毎日ていねいに口にしたい、人生を好転させる魔法の言葉【人生が好転する気づきの美習慣#1】

毎日ていねいに口にしたい、人生を好転させる魔法の言葉【人生が好転する気づきの美習慣#1】

恋愛や婚活、職場の人間関係、子どもの反抗期、夫との関係。大人なら誰しも、何らかの悩みを抱えているもの。そんなとき「突破口」になり得る、魔法のような言葉があります。人生を一気に好転させる、たった5文字の不思議な言葉。あなたも声に出して、思いを伝えてみませんか?


■「ありがとう」で心が晴れやかになった日

「ありがとう」の言葉に救われ、気持ちが晴れ晴れとした私自身のエピソードを、今日はお話したいと思います。

いつも行くスーパーのレジで、支払いをするため、列に並んでいたときのこと。
夕暮れ時、ちょうど混み合う時間帯でした。


かごいっぱいの食材を手際良くピッと精算しながら、隣のかごへ移していくレジ係の女性。
支払いを済ませ、かごを受け取って、足早に立ち去っていく買い物客の人々。
誰もが急いでいますから、レジ係の女性に目を向ける人などいません。
それなのにレジ係の女性は、一人ひとりの買い物客にきちんと頭を下げ、笑顔で「ありがとうございます」とくり返していたのです。



並んでいる間、その姿を見ていたせいでしょうか。
私の番がきて支払いを済ませ、おつりを受け取ったとき、無意識のうちに声が出てしまったのです。
「ありがとう」って。


レジ係の女性も驚いていましたが、「ありがとう」とつい口にした私自身も驚きました。
一瞬時が止まって、それから二人、見つめ合って笑ってしまって……。
「ありがとうございます! またどうぞ!」
ひときわ明るく大きな彼女の声に会釈を返して、かごを手に、私はその場を離れました。


実はその日、仕事で思うようにいかないことがあって、落ち込んでいた私。
けれどもその「ありがとう」の一件のおかげですっかり気分が変わって、
晴ればれとした気持ちで帰路につくことができたのでした。



帰りの道々、「ありがとう」という言葉の持つ不思議な力について、思いが巡ります。
「ありがとう」と言われれば、誰だってうれしいですよね。
けれど、それだけではありません。
「ありがとう」と口にした言葉は、ひるがえって自分に沁みてきたのです。
とても不思議な感覚でした。


レジ係の女性に、いつもあんなに気持ちよく接客してもらっていたんだな。うれしいし、同じ職業人として、敬意を抱いてしまうな。
自分が発した「ありがとう」によって、そう気づかされました。


普段忘れがちなことだけれど、生きていると、毎日たくさんの方にお世話になっているもの。家族や仕事関係の人ばかりじゃない。よく行くお店の人にだって……。人って、独りで生きられているわけじゃないんだな。たしかにみんな、つながり合って生きている。
そこまで思い至ったときには、本当に心がほかほか、あたたまっていたのです。

■気持ちを載せて、心を込めて。声に出して言ってみる

たった5文字の「ありがとう」は、なかなかのパワーを秘めているようです。



そういえば最近、声に出して「ありがとう」を言っていなかったかも? と思い当たったあなたは、ぜひ誰かに言ってみてほしいのです。



たとえば婚活で出会う男性に、「お時間をくださってありがとう」と微笑んでみるのはどうでしょう?
あるいは、あなたを悩ませている職場の同僚が、事務的な用件を伝えてくれたときに。
この頃反抗ばかりしてくるわが子が、「取って」と頼んだものを手渡してくれたときに。
いつからか笑顔を見せなくなった夫の出勤を見送るとき、その背中に。
気持ちを載せ、心を込めて「いつもありがとう」。


言われた方はきっとびっくりして、「何? いきなり」なんて訝しむかもしれませんね。
けれどその後で必ず、ちょっと嬉しくなるはず。
その人とあなたを包んでいた重苦しい空気に、風穴が開くのではないでしょうか。



ほんの小さな風穴も、あなた自身の人生をさっと好転させてくれる、かけがえないきっかけです。
気持ちを載せ、心を込めた「ありがとう」を、相手の方に伝え、贈り、響かせてみてくださいね。


最後に、このコラムを読んでくださったあなたに、私からも伝えたいと思います。
「読んでくださって、ありがとう!」
(声でお伝えできなくて、残念です)


この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生 人生を好転させる

関連する投稿


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

人生がうまくいくコミュニケーションの基本は、他人との付き合い方より、自分自身との付き合い方。皆さんは「本音の私」と「普段の私」、両方とうまく付き合えていますか?


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高めるための学び、していますか? 時代は移り変わり、求められる能力やスキルは刻々と変わっています。気づくと自分がアップデートされず、古くなっていた……となると、お金に困ることも。お金が貯まらない、お金がないという悩みを解消すべく、「自分の価値を高める学び」に賢く投資しましょう。


最新の投稿


SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

この夏SUQQUが提案するのは、大人仕立てのマリンカラー。モダンに、上品に、さらりと余裕を感じさせるゆったりと夏を愉しむコレクションの登場です。


超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

羊水染色体検査を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスクなどを山中智哉医師が解説します。さらに、1990年代以降行われるようになった、母体血清マーカーテストについても後半で説明します。


嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

誰かを羨ましいと思うのは人として当然の感情のひとつだ。しかし、それが行き過ぎると自分の心に黒い影を落とすようになる。単なる嫉妬心をなくすには、どうすればいいのか。羨ましいという感情で、自分を磨く方法を考えてみた。


逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】4回目は、東京都在住リョウカさん(仮名)の本棚をご紹介します。


抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

DRESS読者のみなさま、読者アンケートにご協力いただけませんか。 抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルをプレゼント。