1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 「DRESS焼酎部」部長yukikoが訪問! 焼酎のあるまちへ…ほろ酔い女子yukikoの焼酎ぶらり旅♡

「DRESS焼酎部」部長yukikoが訪問! 焼酎のあるまちへ…ほろ酔い女子yukikoの焼酎ぶらり旅♡

Share

DRESS焼酎部 部長yukiko(ユキコ)です。 今回は、本格焼酎をこよなく愛する人たちがいるまちへ。 焼酎文化の普及に熱心な人たちがいるとウワサを聞きつけ、焼酎スタイリストとして真相を確かめるべく、実際に会いに行ってきました♡

「DRESS焼酎部」部長yukikoが訪問! 焼酎のあるまちへ…ほろ酔い女子yukikoの焼酎ぶらり旅♡

DRESS焼酎部 部長yukiko(ユキコ)です。

今回は、本格焼酎をこよなく愛する人たちがいるまちへ。焼酎文化の普及に熱心な人たちがいるとウワサを聞きつけ、焼酎スタイリストとして真相を確かめるべく、実際に会いに行ってきました♡


行き先は、静岡県湖西市。「お酒が広まるところは、美味しいものが集まっているハズ!」と”ご当地もの”もしっかりチェックしてきましたよ!

★焼酎文化が根付く店、蕎麦居酒屋「丸浅」のナゾ

今回、「焼酎ぶらり旅」の地として私yukikoが下り立ったのは、静岡県湖西市にある新居町(あらいまち)駅。

浜名湖がすぐ近くにあり、江戸時代に東海道の関所「新居関所」が構えられていた地です。(現存する関所建物として国指定特別史跡に選定)


駅から5分ほど国道1号線沿いを歩くと、関所手前にお目当てのお店・ のみたべ屋 十割そば「丸浅」を発見!

外観は、一般的な十割蕎麦のお店…。

暖簾をくぐって、店の奥へ進むと「みんなが日常的に焼酎を飲んでいるに違いない!」と分かる光景が!

200種類以上ある品揃えはもちろん、焼酎を色々と飲んでいるからこその銘柄が、棚いっぱいにボトルキープされていました。

焼酎文化が根付いている鹿児島や宮崎の地ならともかく、他県でなぜ?
どんな人たちが?……そのナゾに迫ってみました♡

★常連客が蔵元を支えている!”チーム丸浅”の強さ、ここに着目!

のみたべ屋 十割そば「丸浅」の店主・浅岡さんからいただいた名刺に「故郷のある焼酎の会」と書かれていました。焼酎愛好家の常連さんと一緒に発足させ、「丸浅」はメンバーが集まる基地のような存在なのだそう。

「故郷(ふるさと)のある焼酎の会」の由来は?……お聞きしたところ、納得の答えが。

焼酎のなかには、芋や麦などの原材料をそのまま活かして無添加で造られた「本格焼酎」というカテゴリーがあります。

「DRESS焼酎部」でこれまで紹介している焼酎も本格焼酎。無添加で素材の味わいや香りが楽しめるのが特徴で、クラフトビールやワインのように産地があるんです。

浅岡さんいわく、だから本格焼酎には”故郷(ふるさと)”がある、と。

愛好家の皆さんが、”飲み手”として「焼酎に込められた地域文化、お酒に関わる人たちの想いを理解して、焼酎を楽しもう」と考えています。

消費者(生活者)として、思いやりと決意の表れから名付けられたものだそうです。

そのため、最高顧問の野村さん、応援団長の浅岡さんが中心となって、メンバーがきちんと焼酎を理解できる環境をつくってます。時には、現地へ赴いたり、蔵元や酒販店を招いたり。浜松や近隣のまちから参加するメンバーも増えてきました。

現在では、野村さんの息子さん・直靖さんをはじめ、その精神を受け継いだ30代前後のメンバーで「新酎会」が結成。若手のあいだでも、焼酎文化の理解と知識を深めています。



野村さんは、個人的にも応援しているという尾込商店の芋焼酎「さつま寿」のお湯割りを飲みながら、「蔵元がわざわざ新居町まで足を運んで来てくれる、今みたいな環境になるまでには7,8年かかったかな」とおっしゃっていました。


もともとは、このような焼酎文化が無かった新居町。一軒の飲食店を拠点にして”文化”として浸透させるまで尽力された想いや苦労が、つくっていただいた「さつま寿」のお湯割りの美味しさとともに染み入ってきました。(とっても美味しいお湯割りでした♡)

★まちぐるみで 日本のお酒「國酒」を応援!日本酒がウリの料理店にも焼酎が!

「丸浅」から徒歩5分圏内の距離に、芸能人も訪れる「割烹 紅葉」があります。

日本酒がメインのお店と伺っていたので焼酎数本かと思いきや、行ってみてびっくり!日本酒同様、30種類の品ぞろえ!「丸浅さんと情報交換をしているんです」と店主・竹内さん。

浜名湖のある新居町は、牡蠣・海苔・タコ・カツオなど魚介類が豊富。

今回は、8月~10月が旬!「赤足エビの甘煮」をご紹介いただきました。やはりお酒が充実しているまちには、新鮮で美味しいものがたくさんありますね~♡

(上)鮮魚店も営んでいるため「割烹 紅葉」ではいつも鮮度抜群の魚介類が楽しめます
(下)赤足エビの甘煮。お酒が進みますよね♡

★チーム丸浅の裏メニュー、”朝パピ”を体験!焼酎を盛り上げる若手エースに会ってきました!

”チーム丸浅”メンバーに浸透しているのが、この”朝パピ”。

何かと言うと……。

「故郷のある焼酎の会」メンバー・鈴木さんが経営する「Cake&Bread パピヨン」に集まって朝食をとること(笑)。

(左から時計回りに)徳増さん、yukiko、最高顧問の野村さん、「丸浅」店主の浅岡さん。
焼酎は特別に並べていただきました♡

「蔵元以外で”朝パピ”を体験した焼酎関係者は、yukikoさんが初だね。さらに女性初!」と、パティシエ鈴木さんから、名誉あるお言葉をいただきました(笑)。

朝からみんなで集まって情報交換。年齢・性別・職業関係なくつながっている場が、ここにもありました。

前日、仕事でお会いできなかった若手グループ「新酎会」会長・徳増さんにもお話を伺えました!



(写真左から)鈴木さん、徳増さん

先輩たちから教わった焼酎文化をもっと広めたい!若き”飲み手”の挑戦

30代の若手メンバーで構成される「新酎会」会長・徳増さんが焼酎を飲むきっかけになったのは、メンバーである直靖さんがつくってくれた焼酎お湯割りの美味しさに感動したからだそう。

「「故郷のある焼酎の会」の野村さんや浅岡さんたち先輩から、蔵元や現地の話を聞くと”お酒”というモノっていうよりも、携わる人たちを応援したくなるんです。”飲み手”として蔵元を応援できることもあるのではないかと。まだまだ勉強中の身ですが「新酎会」も育てていきたいですね」

「故郷のある焼酎の会」の次世代組織として「新酎会」が存在しています。

伝統文化産業は受け継がれていくもの――後世につないでいくには、「生産者」である蔵元の技術継承や文化継承も重要ですが、”チーム丸浅”には「消費者(生活者)」のポジションでも焼酎文化の継承がきちんとなされているのです。

★ DRESS焼酎部 部長yukiko のおこぼれ話 ★

焼酎スタイリストとして、「生産者―販売店・飲食店―エンドユーザー」が波紋のように広がりつながるコミュニケーションを理想として活動しています。

「丸浅」のご主人・浅岡さんが「蔵元と酒販店以外の焼酎関係者で、うちの店に来たのはyukikoさんが初めてだよ」と話して下さいました。その後ろには、蔵元との色紙がびっしり。信頼関係を物語っています。

今回、新居町に伺って、”チーム丸浅”の皆さんは、「飲み手のプロ」「エンドユーザーのプロ」なのだと感じました。

それを表すのが最高顧問 野村さんの言葉。
「チーム丸浅のメンバーは、酒の造りや技術的な事に関して、蔵元に何も言わない。なぜなら、俺らは造りのプロではないから。でも、飲んだ時に、こっち(飲み手)が本当に旨い!と思えるものを造ってほしいとは伝えている」

トップ画像の焼酎は、皆さんが”飲み手”として「この銘柄を現在応援中!」「この焼酎を全国の皆さんに広めたい!」と、本気で応援している焼酎を持って下さっています。(私は皆さんがおすすめの焼酎を持っております)”飲み手”としての責任……私も大事にしていきたいと思います。


”チーム丸浅”の皆さん、ありがとうございました!


次の「焼酎ぶらり旅」、新居町の皆さんのように素敵な方々に出会えたらいいな♡


―DRESS焼酎部 部長yukiko―


■SPECIAL THANKS!
矢次剛さん、佐橋輝久さん、加藤美佐江さん、河西孝之さん、鈴木元一郎さん、野村真人さん、
鷹野彰子さん、鈴木良之さん、野村直靖さん、浅岡重行さん、加藤真康さん、徳増壮馬さん、長田好史さん

[取材・文・企画構成・撮影] yukiko / ユキコ
(DRESS焼酎部部長 / 焼酎スタイリスト色彩総合プロデューサー&ファッションスタイリスト)

[掲載銘柄 / 順不同]

【丸浅】なかむら(中村酒造場)、一壺春(古澤醸造)、みやこざくら、都桜(大浦酒造)、山田川、長雲一番橋(山田酒造)、薩摩茶屋(村尾酒造)、武家屋敷 紅芋(知覧醸造)、一樽厳撰 園乃露(植園酒造)、さつま寿(尾込商店)、萬膳(万膳酒造)、麦冠 情け嶋(八丈興発)、古澤(古澤醸造)、小牧 古酒(小牧醸造/小牧蒸留所)、龍宮(富田酒造場)、長雲(山田酒造)、多楽㐂(たらき/知覧醸造)、小牧、力三(小牧醸造/小牧蒸留所)、夕(西酒造)、真鶴(万膳酒造)

【割烹紅葉】松露(松露酒造)、豊永蔵(豊永酒造)、さつま寿 桜(尾込商店)、★積善 純米吟醸 超辛口(西飯田酒造店)、★不動 吊るししぼり無濾過 純米吟醸生原酒(鍋店 神崎酒造蔵)
[★は日本酒]

【パピヨン】八幡(高良酒造)、金峰 荒濾過(宇都酒造)、霞千本桜(柳田酒造)、田倉(高良酒造)、龍宮(富田酒造場)、むろか園乃露(植園酒造)

[取材協力]
・のみたべ屋 十割そば「丸浅」〒431-0302 静岡県湖西市新居町新居3355  053-594-0554
・割烹 紅葉         〒431-0302 静岡県湖西市新居町新居1271  053-594-8522
・Cake&Bread「パピヨン」 〒431-0301 静岡県湖西市新居町中之郷1647-1 053-594-5875

DRESS焼酎部 入部はこちらから♡無料

★☆★ 関連記事 ★☆★

【DRESS焼酎部yukiko 対談】中田英寿氏が語る、國酒を「ブーム」で終わらせないために
―CRAFT SAKE WEEK@六本木ヒルズ屋台村

https://p-dress.jp/articles/1578



[photo/Kazuhiro Bamba、(yukiko)hair-makeup/Mica Maeda、fashion-styling/yukiko]

Share

yukiko

色彩総合プロデューサー&ファッションスタイリスト、焼酎スタイリスト、ライター。Webメディアや雑誌にて焼酎・食文化・ファッション・伝統文化に関する取材執筆、撮影、講演、商品企画、本格焼酎イベントプロデュースを行う。女性スタイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article