素敵な人のアクセサリー使いは「脱平凡」と「適度盛り」【デキる女の決断クローゼット #11】

素敵な人のアクセサリー使いは「脱平凡」と「適度盛り」【デキる女の決断クローゼット #11】

街で見かけてハッとするセンスのいい女性。彼女たちの共通項はアクセサリー使いがうまく、着こなし全体が洗練されて見えること。「なんだか素敵!」を目指しましょう。


すれ違ったとき、思わず振り返ってしまうほど、素敵な女性っていますよね。特別変わったデザインの服を着ているわけでもないのに、なんだかステキ。そんな女性をよくよく見ると、「服がステキ」なのではなくて、「着こなしがステキ」なことが多いです。とりわけ、ピアスや帽子、ストールなどの小物で個性を出している人。豪華な食材を使わなくても味つけが上手いのと似ています。そこで今日は、大人GOODと大人NGなアクセサリー使いの特徴をまとめてみました。

■大人NGは、盛りすぎか盛らなさすぎ

3点セット&じゃらづけ

前クールのドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ系)でのキャリア女性が代表例。渡辺真起子さん演じる葉山佳代子は、プラスチック状の三角や四角の板を組み合わせた、大ぶりでアーティスティックなデザインものを、ピアスにネックレス、ブレスレットで3点セットづけ。揃いすぎ重すぎで抜け感がなく、上半身にすべてが集中するためにうるささを感じてしまいます。鈴木保奈美さん演じる土井玲子の、手首ジャラジャラブレスレットも同じ。3点セット同様「前に流行ったよね」という時代とのちょいズレ感が、おばさんっぽさにつながってしまいます。アクセサリーはポイントを絞り、盛りすぎにご注意を。

体のサイズとアンバランス

失礼ながら「スッキリ!」(日本テレビ系)に出演する某女性コメンテーターがわかりやすい例かもしれません。どちらかというとぽっちゃり体型で、決して長くはない首に、大ぶりで短いチョーカーをつけていらっしゃることが多く、ますます首がなくなる結果に。テレビ映り的に上半身にインパクトを持たせていらっしゃるのだとは思いますが、もう少し長さのあるアクセサリーを選んだほうが、首詰まり感が解消され「スッキリ!」に近づくかと思います。アクセサリーをつけたら、全身鏡でバランスをチェック。これ、とても大切なことです。

服を着て終わりの華やぎゼロ

デザインものや柄もので、服に十分なインパクトがある場合は、アクセサリーなしもありですが、服がシンプルならアクセサリーはつけましょう。シンプルなワンピース1枚でノーアクセサリーだと、着こなしが平坦でのっぺり見えてしまいます。
また、フルメイクをして口紅だけをつけないと、なんだか怖い顔に見えますよね。仕上げの口紅と同様、アクセサリーは着こなしに「華」を足すもの。アクセサリーは主に男性より女性が使う、女性的なアイテムですから、女性らしさや品のよさをプラスする、強力アイテムにもなるのです。

■センスのいい女性が実践する、アクセサリー選びのコツ

アクセサリー使いがいつもステキ! と感じる女性に、選び方のコツを聞いてみました。

セレクトショップで選ぶ

自分のテイストに合う服が置いてあるセレクトショップには、服に合わせてバイイングされたアクセサリーが売られています。服を買うときに、同時にアクセサリーも選んで全身のコーデを完成させるのも賢いやり方ですね。

半貴石を選ぶ

ダイヤモンドやパールは、フォーマルな印象のアクセサリーで、まず手に入れたいファーストジュエリーです。それとは逆にラピスラズリやオニキスなど色のついた半貴石は、基本のジュエリーを押さえた次のステップに選びたいもの。正式なパーティーには用いられないものだけに、日常使いで大人の遊び心と適度なカジュアルさを出すのにぴったりなアクセサリーと言えます。

ちなみに「貴石」と「半貴石」の定義は実は明確な基準はないそうですが、一般的にダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドと、硬度が一定基準以上の石を「貴石」と呼ぶとのことです。

ヴィンテージを選ぶ

ヴィンテージや作家もののアクセサリーには、量産品にはないクラフト感や味わいがあるもの。ヴィンテージの古着を着るのは勇気がいりますが、アクセサリーは面積が小さいので、思いきったデザインに挑戦することもできますね。よく見ると凝っていておしゃれ、というさりげなく大人な空気感につながります。ただし、くれぐれもつけすぎにはご注意を。

まとめ

大人アクセサリーは盛りすぎ・盛らなさすぎNG。「脱平凡」なデザインを、バランスを考えてコーデにプラスすれば、たちまち上級者に!


*1枚目の写真の扇形ドロップピアスは、中目黒のヴィンテージショップ「デプト トウキョウ(DEPT TOKYO)」で取り扱いのある「マザー(mother)」というブランドです。http://shop.mothermother.com
以前に、バーニーズニューヨーク銀座店のスタッフの方がしていたピアスがあまりにもステキだったので、思わず追いかけて「どこのですか!?」と聞いて、教えてもらいました。




この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


『東京タラレバ娘』第10話(最終回)あらすじ – 幸せは自分で決める。だって自分の人生なんだから

『東京タラレバ娘』第10話(最終回)あらすじ – 幸せは自分で決める。だって自分の人生なんだから

『東京タラレバ娘』第10話(最終回)のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。KEYに惹かれる気持ちにフタをする倫子。KEYを選ぶのか、早坂を選ぶのか……気になる10話の展開は――。


『東京タラレバ娘』第9話 あらすじ – どちらを選ぶ? 二人の男性で揺れる心

『東京タラレバ娘』第9話 あらすじ – どちらを選ぶ? 二人の男性で揺れる心

『東京タラレバ娘』第9話 のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。早坂との恋を満喫する倫子。一方、小雪は不倫に終止符をうつ? 気になる9話の展開は――。


『東京タラレバ娘』第8話 あらすじ - 脱セカンド女で幸せの道へ!?

『東京タラレバ娘』第8話 あらすじ - 脱セカンド女で幸せの道へ!?

『東京タラレバ娘』第8話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。早坂とまさかのキス! ついに倫子は早坂を選ぶのか……気になる8話の展開は――。


『奪い愛、冬』第7話(最終回)あらすじ – W妊娠という衝撃の展開……続編も期待!?

『奪い愛、冬』第7話(最終回)あらすじ – W妊娠という衝撃の展開……続編も期待!?

『奪い愛、冬』第7話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストに倉科カナ、三浦翔平、大谷亮介、水野美紀などが揃い、壮絶な愛の奪い合いを繰り広げる大人向けドラマ。


『東京タラレバ娘』第7話あらすじ – 年下男性との恋の行方は?

『東京タラレバ娘』第7話あらすじ – 年下男性との恋の行方は?

『東京タラレバ娘』第7話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。恋も仕事も失った倫子に舞い込む小さな仕事。気が進まなかった仕事が倫子の転機となる? 気になる7話の展開は――。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。