小野アムスデン 道子 さんが 2016/08/23 に更新
オトナの美旅スタイル #8 各国大使館が別荘を構えるオトナの避暑地、奥日光へ

オトナの美旅スタイル #8 各国大使館が別荘を構えるオトナの避暑地、奥日光へ

避暑地として有名な奥日光。静かで緑豊かな、癒やしの場所を訪れてきました。

オトナの美旅スタイル

旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。日光というとまず思い浮かぶのは世界遺産の日光東照宮。徳川家康公の栄華を示す派手な彩色の社殿や“見ざる、聞かざる、言わざる”の三猿、眠り猫、鳴き龍など、参拝と名工の作品などを見に訪れる観光のイメージが強いかも。

同じ日光でも奥日光は、1300mの高地に中禅寺湖や華厳の滝があって、夏でも涼しく、昔から避暑地として知られているところです。中禅寺湖の畔には、明治の中頃から英国やイタリアはじめ各国大使館の別荘があって、中禅寺湖にはヨットが行き交っていたとか。

旧英国大使館別荘は、2016年7月1日から公開されたばかり。私が訪れたときは、まだ外からしか伺えませんでしたが、中禅寺湖を臨む2階の広縁が見える美しい建物です。

旧イタリア大使館別荘は、昭和3年築、平成9年まで使用されていて、各国の大統領も訪れていたそう。杉板と樹皮を使った建物は、品格があって落ち着いた美しさがありました。

ダイニングテーブルには、明治から昭和初期のオールドノリタケのディナーセットが置かれ
ていて、優雅な当時の別荘暮らしも伺えます。

そんな中禅寺湖畔の別荘を見学した後、湖を臨む趣きのある温泉宿「星野リゾート 界 日光」に投宿しました。ここは“日光下駄”や“鹿沼組子”といった日光の伝統工芸が宿の中でさまざまに生かされています。

夕方にはロゼスパークリング、夜には益子焼のコーヒーカップでいただく日光珈琲をはじめ、飲み物などのサービスで寛げる“組子ライブラリー”の窓には見事な鹿沼組子がはめられています。

また組子の内装が美しい、1日1室限定の“鹿沼組子の間”というご当地部屋も。お部屋に組子のコースターが作れるキットがあって、釘などを使わずに切り込みを入れて、木を組み合わせて作りあげる組子細工を体験できます。お部屋に向う廊下が、足触りのよい畳なのにも驚かれました。

日光下駄は、草履の履き心地と石や雪の道も歩きやすい下駄の両方を兼ね備えた伝統の履物。中禅寺湖畔への散歩に履いてみるのもよさそう。そして、毎夜、日光下駄談議というおもてなしのショーをスタッフが見せてくれます。

名物である二重で厚みのある“日光湯波”と和牛の豆乳鍋など、食事も地のものを味わい、檜の香る内風呂や日本酒が注がれる露天風呂でゆっくり浸かれば極楽。

落差97mを流れ落ちる水がダイナミックな日本三大名瀑の一つ“華厳の滝”までは、歩いて行ける範囲。翌朝、中禅寺湖を眺めながらお散歩をしてみるのもいいですね。昔から海外の人にも愛された奥日光の中禅寺湖畔は、秋には紅葉に彩られる、静かなオトナの旅先でした。

星野リゾート 界 日光
所在地: 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠中宮祠2482-1
電話: 0570-073-011
http://kai-ryokan.jp/nikko/

取材・文/小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

関連する投稿


ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #15】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #15】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #12】

ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #12】

ボルドーで出会ったワイン醸造家のご夫婦と姉妹。素敵な4人にワイン造りに対する情熱や生きがいを伺いました。


ボルドーを知ればワインはもっとおいしく、楽しくなる。【オトナの美旅スタイル #12】

ボルドーを知ればワインはもっとおいしく、楽しくなる。【オトナの美旅スタイル #12】

フランスを代表するワインの産地といえばボルドー。今あらためて、ボルドーワインのこと、深く知ってみませんか?


オトナの美旅スタイル # 11「どこにいても潤い輝く肌を作るコツは?」平野宏枝さんに聞く

オトナの美旅スタイル # 11「どこにいても潤い輝く肌を作るコツは?」平野宏枝さんに聞く

旅行中はいつもと違う環境にいるせいか、乾燥肌になったり吹き出物ができたり……肌の調子が不安定になることも。日本とLAを往復しながら活躍するビューティコーディネーター平野宏枝さんに、どんなときでも潤いあふれる美肌を手に入れる秘訣を伺いました。


オトナの美旅スタイル #10 究極のホテルキューレーターに聞く、よいホテル、よい人生の選び方

オトナの美旅スタイル #10 究極のホテルキューレーターに聞く、よいホテル、よい人生の選び方

「ファッションでは冒険する人でも、ホテルは当たり障りないものを選ぶんです。これはもったいない。失敗に備えながらリスクを取ってみないと、人生もったいないと思いませんか?」Tablet Hotelsの創設者、ローラン・ヴェルヌさんのインタビューをお届けします。


最新の投稿


TSUTAYA で本・雑誌を買うと、電子書籍が無料でついてくる~ 人気の女性誌「Precious」「Domani」「CanCam」「美的」「CREA」「andGIRL」も!

TSUTAYA で本・雑誌を買うと、電子書籍が無料でついてくる~ 人気の女性誌「Precious」「Domani」「CanCam」「美的」「CREA」「andGIRL」も!

本とデジタル両方手に入る『Airbook』サービスに書籍・雑誌合わせて29 タイトルが新たに加わり532 タイトルになり、女性誌も追加となりました。


フルーツ焼酎(ソジュ)って?韓国や日本の女性に大人気!

フルーツ焼酎(ソジュ)って?韓国や日本の女性に大人気!

日本でも人気がではじめたフルーツ焼酎(ソジュ)。韓国の居酒屋ではどこにいっても飲める、人気継続中のフルーツ焼酎。ゆずをはじめ、様々なフルーツフレーバーが楽しめるお酒なのです。そこで今回は"フルーツ焼酎"のちょっと変わった飲み方や、その人気の秘訣についてみていきます。


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


お金を貯める方法を知りたい女性必見。我慢しなくてもお金を増やす小さなルール

お金を貯める方法を知りたい女性必見。我慢しなくてもお金を増やす小さなルール

お金を確実に貯める、お金を安全に増やす――そんな方法を探している女性は少なくないのでは。お金を増やすといっても、短期間だったり、投資だったり……というのはハイリスク。無理して節約したり副業に手を出したりしなくても、確実にお金が貯まる、日常の小さなルールをとりまとめた本をご紹介します。


日本酒を1杯100円で飲み比べできる「にほん酒BAR」イベントを1月29日(日)に開催

日本酒を1杯100円で飲み比べできる「にほん酒BAR」イベントを1月29日(日)に開催

和歌山県海南市の酒造大手・中野BCは、搾りたての新酒など、同社の日本酒全21種を、1杯100円で飲み比べできるイベント「にほん酒BAR」を、1月29日(日)に開催。