「良い母親」じゃなくちゃいけませんか?【小田桐あさぎ 連載 #2】

「良い母親」じゃなくちゃいけませんか?【小田桐あさぎ 連載 #2】

子どもを幸せにできるのは子ども自身。母親にできることなんてほとんどない。だから「良い母親」を目指すのはやめて、母親も自分の人生をしっかり楽しもう。そのスタンスが子どもの精神的自立を促し、結果的に「自分を幸せにできる人」として育っていくのだから。


私の子育ての理念は「子どもが自分らしく幸せに人生を楽しめるよう手助けすること」だ。それにはまず母親である自分自身が、お手本になるレベルで人生を楽しみたいと考えている。そのために私が捨てたこと。それは周りの人や世間から「良い母親」だと思われようとすることである。

私は「良い母親」であれば普通はしなさそうなことでも、自分がしたいことは何でもしている。ベビーシッターや夫に子どもをお願いして毎週飲みにいくし、毎月国内外へ旅行に行くし、エステやネイルにも行く。月に2回は夫と二人でデートもする。家事は一切しない。「母親になっても、自分がしたいことはなんでもできる」と知れたのは、出産して良かったことの一つだ。

こんな育て方をしていると「愛情不足な子に育つ」とか「年頃になったら苦労する」といった意見もよくいただく。確かに娘が思春期を迎えたら「ママなんてまともに料理してくれたこともない。いつも仕事や自分に夢中で私のことなんて全然愛してない」と言われることになるのかもしれない。あるいは娘が、私の気を引くために他人に迷惑をかけてみたりトラブルを起こしてみたり、逆に私に迷惑をかけちゃダメ! と思うあまりに人の顔色を必要以上に伺う子に育ったり……何かしらの事態に直面して悩むことも、あるのかもしれない。

が、だからといって私は、自分の子育ての方針を変える気はまったくない。というのは先述の通り、私は人や娘から良い母親だと思われるために努力することには、まったく意味がないと思っているし、私がどんな子育てをしようが、娘からの不満なんていくらでも出てくると思っているからだ。娘が私に不満をもったところで、その原因は私にあるわけではない。不満というものはすべて、本人が精神的に自立をしていないことに起因するものである。これは私自身が身をもって体感していることだ。

■自分の人生を親のせいにする、自立できていない人たち

私は26歳頃まで精神的自立ができておらず、自分の人生の不満をすべて周囲のせいにして生きていた。会社のせい、社会のせい、彼氏のせい、外見のせい……中でも一番の不満の矛先は、なんといっても母親である。母がもっと厳しくしなければ、もっと美人に産んでくれていたら、もっと私の意見を尊重してくれていたら……私の人生はもっと幸せなものになっていたはずだったのに、と本気で考えていたのだ。

しかし少しずつ精神的に自立していくにつれ、自分の人生に起きたことは、すべて自分が選択した結果なのだと考えられるようになった。人生は誰でもいつからでもどんなふうにでも変えていけるし、不満だらけの自分の人生を変えなかったのは、他の誰でもない自分自身だと思い知ったのである。私のように「親が〇〇だったから、自分はこんな人間になった」と考えている人はとても多いと思う。しかしこれこそが、精神的な自立をしていない考え方なのだ。

日本では子どもの責任をすべてその親に押しつける文化が根強くある。人が不祥事を起こすたびに、その親が育て方を糾弾されたり、謝罪したりするシーンが見られるのは「親から自立していません」と全世界に対して宣言しているようなものだ。結局のところ、多くの人が自分の人生の一片を親のせいにして生きているから、何かが起きたときに「その親のせい」だと、無条件で判断してしまうのだろう。だから人に「良い母親」でいることを押しつけるのだ。これは本当に自立していない文化だと思う。

どんな育て方をしようが、どんな人生を選ぶかは子ども自身の問題だ。良い母親に育てられたからといって、子どもが幸せな人生を送るわけではない。子どもを幸せにできるのは子ども自身でしかないし、そのためには本人が精神的に自立する以外に、方法はないのである。母親にできるなど、ほとんど何もない。「良い母親」を目指すのはやめて、母親でも何も我慢せず自分らしく幸せに人生を楽しみ、毎日を機嫌よく過ごそう。それこそが結局は子どもに自立を促し、若い世代の希望へもつながっていくのである。

この記事のライター

株式会社アドラブル代表。女性の魅力を覚醒させる講座や各種セミナーの主催、新時代のワーキングマザー像を提唱する執筆・講演活動などに幅広く取り組んでいる。一児の母。趣味は美味しいご飯とお酒と共に、夫や友人と人生について語り合うこ...

関連するキーワード


子育て 育児

関連する投稿


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


子育てはひとりじゃできない。だから、助けを求めてほしい

子育てはひとりじゃできない。だから、助けを求めてほしい

今年も、市区町村から認可保育園施設の選考結果が発表され、中には落選した人も出ています。子育てをひとりで抱えて、どうしようもなく不安なお母さんへ。すべて自分で背負いこまずに、誰かに甘えてください。


完璧な親なんていない。「怒り」をコントロールする方法

完璧な親なんていない。「怒り」をコントロールする方法

子供の喧嘩や娘の反抗的な態度に、すぐ怒る自分が嫌になることがあります。何か良い解決策はないかと、子育て講習会に参加しました。今回は、そこで教えてもらった「怒り」との付き合い方をご紹介します。


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない【母でも妻でも、私#5】

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない【母でも妻でも、私#5】

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第10話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマは「出生前診断」。それぞれの迷いと決意が描かれました。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。