独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

ビューティープロデューサーとして美容関連事業を行う平野宏枝さん。キャリアのスタートはコールセンターや百貨店勤務などでした。雇われていた時代は「他人軸で行動していた」と振り返る平野さんは、独立後、自分軸で生きようと気持ちを切り替え、活躍の幅を増やしていきます。彼女が飛躍した背景を探ります。


みなさま、こんにちは! ビューティープロデューサーの平野宏枝です。

この度、DRESS WEB編集長の池田園子さんとのご縁がありまして、今月から定期的にコラムを提供していくことになりました。ぜひお時間のあるときに覗いてみてくださいね。

今回のお題は「独立するまで、独立してから」 。

いろいろと振り返る機会となり、良い時間となりました。
もともと私はアトピーや肌のコンプレックスを持っていて、中学1年の頃からメイクに目覚め、19歳の頃には師匠となるリハビリメイクの第一人者かづきれいこ先生と出逢い、様々な経験をさせていただきました。

■8年間欠かさずSNSで発信した経験が土台に

この頃の経験は、今でいうと修業(笑)。あのときがあったから「今」があると思いますし、そこでの経験は今の自分の強みだと感じています。最初はコールセンターの配属で1日50件以上電話相談の応対をしたり、またサロン・百貨店運営、商品企画、お客さま相談室のクレーム対応、病院でのメイクケアなどをしたりしていました。

当時は、自分の意志で始めたことだったのに、仕事をやめたいと思ったり、どうしてこんなことをやらされているのだろうと泣いていた日々もありました。

この頃(会社員時代)は、他人軸で生きていた自分。

27歳の頃には多忙を極め、体を壊したことをきっかけに地元岡山に戻りました。すべてをゼロに戻して。
そのときは、「負けてしまった」という悔しい思いもあり、自分に自信をなくしていたなか、徐々にカリスマという美容の先駆者の方のセミナーやサロンなどに上京して一流の技を学んでいきました。そして自分のオリジナルを作っていったのです。また同時にSNSをはじめてアウトプットしていきました。

コツコツ続けて発信し続けていたことが、雑誌に取り上げられ、口コミで広がるようになったのです。当時は、全国にある会社の社員研修やイベントなどにスーツケースを片手に飛び回る生活。今、思えば8年間毎日SNSを続けていたことは、わたしにとって大きな土台となりました。

■他人軸を忘れずに、自分軸で生きる選択を

独立すると自分が進めていくことが、すべて結果につながり責任も伴います。しかし、自分軸で人生の舵をとり生きるようになります。視点が大きく変わりましたね。

他人軸から自分軸へ変化したこと、思考を変えていった様を著書『気持ちいい毎日を生きるLAスタイル~自分も人も大切にできる生き方~』へ綴っていますのでご覧いただけたら嬉しいです。このコラム1本では書き尽くせないので……(笑)。

大事にしている人とのご縁がさらに広がっていき、あるときアメリカに飛び出しました。
それが私の人生や価値観がまた大きく変化した節目になりました。

様々な人種や文化に触れることで、自分らしさや相手らしさを大切にするということ。
それは私の仕事の考え方にもリンクしていきました。

たとえば、美容のプロを集めたエージェンシーBICHELIN(ビシュラン)を立ち上げたこと。ここでは20代~50代まで幅広い年代層の美容家が在籍しておりまして、主に広告やイベントなどのキャスティングをしております。

様々な価値観やメソッドもそれぞれ大切。多角的に、そしてホリスティックに。

また今年開発したジェンダーレススキンケアコスメCERAPLE(セラプル)も年齢や肌質を問わないボーダレスアイテムです。コンセプトはデュアルバランス。

表皮層にある成分をそのままに、肌本来に必要なものをたっぷりと業界最高水準で配合しています。
主力原料との出逢いも、初めて海外の展示会のプロデュースを担当させていただいた機会から得たものでした。こちらはそのときの写真で、世界初の醸造発酵物から抽出された「天然ヒト型セラミド」で、実際に自分の肌が変化した模様をパネルに落とし込んでいます。

このように生き方を通した考えをアイデアとしてビジネスに落とし込んで形にすること、人と人をつないでいくことも好きなことのひとつです。

常にニュートラルな考え方や生き方を大切にしていきたい私の想いが詰まっています。

■つらい経験、泥臭く努力した時間は、あなたの幸せの種になる

私の周りには素敵に年を重ねている女性たちが本当にたくさんいます。自分の役割を決めすぎず、いくつになってもチャレンジしようという気持ちってとても大切なんじゃないかと思います。

何事もバランス。魅力的に映る人は皆、誰もが初めから光を放っていたわけではありません。その背景で大きな努力をされていて、持ち合わせている影の部分も深いなと感じます。その深みや幅が魅力になるのだと思うのです。

自らが体験してきたことやつらい経験も未来の自分からしたらすべて糧になりますし、それをどうプラスに変えていくかも自分次第。自分目線で考えて、自分の心に正直に一歩踏み出してみること。そして、いまの自分を超えてみること。

私自身も、さらに変化していく自分を楽しみ、人生を豊かにつくっていきたいと思います。
心地良く、気持ちいいと感じる心を大切に。みなさまの毎日が、幸せに満ちたものでありますように。

(著書:『気持ちいい毎日を生きるLAスタイル』より一部抜粋)

この記事のライター

株式会社HIROE STYLE LAB代表 / ビューティプロデューサー 東京とLAのデュアルライフをしながら、独自の感覚でヒト・モノ・コトに対し本音で発信。 これまで美容アドバイスしてきた顧客は14万人を超え、幅広い年...

関連する投稿


発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第5回では、ヨガライフアドバイザーの渋木さやかさんをお招きしました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#4 実践編~LIXIL

【誰でもできる、本業で社会貢献】#4 実践編~LIXIL

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第4回目からは、実際に本業で社会貢献に取り組んでいる日本企業を見ていきます。今回登場するのは開発途上国にトイレを贈るプロジェクトを行っているLIXILです。


東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第4回では、まちづくりに関わるいろいろなことを手がける田中元子さんをお招きしました。


いまよりもっと仕事が楽しくなる! 「職場での振る舞い」4つのポイント

いまよりもっと仕事が楽しくなる! 「職場での振る舞い」4つのポイント

職場の人間関係で悩んでいる人、多いかもしれません。しかし、人間関係のお悩みは解決するコツがあるのです。あなたのはたらきかけで、今の職場環境がよりよいものになるかもしれません。今回は職場での上手な振る舞いについてご紹介します。


2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

宮原健斗さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1989年生まれの28歳。団体の顔として、全日本プロレスの人気再燃に貢献してきました。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する、プロレス界で輝く若手エースのひとりでもあります。宮原選手のインタビューをお届けします。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。