メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコの料理教室でディップの王者「グワカモレ」の黄金比を学ぶ【オトナの美旅スタイル #14】

メキシコのお料理教室で、びっくりするくらい美味しくなる、ディップの作り方を教わりました。詳しいレシピ、ご紹介しています。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。ユネスコの無形文化遺産に登録されているメキシコ料理。すりつぶしたトウモロコシで作ったトルティーヤに具を挟んで食べるタコスはおなじみですが、現地に行ってみると実に多彩な料理に驚かされます。

メキシコシティ、ユカタン、地方料理それぞれに特色があり、文化伝承に基づいた調理方法や、環境を考慮した農耕法なのが無形文化遺産として評価されています。メキシコシティでラテンアメリカのベスト50 レストラン「Latin America’s 50 Best Restaurant」の表彰式とイベントに参加して、現地の料理についていろいろ学んで来ました。

写真は「アスール・イストリコAzul Historico」というレストランで出された「チレ・エン・ノガダ」というメキシコ革命記念日などお祝いごとの多い9〜10月に食べる料理。チレ(大きなピーマンという感じで辛味はなし)に合挽き肉、ドライフルーツやナッツなどを詰めたものにクルミのクリームソースをかけ、ザクロが散らされています。メキシコ国旗の“緑・白・赤”を表現しているそう。


Azul Historico  http://www.azul.rest


メキシコシティで、1900年代からのカラフルな家が立ち並び、ブティックやギャラリーなどが点在するトレンディなローマ地区。そこで、お洒落に改装された家で開催される料理教室が「カサ・ハカランダCasa Jacaranda」。

ベト・エストゥア(左)と ホルヘ・フィッツ(右)の2人のシェフが、朝9時半から4時までマーケットツアーでいろいろと食材について教えてくれて、4品コースを仕上げるという本格的な1日料理教室です。開催は2人〜。

市場では、まずメキシコ料理に欠かせないチレ(唐辛子)について種類がたくさんあり、生と乾燥品の2つに分かれることなど教えてもらいます。たとえば、辛いことで知られるチレ・アバネロ(ハバネロ)は、黄色やオレンジ色でこちらでは生で売られています。詰め物などに使われるチレ・ポブラーノも生。
日本の鷹の爪のような感じの細いチレ・アルボルは乾燥、チレ・チポトレは燻製されていてスモーキーな香り。

辛さがさまざまなユカタン・ペーストや市場の中で焼かれているトルティーヤを味見したり、見知らぬ食材に出会ったり……新しい味覚体験もたくさんあって、とても楽しいマーケットツアーでした。


クッキングは、トルティーヤ(これも手づくりします)に入れる赤と緑のサルサ(ソース)に肉炒め、タマレというこれもとうもろこしの粉で作った生地を皮で包んで蒸したもの、コチニータ・ピビルというユカタンの豚肉を蒸した料理、そしてカボチャのデザートの4品。


中でも「これはメモメモ……」と思ったのが、おつまみにぴったりのディップの王者グアカモレの作り方。マッシュしたアボカドに、カットしたトマト、オニオンを混ぜて塩とちょっぴりのハバネロの細切れを混ぜただけなのに、すごくおいしい! 

秘訣は「アボガド3:トマト2:オニオン1」という黄金比。これさえ守れば誰でもおいしく作れるそうで、コリアンダーを足すときはオニオンよりちょっと少なめで。ガーリックは使わなくてもOK。変色を防ぐのにライムジュースを少し足すとよいそう。あまりの美味しさに味見の手が止まりませんという人も。

Casa Jacaranda  http://www.casajacaranda.mx/en-GB/ (英語

夜はそのままラテンアメリカのベスト50 レストラン「Latin America’s 50 Best Restaurant」の表彰式へ。メキシコ最上位は、エンリケ・オルベラが率いるモダン・メキシコ料理レストラン「プジョルPujol」で5位。こちらのお料理は芸術的なモーレソーズに感動します。1位はビルヒリオ・マルティネスがオーナー・シェフのペルーの「セントラルCentral」でした。

メキシコ含め、とても一言で特徴を表現できない多様なラテンアメリカの料理。まだまだこれからも探訪&自分でも作ってみたいです。まずはおいしいグワカモレをマスターして!


Latin America’s 50 Best Restaurant
公式サイト(英語):http://www.theworlds50best.com/latinamerica/en/


取材協力/メキシコ観光局 http://www.visitmexico.com/ja/


文/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。


 

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


朝に食べたい。スーパーフード「もち麦」スイーツレシピ3つ

朝に食べたい。スーパーフード「もち麦」スイーツレシピ3つ

もちもちとした食感で、朝に食べると食後の急激な血糖値上昇を抑えてくれるセカンドミール効果があるもち麦。朝食に取り入れやすく、簡単に作れるもち麦を使ったスイーツレシピを3つピックアップしてご紹介します。


豚肉を使った超簡単レシピで夏バテを予防しよう

豚肉を使った超簡単レシピで夏バテを予防しよう

豚肉を使ったとても簡単・時短でできるレシピを3品ご紹介します。豚肉には夏バテ防止の効果があると言われているため、この時期の食卓にぴったりな食材といえます。ヒレ部分やももなどのヘルシーでバランスの良い部位を選ぶのがおすすめです。


旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬を迎えたトマト。安くて買いすぎたけど、使いきれない。というときにおすすめの夏のひんやりトマトレシピを紹介します。


夏を乗り切る元気が出る。「大豆水煮」を使った簡単レシピ

夏を乗り切る元気が出る。「大豆水煮」を使った簡単レシピ

大豆水煮が主役の夏向け、簡単レシピをご紹介します。暑くて重たいものはちょっと遠慮したい……そんなときにも食べやすく、栄養満点な食品ともいえるのが、大豆水煮。今回は夏を乗り切る大豆レシピを3品ご紹介します。


レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

冷たい飲み物がおいしい季節になってきましたね。こちらチェコでは、自家製レモネードが人気です。必要なのは、レモンとはちみつとミントだけ。簡単なのに、とてもおしゃれでおいしいので、試してみてくださいね!


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活