「良い母親」じゃなくちゃいけませんか?【小田桐あさぎ 連載 #2】

「良い母親」じゃなくちゃいけませんか?【小田桐あさぎ 連載 #2】

子どもを幸せにできるのは子ども自身。母親にできることなんてほとんどない。だから「良い母親」を目指すのはやめて、母親も自分の人生をしっかり楽しもう。そのスタンスが子どもの精神的自立を促し、結果的に「自分を幸せにできる人」として育っていくのだから。


私の子育ての理念は「子どもが自分らしく幸せに人生を楽しめるよう手助けすること」だ。それにはまず母親である自分自身が、お手本になるレベルで人生を楽しみたいと考えている。そのために私が捨てたこと。それは周りの人や世間から「良い母親」だと思われようとすることである。

私は「良い母親」であれば普通はしなさそうなことでも、自分がしたいことは何でもしている。ベビーシッターや夫に子どもをお願いして毎週飲みにいくし、毎月国内外へ旅行に行くし、エステやネイルにも行く。月に2回は夫と二人でデートもする。家事は一切しない。「母親になっても、自分がしたいことはなんでもできる」と知れたのは、出産して良かったことの一つだ。

こんな育て方をしていると「愛情不足な子に育つ」とか「年頃になったら苦労する」といった意見もよくいただく。確かに娘が思春期を迎えたら「ママなんてまともに料理してくれたこともない。いつも仕事や自分に夢中で私のことなんて全然愛してない」と言われることになるのかもしれない。あるいは娘が、私の気を引くために他人に迷惑をかけてみたりトラブルを起こしてみたり、逆に私に迷惑をかけちゃダメ! と思うあまりに人の顔色を必要以上に伺う子に育ったり……何かしらの事態に直面して悩むことも、あるのかもしれない。

が、だからといって私は、自分の子育ての方針を変える気はまったくない。というのは先述の通り、私は人や娘から良い母親だと思われるために努力することには、まったく意味がないと思っているし、私がどんな子育てをしようが、娘からの不満なんていくらでも出てくると思っているからだ。娘が私に不満をもったところで、その原因は私にあるわけではない。不満というものはすべて、本人が精神的に自立をしていないことに起因するものである。これは私自身が身をもって体感していることだ。

■自分の人生を親のせいにする、自立できていない人たち

私は26歳頃まで精神的自立ができておらず、自分の人生の不満をすべて周囲のせいにして生きていた。会社のせい、社会のせい、彼氏のせい、外見のせい……中でも一番の不満の矛先は、なんといっても母親である。母がもっと厳しくしなければ、もっと美人に産んでくれていたら、もっと私の意見を尊重してくれていたら……私の人生はもっと幸せなものになっていたはずだったのに、と本気で考えていたのだ。

しかし少しずつ精神的に自立していくにつれ、自分の人生に起きたことは、すべて自分が選択した結果なのだと考えられるようになった。人生は誰でもいつからでもどんなふうにでも変えていけるし、不満だらけの自分の人生を変えなかったのは、他の誰でもない自分自身だと思い知ったのである。私のように「親が〇〇だったから、自分はこんな人間になった」と考えている人はとても多いと思う。しかしこれこそが、精神的な自立をしていない考え方なのだ。

日本では子どもの責任をすべてその親に押しつける文化が根強くある。人が不祥事を起こすたびに、その親が育て方を糾弾されたり、謝罪したりするシーンが見られるのは「親から自立していません」と全世界に対して宣言しているようなものだ。結局のところ、多くの人が自分の人生の一片を親のせいにして生きているから、何かが起きたときに「その親のせい」だと、無条件で判断してしまうのだろう。だから人に「良い母親」でいることを押しつけるのだ。これは本当に自立していない文化だと思う。

どんな育て方をしようが、どんな人生を選ぶかは子ども自身の問題だ。良い母親に育てられたからといって、子どもが幸せな人生を送るわけではない。子どもを幸せにできるのは子ども自身でしかないし、そのためには本人が精神的に自立する以外に、方法はないのである。母親にできるなど、ほとんど何もない。「良い母親」を目指すのはやめて、母親でも何も我慢せず自分らしく幸せに人生を楽しみ、毎日を機嫌よく過ごそう。それこそが結局は子どもに自立を促し、若い世代の希望へもつながっていくのである。

この記事のライター

株式会社アドラブル代表。女性の魅力を覚醒させる講座や各種セミナーの主催、新時代のワーキングマザー像を提唱する執筆・講演活動などに幅広く取り組んでいる。一児の母。趣味は美味しいご飯とお酒と共に、夫や友人と人生について語り合うこ...

関連するキーワード


子育て 育児

関連する投稿


『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第5話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。「悲しすぎる」「つらすぎる」と視聴者の大反響を巻き起こしたエピソードですが……。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもの成長とともに、改めて考え始める「育児方針」。作家の大泉りかさんは、自分が親から受けてきた教育をそのまま引き継ぐ気にはなれなかった、と語ります。我が子を思うからこそ、打ち立てた彼女の「育児方針」とはなんだったのか。


里帰り出産をするメリットとしないメリット ~じいじ・ばあばと楽しく育児をするために~

里帰り出産をするメリットとしないメリット ~じいじ・ばあばと楽しく育児をするために~

妊娠がわかり、出産についていろいろと考え始めたとき、里帰り出産をするか、しないか、悩む方も多いと思います。どちらを選択しても、育児のスタートは楽しいものにしたいですよね。


産後セックスレスを切り抜ける3つの鉄則と“意外な救世主”

産後セックスレスを切り抜ける3つの鉄則と“意外な救世主”

日本の夫婦間セックスレスは半分近いという話もあるように、どの夫婦にとっても他人事ではないセックス問題。とくに産後は、ライフスタイルが急激に変わるため、セックスレスの始まりやすい時期と言われます。そこで今回は、今産後セックスレスを切り抜ける3つのルールと、婦関係維持のために活躍する「ある意外なもの」についてご紹介します。


最新の投稿


贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものは大切な人へ感謝を伝える機会のひとつ。贈りものをする意味を改めて考えてみると共に、贈りものの選び方やおすすめの贈りものをご紹介。贈り上手・贈られ上手になるためのヒントをお伝えします。


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第6話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回も悲しいエピソードでしたね……。ある登場人物が迎えた重大な転機に焦点をあててみます。


あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

20代のころは30歳になれば貯金ができていると思っていたし、30歳のころには35歳になれば貯金ができると思ってた……。働いた分だけお金が貯まるはずなんだけど、貯金ができる気配がない。あなたは貯金、貯まっていますか? 浪費してしまう人には特徴があります。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。