシー! もちっ・さくっな食感に感動【天然酵母のパンレシピ#10】

パンケーキなのにヘルシー! もちっ・さくっな食感に感動【天然酵母のパンレシピ#10】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第10回目は保存容器で簡単準備、そして食物繊維もたっぷりの“もちっとさくっと食感”のパンケーキのご紹介です。


お気に入りのお酒とともに「里芋とタコの温製タパス」を召し上がれ【パリから届いたレシピ#4】

お気に入りのお酒とともに「里芋とタコの温製タパス」を召し上がれ【パリから届いたレシピ#4】

【パリから届いた料理】では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ中山豊光さんが、日本の食材を使って簡単に作れるおしゃれなレシピを紹介。今回は「里芋とタコの温製タパス」のレシピをご紹介。


ダイエットの味方「カッテージチーズ」を使ったレシピ3品

ダイエットの味方「カッテージチーズ」を使ったレシピ3品

少々意外かもしれませんが、カッテージチーズは最強ともいえるダイエット食材のひとつです。高たんぱくで低糖質・低脂質。持ち運びできてそのまま食べられます。今回はそんなカッテージチーズに一手間加えたおいしいレシピを3品ご紹介します。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。